汚部屋から脱出したい!一刻も早く片付ける方法と業者選びのポイント

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

散らかった部屋どうやって片付けよう?

片付けたいと思っていてもどこから手を付けていいかわからない。片づけ方法がわからず困っている。あなたはこのようなお悩みを抱えていませんか?近頃では、手が付けられないほど散らかった状態の部屋を”汚部屋”と呼びます。汚部屋は身体に悪影響を与えるだけではなくさまざまなトラブルを生む根源です。汚部屋はただ部屋を片付けるだけでは解決しません。その理由は、汚部屋住人が抱える心の病気に原因があるのです。 ここ最近では、片付けられない女性・主婦が急増し社会問題になっていることをご存じでしょうか。

この記事では、汚部屋を作る心の原因と汚部屋から一刻も早く脱出する片付け方法について詳しくご紹介します。

  1. 知らないと怖い!汚部屋の実態
  2. 汚部屋住人に効く3つの対応策
  3. 汚部屋を作る心の原因「片付けられない症候群」とは?
  4. 今日からできる!汚部屋の片付け方法
  5. 汚部屋が招く主なトラブル
  6. もしかして私も汚部屋症候群?~セルフチェック~
  7. 汚部屋脱出!片付け業者の選び方
  8. 汚部屋に関するよくある質問
  9. 汚部屋のお役立ちブログご紹介

この記事を読むことで、汚部屋を数時間であっという間に片付ける方法を知ることができるでしょう。不用品や粗大ごみを楽に処分する方法もご紹介しています。 長い間悩んでいた 汚部屋問題から解放され、快適な生活を取り戻しましょう。 自身や家族が原因で汚部屋に悩んでいる方はぜひチェックしてみてださいね。


1.知らないと怖い!汚部屋の実態

知らないと怖い!汚部屋の実態

あなたは、汚部屋の実態をご存じですか?汚部屋はその文字どおり「汚い部屋」を意味します。昨今、社会問題になりつつある汚部屋。問題が深刻化するゴミ屋敷も最初は、汚部屋程度から始まったと言います。汚部屋が重症化した状態が、ゴミ屋敷なのです。ゴミ屋敷を見て他人(たにん)事と思っている方は注意しましょう。
この項では、知らないと怖い、汚部屋の実態について迫っていきます。

1-1.片付けられない部屋が抱える問題点とは?

部屋が散らかっていると私たちの生活にはどのような悪影響があるのでしょうか?

1-1-1.臭い・害虫の発生

汚部屋で最も醜(みにく)い悪影響と言えば、ゴキブリなどの害虫が発生することでしょう。ゴキブリは食べ物のカス・ほこり・髪の毛をエサにしています。茶色の体をしたチャバネゴキブリは、家の中で繁殖を繰り返すため駆除も大変です。また、段ボールや古い本を好んで発生する紙魚(しみ)と呼ばれる害虫。紙魚(しみ)は洋服や本が大好物で人の生活に悪影響を与えます。

1-1-2.ほこりやカビが原因のアレルギー

ほこりは一見、ただのごみのかたまりに見えます。しかし、その実態は、ダニやダニの糞(ふん)・死骸・カビの胞子・フケが含まれているのです。ほこり1gには2000匹ものダニが生息しているとも言われています。カビやほこりを吸い込むと身体が拒否反応を起こし、アレルギーの原因になるのです。汚部屋では、ほこりやカビが空気中に浮遊し、知らず知らずのうちに吸い込んでいます。抵抗力の弱い高齢者や赤ちゃんは注意しなければなりません。

1-1-3.ものが見つからない

ゴミ部屋では、ものがどこにあるかわからなくなります。使いたくてもどこにあるかわからないため、イライラすることも多くなるでしょう。よく使う鍵や財布さえも無くしてしまうのです。朝出かける前に探し回ることも増え日常生活をスムーズに送ることができなくなります。

1-1-4.経済的負担も大きくなる

部屋の中に何があるか把握できない汚部屋では、見つからないものを探すより、新しく購入したほうが早いと考える人も多いです。持っているのに購入する・・・もったいないと思いませんか?同じような衣類やバック・洗剤からペン1本まで、何度も購入しては無くすという不経済な生活を繰り返しています。

1-1-5.集中力とやる気が続かない

ものがあふれた部屋は、悪臭もひどく精神的にも落ち着きません。イライラすることも増え、集中力も続かないのです。何かしようにも片付けから始めなくてはならず、やる気も起こらなくなるでしょう。無気力や自暴自棄になる人もいます。

1-2.汚部屋になる原因とは?

