ゴミ屋敷の掃除は自分でやる?業者に依頼?具体的な解決策教えます!

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

近年、自宅・実家・1人暮らしの高齢者宅などがゴミ屋敷化してしまったというケースが増えています。本人や家族などが「掃除して片付けなければ」と思っても、ゴミや不用品が多過ぎて、どこから手を付けていいのかわからない・汚れや匂いがひどく自分の手には負えないなど問題が多いですよね。

そこで、ゴミ屋敷の片付けにお悩みの人に向け、きれいに掃除する方法や自分でやるかプロの業者に依頼するかの見極め方、自分でやる場合の手順やポイント、プロに依頼する方法などをご紹介します。

  1. ゴミ屋敷を掃除する前に知っておきたい基礎知識
  2. ゴミ屋敷を自分で掃除する方法
  3. ゴミ屋敷の掃除、こんなときはプロに任せよう
  4. ゴミ屋敷の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、お悩み解決の糸口を見付けることができるでしょう。ぜひお役立てください。


1.ゴミ屋敷を掃除する前に知っておきたい基礎知識

まずは、ゴミ屋敷の問題点・片付けの困難さ・掃除に取りかかる前にやらなければならないことなど、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

1-1.ゴミ屋敷には汚れのレベルがある

ゴミ屋敷の存在は、近年メディアに取り上げられ多くの人に周知されるようになりました。けれども、ひとくちにゴミ屋敷といっても汚れのレベルはさまざまです。片付けと大掃除をすればきれいになるレベルから、家の中のみならず庭や道路までゴミがあふれかえり、近隣住民に多大な迷惑をかけているレベルまであります。そうなると、近隣住民が自治体に苦情を申し出るようになるのです。そして、行政が立ち入り調査を行い、指導・勧告・命令・行政代執行(※)などを行うようになります。そこまでの状態になってしまうと、プロの業者に依頼しないと片付けるのは不可能でしょう。

※行政代執行:行政上の強制執行の一種。執行にあたっての費用は義務者から徴収する

1-2.ゴミ屋敷はさまざまな問題点がある

ゴミ屋敷が社会問題としてメディアに取り上げられ注目されるのは、以下のような問題があるからです。

1-2-1.たまったゴミから悪臭が漂う

ゴミ屋敷があると、その周辺にも強烈な悪臭が漂うため、周辺住民や大変な迷惑をこうむってしまいます。悪臭の原因は、ゴミ屋敷の中に放置されている食べ残しや飲み残し・生ゴミなどです。また、ペットの排せつ物や死がいなどをそのまま放置している家主もいます。それらが腐敗して強烈な悪臭が発生してしまうのです。

1-2-2.ネズミや害虫が大量発生する

ゴミ屋敷は、ネズミや害虫にとって最高のすみかです。たくさんのゴミがたまっているためエサも豊富で、住人に駆除されることもなくぬくぬくと暮らすことができます。そして、ネズミや害虫はどんどん繁殖し、縄張りを周辺の家や建物にも広げてしまうのです。

1-2-3.火災の危険性がある

数あるゴミ屋敷問題の中でも、もっとも危険視されているのが「火災が起こりやすい」ということです。ゴミや不用品がたくさんたまっているゴミ屋敷は、住人の火の不始末により火災が発生してしまうと、あっという間に火の手が広がってしまいます。住宅街の場合は、大きな火災になる危険性もあるでしょう。また、放火の可能性も高まるため危険性はさらに増しているといえます。

1-2-4.周辺の交通妨害

ゴミ屋敷周辺の道路にゴミや不用品があふれていると、歩行者が通行できなくなります。また、緊急車両が通れない状態になっていることもあるのです。そうなると、もしゴミ屋敷で火災が発生しても近寄れないため被害が広がる可能性もあります。

1-2-5.不法投棄の温床になる

周辺道路までゴミや不用品があふれ返っているゴミ屋敷は、不法投棄の温床になります。「何を捨ててもバレないだろう」と、壊れた家電や不用品などを勝手に捨てていく人が次々現れ、さらにゴミの量が増してしまうのです。

1-2-6.近隣の不動産価値が下がる

ゴミ屋敷そのものはもちろん、周辺一帯の不動産価値が下がるのも問題です。周辺住民が、ゴミ屋敷の存在に耐えきれず、家を売却して引っ越そうとしても「買い手が付かない」というケースは少なくありません。もし物件の広告を見て「便利な場所だ」と思って見学に来ても、近所にゴミ屋敷があると購買意欲はなくなり断る人がほとんどです。その結果、周辺一帯の不動産価値が下がってしまいます。

