ガスコンロの処分方法が知りたい! お得に処分する方法とポイントを紹介

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「ガスコンロは何ゴミになるのか?」「お得に捨てる方法があればいいのに」など、ガスコンロの処分で悩んでいる方は多いでしょう。自治体で処分する場合は、その地域のルールに基づいて捨てなければなりません。また、まだ使える状態ならリサイクルショップなどで買い取ってもらう方法もあります。費用を最小限に抑えて捨てるためにも、ガスコンロの処分方法をチェックしておきましょう。

本記事では、ガスコンロの処分方法とポイントを解説します。

  1. ガスコンロは何ゴミ?
  2. ガスコンロを自治体で処分する方法
  3. 自治体以外に処分を依頼する場合
  4. ガスコンロを買取に出すポイントは?
  5. ガスコンロの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガスコンロをお得に処分する方法が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ガスコンロは何ゴミ?

ガスコンロはいったい何ゴミになるのでしょうか。

1-1.粗大ゴミとして処分できる

ガスコンロは家電リサイクル法の対象品目外となるため、自治体回収で処分可能です。ほとんどの自治体では、一辺30cm以上を粗大ゴミに区別しているので、ガスコンロは粗大ゴミになるケースが多いと言えるでしょう。後ほど、【2.ガスコンロを自治体で処分する方法】で具体的な処分方法を紹介しますが、粗大ゴミは普通ゴミと同じ方法で捨てることができません。特別な方法で回収してもらう必要があるので注意してください。

1-2.自治体によってゴミの分類が異なる

ほとんどの地域では粗大ゴミとして処分できますが、自治体によっては資源ゴミや不燃ゴミに分けられるところがあります。何ゴミになるのかは、お住まいの地域で異なるので事前の確認が必要です。自治体のホームページに記載されているため、事前に確認しておきましょう。ホームページで確認できない場合は、掲示板や窓口に直接問い合わせてください。ゴミの分類が分からないまま処分するのは絶対にNGです。

1-3.不法投棄や罰金が科せられることも

きちんとゴミの分類をせずに適当に処分してしまうと、不法投棄とみなされ罰金が科せられることがあります。自治体によっては、罰金30万円も払わなくてはならなくなったケースもあるのです。罰金こそ無駄な費用になるため、必ずゴミの分類や処分ルールを確認してから捨てるようにしてください。また、自治体以外にもさまざまな処分方法があります。後ほど【3.自治体以外に処分を依頼する場合】で説明するので、ぜひチェックしてください。

2.ガスコンロを自治体で処分する方法

それでは、ガスコンロを自治体で処分する方法とポイントを解説します。

2-1.回収日に指定場所まで運ぶ

具体的な処分方法は自治体で異なりますが、基本は回収日に指定場所まで運ぶ方法です。ただし、粗大ゴミの場合は、スーパーやコンビニ等で粗大ゴミ処理券を購入し、ガスコンロに貼りつけてから指定回収場所まで運ぶ必要があります。きちんと粗大ゴミ処理券を貼りつけておかなければ回収してもらえないので注意が必要です。粗大ゴミ処理券は、300~500円程度になります。また、自治体によっては、事前申し込みが必要なところもあるので要注意です。

2-2.直接ゴミ処理センターに持ち運ぶ

できるだけ費用をかけたくない方は、直接ゴミ処理センターに持ち運ぶ方法があります。回収指定場所に運ばず、ゴミ処理センターに持ち運ぶことで節約が可能です。ただし、ゴミ処理センターは土日が休日または半日休みのケースが多く、平日も時間が限られています。あらかじめ、ホームページなどでチェックしておかなければ、利用できず二度手間になってしまうので注意してください。また、ゴミ処理センターの場所もしっかりとチェックしておきましょう。