部屋が片付けられない原因は、以下のようなものがあります。

  • 家事を行う人が急にいなくなった
  • 片付けが苦手な人
  • 仕事が忙しくゴミを捨てる暇がない
  • ショックなこと・強いストレスで何もする気がなくなった
  • 認知症や病気のせいで片付けられない

汚部屋は、ただ片付けが苦手ということだけではありません。もちろん、”仕事が忙しすぎて寝に帰るだけ”、”大ざっぱな性格”と生活習慣と性格が原因だという人もいます。しかし、ごみ屋敷手前になるほど汚部屋が生まれる原因には、心理的な病が潜んでいる可能性もあるのです。うつや総合失調症など精神的な障害や疾患を抱えている人もいるでしょう。精神疾患を患い汚部屋を作る人は次のような共通した特徴があります。

  • 片付け方がわからない
  • 片付ける心理状況ではない
  • 汚くても気にならない
  • ものが捨てられない

精神疾患を患っている場合は、部屋を片付けたいと思っても片付けられない状態です。また、ごみをごみだと思っていない人も多いでしょう。部屋を片付けるだけでなく心に抱える病を治すことが先決です。

1-3.汚部屋のせいで起こった事件

汚部屋は、思わぬ事故や事件を招いてしまいます。過去にあった例では、”ほこりと湿気が原因でコンセントから出火した”、”ストーブの火がごみに引火し隣を巻き込む火災”になった事故もありました。”山積みのごみが倒れてきて下敷きになった”というケースもあるのです。片付けられない女性の場合、汚部屋が原因で離婚するケースも珍しくありません。汚部屋でいることは、悪影響しかなく、人生を狂わす原因にもなるでしょう。

汚部屋は単に散らかった部屋ではないんですね。
はい。害虫や害獣・悪臭が発生し、近所迷惑になることもあります。

2.汚部屋住人に効く3つの対応策

汚部屋住人に効く3つの対応策

汚部屋に悩んでいて、自分でも片付けたいと思っている場合は解決も早いです。しかし、妻・娘・親など家族が汚部屋住人で、本人が片付けなくてもいいと思っているケースでは、対応策も難しいでしょう。精神的疾患を抱えている人は、言葉一つで心理状態が変わってしまうことも多いです。ただ一概に”だらしがない”とか”怠けている”といったイメージで接すると、精神的なダメージを深くしてしまうことにもなりかねません。そこで、この項では、汚部屋住人に効く3つの対応策をご紹介します。

2-1.まずはどうするべきか?

まずは、汚部屋住人の様子をよく観察しましょう。部屋が片付けられない原因が、心の原因なのか、ただ片付けが苦手なのか、片付ける行動が嫌いかを確認するのです。片付けられない人の中には、本当はきれいにしたいけど行動に移せない人がいます。片付けられないことを責めるのではなく、本人とじっくり話し合ってみましょう。話し合いが無理な場合や取り乱す・自暴自棄になるような行動をとるときは、精神的疾患を抱えている可能性が高いです。早めに専門医の診断を受けましょう。

2-2.ものが捨てられない場合

私たちにはゴミに見えているものでも、汚部屋住人はごみをごみと感じていない人が多いです。散らかったもの・収集しているものに対し「ゴミ」という言葉は避けてください。通常、安定した精神状態では片付けるとき「捨てる」ことから始めます。しかし、ものへの執着が強く、ものが捨てられない人は、ものを手放すことに強いストレスや罪悪感・不安感を抱いてしまうのです。ですから、ものを捨てるのではなく、残すものを選ぶという風に考え、言動で促すといいでしょう。