1-3.掃除する前に汚れのレベルを確認することが必要

掃除や片付けを始める前に、まずゴミ屋敷のレベルを確認しましょう。「1-1.ゴミ屋敷には汚れのレベルがある」でご紹介したように、ゴミ屋敷は軽度であれば自力できれいにすることも可能です。けれども、汚れやゴミの量、家そのものの汚れ具合によってはプロに依頼しなければならないこともあります。それによって、段取りや用意するものなどが異なるのです。次の項からは、自分で掃除できる場合と、プロに依頼したほうがいい場合を詳しくご紹介していきましょう。

2.ゴミ屋敷を自分で掃除する場合の方法やコツ

自力で掃除できるゴミ屋敷のレベル・準備・手順・コツなどをご紹介しましょう。

2-1.自分で掃除できるゴミ屋敷のレベルは?

自分で何とか掃除をしたり片付けをしたりできるのは以下のレベルです。

  • 家の広さは3DKくらいまで
  • ゴミや不用品があふれているのは家の中だけで、庭・駐車場・路上にはない
  • キッチン・トイレ・洗面所・風呂などの水回りは機能している
  • 住人が何とか生活できている

2-2.自分で掃除する場合は事前の準備が大切

自分でゴミ屋敷を掃除するときは、スムーズに終わらせるためにも以下の準備を行ってください。

2-2-1.掃除を手伝ってくれる人を最低でも3人は確保

軽度のゴミ屋敷でも、1人で掃除するのは大変です。最低でも3人は手伝ってくれる人を確保してください。ゴミ屋敷の掃除は、家具を動かしたりたまったゴミを何度も収集場まで運んだりなど肉体的にハードです。家族や友人など、できるだけ体力や腕力がある人、車の運転ができる人に依頼しましょう。手伝ってくれる人がいるほうが作業が進むのはもちろんですが、途中で挫折せず進めることができます。

2-2-2.計画を立てゴミの回収日を確認する

掃除の計画を立て、自治体のゴミ回収日を確認してください。家の広さや状態によって、連休にまとめて掃除をする・1部屋ずつ週末に掃除をするなど計画を立てましょう。可燃・不燃・資源ゴミの回収日や回収場所も確認し、それに合わせて徐々にゴミを出し、家の中から減らしてください。
粗大ゴミは自治体のホームページに回収場所・回収料金・1度に回収できる点数などの詳細が記載されています。事前に確認してから、電話やインターネットから回収の申し込みを行ってください。

2-2-3.掃除に必要な道具を用意する

掃除を成功させるコツは、必要な道具をすべてそろえてからスタートすることです。以下のものを用意してください。

身に付けるアイテム

  • エプロン
  • 軍手
  • ゴム手袋
  • マスク
  • バンダナやニット帽など髪を包むもの
  • タオル
  • 室内履き

とがったものや割れたものなどがゴミの間に隠れていることがあります。靴下だけでは危険なので底が厚めの室内履きを履いてください。スリッパは動きづらく、滑ったり転んだりする可能性があります。学校のうわばきのように、簡単に履いたりぬいだりができて底が滑らない靴がおすすめです。

掃除に使用するアイテム

  • ゴミ袋(破れにくいもの)
  • ほうき
  • ちりとり
  • 掃除機
  • ぞうきん
  • ハンディーワイパー
  • フロアーモップ
  • 使い捨ての拭き掃除シート
  • 洗剤(住居用洗剤・食器用洗剤など各種)
  • ガムテープ
  • ダンボールや収納ボックス
  • 油性のマジック
  • 害虫駆除用の殺虫剤
  • 手洗い用ソープ

2-3.自分で掃除する場合の手順

ゴミ屋敷は、手当たりしだいに掃除をするのではなく、手順を決めて進めるほうが効率的です。以下の順番で行ってください。

2-3-1.掃除をする前日に害虫駆除をする

掃除をする前日に害虫駆除を済ませましょう。観葉植物やペットなどの生きものがいる場合は、別の場所に避難させてください。害虫駆除剤は、家の広さや汚れ具合などにあったものを選びましょう。また、駆除後もゴミや家具などの下から害虫が出てくることもあるため、掃除当日スプレータイプを多めに持参してください。