2-3.ガスコンロを自分で取りはずさなければならない

自治体でガスコンロを処分する場合、自分で取りはずさなければなりません。家庭のキッチンで使用しているガスコンロがテーブルコンロなら、ガスコンロにつながっているホースをガス栓から抜くだけでOKです。ただし、ガス栓からホースを抜く際は、必ずガスの元栓を閉めましょう。ガスがホースやガスコンロ内に残っていると大変危険な状況になるため、必ずすべてのガスを使い切ってから作業しなければなりません。
また、キッチンに取り込んでいるビルトインタイプの場合は、資格所有者が取りはずしを行う必要があります。素人ではリスクが高いため、専門業者に依頼する方法がいいでしょう。

3.自治体以外に処分を依頼する場合

自治体以外にガスコンロを処分する方法を解説します。

3-1.不用品回収業者に依頼する

自治体以外の方法で1番に思い浮かぶのは、不用品回収業者のサービスを利用することです。回収業者の利用は費用が3.000~5,000円ほどかかりますが、スピーディーかつ手間と時間をかけることなく処分できます。ビルトインタイプのガスコンロを処分したいときは、資格を所有している業者に依頼するといいでしょう。取りはずしと処分の両方がまとめて依頼できるのは大きなメリットです。ただし、業者に依頼する際は、見積書の内容を必ず確認することが大切なポイントとなります。

3-2.買い替えは販売店に回収してもらうことも

新しいガスコンロを購入する場合、買い替えで販売店に古いものを回収してもらう方法があります。回収費用が無料か有料かは店舗によって異なりますが、新しいものを購入する代わりに回収を請け負っているところがほとんどです。販売店に依頼すれば、購入と処分が同時にできるのでスピーディーに捨てることができます。手間と時間をかけたくない方や、新しいガスコンロの購入を検討している方におすすめです。

3-3.近隣住民や知り合いに引き取ってもらう

ガスコンロを欲しがっている近隣住民や知り合いに譲るのも方法の1つです。近くに、欲しがっている人がいるかもしれないので、「ガスコンロのもらい口を探している」と周囲に伝えておくといいでしょう。近年はオール電化に伴い、ガスコンロの使用率が減少傾向にありますが、まだガスコンロを愛用している家庭もたくさんいます。引き取ってもらうことで処分費用が一切かからず、気楽な気持ちで手放すことができるでしょう。

3-4.展示場の下取りサービスを利用する

大手の家電量販店でガスコンロを購入した場合、展示場の下取りサービスが利用できるかもしれません。すべての家電量販店がサービスを行っているわけではないので事前確認は必要ですが、下取りサービスが利用できれば処分費用をかけずに捨てることができます。ただし、あくまで下取りサービスなので処分を依頼することはできません。中古のガスコンロを引き取っていない・古いガスコンロは下取り対象に入らないなど、下取りの条件が厳しめです。

4.ガスコンロを買取に出すポイントは?

まだ正常に使えるガスコンロなら、買い取ってもらう方法があります。それでは、買取に出すポイントなどを解説しましょう。

4-1.動作確認が取れるガスコンロか

買取で1番に重視されるのは、動作確認が取れるかです。きちんとガスが出るか、壊れている部分がないか、激しく汚れている箇所がないかなど、さまざまなポイントをチェックします。基本的に、動作確認ができ、正常に使うことができる状態なら買い取ってもらえるでしょう。ただし、使用年数が長い古いガスコンロは、動作確認ができても買取不可になる可能性があります。ガスコンロの平均寿命は約10~15年と言われているため、10年以上使用しているものは買い取ってもらえません。

4-2.人気のあるガスコンロやメーカーをチェックしよう

できるだけ、ガスコンロを高く売りたいなら、人気のあるガスコンロの種類やメーカーをチェックすることが大切です。中古市場における需要を把握することで、納得のいく値段で売ることができるでしょう。ガスコンロの人気メーカーと言えば、リンナイ・パロマ・ノーリツの3社です。特に、リンナイのガスコンロは人気が高く、つまみ1つで簡単に操作できるタイプに人気が集まっています。

4-3.高価買取のポイントは全部で3つ!

