老前整理をうまく進めるコツは? メリットや始めるタイミングを紹介!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

老前整理はいつごろから始めたらいいのか、どこからどのように作業をすればいいのか……など、老前整理で悩んでいる方は多いでしょう。終活の一種として注目されている老前整理ですが、片付けが苦手な方でもコツをつかんでおけばうまく進めることができます。そこで、本記事では、老前整理を始めるタイミングやうまく進めるコツなどを詳しく説明しましょう。

  1. 老前整理とは?
  2. 老前整理の必要性
  3. 老前整理はいつ行うべきか?
  4. 老前整理をうまく進めるコツ
  5. 老前整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、老前整理の必要性なども分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.老前整理とは?

まずは、老前整理とはどのような内容なのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.身のまわりにあるものを整理すること

老前整理について簡単に説明すると、体力が衰える前に身のまわりにあるものを整理することです。歳を重ねるたびに体が衰え、自由が利かなくなってしまいます。体が思うように動かない状態ではスムーズに片付けることができないため、衰える前に自分の所有物や人間関係を整理するのが老前整理の目的です。老前整理と似た言葉として「生前整理」がありますが、生前整理は家族のため、老前整理は自分のために行う作業といえるでしょう。

1-2.老前整理は終活の一種

老前整理は終活の一種です。終活といえば、ブームになったこともあったので知っている方は多いのではないでしょうか。自分が亡くなったときに備えて活動をすることが終活ですので、マイナスなイメージを持っている方もいるはずです。けれども、終活は死ぬ前の準備ではなく、残りの人生を楽しむための準備といえます。老前整理こそ、これから残りの人生を自分がどのように生きたいのか見つめ直すきっかけになるでしょう。

1-3.前向きな気持ちで始めることが大事

前述したように、老前整理はこれからの人生をより楽しむための作業です。よって、老前整理を始める際は前向きな気持ちを持つことが何よりも大切なポイントとなります。自分のために行う整理整頓ですから、自分自身と向き合う時間を大事にできるでしょう。今後の老後生活を楽に過ごせるためにも、必要な作業といえます。

2.老前整理の必要性

ここでは、老前整理の必要性について説明します。

2-1.快適な生活を送るため

老前整理は、快適な生活を送るために必要なことです。老いに備えて、自分の身のまわりにあるものを整理することが老前整理ですので、どうすれば快適に生活できるか考えながら不用品を処分していきます。体が元気なうちに老前整理を行うことで、老後生活はより楽になるでしょう。逆に、老前整理をせずに老後を迎えたとします。身のまわりにあるものを片付けたくても体がいうことを利かずに四苦八苦してしまうでしょう。快適な老後生活を送りたい人ほど、老前整理は大きなメリットとなります。

2-2.万が一のときのため

人はいつどこでどのようになるのか分かりません。自分が病気になって体の自由が利かなくなったり、認知症になったりする可能性もあるでしょう。万が一のときに備えるためにも、老前整理が役立ちます。事前に、身のまわりにあるものや人間関係を整理しておけば、自分がいなくなったときも家族の負担を減らすこともできるでしょう。遺品の量が多くなるほど、家族に大きな負担をかけてしまいます。老前整理は自分のためでもありますが、家族の負担を減らすメリットもあるのです。

2-3.これからの自分と向き合える

老前整理をすることで、これからの自分と向き合うことができます。どのような老後生活を送りたいのか、自分にとってこれから必要なものは何なのかなど、自分自身と向き合える時間はとても大切です。元気なうちに整理整頓をすることで快適な生活が送れるだけでなく、より理想の老後に近い生活が過ごせるでしょう。また、老前整理でこれまで自分がどのような生活を送ってきたのか、振り返るきっかけにもなります。セカンドライフへ入る前に自分を見つめ直したい方は、老前整理がおすすめです。

2-4.事故を未然に防ぐことができる

老前整理をすることで、事故を未然に防ぐことができます。年齢を重ねると体力や筋力が低下し、転びやすくなるでしょう。前までは自転車に乗れていたのにふらついたり、何もない場所で転んだりすることも増えるはずです。大ケガをしてしまうと、今後の生活に支障がきたす恐れも出てくるでしょう。老前整理を行うことで、そのようなリスクを未然に回避できるというわけです。家の中で修繕すべき箇所が見つかりやすくなりますし、地震や火災が起きた際にも自分自身を守ることができるでしょう。

3.老前整理はいつ行うべきか?

ここでは、老前整理を行うべきタイミングについて説明します。

3-1.子どもの独立

老前整理を始めるタイミングは具体的に決まっていませんが、子どもの独立をきっかけに始める方が増えています。子どもが経済的に独立すると、これまで子ども中心だった生活が一気に変わるでしょう。自分に費やす時間が生まれるので、これからの生活について深く考えられるようになります。自分の時間に余裕ができるからこそ、このタイミングで老前整理を進めるチャンスです。子どもの思い出と共に不要なものを処分したり、自分にとって必要なものだけ厳選したりするなど老前整理を進めてみてください。

3-2.将来に不安を感じたとき

将来に不安を感じたときこそ、老前整理を始めるタイミングといえるでしょう。たとえば、病気になったり、日々の生活に不安が生じて不安を感じやすくなったり、そのようなタイミングをきっかけに老前整理を始める人もいます。将来への不安を少しでも解消するために、自分でできることから始めてみてはいかがでしょうか。前述したように、老前整理は自分と向き合うための作業でもあるため、自然と不安な気持ちが薄まるはずです。

