狭小住宅の収納アイデアを知りたい! 使いやすく片付けるコツを伝授!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

狭小住宅にお住まいのあなた、使いやすい収納アイデアを詳しく知りたいとお考えではありませんか? 狭小住宅に住んでいると、収納が足りなくて困ることがありますよね。それに、生活スペースを確保するだけでも大変で、なかなか収納の問題まで頭が回らないのではないでしょうか。しかし、狭小住宅でも、工夫しだいで使いやすく片付けて、暮らしやすく整えることは十分に可能です。

そこで今回は、狭小住宅の収納について詳しく解説します。

  1. 狭小住宅のメリット・デメリット
  2. 狭小住宅の収納アイデアを紹介
  3. 狭小住宅で暮らすときの注意点
  4. 不用品回収業者を選ぶポイント
  5. 狭小住宅の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、狭小住宅でも上手に収納できるポイントがよく分かります。狭小住宅の収納でお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.狭小住宅のメリット・デメリット

最初に、狭小住宅のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

1-1.狭小住宅のメリット

狭小住宅の主なメリットを、詳しく見ていきましょう。

1-1-1.掃除が簡単

掃除が簡単なことが、狭小住宅のメリットです。コンパクトな間取りなので手間がかからず、短時間で終了します。普段から掃除していれば、数分で家中の掃除が終わってしまうこともあるでしょう。また、汚れても目が届きやすいので、家をキレイに維持しやすいのもポイントになります。掃除が苦手な人にとっては、特に助かるはずです。

1-1-2.光熱費が抑えられる

狭小住宅は、光熱費が抑えられるのも大きなメリットです。部屋数が少なくて狭いので、光熱費がかさみにくくなります。中でも、外出が多くて家にいる時間が短い場合は、基本料金に近い金額で済むこともあるでしょう。また、冷暖房機器や照明機器などもコンパクトなもので対応でき、初期費用が安く済むのもメリットです。

1-1-3.家賃や固定資産税が安い

家賃や固定資産税が安いのも、狭小住宅のメリットでしょう。賃貸物件の場合は、一般的に専有面積が狭いほど家賃を抑えることが可能です。持ち家の場合でも、固定資産税が少なくて済みます。家賃や固定資産税は、固定費として節約するのが難しいことから、安く済むのに越したことはありません。無駄な出費を減らして余裕のある暮らしを目指したいのなら、狭小住宅のメリットを活用するとよいでしょう。

1-1-4.立地のよい場所に住みやすい

狭小住宅は専有面積が狭いため、立地のよい場所に住みやすいのもメリットといえます。公共交通網が発達した都市部などは、人気が高いため家賃が高いのが現実です。家を建てたくても、土地代がかさんでしまうことがネックになるでしょう。しかし、狭小住宅であれば、立地のよい場所でリーズナブルに建てることができます。賃貸物件でも、狭小住宅なら、予算内で立地のよい場所に住みやすいでしょう。

1-1-5.家のメンテナンス費用やリフォーム費用が安く済む

狭小住宅は、家のメンテナンス費用が安く済むこともメリットになります。たとえば、外壁塗装の塗り替えが必要になっても、塗装面積が狭いので安価に行うことが可能です。そのほかの場所も、同様にメンテナンス費用を安く抑えることができます。また、リフォームする場合も、同様です。

1-2.狭小住宅のデメリット

狭小住宅のデメリットにはどんなものがあるか、詳しく見ていきましょう。

1-2-1.生活スペースが狭くて動線が悪くなりがち

狭小住宅は、生活スペースが狭く、圧迫感があることがあります。中には、必要最低限の家具を置くだけで生活スペースが埋まってしまい、ほとんど余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。たとえば寝室が狭ければ、据え置きタイプのベッドを設置できず、折り畳みベッドや布団を利用することになります。また、動線が悪くなりがちで、家事や生活が不便を感じることもあるでしょう。

