自分だけでは解決できないゴミ屋敷の掃除。きれいな家に戻す方法

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る
ゴミ屋敷の悩み

近年、メディアでも話題になっているゴミ屋敷。凄(すさ)まじい数のゴミで家の周囲・家の中・公道まで不用なゴミで覆われた家です。行政代執行が行われ、ニュースで流れる映像を見るたびに、息を飲んでしまうことでしょう。
ゴミ屋敷問題は非常に深刻です。
ゴミ屋敷の住人は、ほとんどが心に闇を抱えているケースが多いもの。不安やストレスを解消するために、大量のゴミを収集する癖がついているのです。
人間は本来、きれいな環境と規則正しい生活を送ることで健康を維持しています。ゴミ屋敷は、本来あるべき人としての姿から大きく逸脱しているように見えるはずです。
一方では、ゴミ屋敷を一掃して、心機一転やり直そうと考える方もいます。しかし、ゴミ屋敷は1人で掃除するのは不可能に近いもの。
どこから手をつけていいかわからない、不用品と必要品の区別がつかないなど、初歩的なポイントでつまずき、掃除を諦めてしまうケースも多いのです。
この記事を参考にし、ゴミ屋敷を徹底的に片づけてみてください。

  1. ゴミ屋敷になる原因
  2. ゴミ屋敷を続ける問題点
  3. ゴミ屋敷の掃除・片づけ方法
  4. まとめ

1.ゴミ屋敷になる原因

ゴミ屋敷の住人でも、ほかの人と変わらず仕事を続けている方もたくさんいます。驚くのは、女性がゴミ屋敷の住人だというケース。女性はきれい好きという概念はもはや存在しないのでしょう。

1-1.整理整頓ができない

ゴミ屋敷になるきっかけは、片づけ下手であることが多いのです。普通の人なら、整理整頓で心地よい空間にできた達成感と開放感を抱くことでしょう。
整理整頓ができないと、家が清潔で快適な状態にはなりません。買ってきたもの・脱ぎ捨てた洋服・弁当の食べ残しなどが散乱して、徐々に増えていきます。
片づけの基本は整理整頓。基本をしっかり見直すことで、ゴミ屋敷を脱却できるようになるはずです。

1-2.執着心

ゴミを溜(た)め込むのは、時間と手間がかかる大変な作業です。どんな状況でもゴミ収集をやめられないのは、ゴミへの執着心によるもの。
一般的にゴミとして扱われるものは、住人にとってはゴミではないのです。むしろ、宝のように感じています。
購入したもの・拾ってきたもの・友人や家族からもらったもの。すべてに価値を感じ、ゴミへの執着心が残っている間はゴミだと認めることが難しいとされています。

1-3.ゴミがある状態を不快と感じない

ゴミ屋敷は、ものやゴミで足の踏み場もない状態が続いても、決して環境に問題があると捉(とら)えていない傾向もあります。
普通なら、ゴミが溜(た)まれば捨てるでしょう。劣悪な環境で過ごすのが当たり前になるのは危険。健康を害する危険性をたくさん秘めています。

2.ゴミ屋敷を続ける問題点

健康的とは決していいがたいゴミ屋敷。住人に害をもたらすだけではなく、周辺住民へ配慮すること。隣家を見回してみてください。ゴミ屋敷から発生する匂いで、外に洗濯物を干せなくなる・窓は閉めきったまま。周辺住民の安全性を確保せずに、ゴミ屋敷を続けるのは身勝手な行為だと捉(とら)えられても仕方がありません。

2-1.衛生状態の悪化

1番の問題は、衛生状態の悪化。ゴミ屋敷に多いのは生ゴミです。普通の人なら震えてしまうほど大量の虫やネズミが発生します。ゴキブリも数千匹は存在しているでしょう。
体内に虫が侵入し、感染症や深刻な病気にかかることも予想できます。虫・ネズミ・ゴキブリによって、人間の生命線である水を汚染する可能性も高まるのです。
ゴミ屋敷の住人への影響だけに留(とど)まらず、近隣住民も同じ被害を受けてしまいます。発生した虫・ネズミ・ゴキブリは、ゴミ屋敷から周囲の家へ侵入し大変な迷惑をかけてしまうでしょう。