2-3-2.まずは玄関から片付けを始める

まずは、家の中への出入りをしやすくするために玄関にたまっているゴミや不用品を片付けましょう。新聞紙や雑誌などはまとめて運びやすいようにヒモでくくり、そのほかのものは可燃・不燃に仕分けしながらゴミ袋に入れていきます。先に玄関を片付けて、家の中に出入りできる通路を確保してください。

2-3-3.玄関に近い部屋から一目でゴミとわかるものを捨てていく

次は、「一目でゴミとわかるもの」から処分します。たとえば、食品の食べ残しや袋・食べ終わった弁当の容器・ペットボトル・チラシやDM類などは、可燃・不燃・資源などに仕分けしながらどんどんゴミ袋に入れましょう。ゴミ袋は一時的に、庭やベランダ、空いている部屋など1か所にまとめて集めると作業の邪魔になりません。

2-3-4.動きやすくするため床の上にあるものを片付ける

ゴミをまとめる作業が終わったら、次は残っているものを仕分けする作業に入りましょう。最初は、動きやすくなるよう、床の上にあるものから始め、次にタンスやチェストなどの中に入っているものも取り出して仕分けしてください。仕分けの方法は、次の項でご紹介します。

2-3-5.仕分けは「保管」「捨てる」「保留」に分ける

仕分けするときは、以下の3種類に分けましょう。

  • 保管するもの:貴重品・今後も使うもの・大切な思い出の品など
  • 捨てるもの:何年も使っていないもの・故障したり使えなくなったりしているもの・汚れがひどく修復不可能なもの
  • 保留にするもの:捨てるか保管するか決められないもの

大きな箱(ダンボールや収納ケース)を3つ用意し、「保管」「捨てる」「保留」と書いた紙を貼ってください。その中に、ものをどんどん仕分けしながら入れます。保管するか捨てるか迷うものは、いちいち「これどうしようか?」などと皆で考えていては掃除が進みません。そこで、とりあえず「保留」に入れて、あとで再検討しましょう。

2-3-6.ゴミを収集場所に運ぶ

可燃・不燃・資源などに仕分けしたゴミは、ゴミ収集日に合わせて収集場所に運びましょう。粗大ゴミは自治体によっても異なりますが、回収してもらう方法と自分たちで粗大ゴミセンターまで運ぶ方法があります。粗大ゴミの量によって、自分の都合がいい方法を選んでください。

2-3-7.ゴミ出しをしてスペースが空いたら清掃作業に移る

ゴミを出すと、かなり家の中のスペースが空くでしょう。そうしたら、「2-1-4.残ったものを仕分けする」で仕分けしたものを、掃除のじゃまにならないよう空いたスペースに集めます。それから、清掃作業に入りましょう。清掃は以下の順番で行ってください。

  • 部屋の電気・棚の上・カーテンレールなど高いところから、ハンディーワイパーなどでホコリを取る
  • チェストやテーブルなどのホコリを取り、拭き掃除用シートで拭く
  • 掃除機・ほうき・フロアー掃除シートなどで床を掃除する
  • 床や畳が生ゴミから出た浸出液で汚れている場合は、汚れをできるだけ落としたあとに消毒をする

2-4.自分で掃除をするときは基本的には「すべて捨てる」と覚悟しておく

ゴミ屋敷の掃除をするときには「基本的にはすべて捨てる」と覚悟してから始めてください。ゴミ屋敷は、住人がゴミや不用品を捨てることができなくなり、「もういいや」と諦めたままの状態が続いたものです。銀行の通帳や土地の権利書など重要なものと、まだ日常生活で使える、状態のいいものだけを残し、すべて捨ててもほぼ差し支えないでしょう。

2-5.途中で手を止めない・考え込まないで、集中して作業を進めるのがコツ

ゴミ屋敷の中で片付け作業をしていると「これは捨てていいのか」などと迷いが生じたり考え込んだりすると作業のスピードが衰えてしまいます。余計なことを考えず・手を止めず、作業に集中してください。