1-2-2.収納スペースが少ない

狭小住宅のデメリットに、収納スペースが少ないことが挙げられます。収納は、家の広さに合わせて作られることが多いため、狭小住宅では収納スペースに余裕がないことが多いのです。そのため、あっという間に収納スペースがいっぱいになり、ものがあふれてしまいやすくなります。

1-2-3.2階建て以上だと階段の傾斜がキツイ

狭小住宅で2階建て以上になると、階段の傾斜がキツいのが問題です。傾斜がキツい階段は、足腰に大きな負担がかかり、不調の原因になります。また、つまずいてケガをする可能性も高くなり、安全に暮らしにくくなるのがデメリットです。特に、高齢者にとっては深刻な問題といえるでしょう。

1-2-4.駐車スペースを確保できないことがある

狭小住宅では、駐車スペースを確保できないことがあります。狭い土地でも、3階建ての家にすれば、1階をピロティタイプの駐車スペースにすることは可能です。とはいえ、車の出し入れがしづらい、1階の生活スペースが極端に狭くなるなどのデメリットもあります。事情により1階を駐車スペースにできない場合は、近隣で契約駐車場を探すことになるでしょう。車を所有する人には、頭が痛い問題です。

1-2-5.近隣住宅との距離が近くなることがある

狭い土地に建設した狭小住宅は、近隣住宅との距離が近くなることがあります。近隣住宅との距離が近いと、近隣住宅からの視線や生活音が気になることがあるでしょう。たとえば、子どもやペットの声、調理や洗濯・掃除の音などです。また、こちらも洗濯や掃除。・入浴の時間に注意するなど何かと気遣いが必要になり、心からリラックスしづらいことがあります。さらに、火災や自然災害が発生したときのリスクが高くなることもデメリットです。

2.狭小住宅の収納アイデアを紹介

狭小住宅の収納アイデアを、いくつかご紹介しましょう。

2-1.壁を収納に活用する

狭小住宅でも、壁を活用することで大容量の収納を作ることが可能です。たとえば、天井と床につっぱり棒を装着して棚を設置することで、オープンタイプの収納が完成します。さらに、カラーボックスや収納ケースなどと組み合わせることで、より使いやすくなるでしょう。それぞれのアイテムを配色にこだわって選べば、見せるインテリアとして楽しむこともできます。なお、部屋を広く見せるためには、白やナチュラルカラーなどの明るい色で統一することがおすすめです。

2-2.シンク下・部屋の隅などのデッドスペースを活用する

狭小住宅では、デッドスペースを収納に活用することがおすすめです。具体的には、以下を参考にしてください。

  • シンク下:2段ラックや書類ケースを使って調理器具や食器・洗剤のストックなどを収納する
  • 部屋の隅:コーナーラックを設置して小物類を収納する
  • 玄関ドアの上:棚を設置して靴を収納する
  • ダイニングテーブルの下:後付けタイプの引き出しを設置してカトラリーや小皿などを収納する

このほかにも、ちょっとしたデッドスペースを収納に活用すると、便利に暮らすことができます。

2-3.縦方向や奥行きの空間を活用する

押し入れやクローゼットなどは、縦方向や奥行きの空間を活用することで、より多くのものを収納できます。たとえば、以下を参考にしてください。

  • 縦方向の空間:つっぱり棒や積み重ね可能な収納ケースを活用する
  • 奥行きの空間:キャスター付きの収納ケースを活用する

3.狭小住宅で暮らすときの注意点

狭小住宅で暮らすには、いくつか注意点があります。

3-1.不必要なものを買ったりもらったりしない

狭小住宅で暮らすなら、不必要なものを買ったりもらったりしないようにしましょう。ものを買ったりもらったりする前に、本当に必要なものかよく考えてみてください。冷静に考えてみると、不要なものであることもあります。特に、目新しいものや買いものが好きな人は注意が必要です。よく考えずにものを買ったりもらったりした結果、収納場所に困ってしまうことがあります。