2-3.心のケアを優先する

汚部屋住人の中には、精神疾患まではいかなくても、収集癖という異常行動から汚部屋になっている人もいます。ゴミをゴミと認識していながら、捨てられない人もいるでしょう。汚部屋を解決するには、住人の心のケアが最優先です。病気の治療をすると、気持ちが落ち着き、汚部屋問題も改善すると言われています。家族ともなれば特に、汚部屋住人が抱える心の闇を取り除いてあげたいものです。

汚部屋の住人を怒ったり叱ったりしてはいけないんですね。
はい。本人もどうしていいか分からず悩んでいることが多いんです。

3.汚部屋を作る心の原因:片付けられない症候群とは?

汚部屋を作る心の原因:片付けられない症候群とは?

3-1.病気のサイン?片付けられない症候群について

”片付けられない症候群”という言葉を聞いたことはありませんか?最近、ものを捨てることに罪悪感や不安を感じる、精神疾患を患う女性が増えています。片付けたいと思っていても行動に移せない・・・忙しいとか怠慢が原因ではなく「脳の障害」なのです。片付けられない症候群を引き起こす精神的疾患をご紹介します。

  • うつ病
    気分にむらがあり、部屋の中への興味が薄れ掃除する意欲が低下する。
     
  • 総合失調症
    ”ものを溜(た)める”ものへの執着が強くごみを集める生活で精神的不安を調整している。ごみをごみだと思っていないケースもある。
     
  • セルフネグレスト
    生きていくこと、健康や生活を維持することに意欲を無くす。不衛生な環境・食事や医療の拒否・家族から孤立したがる傾向がある。
     
  • ホーディング(強迫性貯蔵症)
    強迫性障害のため、”ものを集めなければいけない”といった強迫観念に駆られている状態。集めたものを他人に捨てられる行為に異常なほど拒絶反応がある。
     
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害):片付けられない症候群。集中力、多動性、衝動性が見られ、感情や行動のコントロールが難しい、脳の機能障害。情報を整理する神経物質が少ないため、片付けたくても片付け方がわからない。ADHAは、女性に多く大人になってから発覚するケースが増えている。

3-2.片付けられない症候群から脱出する方法

片付けられない症候群のような精神疾患を患う背景には、ショックなこと・ストレスなど心因性の原因が潜んでいます。家族を失った・仕事の定年・解雇・子供の独立など精神的な寂しさや強いストレスが引き金となるケースもあるのです。片付けられない症候群と感じたらまずは、専門医のカウンセリングを受けましょう。

3-3.片付けられない症候群の方が掃除する3つのコツ

片付けられない症候群の人は、集中力や意欲が長続きしません。さらに、片付けられないという罪悪感があると、片付けがうまくいかなかったとき落ち込んでしまうでしょう。
そこで、片付けをしようと思ったら

  1. 完璧にやろうと思わない
  2. 小スペースから始める
  3. 捨てるかどうかは別としてとりあえず仕分けする

以上の3つを意識しましょう。片付けしようとも思わなくていいです。とにかく気合いを入れて一気にやろうと思わないこと。一気にやろうとするとどこから手を付けていいかわからなくなります。”今日はこの辺をやろう”と、小スペースで区切った部分だけを片付けていくことで自信を積み重ねましょう。片付けに断捨離は必要です。ただし、捨てることに不安感を覚える方は、捨てるかどうかは別として「今必要なもの(使っているもの)」、「必要じゃないもの(使用していないもの)」を基準に仕分けしてみてください。集中力がなくなれば、そこで中断しても構いません。片付けに着手できた自分を褒めてあげましょう。

3-4.業者に依頼する方法もある

片付けられない症候群の方が、部屋をきれいにしたいと思ったら、自分で片付けるのではなく掃除を業者に依頼する方法がオススメです。
部屋をまるごと片付けてくれるので、精神的にも肉体的にも負担を軽減できるでしょう。部屋の片づけを依頼する場合、不用品や粗大ごみを回収・処分まで行う不用品回収業者を利用すると便利です。汚部屋で悩んでいる方はぜひお近くの不用品回収業者へ相談してみましょう。

