【必読】春日井市の粗大ゴミの出し方とは? 不用品回収業者の選び方

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

粗大ゴミを処分する場合は、最初に住んでいる地域のルールを確認しておかなければなりません。日本全国で共通した処分ルールではないため、自治体ごとに処分方法が異なります。きちんと正しい方法で粗大ゴミを処分しなければ、不法投棄とみなされ罰金を科せられることもあるので注意が必要です。では、愛知県の春日井市では、どのような処分ルールになっているのでしょうか。本記事では、春日井市での粗大ゴミの出し方と不用品回収業者の利用ポイントなどについて説明します。

  1. 春日井市での粗大ゴミの出し方について
  2. 春日井市の自治体以外の粗大ゴミの出し方について
  3. 春日井市の不用品回収業者について
  4. ゼロプラスに依頼するメリット
  5. 春日井市の粗大ゴミの出し方に関してよくある質問

この記事を読むことで、春日井市における粗大ゴミの処分方法が分かります。悩んでいる方や気になっている方は、ぜひチェックしてください。


1.春日井市での粗大ゴミの出し方について

春日井市での粗大ゴミの出し方には、どのようなルールがあるのでしょうか。処分前に、必ずルールを把握しておかなければなりません。

1-1.ゴミの分別の仕方について

春日井市の家庭から出る資源・ゴミ品目は、プラスチック製・金属類・粗大ゴミなど全11種類に分かれています。燃やせるゴミと燃やせないゴミは、指定ゴミ袋の使用が決められているのです。さらに、資源・ゴミの分別変更に伴い、平成25年4月からはプラスチック製容器包装の指定袋も増えました。燃やせるゴミと燃やせないゴミの例を、以下にピックアップしたのでぜひチェックしてください。

<燃やせるゴミ>

  • リサイクルできない紙
  • 生ゴミ
  • 革製品
  • お風呂マット・ジョイントマット
  • ビデオテープ・カセットテープ
  • ぬいぐるみ
  • 紙おむつなど

<燃やせないゴミ>

  • ガラス・陶器類
  • 使い捨てカイロ
  • 風呂のふた
  • 蛍光灯・電球
  • 灯油の入っていたポリタンクなど

詳細は、「資源・ゴミの出し方便利帳」を確認してください。ゴミの分別ごとに品目が掲載されています。

1-2.粗大ゴミの分け方

春日井市で指定されている粗大ゴミは、1辺の長さが80cm以上かつ重さが50kg以下のものです。たとえば、自転車・大きめのカーペット・机・本棚などがあります。粗大ゴミは、燃えるゴミ・燃えないゴミと同じゴミステーションに出すことはできません。違う方法で処分しなければならないので注意してくださいね。

1-3.粗大ゴミの出し方

収集を依頼する方法と、直接クリーンセンターへ持ち込む方法があります。
収集を依頼する場合は、まず、清掃事業所(0568-84-3211)に申し込みが必要です。そして、粗大ゴミ処理手数料納付券をスーパーまたはコンビニエンスストアなどで購入し、粗大ゴミに貼りつけます。後は、指定された場所まで運ぶだけです。
直接、クリーンセンターへ持ち込む場合は、事前に電話(0568-88-0247)で確認しなければなりません。
また、方法によって処分費用が異なります。収集を依頼する場合は1個につき1,000円必要ですが、クリーンセンターへ持ち込む場合は10kgにつき100円が必要です。費用を抑えたい方は、直接運ぶとよいでしょう。

1-4.回収できないものについて

注意してほしいのが、自治体での回収ができないものです。たとえば、エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)は家電リサイクル法の対象品目なので回収してもらえません。これらは、メーカーによる回収・リサイクルが義務づけられているため、それぞれのメーカーに問い合わせて処分することになります。メーカー窓口一覧が、一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページに記載されているのでぜひチェックしてください。

