事務机を処分する方法を解説! 個人と会社の違いは何? 売却は可能?

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「事務机が不要になったが、処分方法が分からない」と悩んでいる人はいませんか? 事務机は一般家庭からオフィスまで幅広く使われています。そのため、処分方法も複数の方法があり、ものによっては売却できるものもあるでしょう。

今回は、事務机を処分する方法を紹介します。

  1. 事務机をゴミとして処分する方法
  2. 不用品回収業者に処分を依頼する方法
  3. 事務机を売却する方法
  4. 事務机の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、事務机を処分する際の注意点も分かるでしょう。事務机の処分を考えている人は、ぜひ読んでみてください。

1.事務机をゴミとして処分する方法

この項では、事務机をゴミとして処分する方法を紹介します。

1-1.個人の場合は自治体に回収を依頼できる

個人で事務机を処分したい場合、自治体にゴミとして回収を依頼できます。何ゴミに該当するかは自治体によって異なるので、必ず確認してください。また、自治体によっては処分費用がかかったり自分で処分場に運ばなければならなかったりすることもあります。ですから、以下の項目をチェックしましょう。

  • 何ゴミに該当するか?(分解すれば、燃えるゴミになるかなども確認)
  • ゴミ出しの日時と場所(所定のゴミ回収場でいいのか、専用の回収場所まで持って行くかなどを、回収日時とともに確認)
  • 回収費用と支払い方法(粗大ゴミに該当する場合はシールを購入するなど)
  • ゴミ処分場の場所(自分で搬入しなければならないケース)

1-2.運搬ルートと方法を確認する

事務机は、1人で運べないほどの大きさがあるものもあります。ですから、ゴミ回収場所まで運ぶ場合、運搬ルートを確認して人手を確保しましょう。引き出しなどが外せる場合は、軽くするために別々に持って行ってもいいですね。

1-3.分解は無理をしない

組み立て式の木製事務机などは、分解して運んだほうが楽なことがあります。ただし、机の天板などは切るのに電動のこぎりなどが必要です。また、スチール製や樹脂プラスチックの事務机を分解するのは難しいので、無理をしないようにしましょう。

1-4.会社で使っていた事務机は産業廃棄物

会社で使っていた事務机が不要になった場合は、産業廃棄物扱いになります。たとえば、スチール製の事務机の場合は、金属類の産業廃棄物となり、産業廃棄物処理業者に委託して処分してもらわなければなりません。自治体では会社から出た事務机を回収することはできないので注意しましょう。

2.不用品回収業者に処分を依頼する方法

不用品回収業者は、一般家庭のほか企業から出た不用品を有料で回収してくれる業者です。早ければ依頼したその日のうちに見積もりを出し、後日引き取りに来てくれるところもあるでしょう。会社の場合、産業廃棄物業者に依頼するより早く処分できることもあります。理由があって今すぐ事務机を処分したい場合、不用品回収業者を利用しましょう。なお、不用品回収業者は、インターネットやイエローページを利用し、自分で探してください。町を軽トラックで流しているような業者に依頼すると、料金トラブルなどが起こりやすくなります。

3.事務机を売却する方法

この項では、事務机を売却する方法を紹介します。

3-1.事務机は中古でも一定の需要がある

事務机は、流行がありません。また、新品を大量に買うとそれなりの費用がかかります。そのため、一定量の事務机を売却してほしいと思っている業者も多いのです。特に、新しいものや天板が木製のものなど、ちょっとオシャレな机などは需要が高いでしょう。ブランドとしては、コクヨ・オカムラ・イトーキなどが人気です。

3-2.オフィス家具としてまとめて売るのがおすすめ

事務机は、キャビネットや整理棚といったオフィス家具とまとめて売ったり、10台くらいいっぺんに売却したりしたほうが喜ばれます。そうすれば、まとめてオフィスの机やオフィス家具全体が取り替えできるからです。「オフィスを引っ越すが、不要なオフィス家具がたくさん出る予定」という場合は、ぜひ売却を考えましょう。

3-3.オフィス家具専用のリサイクルショップを利用してみる

事務机を売却したい場合は、オフィス家具専用のリサイクルショップを利用してみましょう。まとめて売却する場合、ショップの店員が事務所まで査定に来てくれることもあります。また、不用品回収業者の中には、回収と共に買取を行っているところもあるので、利用してもいいでしょう。「買い取れなかったら引き取ってほしい」という場合に便利です。

3-4.ネットオークションを利用する場合は送料を調べておく

ネットオークションでも、事務机は盛んに出品されています。1台しか売却できない場合、リサイクルショップに売るより高値がつくこともあるでしょう。ただし、机を遠方に送る場合は送料がかかります。あらかじめ送料を調べて載せておくか、取りに来てくれる人限定で売却しましょう。出品する場合は、写真と共にメーカーや使用年数、状態を記載しておきます。

4.事務机の処分に関するよくある質問

この項では、事務机の処分に関する質問を紹介します。

Q.事務机はどんな形のものでも売却できるでしょうか?
A.大抵のものは大丈夫ですが、特別注文されたものなど特殊な形の机は難しいことがあります。

Q.事務机は、一脚では売却は難しいでしょうか?
A.そんなことはありませんが、まとめて売却したほうが高値がつきやすくなります。

Q.売却できない事務机はあるでしょうか?
A.がたつきがひどいものや、汚れや傷があるものは難しいことがあります。また、たばこの臭いが染みついているものは断られることもあるでしょう。

Q.事務机を産業廃棄物処理業者に処分してもらう場合、マニフェストは必要ですか?
A.はい。必要になります。

Q.事務机は金属として売却できるでしょうか?
A.可能なものもありますが、大部分は金属以外のものも使っているので大量でないと難しいと思います。

まとめ

今回は、事務机の処分方法を紹介しました。個人で処分するならばゴミとして自治体に回収してもらうのが一番手っ取り早いでしょう。会社で事務机がまとめて不要になった場合は、売却できる可能性もあります。まだ十分使える事務机が不要になった場合は、ぜひ売却を検討しましょう。エコにもなります。