片付けられない症候群というものがあるんですね。
はい。そのほかにも、うつ病が原因で部屋が片付けられなくなることもあります。

4.今日からできる!汚部屋の片付け方法

今日からできる!汚部屋の片付け方法

この項では、自分でできる汚部屋の片付け方法をご紹介します。
片付けの手順は以下のとおりです。

  1. 生ごみ・缶・ペットボトルを捨てる
  2. ものの仕分け
  3. 整理する
  4. 不用品処分

上記の順で行います。部屋をきれいに保つコツもご案内しますのでぜひチェックしてみましょう。

4-1.掃除に必要なものをそろえよう

汚部屋を掃除するときは、途中でやる気が損なうような事態は絶対に避けておきたいものです。そこで、まずは掃除に集中できる環境を整えましょう。部屋を片付ける際に必要な掃除道具は、あらかじめ準備してください。

そろえておきたい掃除道具と準備

  • 指定ごみ袋(分別用数種類)
  • 市町村のゴミ分別表
  • ハサミ・ひも
  • マスク・軍手
  • 雑巾・バケツ
  • 段ボールとガムテープ
  • 汚れてもいい服に着替える
  • その日の予定は入れない

ごみの分別はお住まいの地域により異なります。掃除中「あれ?このごみ燃えるゴミかな?燃えないゴミ?」とわからなくなれば、意欲もなくなってしまうでしょう。そこで、各市町村が定めているゴミの分別がわかる”分別表”を用意します。分別表は、自治体ホームページから確認し、印刷しましょう。ほこりやカビを吸い込まないよう、マスクは必需品です。汚れてもいい、動きやすい服装を心がけてください。掃除はいつ終わるかわかりません。掃除する日は、ほかの予定を入れずにじっくり取り掛かりましょう。

4-2.生ごみ・缶・ペットボトルを捨てる

汚部屋の片づけで最初に手を付けるものは、明らかにごみとわかるものです。生ごみ・缶・ペットボトル・食べかす・食品やお菓子の空き袋などは、ただのごみで思い入れもないでしょう。わかりやすいごみから、どんどんごみ袋に入れていきます。ペットボトルは、ラベルとフタを外し、つぶして捨てましょう。できれば水でさっと洗うと臭いが残りません。

4-2.ものの仕分けをしよう!

部屋の片付けは仕分けで決まると言っても過言ではありません。家にあるものをすべて出し、「必要なもの」「必要じゃないもの」「どちらでもないもの」に仕分けします。仕分けで考える時間は3秒です。瞬時に判断しどんどん仕分けしていきましょう。迷うものは”どちらでもないもの”に入れます。仕分けに長い時間をかけると、捨てられない理由を探し、結局処分できません。仕分け中は、お気に入りの音楽をかけ、リズミカルに行うといいでしょう。1年着ていない洋服・1年使っていない食器は思いきって処分してください。思い出の品は、段ボールにまとめ、とっておくといいでしょう。1年に1度見直し、処分できるようになったとき捨ててください。

4-2-1.仕分けの注意点

仕分けを行う際に注意してほしいことがあります。ものを仕分けするときは、今必要なものだけを残すようにしましょう。”いつか使うかも”という品物は、この先もだいたい使わないことが多いです。思いきって処分しましょう。”高かったから”、”痩せたら着られるかも”という理由で残している洋服も処分します。買い物をした際の紙袋も、いつか使うかもととっておく人が多いでしょう。1.2枚であれば保管しておくのもいいです。しかし、数が多ければ場所をとるため処分してください。