3-3.40~50代のうちに始めるのがベスト

「老前整理を始めるベストな年齢は?」と疑問を抱いている方は多いのですが、いつから始めても問題はありません。早めに始めたほうがより快適な老後生活を送ることができるでしょう。目安として、老前整理を始めた人の多くは、40~50代となっています。40~50代はまだ体が元気ですし、体力的にも安心して老前整理を進めることができるでしょう。ちょうど、子どもが独立する時期でもあるため、老前整理を始めるにはぴったりな年代です。

3-4.退職してからも遅くはない

60代で仕事を退職する方がほとんどでしょう。老前整理は40~50代から始めるのがベストだと説明しましたが、退職してから始めても決して遅くはありません。できれば、70代に突入する前に老前整理を始めたほうがいいでしょう。70代になると一気に体の衰えがやってくるため、60代で退職してからすぐに老前整理を始めるのがベストです。退職してからは自分の自由な時間が増えると思うので、この機会に老前整理を始めてみてはいかがでしょうか。

4.老前整理をうまく進めるコツ

ここでは、老前整理をうまく進めるコツについて解説します。

4-1.使うものと要らないものに分ける

まずは、自分が持っているものを「使うもの」と「要らないもの」に分けていきましょう。老前整理はこれからの自分に必要なものだけを残すことが大事ですので、基本的に今使っていないものは処分してください。本当に必要なものだけを残すことで、より快適な生活が送れるようになるでしょう。なお、「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」「いつか必要になる」と感じて、今使っていないものまで残してしまいがちです。いつか使うものは今必要ないので、処分しましょう。

4-2.要らないものを処分する

必要最低限なものを手元に残し、不要なものは早めに処分してください。不用品の処分方法としては、自治体回収・不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品が大量にある場合はゴミの仕分けが大変な作業になるため、まとめて処分できる回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品の量が多いほど処分費用はかかりますが、手間と時間をかけずに処分できるでしょう。不用品を早めに処分することで、生活空間もスッキリします。

4-3.もったいないという考えを捨てることが大事

老前整理を進めるコツは、もったいないという考えを捨てることが大切です。「まだ使えるから」「いつか使うから」という理由で断捨離できずにいると、老前整理をする意味がありません。もったいないという気持ちは分かりますが、捨てるべきか迷っている時点で自分にとっては必要でないものと考えてください。また、手元に残すもので代用できるものがあれば、処分しても問題ないでしょう。本当に必要になれば、新しく購入すればいいという考えで老前整理を進めてください。

4-4.専門業者の力を借りるのも方法の1つ

老前整理や生前整理など、不用品の片付けサービスを行っている専門業者の力を借りるのも方法の1つです。どうしても自分で老前整理が進まなかったり、身のまわりのものが多すぎて片付けられなかったりする場合は、専門業者に依頼するといいでしょう。業者の中には、不用品回収だけでなく買取サービスを行っているところもあります。自分の力ではなかなか進められなかった老前整理も、スピーディーに終わらせることができるでしょう。

4-5.身のまわりの整理ならゼロプラスへ

不用品の回収・買取・遺品整理などを行っているゼロプラスでは、3,000件以上の回収実績を誇っています。不用品の片付けや回収などの実績があるからこそ、どのようなお悩みでも解決が可能です。老前整理でお悩みの方も、無料相談を受け付けていますのでぜひ一度お問い合わせください。

5.老前整理に関してよくある質問

老前整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.老前整理をする前に気をつけておきたいことは?
A.完ぺきを目指さないことです。「老前整理を始めよう!」という気合いが入るのはもちろん良いことですが、完ぺきを目指そうとすると少しの障害で挫折する恐れがあります。肩の力を適度に抜いて、気楽な気持ちで老前整理を進めることが大切なポイントです。長い目でコツコツと気楽に老前整理を進めていきましょう。

Q.老前整理をスムーズに進めるコツは?
A.どうしても捨てられないものがある場合、期限を決めておくことが大切です。特に、思い出の品は捨てられずに残してしまう方が多いでしょう。写真や手紙など捨てるべきか迷ってしまうものは、「この日までに捨てる」と期限を設けておくことがポイントです。また、思い出の品をカメラで撮影して、データとして残す方法もあります。

Q.不用品の処分費用を抑えるコツは?
A.売れるものは、できるだけ買取に出すことです。自分にとっては不用品と思えるものでも、高く売れたというケースがよくあります。処分する前に状態をチェックし、まだ正常に使えるものは査定に出してみてください。特に、発売されたばかりの品物や中古市場で需要がある大型家電などは高く売れる可能性があります。買い取ってもらえるものが多くなれば、処分費用も抑えられるでしょう。

Q.収納用品は増やさないほうがいいのか?
A.できるだけ、収納用品は増やさないようにしてください。老前整理のために、収納ボックスや衣装ケースを新しく購入しようとする方は多いでしょう。けれども、むやみに収納用品を増やすとスペースが狭くなりますし、余計にものが増えてしまいます。最小限のもので生活したほうが快適な生活を送ることができるので、収納用品は購入しないでください。今あるクローゼットなどを活用して収納するのが大切なポイントです。

Q.気をつけたほうがいい業者の特徴は?
A.「今だけのサービスです」「お得な料金になっています」などの謳(うた)い文句で契約させようとする業者には注意が必要です。不用品を片付けた後で高額な費用を請求してくる恐れがあります。

まとめ

いかがでしたか? 老前整理は、自分のために身のまわりにあるものを整理することです。体が元気なうちに身のまわりにあるものや人間関係を整理することで、今後の生活がより快適になります。できるだけ、早めに老前整理を始めたほうがスムーズに進みますが、なかなか自分では片付けられないケースもあるでしょう。そのようなときは、不用品回収や片付けサービスなどを行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。なお、ゼロプラスでは不用品回収・買取サービスなどを行っています。無料相談も受け付けていますので、老前整理でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。