1-5.注意点

クリーンセンターに持ち込む場合、ゴミの中身・内容が確認できるようにしておかなければなりません。大型家具を処分するのなら、中身をすべて空にしておきましょう。粗大ゴミの中には、受け入れできないものもあるため、事前の確認が必要です。また、年度末・年末年始は混み合う可能性があるので、早めに申し込みを済ませてください。

2.春日井市の自治体以外の粗大ゴミの出し方について

自治体以外にも、粗大ゴミを処分する方法があります。リサイクル・リセール、回収業者への依頼、そのほかの方法について説明しましょう。

2-1.リサイクル・リセールについて

まだ、正常に稼働する家電や使える家具などであれば、リサイクル・リセールで処分するのも方法の1つです。しかし、すべての粗大ゴミが買い取り対象になるとは限りません。当たり前ですが、壊れているもの・不具合が出ているものは買い取り対象外となります。また、家電の場合は販売年月日から3~5年以上経過しているものは買い取ってもらえない可能性があるでしょう。リセールしたい方は、早めに査定を依頼してください。

2-2.回収業者への依頼

壊れているものを処分したい・粗大ゴミが大量にあるため運搬が難しいという方は、回収業者への依頼がおすすめです。回収業者へ依頼する大きなメリットは、粗大ゴミをまとめて処分できることでしょう。業者が自宅にやってきてくれるので、自ら運搬・分別する必要がありません。また、回収だけでなく買い取りを行っている業者もあります。たとえ、買い取り不可になったとしても、処分できるので手間と時間がかからない点も大きなメリットです。

2-3.そのほか

ほかの方法としては、友人や知人に譲る・ネットオークションで売る手段があります。周囲に欲しがっている人がいないか、尋ねてみるとよいでしょう。また、近年、ネットオークションの利用者が増えています。自分で出品額が決められるメリットはありますが、落札者との間でトラブルも多発しているので注意が必要です。たとえば、「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられた」など、多岐にわたります。トラブルを避けたい方は、安易に利用しないほうがよいでしょう。

2-4.注意点

粗大ゴミの状態によっては、処分方法の選択が限られてしまうことがあります。まずは、処分するものの動作確認や傷・汚れの有無など、状態を確認しておかなければなりません。状況や状態に適した方法で処分方法を選んでください。

3.春日井市の不用品回収業者について

春日井市を拠点にしている不用品回収業者をいくつか紹介します。

3-1.どんな業者があるか

どのような業者があるのかチェックして、ぜひ業者選びの参考にしてください。

3-1-1.ECOベンリ

※住所:愛知県春日井市勝川町2-1-4
中無休・24時間受付・土日営業も可能で、不用品・大量ゴミの片付けから処分、ゴミ屋敷片付け、生前整理、リサイクル品買い取りサービスも行っています。

3-1-2.株式会社和愛グループ

※住所:愛知県春日井市下市場町6-1-5
名古屋市を中心に、愛知・岐阜・三重でサービスを展開している不用品回収業者です。オフィス・店舗などの産業廃棄物収集や遺品整理、ハウスクリーニング、引っ越しサービスも行っています。

3-1-3.リサイクルショップ買取天国春日井店

※住所:愛知県春日井市下条町3-8-5
春日井市を含めた愛知県の7都市を中心に、買取教科を行っているリサイクルショップです。不用品回収・買い取りや、引っ越し、遺品整理なども行っています。

3-2.業者選びのポイント

どの業者に依頼すべきか悩むときは、以下のポイントに注目するとよいでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 不用品・粗大ゴミの回収だけでなく、買い取りも行っている
  • 低費用での処分・高価買い取りが可能
  • 無料相談・無料見積もりが利用できる
  • お得なパックプランも充実している
  • 即日対応が可能
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得している

3-3.依頼する前に知っておきたいこと

近年、不用品回収業者との間でトラブルが相次いでいます。「回収後に追加料金を請求された」「不法投棄されていた」などのトラブルには、十分に注意しなければなりません。不用品回収業者の中には、不正を働く悪徳業者も存在しているのだと把握しておきましょう。少しでも「おかしいな?」と疑問を感じた場合は、依頼しないように気をつけてくださいね。