4-3.整理整頓のポイント

次に、仕分けし終わったものを部屋の収納に合わせて整理していきます。整理整頓のポイントは、使用頻度の高いものの定位置を先に決めることです。よく使うものほど、出しやすくしまいやすい場所に整理します。出しやすい場所に収納するだけで、ものが見つかりやすくなるでしょう。洋服をたたんでクローゼットにしまうのが苦手な方は、ハンガーごとかけて収納します。干した洗濯物をハンガーのままクローゼットにかける方法をとれば、洗濯物が部屋に散乱することも少なくなるでしょう。

4-4.不用品を処分する方法

4-4-1.自治体の粗大ごみ回収を利用する

不用品・粗大ゴミは、品物により処分方法が異なります。一般的に指定ごみ袋に入らないごみは、粗大ごみです。自治体の粗大ごみ回収で捨てられます。自治体の粗大ごみ回収を利用する際は、粗大ごみ受付センターに電話で収集依頼をしてください。コンビニやスーパーで売られている粗大ごみ券を購入し、粗大ごみに貼り付けます。予約時に聞いた収集日の朝8時までに指定された場所まで自分で運搬し、処分してください。自治体の粗大ごみ回収は、費用が安いことがメリットです。しかし、時間と手間がかかるため、もともと片付けが苦手・・・という方にはオススメできません。家電や要らなくなったパソコンは、家電リサイクル法の施行により自治体での回収はできなくなりました。各市町村では、粗大ごみの処分ルールが細かく定められています。1度に捨てられる数に制限があるため、回収してもらえないものもあるでしょう。

4-4-2.業者に買い取ってもらう

ものを捨てることが苦手な方は、不用品回収業者やリサイクルショップに買い取ってもらうといいでしょう。捨てるというよりは、リユースする気持ちが強くなります。状態がよく製造年数が3年~5年の家電や10年以内の家具は、高値で買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。

4-5.部屋をきれいに保つコツ~チェックリストを作ろう~

汚部屋は、1日で作られるものではありません。毎日の積み重ねで形成されるものです。日々意識しないまま、今の生活を続けていればせっかくきれいに片付けた部屋もすぐに元の汚部屋に戻ってしまうでしょう。そこで、部屋をきれいに保つために、チェックリストを利用した定期的な掃除をオススメします。ひどい状態になってから片付けるのは大変です。毎日チェックリストにある部分だけを少しずつ片付けていれば、部屋が散らかっても汚部屋になることはないでしょう。

チェックリストの例

  • 月曜日:床の上にものが散乱していないか?
  • 火曜日:テーブルの上を片付ける
  • 水曜日:ゴミが部屋に放置されていないか?
  • 木曜日:ゴミの分別をする
  • 金曜日:出しっぱなしのものがないか?
  • 土曜日:トイレと浴室の掃除
  • 日曜日:掃除機をかける日

本来なら、家のすべてをきれいに保つのが理想的です。しかし、”片付けがストレスになる”、”忙しくて暇がない”場合は、毎日決めた部分だけチェックするといいでしょう。チェックリストは、自分の部屋の散らかりやすい部分を中心に作成してください。

少しずつでも片付けていくことが大切なんですね。
はい。一人で難しければ、友人や家族に手伝ってもらいましょう。

5.汚部屋が招く主なトラブル

汚部屋が招く主なトラブル

5-1.汚部屋に発展するトラブルとは?

汚部屋になる背景には、さまざまなトラブルが潜んでいるものです。不規則な生活や地域のごみ分別ルールが厳しすぎることも汚部屋に発展します。同居している家族に引きこもりがいるケースでは、部屋の掃除ができずゴミが溜(た)まる一方でしょう。所有している空き家に誰かが浸入しゴミだらけにする事件もあります。

5-2.汚部屋が原因で招くトラブル

汚部屋は自分一人の問題ではありません。特にマンションでは、悪臭や害虫の被害が隣近所にまで広がります。何らかの原因で火災が起こることも危険視されているでしょう。古いアパートでは、床の崩壊もあり得ます。さらに、賃貸住宅では、退去時に原状回復費用や清掃の負担を請求されることもあるでしょう。賃貸住宅はあくまでも「借りている」部屋です。自分の部屋だからと言って何でもしていいことにななりません。よく聞く話ですが、汚部屋状態で引っ越しの見積もりをとると必要以上に荷物の量が多く見え見積金額が高くなる向が強いです。部屋が汚いばっかりに引っ越しを断られることもあります。

