遺品整理の際に出たゴミ処理の方法は?どうすればスムーズに処分可能?

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

遺品整理をする際、たくさんのゴミが出ることは決して珍しくありません。「自治体に回収してもらえる量をはるかに超えるゴミが出てしまい、悩んでいる」という方も多いことでしょう。遺品整理で出たゴミを処分する方法は複数あります。また、自治体が回収できるゴミと回収できないゴミがあり、中には捨てるまでに手間と費用がかかるものもあるのです。

今回は、遺品整理の際に出やすいゴミの種類や処分方法、注意点などを紹介します。

  1. 遺品整理の際に出やすいゴミ
  2. 遺品整理の際に出たゴミ処理の方法
  3. 遺品整理業者に依頼する方法
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理を専門業者に依頼する方法やメリットも分かるでしょう。遺品整理について知りたい方や、遺品整理の進め方に悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

1.遺品整理の際に出やすいゴミ

はじめに、遺品整理の際にはどのようなゴミが出やすいのか、代表例を解説しましょう。

1-1.燃えるゴミ

一般的な可燃物です。荷物が多い家では45リットル入りのゴミ袋100袋以上になることもあるでしょう。自治体に回収を依頼できますが、あまりに量が多いと一度では回収不可になることもあります。

1-2.不燃ゴミ

燃えないゴミです。該当するゴミは自治体によって異なります。プラスチックゴミや金属ゴミなどさらに細かい分類がされている自治体もあるでしょう。可燃ゴミに比べると回収日が少なく、処分に苦労しやすいゴミです。

1-3.リサイクルゴミ

ペットボトルやビン・カン・古着・古紙などが該当します。自治体によって該当するものや出し方が異なるので、必ず確認してからゴミ収集場所にもっていきましょう。

1-4.粗大ゴミ

大型家具や家電が該当します。大きさの区分は自治体によって異なるので、必ず確認しましょう。回収費用がかかる自治体や、1回で収集できる量に限りがある自治体もあります。

1-5.家電リサイクル法の対象となっている家電

テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン・洗濯機(乾燥機)はどの自治体もゴミとして回収してくれません。家電量販店や不用品回収業者にリサイクル料や回収料を支払って回収してもらいましょう。リサイクル料はこちらのPDFを参考にしてください。

1-6.パソコン

パソコンはPCリサイクル法によって原則としてメーカーが回収することを義務づけています。2003年以降に製造され、PCリサイクルマークが貼ってあるパソコンはメーカーが無料で回収してくれるので、申し込んでください。なお、家電量販店でも回収してくれるところがあります。ノートパソコンは小型家電として一部の自治体や家電量販店がリサイクル目的で回収しているところもあるので、利用してもいいでしょう。

2.遺品整理の際に出たゴミ処理の方法

この項では、遺品整理の際に出るゴミの処理方法を紹介していきます。どのような方法があるのでしょうか?

2-1.自治体にゴミとして回収してもらう

最も一般的な方法です。自治体のゴミ出しルールをきちんと確認し、ルールに沿ってゴミ出しをしましょう。粗大ゴミは事前に申し込みが必要な自治体もあります。また、自分でゴミ処分場に持ち込みができるところもあり、利用すれば一度に大量のゴミが処分可能です。運搬手段があるならば、利用してもいいでしょう。自治体に処分を依頼する方法は最も安価にゴミ処理が可能です。しかし、手間がかかるので時間に余裕をもって行いましょう。

2-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者とは、家庭や企業から出た不用品を有料で回収してくれる業者です。トラックに荷台に詰め放題定プランというものもあり、家電リサイクル法対象の家電やパソコンも回収してくれるところもあります。また、買取・回収の両方を行っているところもあり、一度に短時間でゴミ処理をしたいという方におすすめです。回収料金は業者によって異なるので、まずは見積もりを取ってみてください。

2-3.リサイクルショップに売却する

販売後5年以内の家電やキレイな家具などは売却できる可能性があります。また、本やホビー類はプレミアがつくこともあるでしょう。ただし、買取希望の品によっては、リサイクルショップをいくつもはしごしなければならない、という事態にもなります。また、電話で簡易査定ができるところ以外は、店頭に持ち込むか出張査定を利用するまで買取可能かどうか分からない、というのもデメリットです。

2-4.寄付する

家具家電などを欲しい人に譲る方法もありますが、必ずしももらい手が出るとは限りません。また、寄付をする場合は必ず寄付を募っている団体に行いましょう。いきなり不用品を送り付けてはいけません。

3.遺品整理業者に依頼する方法

この項では、遺品整理業者に遺品の片づけからゴミ処理まで依頼するメリットや方法などを紹介します。

3-1.遺品整理業者に依頼すれば一括でやってもらえる

遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理からゴミ処理までまとめてやってもらえます。遺品整理士など、専門知識を持ったスタッフが所属しているところもあり、遺品整理の相談にも乗ってもらえるところもあるでしょう。その一方で、需要があるからとろくな知識もないまま参入してきたいいかげんな業者もいます。ですから、目についた業者ではなく、ホームページなどをよく確認して業者を選ぶことが大切です。

3-2.実績ある業者に依頼しよう

遺品整理業者の数は増え続けています。しかし、中には専門的な知識に乏しい業者もあるので、遺品整理業者を選ぶ際は、まず実績を確認しましょう。実績豊富な業者ならば、安心して任せられます。また、しつこいセールスをかけてくる会社、すぐに契約を迫るような会社など、悪徳業者も存在するので注意が必要です。優良な業者は、まず見積もりからスタートします。見積もりがいいかげんですぐに作業日にちを決めようとするような会社は、信用しない方がいいでしょう。

3-3.事前に打ち合わせをしっかりする

遺品整理は業者との打ち合わせからスタートします。そこで、希望する作業や遺品整理業者ができることを確認し、見積もりを作ってもらいましょう。そうすれば、後で慌てることはありません。わからないことがあればどんどん質問して、納得するまで答えを聞いてください。契約はそれからでも大丈夫です。

4.遺品整理に関するよくある質問

この項では、遺品整理に関するよくある質問を紹介します。

Q.遺品整理は何か法律で決まっていることはあるのでしょうか?
A.特にありません。どのように処理しても大丈夫です。

Q.遺品整理は急がなくても大丈夫でしょうか?
A.持ち家で立ち退きが決まっているなどの事情がなければ、四十九日を1つの区切りとして遺品整理を始めてもかまいません。一周忌までにおおよそ片付けが終わるようにスケジュールを組んでもいいですね。

Q.遺品整理業者はどんなものでも回収してくれますか?
A.いいえ。薬品や危険物、生ものや生き物などは回収してもらえません。

Q.業者に依頼すれば遺品整理はどのくらいで終わりますか?
A.広い敷地の家で、屋内だけでなく屋外にまでゴミがうずたかく積みあがっているような家ではない限り1日で終わることが一般的です。

まとめ

今回は、遺品整理の際に出るゴミ処理の仕方を中心に解説しました。遺品整理は誰もが行う可能性があります。ゴミ処理の方法を覚えておくと役立つことでしょう。また、遺品の量に比べて人手が足りない場合は、遺品整理業者などプロの手を借りることも選択に入れておいてください。特に、急いで遺品整理をしなければならない場合、遺品整理業者に依頼すると便利です。