3.ゴミ屋敷の掃除をプロに依頼したほうがいいケース

前項では、自分でゴミ屋敷を掃除する方法をご紹介しました。この項では、掃除のプロに依頼したほうがいいケースをご紹介しましょう。

3-1.自分の手ではこれ以上限界! と思ったらプロの業者に依頼しよう

「自分の手できれいにする!」と意気込んで掃除を始めたもののあまりのゴミや不用品の多さに挫折することもあります。また、害虫が駆除しきれない、汚れが落ちないなど限界を感じることもあるでしょう。そんなときは無理をせず、プロの業者に依頼するほうがおすすめです。だらだらと何日も掃除を続けると体力的にも精神的にも参ってしまいます。無駄な時間を費やすよりは、プロに依頼したほうが早くきれいに片付けることができるでしょう。

3-2.プロ業者に掃除を依頼するメリット

ゴミ屋敷の片付けや掃除をプロの業者に依頼するメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

3-2-1.短時間でゴミ処理や清掃をしてもらえる

プロの業者に依頼する最大のメリットは、個人でやるよりも短時間で片付け・ゴミ処理・清掃をやってもらえることでしょう。大量のゴミや不用品を処分するのは大変です。ゴミを捨てるのも何日も時間がかかってしまうでしょう。プロの業者は経験が豊富なので効率的に作業を行ってくれます。

3-2-2.粗大ゴミをまとめて処分できる

粗大ゴミは、1度に出せる点数が決まっている・回収日の朝、回収場所に出さなければならない・大きくて重い粗大ゴミを自分で運ばなければならないなど、いろいろ面倒です。特に、大型の家具や家電などの点数が多いと大変でしょう。プロの業者の場合なら、まとめて処分してくれます。

3-2-3.不用品の買取に対応している業者なら買取も同時に行える

不用品の買取に対応している業者なら、ゴミや不用品の片付けや回収と同時に、買取可能なものの買取もしてくれます。掃除とは別に、売れそうなものをリサイクルショップに運ぶ手間もいりません。1度に片付くのが魅力です。

3-3.プロの業者に掃除を依頼するといくらかかるのか?

ゴミ屋敷の片付けをプロに依頼するといくらかかるのでしょうか。一般的には、人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費などがかかります。また、家の広さ・部屋の数・ゴミの量・部屋の状態などによっても費用は異なるでしょう。目安になる料金は以下のとおりです。

  • 間取り1R・1K:30,000〜80,000円(作業人数は1〜2名)
  • 間取り1DK:50,000〜120,000円(作業人数は2〜3名)
  • 間取り1LDK:70,000〜200,000円(作業人数は2〜4名)
  • 間取り2DK:90,000〜250,000円(作業人数は2〜6時間)

あくまでも目安として考えてください。

3-4.回収・清掃費用を節約するためには見積もりを依頼しよう

回収・清掃費用をできるだけ節約するには以下のことを行ってください。

3-4-1.複数社から見積もりを取る

プロの業者に仕事を依頼する際には、複数社に見積もりを依頼してみましょう。ほとんどの業者が無料見積もりサービスを行っています。複数社に依頼すれば、相場もわかりますし料金を比較して1番安い業者を選べるのです。

3-4-2.不用品の買取も行っている業者に依頼する

業者の中には、ゴミ屋敷の清掃やゴミの回収作業だけではなく、不用品の買取を行っている業者もいます。まだ使用できる家電や家具などをまとめて買取に出せば買取費用で清掃費用を相殺することも可能でしょう。

3-5.ゴミ屋敷の清掃・片付けをしてくれるプロの業者を選ぶポイント

ゴミ屋敷の清掃・片付けのプロ業者は、インターネットで探すケースがほとんどでしょう。けれども、業者はたくさんいるので何を基準に選んでいいのかわからなくなります。そこで、業者選びのときは、以下のポイントをチェックしてください。

  • 無料で見積もりサービスを行っている
  • 無料の相談窓口がある
  • 不用品の買取も同時に行ってくれる
  • 特殊清掃も引き受けてくれる
  • 料金体系が明確になっている
  • 家が業者の対応エリアになっている

ゼロプラスは、ゴミ屋敷の片付け、不用品の回収・買取、遺品の供養、部屋の清掃や消毒などを行っています。そして、回収した不用品をリユース品として再販したり海外輸出したりして再利用することで利益を出しているのです。そのため、他社よりも低価格でサービスを提供しています。こちらの「低価格で回収できる理由」もごらんください。