5-3.汚部屋トラブルの対応策

汚部屋トラブルを防ぐには、汚部屋を片付けることが一番です。トラブル内容をよくよく確認すると、汚部屋でなければ避けられるようなトラブルばかりでしょう。精神疾患が原因で汚部屋となっている場合は、病気の治療をしなければ改善されません。ケアが充実した施設に移るか専門のカウンセリングを受けましょう。自分で部屋が片付けられないときは、業者に定期的に掃除をしてもらう方法もあります。日常的に掃除を行う家事代行サービスや掃除を行う不用品回収業者に相談しましょう。高齢者なら介護保険を使いヘルパーを依頼することもできます。汚部屋の住人は汚部屋であることをできるだけ人に知られたくないと思っているでしょう。しかし、自分一人で抱え込まず、さまざまなサービスを利用し相談してください。業者に頼めばわずか1日~3日もあれば片付けられるでしょう。

汚部屋に関するトラブルは多いんですね。
はい。賃貸物件の場合は大家さんに退去を求められることもあります。

6.もしかして私も汚部屋症候群?~セルフチェック~

もしかして私も汚部屋症候群?~セルフチェック~

汚部屋になる原因は、特別なものではありません。誰もが汚部屋住人になる可能性があります。もしかして、あなたも汚部屋予備軍ではないですか?以下の項目に当てはまるものがないかセルフチェックしてみましょう。

あなたの片付けられない度チェック!

  • ゴミの分別・処分方法がわからない
  • ゴミをついつい溜(た)め込んでしまう
  • 着ない洋服や靴でも捨てるのがもったいないと思う
  • 本やCDを溜(た)め込んでいる
  • 郵便ポストに入るチラシや郵便物をすぐに処理しない
  • 部屋でものがなくなることが多い
  • ニキビや肌荒れがひどい
  • 髪の毛が伸びっぱなし・身だしなみを気にしない
  • 爪が伸びている
  • 靴が汚れていても気にならない
  • 財布にレシートが溜(た)まりパンパン
  • お風呂が嫌い・歯を磨かない
  • ゴミ箱が部屋にない
  • 飲食後に出たごみをすぐに片付けない
  • 換気をしない
  • 収納スペースにものがぎっしり詰め込まれている
  • 片付けなくても平気・片付ける行為がストレス
  • 片付け方がわからない
  • 家に人を招くことがない

上記の項目に5個以上当てはまる方は、”片付けられない人”、汚部屋予備軍です。10個以上当てはまる場合は、ズボラを通り越して心理的な問題を抱えている可能性もあります。特に、女性は要注意。本来身だしなみに気を遣う女性が、汚いことにも平気になる自体、問題です。最近、片付けられない主婦も増えていると言います。自分が汚部屋症候群と感じたら、早めに改善していきましょう。

誰もが汚部屋を作る可能性があるんですね。
はい。特にものを捨てられない人は要注意です。

7.汚部屋脱出!片付け業者の選び方

汚部屋脱出!片付け業者の選び方

片付けられない人が手が付けられない汚部屋から一刻も早く脱出する方法は、片付け業者に依頼することです。自分で片付けできるなら自分でやりましょう。しかし、片付けられないから汚部屋になっているのです。片付けようと意気込んでもどこから手を付けていいかわからないことも多いのではないでしょうか?また、片付けは自分で行っても不用品や粗大ごみが処分できず、家に溜(た)め込んでしまう人も多いです。”片付けられない”には理由があります。業者に依頼すれば、ストレスなく素早く片付けることができるでしょう。プロにお掃除を依頼したい場合の業者の選び方をご紹介します。

7-1.プロに依頼したほうがいい状態とは?