3-2.動線を考えて家具や家電を配置する

狭小住宅では、動線を考えて家具や家電を配置しましょう。狭小住宅では十分な広さが確保できない以上、効率よく動けることが第一になります。たとえば、洗濯機からもの干し場までの動線が悪いと、洗濯ものを干すだけでも大変です。また、キッチンからダイニングへの動線が悪いと、料理を運びづらくなってしまいます。狭小住宅でも快適に暮らせるよう、家具や家電を配置してみてください。

3-3.こまめに不用品を仕分けして処分する

こまめに不用品を仕分けして処分することも、狭小住宅に住むのに必要不可欠です。狭小住宅で快適に過ごすには、不用品を増やさないことが基本になります。今は必要なものでも、いずれ不用になることもあるでしょう。2~3か月に1回程度不用品を仕分けて処分すれば、家の中がものであふれてしまうこともありません。

3-4.収納道具を先に買わない

収納道具を先に買わないことも、狭小住宅で暮らす際の注意点です。たとえば、ホームセンターなどで使い勝手のよい収納道具を見かけても、勢いだけで購入するのはやめましょう。きちんとサイズを測定せずに購入した結果、収納スペースに合わない、置き場所がないなどの理由で不用品になることがあるからです。収納道具を購入するなら、どこに何を収納するかよく考え、サイズを測定してから検討しましょう。

4.不用品回収業者を選ぶポイント

部屋をキレイに保つためには、部屋に不要なものをおかないようにする必要があります。不用品を処分する際には不用品回収業者を利用すると便利ですが、中には悪質業者やサービスの質が低い業者もあるので注意が必要です。

そこで、不用品回収業者を選ぶ際に注目すべきポイントを当社の特長と共に紹介します。

4-1.不用品の処分実績が豊富にある

ゼロプラスは、不用品の処分実績が豊富です。あらゆる種類の不用品を回収した実績があるので、安心して依頼できます。実際に、長期にわたり多くの顧客から選ばれ続けていることも、信頼できる業者の証拠といえるでしょう。また、スタッフの経験と専門知識も豊富で、質問に対して的確な回答ができる、要望に対して柔軟に対応できることなどもメリットです。

4-2.見積もりは無料

見積もりは無料なのも、ゼロプラスに不用品の回収を依頼するメリットです。不用品回収の費用は、不用品の種類・状態・物量・回収場所の条件などによって、異なります。そのため、正確な金額を知るには、見積もりが必要不可欠です。

ゼロプラスでは、見積もりを無料で行っているので、気軽に依頼できます。もちろん、見積もりを依頼しても、正式な契約を強要されることはありません。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-3.分かりやすくてリーズナブルな料金システム

ゼロプラスには、分かりやすくてリーズナブルな料金システムがあります。明確な基準に基づいて計算してもらえるので、不安に感じることがありません。また、お得なパック料金も用意しており、大量の不用品を処分したい場合にも便利です。特別な理由がない限りは、見積もりの際に提示された金額と同じ金額で回収できるので安心できます。

4-4.都合のよい日時と場所でまとめて回収できる

都合のよい日時と場所でまとめて回収できるのも、ゼロプラスに依頼するメリットです。不用品を処分したくても、多忙などの理由によりなかなか時間が取れない人もいるでしょう。また、不用品を仕分けてそれぞれの収集場所まで運ぶのも一苦労です。その点、ゼロプラスに依頼すれば、都合のよい日時と場所を指定して回収可能で、種類ごとに仕分ける必要もありません。

4-5.不用品買取にも対応している

不用品買取に対応しているのも、ゼロプラスの特徴です。不用品であっても、まだ中古品として十分に使えることがあります。ゼロプラスでは、中古市場での需要なども考慮し、できるだけ高く買取することが可能です。そのほかの不用品の処分費用と相殺できる点でも助かります。買取してほしいものがあったら、問い合わせてみるとよいでしょう。

