【お役立ち】空き家の整理がどんどん進む! 実家の整理の悩みを解決!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

「親が亡くなったため、実家の片付けを急ぐ必要がある」など、空き家の整理に悩む人が増えています。空き家の増加は、社会問題としても深刻化しており、早急な対応が必要です。しかし、実際にどんな方法で進めるといいのかよくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、空き家の整理について詳しく解説します。

  1. 空き家とは
  2. 空き家の整理について
  3. 空き家の整理方法を学ぼう
  4. 空き家の整理を業者に依頼する場合
  5. 空き家の整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、空き家の整理に関する基本が身に付き、具体的に何をするべきか理解できます。業者の選び方もわかり、スムーズに作業を進めるコツをつかめることでしょう。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。


1.空き家とは

最初に、空き家に関する基本を学びましょう。空き家問題や空き家対策特別措置法についても詳しく解説します。

1-1.空き家が急増している

近年になって、空き家の増加が社会問題となっています。主な原因や背景については、以下をご覧ください。

  • 住宅の供給過多になっている(地方などでは需要が特に少ない)
  • 家が古過ぎて売り先や借り主が見つからない
  • 核家族化により、子ども世代が別に住居を構えている(親の家に住む必要がない)
  • 空き家の片付けをしたくても遠くに住んでいるなどの理由で手を付けにくい

1-2.空き家問題とは?

空き家には、さまざまな困りごとがあります。たとえば、以下のような問題ですね。空き家の持ち主だけでなく、近隣住民にとっても深刻な問題といえます。

  • 草木が生い茂って隣家の敷地に侵入している
  • 害虫や害獣の発生
  • 浮浪者や不審者が住みつき治安が悪くなる
  • 不審火の心配が高まる
  • 台風や地震などの災害時に破損・倒壊の恐れがある

1-3.空き家対策特別措置法とは

政府は空き家問題を深刻に受け止め、2015年2月に空き家対策特別措置法が施行されました。空き家の整理・片付けをスムーズに進めるための法律で、空き家の持ち主に対し、整理・片付けの要求をしたにもかかわらず改善を見ることができないときに適用できます。具体的には、自治体が是正勧告や改善命令を出すことができ、さらに放置した場合は、強制対処を行うことが可能です。なお、自治体から是正勧告を受けた家に関しては、固定資産税の特例対象から除外となるため、空き家の持ち主にとっても放置することはデメリットになります。

2.空き家の整理について

空き家の整理について、必要なときや理由・整理方法や相談窓口などを詳しく解説します。

2-1.空き家の整理が必要なとき

空き家の整理は、以下のようなときに必要です。

  • 親が亡くなったなどの理由で実家が空き家になった
  • 自分たちが現役をリタイヤして引っ越すことになった
  • 相続が発生して空き家を処分することになった

2-2.空き家の整理が必要な理由

空き家の整理をしないで放置することには、デメリットが多くあります。たとえば、手入れをしない庭木は荒れ放題になり、隣家や道路まで伸びて邪魔になるでしょう。資産価値は大きく下がり、余計に売りにくい・貸しにくい状態になるのです。また、空き家だとわかると、不審者が勝手に中に入り込み、窃盗や放火の危険性も高まります。そのほかにも、近隣住民とのさまざまなトラブルを防ぐためにも、空き家になった時点で整理をすることが大切です。さらに、放置し続けるとき、空き家対策特別措置法の対象となり、固定資産税の優遇除外などのペナルティーを受けるので注意してください。

2-3.空き家の整理方法にはどんなものがある?

空き家の整理方法は、主に以下となります。

  • 自分で整理する
  • 業者に依頼する
  • 売却先や賃貸先に整理を委託する

上記のうち、「売却先や賃貸先に整理を委託する」ことは最も楽な整理方法といえます。しかし、必ずしも売却先や賃貸先が見つかるとは限らず、さらに空き家の荷物の所有権を放棄する必要があるなど、何かと問題が多いのも事実です。

2-4.空き家の整理に関する相談窓口

空き家の整理に関する相談は、片付け・不用品回収業者のお問い合わせ窓口などを利用すると便利です。たとえば、当ゼロプラスでもお問い合わせ窓口からのご連絡にてご相談をお受けしています。原則として1日以内(営業日に限る)にお返事していますのでお気軽にご利用ください。