天井までゴミで埋まっている状態の部屋・害虫やカビの繁殖が激しい場合は、素人では手に負えません。部屋全体がごみで埋め尽くされ中に入れない場合は、無理をするとゴミの雪崩に襲われる危険もあるでしょう。また、退去期日が迫っている・急いで掃除しなければならないときも業者に頼めば数時間で終了します。

7-2.プロに頼むメリット

汚部屋の片づけをプロに頼めば、どんな部屋でもほんの数時間できれいにしてくれます。家全体が汚部屋になっている場合でも、1日あれば片付けてもらえるでしょう。費用はかかりますが、労力やストレスは一切ありません。隣近所に知られずに部屋をきれいにできます。相手はお掃除のプロです。ただ捨てるだけではなく「要るもの」「要らないもの」の仕分けまで行います。丁寧かつスピーディーに掃除してもらえるでしょう。業者によっては即日対応も可能です。”片付けたい”と思ったときにすぐに対応してくれます。片付けられない悩みを抱えている人は、イライラや不安感で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんなときは電話1本で駆けつけてくれるお掃除業者を活用してください。片付かないこと・片付けられない悩みは業者に頼めば数時間で解決します。

7-3.安心して任せられる業者選びのポイント

片付け業者を選ぶ上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • 見積もり無料・料金体系がわかりやすい
  • 高齢者・障がい者割引がある
  • 不用品の回収・買取を行ってくれる
  • 部屋のものを仕分け・分別してくれる
  • 家電の買取サービスがある
  • 損害賠償保険に加入している業者(万が一何かあっても補償がある)
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商の許可がある
  • トラックが無印(隣近所にばれない)
  • 作業終了後の支払い
  • アフターフォローも万全

掃除にかかる費用がはっきりしている・見積もりをきちんと出す業者を選びましょう。汚部屋を掃除する場合、家事代行サービスやハウスクリーニングを利用するより、まずは不用品・粗大ごみの回収・処分まで行う不用品回収業者に依頼してください。不要になった家具・家電を買取してくれる業者なら、片付け費用も安く抑えることができるでしょう。ごみ屋敷や汚部屋の片付けに慣れている業者は、とにかく作業スピードが速いです。時間がない方は深夜でも依頼可能な業者があります。作業終了後に出た不都合にも快く対応してくれる業者かどうかは、アフターフォローの有無を確認してください。

7-3.業者に頼むときのコツ

汚部屋掃除を業者に頼むとき、少しでも料金が安くなればうれしいですよね。業者の中にはお得なトラック積み放題プランを行うところもあります。また、積み込みを手伝うことで料金が多少安くなることもあるでしょう。簡単な片付けだけ行い、不用品の撤去や粗大ごみの処分・水回りだけなど部分的に依頼することもできます。買取を希望する家具・家電はなるべくほこりや汚れを拭き、きれいな状態をアピールしましょう。たったこれだけで買取査定はぐんとアップします。相見積もりをとる会社があまり多すぎると、どこに頼んでいいかわからなくなり悩むことさえ面倒になってしまうでしょう。相見積もりは3社程度にしてください。

7-4.片付け料金の相場は?

汚部屋掃除をまるごと業者に依頼すると、いくらくらいかかるでしょうか?汚部屋の掃除は、業者の作業時間や人件費・汚部屋の状況で変わってきます。ごみ屋敷寸前という場合は料金が高くなることもあるでしょう。この項では、片付け業者の費用相場をご案内します。

  • 床が見えないレベル:作業時間2時間で3万~8万円
  • ごみの高さが腰まである:作業時間4時間ほど10万~20万円
  • 部屋がごみで埋め尽くされた状態:10万円~

業者によっては”2tトラック詰め放題28000円~”、”1DK21000円~”などのパック料金が設定されています。買取商品がどのくらいあるかでも変わってくるでしょう。汚部屋の状態は人によりさまざまです。どの業者も見積もりは無料で行います。ぜひ相談してみてはいかがでしょうか?