4-6.回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている

ゼロプラスでは、回収後の不用品を適切な方法でリサイクル可能です。汚れや傷みなどで中古品として使えないものは、素材ごとに分類して再生資源や再生燃料などとしてリサイクルしています。また、まだ十分に中古品として使用できるものは、再販することが基本です。適切な方法でリサイクルすることにより、資源を大切にできるのは、大きなメリットといえるでしょう。

4-7.スタッフの言葉遣いや対応が丁寧で顧客からの評判がよい

ゼロプラスは、スタッフの言葉遣いや対応が丁寧で、気持ちよくやり取りできます。押しつけがましいセールストークも皆無で、顧客の立場になって対応しているので安心です。スタッフの質は、業者の質をそのまま表しています。スタッフの言葉遣いや対応がよいことは、スタッフを大切にして社員教育をきちんと行っていると判断でき、信頼できる業者である証拠といえるのです。

4-8.事業に必要な各種許可を取得済み

ゼロプラスでは、事業に必要な各種許可を取得済みで、法律に基づいて適切な方法で不用品を回収・処分しています。悪質業者の中には、きちんと許可を取得せず、違法に不用品を回収し、山林などに投棄しているところもあるので注意してください。その点、ゼロプラスではきちんと各種許可を取得済みで、自治体からも指定されているほどの優良業者です。ゼロプラスなら、思わぬトラブルに巻き込まれることもなく、安心して不用品の処分を依頼できます。

5.狭小住宅の収納に関するよくある質問

最後に、狭小住宅の収納に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.狭小住宅で子育てするのは無理?
A.狭小住宅でも、工夫しだいで子育てすることは可能です。たとえば、部屋数が少なくて子ども部屋を用意できない場合などは、間仕切りを利用して子ども用の専用スペースを作るとよいでしょう。簡単にでも子ども用の専用スペースを作ることで、子どものプライバシーを守ることができます。

Q.部屋が狭くてすぐに子どものものが散らかってしまうのですが?
A.まずは、不用品を処分して物量を減らすことが大切です。このとき、子どもに相談してから処分しましょう。子どもに無断で処分すると、子どもの心に大きな傷を残すことがあります。

Q.賃貸物件でもリフォームして収納を備え付けてもよい?
A.まずは、貸し主に確認してみてください。一般的な賃貸契約では、貸し主が借り主の許可なくリフォームすることを禁じていることが多いものです。また、リフォーム費用を自己負担しても、契約違反と見なされて退去を求められることがあるので注意してください。

Q.不用品を仕分ける基準は?
A.以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 不具合や故障があって正常に使えない
  • 特に思い入れがない
  • 趣味やサイズが合わなくなった
  • 今後使う予定がない

なお、仕分けに迷うものはいったん保留にしておき、最後に改めて考えてみるとよいでしょう。なお処分する決心が付かないのなら、今は必要なものだと判断してください。

Q.趣味のコレクションが大量にあるけど処分したくない場合は?
A.たとえば、トランクルームなどを借りて保管することも検討してみてください。月額費用がかかりますが、専用の収納スペースで状態よく保管することができます。物件によっては、趣味のコレクション以外のものも収納でき、重宝することでしょう。

まとめ

今回は、狭小住宅の収納について詳しく解説しました。狭小住宅であっても、工夫しだいで効率よく収納することは可能です。しかし、収納スペースに限界があることから、まずは、不用品を処分して物量を減らすことが必要になります。もう使う予定がないものは、思いきって処分してしまうとよいでしょう。不用品を処分し、必要なものだけになれば、余裕を持って収納しやすくなるだけでなく、部屋が広く使えるようになって、生活動線や家事動線が改善します。なお、不用品の処分は、信頼できる不用品回収業者に処分を依頼すると何かと便利です。