3.空き家の整理方法を学ぼう

空き家の整理を自分で行う場合の方法について詳しく解説します。タイミング・用意するもの・方法や流れなど、理解してください。

3-1.空き家の整理を自分で行う場合

空き家の整理を自分で行う場合で、実施するタイミング・用意するもの・整理の方法や流れについて解説しましょう。

3-1-1.空き家の整理を行うタイミング

空き家の整理を行うタイミングは、できるだけ早いことに越したことはありません。放置すると面倒になるばかりで、やる気がなくなってしまいます。片付け義務が発生したときから、なるべく早いうちに計画を立てましょう。特に、親が亡くなった後は、相続関連の問題があります。まだ日にちに余裕があるからと後回しにせず、整理に取りかかってください。

3-1-2.空き家の整理のために用意するもの

空き家の整理のためには、以下のものを用意すると便利です。なお、片付けは、汚れても問題なく、動きやすい服装で行いましょう。

  • マスク
  • 手袋
  • ゴミ袋
  • ダンボール箱
  • 古新聞紙
  • ぞうきん
  • ほうき・ちりとり
  • 消臭剤
  • 殺虫剤
  • 掃除機

3-1-3.空き家の整理の方法と流れ

空き家の整理の方法や流れは、以下をご覧ください。

  1. 空き家の整理の計画を立てる(実施日時・片付ける順番・片付け方法・誰がやるかを決める)
  2. 実施日時になったら空き家の片付けを始める
  3. 状況に応じて先に大まかな掃除を行う
  4. 必要なもの・不用品・ゴミを仕分ける
  5. 不用品やゴミは適切な方法で処分する(自治体のゴミ回収・リセール・不用品業者に処分依頼など)
  6. 片付けが済んだらキレイに掃除をして完了

3-2.自分で空き家の整理を行うときの注意点

自分で空き家の整理を行う場合は、以下の点に注意しましょう。

  • マスクや手袋などを着用するなど衛生対策をきちんとする
  • できるだけ手を止めないで作業する(思い出の品の整理などは特に注意)
  • 作業途中で計画遅れが発生したら修正しつつ進める
  • 無理だと判断したときは途中であっても業者に相談する

4.空き家の整理を業者に依頼する場合

空き家の整理は、業者に依頼すると楽で便利なのでおすすめです。どんな場合に依頼するべきかをはじめ、業者の選び方・依頼方法・作業の流れ・費用の目安など詳しく解説します。

4-1.空き家の整理をプロに依頼する場合

空き家の整理は、プロの業者に依頼することをおすすめします。依頼したほうがいいケース・依頼する方法・作業の流れ・費用の目安や業者選びのコツなど、詳しく解説しましょう。

4-1-1.プロに依頼したほうがいいケース

以下のケースは、プロに依頼したほうがいいでしょう。

  • 空き家が不用品やゴミであふれている
  • 害虫や害獣の駆除が必要
  • 自分たちで片付けるための時間や人手が足りない
  • できるだけキレイに素早く片付けたい

4-1-2.業者に空き家の整理を依頼する方法

まずは、業者に見積もりの依頼をしてください。正確な見積もりをもらうためにも、空き家の広さ・部屋数・大体の物量や内容・作業場所の住所・希望作業日時などを伝えましょう。業者は、依頼内容に基づいて見積もりを出します。見積もりの内容(金額・作業内容・日時など)をチェックし、納得できるようなら正式に契約をしてください。なお、見積もり依頼の対応でも、業者の質がわかるものです。対応が悪いところは、気を付けてください。

4-1-3.作業の流れについて

業者に空き家の整理を依頼した場合は、以下のような流れで進みます。

  • 業者が現場確認をする
  • 必要なもの・不用品・ゴミの仕分けをする
  • 不用品・ゴミを回収する
  • 仕上げの整理・掃除をする
  • 最終確認をして完了

4-1-4.業者に依頼した場合の費用の目安

片付ける部屋の広さによって、処分する不用品の量も変わります。費用の目安としては、当ゼロプラスの料金一覧を参考にしてください。実際にかかる費用については、業者に見積もりをもらいましょう。

  • 軽トラックパック:29,800円(家電5~6個程度)
  • 平車パック:69,800円(1K~1DK程度)
  • 2tホロ車パック:99,800円(1LDK~2K程度)
  • 2t箱車パック:119,800円(2K~2LDK程度)
  • 4t箱車パック:219,800円(3LDK~5LDK程度)