汚部屋を片付けてくれる業者もあるんですね。
はい。1人では手に負えないと思ったらできるだけ早く依頼しましょう。

8.汚部屋に関するよくある質問

汚部屋に関するよくある質問

Q.業者が作業中は立ち会いは必要でしょうか?
A.業者により異なります。事前に打ち合わせしていれば立ち合いが必要ない場合も多いでしょう。1部屋だけの片付けという場合は貴重品の紛失やトラブルを防ぐためにも立ち合いを求められるケースがあります。

Q.見積金額より高くなるケースは?
A.信頼できる業者であれば見積金額以上の追加料金はかかりません。ただし、作業中、依頼者が作業内容や不用品を追加した場合は別途料金がかかるでしょう。見積もりの時点で依頼したい作業を明確にしておくことが大切です。また、基本的に、追加料金がかかる作業が発生した場合は、その都度、依頼者に報告と了承を得て作業を行います。

Q.不用品の処分・買取だけ依頼したいのですが・・・。
A.不用品回収業者に依頼すれば、不用品の処分と買取だけの依頼も可能です。自宅まで無料で見積もりに来てもらえます。運搬や搬出まで業者が行うため手間も時間もかからず便利なサービスです。

Q.プライバシーが心配・・・大家さんに汚部屋掃除がばれたくないときは?
A.業者に依頼しても個人情報が洩(も)れることはありません。処分するごみの中に、プライバシーに関するものがある場合は、個人情報がわからない形で処分してもらえるでしょう。また、片付け作業に関しても周囲に知られないよう、静かに行われます。

Q.片付けてもすぐに元の状態に戻りませんか?
A.片付けてもすぐに散らかる原因は、日常生活と心の病です。日々の生活習慣を見直し、精神的な疾患をきちんと改善すれば汚部屋に戻ることはないでしょう。大切なことは、心の問題と向き合うことです。どうしても散らかってしまう方は、定期的にプロに掃除してもらうといいでしょう。

9.汚部屋のお役立ちブログご紹介

汚部屋のお役立ちブログご紹介

汚部屋から見事脱出した人たちのブログをご紹介します。汚部屋かた抜け出せるヒントがたくさん書かれていますのでぜひチェックしてみましょう。

  • 汚部屋脱出:普通の生活を取り戻す記録
    31歳の主婦が汚部屋を掃除する記録が書かれたブログです。
    http://nico2note.com/archives/cat_45293.html
     
  • 1年でキレイな家に住む!~汚部屋のままで死にたくない~
    引っ越しが原因で汚部屋になった家を片付けるため、主婦が奮闘するブログ。収納や掃除の工夫は参考になります。
    http://yaplog.jp/vanilla_cake/
     
  • 汚部屋脱出!断捨離したくなる汚部屋ビフォーアフター画像集
    どんなに汚い部屋でも、片付ければこうなるんだ!と感動してしまう画像集です。見れば今すぐにでも片付けたくなります。
    http://matome.naver.jp/odai/2138736222462460901
     
  • おやじのお掃除ブログ
    汚部屋の原因が娘さんたち。50代のお父さんが汚部屋をこつこつ掃除しています。汚部屋の掃除をどこからやっていいかわからないという方にオススメです。
    http://blog.livedoor.jp/heita2/
     
  • アラサー女子が汚部屋を脱出するまで
    ゲーム好きなアラサー女子が汚部屋をきれいにしていく過程が書かれています。
    http://goodblog.jp/clean/

まとめ

汚部屋を片付ける方法のまとめ

この記事では汚部屋が抱える問題と汚部屋が生まれる原因を探り、汚部屋をどのように片付けていけばいいかという方法をご紹介しました。汚部屋に住む住人は、それぞれさまざまな問題を抱えています。汚部屋を片付けるには、汚部屋になる原因を探り、改善していくことが大切なのです。とはいえ、汚部屋は早急に片付けなければ身体に悪影響を与え続けます。ご近所さんにも多大な迷惑をかけることになるでしょう。片付けられない人は迷わず業者に依頼してください。部屋がきれいになるだけで汚部屋が抱えるトラブルを回避することができるでしょう。一人で抱え込まず、片付けを行う不用品回収業者に気軽に相談してみてください。