4.ゼロプラスに依頼するメリット

どうしても業者選びに悩むときは、不用品回収買い取りを行っている「ゼロプラス」がおすすめです。ここでは、特徴と依頼するメリットを解説します。

4-1.ゼロプラスの特徴

ゼロプラスの大きな特徴は、他社圧倒の最安値に挑戦していることです。他社よりも回収費用が高ければ値引きサービスをしています。また、回収品目が5点以上なら、費用10%オフとなるのでぜひ1度ご相談ください。不用品回収・買い取りだけでなく、生前・遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、法人向けサービスも行っています。

4-2.ゼロプラスに依頼するメリット

低費用かつスピーディーに不用品回収ができることです。回収と買い取りが同時にできるため、要らなくなったものをまとめて処分することができます。徹底したリユース・リサイクルを行っているので、廃棄コストを極限まで落とし、他社に比べて低価格な不用品回収サービスが提供できるのです。さらに、お得な積み放題パックも利用可能となっています。大量の不用品がある方は、ぜひ積み放題パックをご利用ください。パックプランの料金は以下のとおりです。

  • 軽トラックパック(家電5~6品程度):29,800円
  • 平車パック(1K~1DK程度):69,800円
  • 2tホロ車パック(1LDK~2K程度):99,800円
  • 2t箱車パック(2K~2LDK程度):119,800円
  • 4t箱車パック(3LDK~5LDK程度):219,800円

5.春日井市の粗大ゴミの出し方に関してよくある質問

春日井市の粗大ゴミの出し方に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.クリーンセンターで処理できないものとは?
A.ガスボンベ・ピアノ・農薬・オートバイなどは、クリーンセンターで処理できません。処分方法に関しては、「環境部 ゴミ減量推進課」(0568-85-6222)に問い合わせてください。きちんと確認して処分したほうが安心できます。

Q.特定廃棄物とは?
A.処理に特別な時間や手間がかかるものを「特定廃棄物」といいます。たとえば、電気式温水タンク・太陽熱温水器・スプリングマットレス・自家用自動車タイヤなどです。特定廃棄物の出し方は粗大ゴミと変わりませんが、処理手数料が異なります。種類だけでなく、収集を依頼する・クリーンセンターに持ち込む方法によっても異なるため、事前に確認しておきましょう。

Q.クリーンセンターへ持ち込める時間帯が知りたい
A.搬入時間は月~金曜日が8:30分~12:00・13:00~16:00までです。土曜日は8:30~11:30までとなっており、年始年末・祝休日は除きます。

Q.家電の買い取りを利用する際の注意点とは?
A.業者によって、買い取りの条件が異なります。たとえば、「ゼロプラス」の場合は、製造から7年以内を対象に買い取りを行っているのです。特に、製造5年以内のものは高価買い取りが期待できます。年数が経過している古い家電は、動作確認がとれても買い取りできないこともあるので注意が必要です。

Q.高価買い取りのポイントとは?
A.汚れやホコリを取りのぞいたキレイな状態で査定に出す・付属品をセットにすることです。汚れたものは見た目が悪く、古い印象を与えるので価値が下がりやすくなります。取扱説明書・部品・専用ケースなど購入時についてきた付属品を一緒に出せば、買い取り額が上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 愛知県春日井市の粗大ゴミの出し方は、収集を依頼するか、クリーンセンターへ持ち込む方法となります。それぞれの方法によって処分費用が異なるため、自治体のホームページなどで確認しておきましょう。自治体以外の処分方法には、リサイクル・リセール、不用品回収業者の利用などがあります。まだ、正常に稼働できるものは買い取り、買い取り不可のものは処分してください。ただし、業者の中には、追加料金を請求するなど不正を働く悪徳業者も存在しているので注意しなければなりません。複数の業者を比較して、信用できるところに依頼しましょう。