2-2.精神疾患を起こしやすい

人間の健康は、肉体的健康と精神的健康が両立してこそ存在するもの。ゴミに囲まれた生活でも、普通に活動できていると思っている方も多いのです。
しかし、ゴミが増え続けて片づける意欲を失ったとき、精神疾患を起こす恐れもあります。やる気の低下・集中力の欠如・判断力を失う・認知症の発症など、深刻な症状に発展することもあるのです。
また、もともと精神疾患を患っている人も、ゴミ屋敷を作り出してしまうといわれています。精神的ダメージを受けたことを理由にして、ゴミを集めるようになってしまう。いずれの場合も、周囲が手を差し伸べて環境を変えてあげることが大切です。

2-3.家の劣化

ゴミが大量に畳やフローリングを覆い尽くし、湿気がこもりやすい環境になります。湿気が逃げないことで床が腐敗し、家全体が劣化してしまうのです。
賃貸住宅の場合、退去時に原状回復を求められるのが一般的。ゴミ屋敷だとわかった時点で、早期退去とゴミの撤去を求められるでしょう。
家の劣化を招いた責任を追及され、多額の費用を請求される可能性が高いのです。

3.ゴミ屋敷の掃除・片づけ方法

おびただしい数のゴミを片づけるのは簡単なことではありません。ゴミを処分するだけでも、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなどの分別が必要です。中には本当に必要なものも含まれています。
ゴミ屋敷から脱却する方法はあるのでしょうか? 

3-1.2〜3人で着手

ゴミ屋敷の住人が、自分だけで片づけようとしないこと。集めたゴミに執着心や愛着が残っていると、不用品と必要品の仕分けをするだけでも時間がかかり、なかなか進展しないはずです。中途半端に終えてしまうと、再びゴミ屋敷に戻ってしまう可能性が高まります。
2〜3人で着手し、客観的に仕分けをしてもらいましょう。3日を費やして掃除を終えるのが一般的です。

3-2.とにかく処分

ゴミ屋敷で保存されていたものは、状態が悪くなっているケースがほとんど。まだ使えると思ってはいけません。とにかく処分していこうと前向きな姿勢で臨むことが大切です。
通帳・現金・印鑑・賃貸契約書・住宅権利書以外は、なるべく残さないようにしましょう。家具や家電製品も、汚れや匂いが付着していたり、壊れていたりすることもあるはずです。ゴミ屋敷の掃除は、悪臭除去も目的としています。環境見直しのためには、断捨離精神を持って決断すべきです。

3-3.不用品片付け業者に依頼

ゴミ屋敷の掃除は、プロに任せると安心です。掃除と片づけのプロによって、素早くゴミの撤去と丁寧な掃除が行われます。近年増え続けるゴミ屋敷の掃除を数多く手がけているため、素人が何日もかけて行う掃除をあっという間に仕上げてくれるのです。
ゴミ屋敷から出るゴミの量は、トラック数台分に及ぶとされています。ゴミを出せる日まで待つことも、トラックに積んで運ぶことも自分では難しいですよね。
不用品片付け業者に依頼すれば、ゴミの処分まで請け負ってもらえます。ゴミを撤去した後、家の傷み具合をチェックし、掃除を行ってもらえて安心です。片づけのポイントも教えてもらえますよ。
自分だけで抱え込まず、プロの手を借りる方法も活用しましょう。

4.まとめ

近年増え続けるゴミ屋敷。掃除と片づけ方法についてご紹介しました。

  • ゴミ屋敷になる原因
  • ゴミ屋敷を続ける問題点
  • ゴミ屋敷の掃除・片づけ方法

ゴミ屋敷は、健康を害する恐れもあります。生ゴミに群がる無数の虫・ネズミ・ゴキブリなど、想像するだけでも恐ろしいことばかり。やる気・集中力・判断力の低下、認知症発症リスクも高まります。
ゴミ屋敷を一掃するためには、複数の人で着手することが大切です。1人で抱え込まないようにしましょう。
ゴミ屋敷掃除のプロ・不用品片付け業者に依頼すると安心です。大量に出るゴミを撤去し、掃除や片づけまで請け負ってもらえます。
近隣への悪臭・害虫・害獣による悪影響を考え、環境を見直すようにしてください。ゴミ屋敷を一掃できれば、自分への自信と達成感を抱くことができます。心の中もリセットできて、とても気持ちがいいですよ。