ガスコンロの高価買取ポイントは、キレイに掃除する・付属品をそろえる・ガスコンロの買取に強い業者を選ぶことの3点です。特に、使用状態がよく汚れがないガスコンロは、高価買取が期待できるでしょう。新品・未使用品のガスコンロは買い手がつきやすくなるため、買取店も積極的に買取を行っています。また、購入時に付属した部品や取扱説明書などの付属品も一緒にそろえて査定に出してください。汚れている部分があれば、キレイに掃除をして汚れを落としておきましょう。ガスコンロの外側だけでなく、内側やパーツも掃除しておくと買取額がアップする可能性があります。

4-4.買取業者選びのポイント

買取業者の中には、相場よりも大幅に安く買い取って高値で売るという悪質な業者があります。買取業者選びを間違えると、中古市場で価値があるガスコンロでも相場より買値が低くなってしまうのです。あとで抗議しても、悪徳業者は取り合ってくれないケースが多いので注意しなければなりません。下記に業者選びのポイントをいくつかピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

  • ホームページ等に買取実績が掲載されているか
  • 格安回収・高価買取が可能か
  • 無料査定や無料相談を受けつけているか
  • 古物商などの許可を取得しているか
  • 口コミや評判がいいか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

不用品の回収と買取を行っているゼロプラスでは、買取不可になったとしても回収が可能です。手間と時間をかけることなく処分できるので、ぜひ1度お問い合わせください。

5.ガスコンロの処分に関してよくある質問

ガスコンロに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ビルトインコンロを処分する際の注意点は?
A.ビルトインコンロは、コンロの中にガスコンロが埋め込まれているので素人では取りはずすことができません。しかし、専門業者に依頼するとお金がかかるため、無理に取りはずそうとする人がいます。自分で取りはずす作業を行うのは絶対にやめてください。ガスを使用しているため、不具合が起きたり、火災や爆発の原因になったりする恐れがあります。

Q.ガスコンロ処分のタイミングは?
A.点火がうまくできない・点火時に異音が発生する・不完全燃焼が起きているなどの症状が処分のタイミングです。この中でも、不完全燃焼には十分に注意してください。ガスコンロの炎が青ではなく黄色やオレンジのような色をしている場合は、ガスコンロが不完全燃焼を起こしている可能性があります。

Q.ガス漏れを防ぐポイントは?
A.ガスの元栓を必ず閉める・ガスホースが抜けないときはカッターを使って取りはずす・ガスホースの中にあるガスをしっかりと抜くことです。これら3点に注意しなければ、ガス漏れが発生し火災や爆発の原因になってしまいます。作業を行う際は、近くに火の気があるものを置かないようにしておきましょう。不安な方は、専門業者に依頼したほうが安全です。

Q.いくらで買い取ってもらえるの?
A.ガスコンロの買取額は、1,000円と低いものから15,000円と高価買取が期待できるものまであります。基本的に、新品の販売価格が高いガスコンロほど、買取額も高くなりがちです。発売年月も買取額に大きく響くため、できるだけ高く売りたい方は早めに査定に出したほうがいいでしょう。

Q.ネットオークションやフリマサイトでも売れるの?
A.登録すれば誰でも出品可能ですが、ガスコンロの出品元が業者になっているケースがほとんどです。個人で売買するには向いていないと言えるでしょう。また、買い手が見つかったとしても、自分でこん包し送らなければならないので手間と時間がかかります。

まとめ

ガスコンロの処分方法は、自治体回収・不用品回収業者・リサイクルショップなどの買取とさまざまな選択肢があります。それぞれメリットとデメリットがあるため、ガスコンロの状態をチェックしながらベストな方法を選ぶといいでしょう。たとえば、まだ使える状態で使用年数がそれほど経過していないガスコンロなら、リサイクルショップや買取店で買い取ってもらえる可能性があります。買い取ってもらえる場合、処分費用をかけずにお得に捨てることができるでしょう。