4.ゴミ屋敷の掃除に関するよくある質問

ゴミ屋敷の片付けや掃除に関する、よくある質問をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。

Q.ゴミ屋敷化していた実家の清掃をプロ業者に依頼したのできれいになりました。この状態を維持するにはどうしたらいいのでしょうか?
A.親にとって暮らしやすい・片付けやすい・掃除をしやすい環境にすれば、きれいな状態も保ちやすくなります。

  • 操作が簡単なロボット掃除機に変える
  • 日常的に使うものは取り出しやすい場所におく
  • できるだけ持ち物を減らし空間を多くする
  • 使い捨てのハンディーワイパーや掃除シートなどを各部屋に置き、こまめに掃除をしやすい環境を作る
  • 定期的にお子さんも協力して断捨離を行う

などの方法をためしてみてください。時々実家に訪れて、ゴミや不用品がたまっていないか、リバウンドの兆候はないか、さりげなくチェックすることも大切です。

Q.久しぶりに帰省したら実家がゴミ屋敷化していました。片付けようとしても高齢の親がいやがります。いい方法はあるでしょうか?
A.高齢者は、子どもが無断でものを捨てたり片付けたりすることをいやがります。また、だらしない・不潔・汚いなどと責めるとプライドが傷付き、より強固に掃除をいやがるようになってしまうのです。「災害時に危険だから通路を確保しよう」「使いやすい部屋にしよう」などと、誘ってみましょう。あくまでも掃除をするのではなく、「生活しやすく危険性がないようにするため」と説明してください。高齢者は大きな変化を好まないため、1度にやるのではなく、今日は玄関だけ・次は洗面所とお風呂だけなど、少しずつ行うことも大切です。

Q.ゴミ屋敷にならないように片付けや掃除をしようと思い立つのですがいつも挫折してしまい、きれいになりません。いい方法はあるでしょうか?
A.掃除や片付けは無計画にスタートすると、途中で挫折してしまうものです。そこで、まずは計画を立てることから始めましょう。一度にきれいにしようとすると負担が大きくていやになってしまいます。たとえば「毎週日曜日に1か所ずつ」と決め、必ず実行してみましょう。トイレだけ、洗面所だけなど狭いスペースでもかまいません。少しずつでも家の中がきれいになっていくと、張り合いを感じるものです。まずは、「きれいな家は気持ちがいいから掃除や片付けも悪くない」と実感することが大切でしょう。

Q.1人暮らしの娘の部屋がゴミ屋敷化しようとしています。不用品やゴミをまとめて処分したいのですが腕力もなく車も運転できないのでどうにもなりません。
A.そんなときは、プロの業者に依頼するのがおすすめです。ゴミの仕分けや搬出・不用品の回収や買取・清掃など1度に済ませることができます。非力な方・高齢の方・車を持っていない方などにはぴったりでしょう。ゼロプラスは低価格で不用品の回収・買取・片付けなどを行っています。無料で見積もりを行っていますのでお気軽にご利用ください。

Q.離れて暮らしている親が亡くなりました。遺品整理や家の掃除などをまとめて業者に依頼したいのですが立ち会いをしなければならないのでしょうか。
A.業者によっては、依頼者の立ち会いが必要なこともあります。仕事を依頼する前にそのことを確認したほうがいいでしょう。ゼロプラスでは、諸事情で立ち会えないお客さまの場合は、立ち会いなしでも大丈夫です。遺品整理士の資格を持つキャリアを積んだスタッフが作業を行うので安心してお任せください。

まとめ

ゴミ屋敷は、近隣住民に匂いや害虫の発生などで迷惑をかけるだけではなく、火災の危険性もあるので早めに片付けや掃除をしたいものです。けれども、自分たちの手できれいにできるレベルと、素人には難しいレベルがあります。

ゴミや不用品の量が多過ぎる・害虫が駆除しきれない・家に染み付いた汚れや匂いが取れない、ペットなどの死がいがあるなどの場合は、プロの業者に依頼したほうがいいでしょう。プロ仕様の洗剤や掃除道具を使い、プロのテクニックでスピーディーにきれいに掃除をしてもらえます。また、ゴミや不用品が大量にある場合も、まとめて搬出してもらえるため、自分たちでトラックを借りて運び出す必要もありません。プロに依頼をしたほうが結果的に時間もお金も節約できることも多いのです。掃除に取り組む前に、現場をチェックして、自分でやるかプロに依頼するか慎重に考えてくださいね。