【要注意】そのまま捨てるのはNG!神棚の正しい処分方法教えます。

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る
神棚の正しい処分方法って?

不要になった神棚を処分するとき、そのまま可燃ごみとして捨ててしまうのは問題です。とはいえ、最初に神棚を購入したときに「御霊入れ」もしくは「御魂(みたま)入れ」を行ったかどうかで違ってきます。ここでは、神棚の正しい処分方法と処分にかかる費用についてお教えしましょう。

  1. 神棚の正しい処分方法
  2. 神棚の処分にかかる費用について

1.神棚の正しい処分方法

神棚の正しい処分方法

神棚を処分するということは、そう頻繁にはありません。しかし、いざ処分するとなったときに正しい方法を知っておくとスムーズでしょう。神棚の処分に関するさまざまなことを紹介します。

1-1.神棚の御霊入れとは?

神棚の本体は、ホームセンターで販売されているため手軽に購入可能です。買ってきた神棚をそのまま飾るだけでもいいのですが、本来は「御霊入れ(みたまいれ)」というものする必要があります。神社でしてくれるという話もありますが、実際にやってくれる神社は少ないでしょう。神社で神棚を購入した場合は、すでにお払いなども済んでいる状態のため安心です。しかし、新仏具店で購入した場合はどうでしょう。どういった状態で販売されているのかを確認してから購入した方がいいですね。

御霊入れをしない場合、お札をご本体として神棚にまつります。地域によって神棚の扱いは違ってきますので確認してみましょう。

1-2.神棚の処分方法(神社にお願いする場合)

神棚というのは、基本的には一定の期間で新しく入れ替える必要があります。期間が決まっているわけではありませんが、引っ越しや新築などのタイミングで新しくするといいですね。入れ替えた後の古い神棚に関して、一般的な処分方法は神社にお願いすることでしょうか。

神社に廃棄を依頼する場合、御札は抜いて別にしておきましょう。神社であれば、「御霊抜き(みたまぬき)」も行ってくれるため、気持ちよく処分できます。

1-3.神棚の処分方法(自分で処分する場合)

神棚までも神社に持ち込むのは大変です。そう思う方は、御札だけは神社に持っていき、神棚本体は自分で処分してしまってもいいでしょう。ただし、これは御霊入れをしていない神棚に限ったことです。もし御霊入れをしている神棚であれば、勝手に処分せずに神社に持ち込むことをおすすめします。まずは、近くの神社に相談して自分で処分しても問題ないとお墨付きをいただいたのなら、粗大ごみとして処分するのもひとつの方法です。

1-4.不用品回収業者に依頼する

こちらも、自分で処分するときと同様に、御霊入れがされていない神棚であれば問題ありません。不用品回収業者に引き取りをお願いしましょう。その際には御札が入ったままになっていないか、きちんと確認してから引き取ってもらいます。業者によっては神棚の引き取りはNGという場合もあるので、事前に確認しておきましょう。たとえ信心深くないとしても、神具などの縁起物をごみとして処分するのは抵抗があります。そんなときに不用品回収業者を利用すれば心おきなく手放せそうです。それでも、気になる場合には、塩でお清めするなど少しでも失礼のないよう振る舞えばいいでしょう。

2.神棚の処分にかかる費用について

神棚の処分にかかる費用について

神棚を処分する際に、まったく費用がかからないということはありえないでしょう。神棚の多くは木製ですが、そのへんに捨てていいものではありません。正しい処分方法には、それなりの費用が発生します。

2-1.神社で処分してもらう場合の費用

神社によって金額は違いますが、玉串料を納める必要があります。この玉串料は数千円から数万円までさまざまです。神社の方から金額の指定がある場合とお気持ちで結構ですという場合があります。お気持ちの場合、少なくても千円程度は包むといいですね。お焚(た)き上げのときに持ち込めば数百円程度のお気持ちだけで処分することができる場合もあります。御札のお焚(た)き上げも同様です。神社によっては神棚の処分は行っていない場合もあるため、事前に処分可能かどうか、費用はいくら必要なのかを確認しておくといいでしょう。

2-2.自分で処分する場合の費用

神棚本体は御霊入れも何もしていないから、粗大ごみとして処分するという場合。必要なのは自治体で定められた粗大ごみにかかる費用だけです。数百円程度のものでしょう。しかし、自治体によっては神棚は取り扱いNGという場合もあります。費用は安く済みますので魅力的ですが、事前に確認しておきましょう。また、神棚はいいのですが御札までごみとして処分してしまわないようにご注意ください。御札だけは神社に持ち込み、お焚(た)き上げなど正しい処分を行ってもらいます。

2-3.不用品回収業者に依頼する場合の費用

これも業者によって費用は違ってくるため、一概にいくらとはいえません。しかし、粗大ごみとして捨てるより処分費用が高いことに違いはないでしょう。神社に納める玉串料と同等、もしくはもう少し費用がかかる可能性は十分に考えられます。ただ、引っ越しなどの処分するものが多いときに、まとめて引き取ってもらうなら便利でしょう。

神社によっては、御霊抜きやお払いをしたあと、業者に引き取ってもらうという場合もあるくらいです。安心して業者に依頼していいでしょう。しかし、こちらも御札を一緒に処分してしまわないように注意する必要があります。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?神棚の処分は難しいと考えている人が多いと思いますが、正しい処分方法さえ知っていれば難しいことではありません。基本的には近所の神社に依頼するのが一番です。持ち込む時間がない人や手間をかけて入れない人は、不用品回収業者に依頼しましょう。日時も都合のいいタイミングで引き取りに来てくれるため便利です。

ただし、何度も記載しましたが「御札」だけは絶対にごみとして処分してはいけません。なによりも扱いに慎重にならなければならないのは「御札」です。これが神様の本体といっても過言ではありません。粗末な扱いをして、罰が当たるようなことがないようご注意ください。神棚の周りの寝具に関しても、神棚と一緒に扱いましょう。ちなみに、不用品回収業者によっては、神社に持ち込み供養した後処分してくれるという場合もあります。事前に確認し、相性の良い業者に依頼するといいですね。