4-2.業者選びのコツを学ぼう

空き家の整理は、以下の条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • 空き家の整理に関する豊富な実績がある
  • 見積もりが無料で迅速な対応
  • 再販価値が高いものは積極的に買い取りしている
  • 費用が明確でリーズナブル
  • 指定日時・場所での作業依頼が可能
  • 担当者の対応が親切で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当ゼロプラスでも、空き家の整理をお受けしています。丁寧でリーズナブルな作業でご好評をいただいていますのでぜひご検討ください。

4-3.空き家の整理を業者に依頼するときの注意点

空き家の整理を業者に依頼するときは、信頼できることを第一に業者選びをすることが大切です。費用の安さを重視し過ぎたために、雑な作業やいい加減な態度をする業者を選ぶと何かと不満が残ります。また、勝手に資産を持ちだしたり不法廃棄してしまったり法外な費用を請求したりなど、トラブルが絶えません。空き家の整理を依頼するときは、実績や評判など総合的に判断し、慎重に選んだ業者に依頼しましょう。

5.空き家の整理に関するよくある質問

空き家の整理に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、不安や疑問を解決しておきましょう。

5-1.空き家を賃貸に出す場合に注意する点は?

空き家を賃貸に出す場合は、内部をリフォームする必要があります。壁紙・床材・水回りなど、できるだけ暮らしやすい状態に整えてください。今は、賃貸住宅も供給過剰の状態です。ほかの物件よりも魅力的だと思ってもらうことが大切といえます。ただし、立地によっては借りたい人がなかなか現れないこともあるものです。地元の賃貸物件に強い業者に仲介してもらい、積極的に宣伝してもらうといいでしょう。

5-2.空き家の整理で現金や預金通帳が見つかったときはどうすればいいですか?

故人の現金や預金通帳は、相続の対象となります。従って、勝手に自分のものにしないようにしてください。相続対象者で協議して、分割方法を決めましょう。なお、多額の場合は、相続税に影響することがあるので注意してください。後日トラブルにならないためにも、弁護士などの法律家に相談することをおすすめします。

5-3.空き家の整理でできるだけ費用を抑えたいときのアイデアは?

自分たちでできる範囲のことをやっておくことで、費用を抑えることが可能です。たとえば、複数の部屋のうち一部だけ業者依頼する方法もあります。しかし、最もいいのは費用がリーズナブルでサービスが充実している業者に依頼する方法です。費用を抑えつつ、仕上がりもいいので最終的な満足度が高くなります。まずは、さまざまな業者を比較してみてください。なお、当ゼロプラスもコストパフォーマンスの良さやサービス内容の充実などで、お客様からご好評をいただいています。ぜひ、ご検討ください。

5-4.空き家の整理のときに遺品を探してもらうことはできますか?

業者に探してもらいたいものの特徴を伝えておくことで、不用品などの整理をしながら探してもらうことは可能です。しかし、確実に存在するものでない限り、探しても出てこない可能性もあります。もしも遺品が出てこなくても、業者に責任を問うことはやめましょう。

5-5.業者が整理をしている時間は現地で立ち会う必要がありますか?

仕事が忙しい・依頼場所が遠方など、さまざまな理由で現地での立ち会いが難しい場合があるものです。まずは、業者に相談してみてください。業者によっては、依頼者がいなくても作業できることがあります。なお、立ち会う必要がない場合でも、どんな作業をしてほしいかは明確にしておきましょう。また、突発的な確認が入ることもあるので、緊急連絡先(個人の携帯電話の番号など)を伝えておいてください。

まとめ

今回は、空き家の整理について詳しく解説しました。空き家のまま放置しておくと、家が荒れ果てて資産価値が下がるだけでなく、近隣住民ともさまざまなトラブルが起きがちです。空き家を放置すると、最終的には空き家対策特別措置法の対象となり、固定資産税の優遇除外などのペナルティーを受けるなど、損をするので気を付けましょう。空き家の整理はできるだけ早めに手を付けてください。なお、自分たちで行うよりも業者に依頼したほうが楽で時間の節約にもなり、仕上がりもキレイです。効率よく作業を進めるためにも、義信頼できる業者への依頼を検討してみてください。