ゴールデンウィークは大掃除がおすすめ! その理由と方法を解説

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「ゴールデンウィークに何をしようか? 」と悩んでいる人はいませんか? 行楽も楽しいですが、特に予定がないなら大掃除がおすすめです。大掃除は年末に行うものというイメージがあるので、「今ごろ大掃除?」と思う人もいるでしょう。しかし、ゴールデンウィークの大掃除はメリットがたくさんあります。

今回は、ゴールデンウィークに大掃除を行うメリットやおすすめの掃除場所を紹介しましょう。

  1. ゴールデンウィークに大掃除をするメリット
  2. ゴールデンウィークに大掃除したい場所
  3. ゴールデンウィーク中に大掃除を成功させるコツ
  4. ゴールデンウィークの大掃除に関するよくある質問

この記事を読めば、ゴールデンウィークに大掃除を始めたくなりますよ。ゴールデンウィークの予定がないという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ゴールデンウィークに大掃除をするメリット

はじめに、ゴールデンウィークに大掃除を行うのがおすすめの理由を紹介します。

1-1.気候がよく掃除しやすい

ゴールデンウィークは、1年で最も気候がよく過ごしやすい時期です。水仕事や庭などの外掃除も苦ではなくなるでしょう。年末の大掃除よりも、場所によっては念入りに行えます。

1-2.大掃除後の汚れがたまってくる時期

ゴールデンウィークは、年末の大掃除から5か月後になります。年末にしっかり掃除したところも、汚れがたまってくる時期です。ここで大掃除をもう一度しておけば、年末の大掃除が昨年よりも楽になるでしょう。

1-3.夏の準備ができる

ゴールデンウィークが明けると、季節は一気に夏になります。網戸や扇風機・エアコンなど夏に重宝するグッズもたくさんあるでしょう。これらを掃除し、整備できれば夏の準備はバッチリです。

2.ゴールデンウィークに大掃除したい場所

この項では、ゴールデンウィークに大掃除しておくのがおすすめの場所や方法を紹介します。

2-1.水回り

キッチンやトイレ・浴室などの水回りは、どうしても汚れやすい場所です。毎日掃除をしていても、汚れが蓄積している部分があるでしょう。特に、換気扇などは汚れがたまりがちで掃除が行き届かない場所です。この際、キレイにしておきましょう。水回りの掃除は、重曹やクエン酸などが役立ちます。落ちにくい汚れは古歯ブラシなどでかきだしてもいいでしょう。「汚れが気になるけれど、普段は時間がなくて掃除ができない」という場所を徹底して掃除してください。

2-2.網戸

網戸は、ホコリが付着しやすい場所です。シーズンオフの間に網戸にはホコリがたくさん積もっていることでしょう。ゴールデンウィーク中に一気に掃除し、すがすがしい気持ちで夏を迎えてください。網戸専用の掃除道具も販売されていますが、フローリングワイパーや掃除機と新聞紙でも掃除ができます。掃除機をかける場合は、2人一組になって網戸の片側に新聞紙をあて、反対側から掃除機で吸いましょう。フローリングワイパーは柄を短くし、ウエットタイプのシートを用いてホコリをからめとってください。

2-3.エアコン

エアコンも、夏には欠かせない家電です。冬の間使っても使っていなくても、ホコリや汚れがたまっています。ぜひ、掃除をしましょう。フィルターは自分でも掃除できます。フィルターを外し、ファンの様子を確認し、カビや汚れがひどいようならばプロに掃除を依頼しましょう。

2-4.外回り

庭付き一戸建ての場合は、ゴールデンウィーク中に草取りや雨どいの掃除などをしておきましょう。夏草は勢いよく茂るものですが、ゴールデンウィーク中ならばそれほどでもありません。早めに取っておきましょう。また、雨どいの中に落ち葉や枝がたまっていることもあるので、気候のよい時期に掃除しておくといいですね。

3.ゴールデンウィーク中に大掃除を成功させるコツ

この項では、ゴールデンウィーク中に大掃除を成功させるためのポイントや注意点を紹介します。

3-1.1日で全部終わらせようと思わない

大掃除は慌ててやっても効果はありません。ゴールデンウィークは、長ければ1週間以上の休みがあります。そのうち2~3日を掃除する日にあて、今日は水回り、今日はエアコンと1日に1か所ずつ掃除していきましょう。

3-2.便利グッズを活用する

重曹やクエン酸、網戸クリーナーなど、100円ショップでも購入できる便利グッズがたくさん販売されています。効率的に掃除するには、これら便利グッズをどんどん活用しましょう。なお、重曹とクエン酸を混ぜ合わせると泡が発生しますが、これは無害です。重曹は酸性の汚れ、クエン酸はアルカリ性の汚れを落とします。水回りの掃除に活躍するでしょう。

3-3.エアコンの掃除は業者に依頼する

エアコンの冷却ファンやおそうじエアコンをキレイに掃除したい場合はプロのハウスクリーニング業者に依頼しましょう。エアコン内部を自分で掃除する人もいますが、確実にキレイにしたい場合は業者への依頼がおすすめです。ゴールデンウィーク時期ならば、それほど混んでいないのでスムーズに予約ができます。

4.ゴールデンウィークの大掃除に関するよくある質問

この項では、ゴールデンウィークの大掃除に関する質問を紹介します。

Q.水回りの油汚れはどうやって掃除したらいいですか?
A.油汚れは重曹が効果的なので、50℃以上のお湯に油汚れのついたものを入れ、しばらく放置しておきましょう。そうすれば、汚れが緩んで取りやすくなります。

Q.網戸は水洗いが必要ですか?
A.拭き掃除で取れない汚れがついている場合は、必要になります。網戸を外し、中性洗剤で洗いましょう。汚れがホコリだけで、網戸の数が多い場合は拭くだけで十分です。

Q.掃除をする時間が1日しかない場合はどうしたらいいでしょうか?
A.人手があるなら、網戸と水回りを掃除するグループに分け、2か所の掃除を優先しましょう。

Q.エアコンはどこまで自分で掃除できますか?
A.フィルターや外カバーは問題なく掃除できるのでやってください。内部の冷却ファンは、エアコン用の洗剤を使っても個人では掃除が難しい機種もあるでしょう。お掃除機能付きのエアコンは、ゴミポケットを掃除してください。

Q.ウッドデッキなどは水洗いしても大丈夫ですか?
A.はい。しっかりとコーティングされているならば、水をかけてブラシで汚れをこすり落としてください。

まとめ

今回はゴールデンウィークに大掃除をするメリットや方法をご紹介しました。水回りと網戸を掃除し、エアコンの掃除を業者に依頼するだけで、すっきりとした気持ちで夏を迎えられます。ゴールデンウィークに予定がない人は、ぜひ大掃除をしてみましょう。