遺品をリサイクルしたい人必見!! 方法や注意点などを解説

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「遺品整理をしているがまだ使えるものが不要になった。可能ならばリサイクルしたい」と考えている人は、多いことでしょう。しかし、遺品と一口に言っても多種多様です。「どれがリサイクル可能な遺品か分からない」と悩んでいる人もいると思います。
そこで、今回はリサイクル可能な遺品の特徴やリサイクルの方法などを解説しましょう。

  1. 遺品のリサイクル事情
  2. 遺品をリサイクルする方法
  3. 遺品整理業者を利用する方法
  4. 遺品のリサイクルにに関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理を効率よく行うコツも分かります。遺品整理に悩んでい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.遺品のリサイクル事情

この項では、リサイクル可能な遺品と不可能な遺品の違いや、最近の遺品整理事情などを紹介します。

1-1.現代の遺品整理事情

遺品とは、故人が残した遺産以外の持ち物のことです。家電から洋服・日用品・趣味のものまで多種多様にわたります。昔は家族や友人で「形見分け」を行えば遺品整理は完了するケースが多かったのですが、現在は個人の持ち物の量も増えて形見分けだけでは、整理しきれなくなりました。また、「まだ使えるが不要だ。しかし、捨てるのももったいない」という遺品も珍しくありません。そのため、「リサイクルショップで遺品を引き取ってほしい。また、寄付できるものは行いたい」と思う人が増えています。

1-2.遺品はリサイクル可能か?

前述したように、遺品は多種多様であり、リサイクルできるものもあります。リサイクル可能な遺品の特徴は以下のようなものです。

  • 製造後5年以内の家電
  • 高価なオーディオ類
  • 本(専門書など)
  • ホビー類
  • コレクターズアイテム
  • 使用感の少ないブランドものの食器類・洋服・バッグ
  • 骨とう品・美術品

ただし、これらのものでもリサイクル不可になるケースもあります。

1-3.リサイクルが難しい遺品

一方、以下のようなものはリサイクルが難しいでしょう。

  • 製造後5年以上たった家電
  • ノーブランドの洋服や普段使いの食器類
  • タンスなどの大型家具
  • 保存状態の悪い本や日常雑貨類・ホビー類など

特に、保存状態は重要です。中古でも需要があるものでも保存状態が悪くカビやシミ・ヤケなどがあるものは、リサイクルできないものが多いでしょう。また、大型家具類は保存状態がよくても需要が減り続けているため、リサイクルが難しくなっています。

1-4.遺品をリサイクルできる人とは?

遺品は、故人の血縁者や配偶者が整理して、リサイクルすることが一般的です。しかし、事情があって遺族が行えないケースも多く、近年は依頼を受けた遺品整理業者が遺品をまとめて整理し、リサイクルできるものをリサイクルすることもあります。

2.遺品をリサイクルする方法

この項では、遺品をリサイクルする方法を紹介します。

2-1.リサイクルショップを利用する方法

前項でご紹介したようなリサイクルできる遺品は、リサイクルショップで買取してもらうことができます。ただし、リサイクルショップによって取り扱っているものが異なるため、複数のショップに査定を依頼しなければならないこともあるでしょう。そのため、リサイクルするまでに時間がかかることもあります。また、必ずしも査定依頼したものが買取してもらえるとは限りません。

2-2.ネットオークションなどを利用する方法

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、個人で遺品のリサイクル先を探すことができます。特に、ホビー類や本、コレクターズアイテムは、ネットオークションに出品したほうが買い手がつきやすいこともあるでしょう。その一方で、こん包や発送の手間がかかったり、買取を希望する人とトラブルになることもあるので注意が必要です。また、インターネットに関する知識がなければ、利用は難しいでしょう。

2-3.寄付をする

「遺品をどこかに寄付できないか?」と考える人もいるでしょう。未使用のタオルや下着類・介護用品などは寄付を受けつけているところもあります。また、これ以外にも毛布などの寝具や服などの寄付を呼びかけている団体もあるでしょう。寄付をしたい場合は、まずインターネットで寄付を求めている団体を探すところからは始めてください。福祉施設などにいきなり寄付したいものを持ち込んではいけません。

3.遺品整理業者を利用する方法

この項では、遺品整理業者を利用して遺品をリサイクルするメリットを紹介します。

3-1.遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは、文字どおり遺品整理を行ってくれる業者です。遺品整理専門の業者もあれば、不用品回収業者が業務の一環として遺品整理を行っているところもあります。依頼すれば、遺品すべてを回収して処分や買取を行ってくれるのです。

3-2.遺品整理業者に依頼するメリット

個人で遺品をリサイクルしたい場合、遺品の種類に合わせて買取先などを探さなければなりません。時間も手間もかかり、必ずしもリサイクルできるとは限らないのです。遺品整理業者に依頼すれば、遺品をまとめて引き取り、買取可能なものは買取してもらえます。そのため、短期間で遺品整理を行うことが可能です。また、遺品供養を行っている業者も多く、遺族の心理的負担も軽くなるでしょう。

3-3.遺品整理にかかる費用や業者の選び方

遺品整理にかかる費用は、遺品の量によります。遺品の量やリサイクル不可の遺品が多いほど費用は高くなるでしょう。ゼロプラスのようにトラックに積み放題で定額プランを用意しているところもあります。遺品整理は、まだ歴史が浅いので料金相場などがはっきりと決まっていません。ですから、インターネットを利用して業者を見つけ、見積もりを取ってみてください。見積もりが正確で分かりやすく説明してくれる業者ならば、信用できます。逆に、理由をつけて見積もりを作らない業者や、作っても加算前提のいいかげんな業者は、利用しないほうがいいでしょう。

4.遺品のリサイクルにに関するよくある質問

この項では、遺品のリサイクルにに関するよくある質問を紹介しましょう。

Q.遺品をリサイクルする際、気をつけることはありますか?
A.ホビー類・美術品・骨とう品などは売却すると思わぬ高値がつくことがあるので、分配でトラブルにならないよう注意しましょう。高値がつきそうな遺品は遺産扱いする方法もあります。

Q.家電は使えるものでも売却できなければリサイクルできませんか?
A.いいえ。小型家電リサイクル法にそって小型家電をリサイクルしている自治体やならば、対象の小型家電をリサイクル目的で回収しています。対象家電は自治体のサイトで確認しましょう。家電量販店でもリサイクル目的で小型家電を無料で回収しているところもあります。

Q.パソコンやスマートホンは中古でも需要があるでしょうか?
A.はい。特にiPhoneは中古でもかなりの需要があります。ただし、売却する場合は残っているデータをすべて消去してから売却してください。

Q.家具類は、どんなものでもリサイクルできませんか?
A.いいえ。現在はプラスチックの衣装ケースが中古でも一定の需要があります。一度リサイクルショップで査定してもらってください。

Q.遺品整理業者は、どんなものでも遺品ならば回収してくれますか?
A.いいえ。ペットなどの生体や薬品・危険物などは回収不可です。農薬や化学薬品などは専門の処理業者に依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は遺品のリサイクルなどについて解説しました。まだ使える遺品をゴミとして処分するのは、抵抗があるでしょう。しかし、自分ですべてリサイクルしようと思うと手間と時間がかかります。遺品整理業者なども利用し、効率的に行っていくことが大切です。