津島市在住の方必見! 粗大ゴミのルールと不用品回収業者を徹底解説

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

粗大ゴミに関するルールは、各自治体で異なります。そのため、引っ越しなどで違う地域に移り、分別ルールが分からず困ってしまうことがあるでしょう。粗大ゴミは特に複雑で、大きさや材質などが異なり、処理に戸惑うことが多いものです。正しく分別し、廃棄するように知識を身につけておきましょう。
今回は、津島市の粗大ゴミに関する情報をご紹介します。

  1. 津島市で粗大ゴミを出す方法
  2. 津島市で自治体以外のゴミ出し方法について
  3. 津島市の不用品回収業者の紹介
  4. ゼロプラスの紹介・魅力
  5. 津島市の粗大ゴミや不用品回収でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、津島市の粗大ゴミの出し方についてよく分かります。不用品回収業者の活用など、自治体回収以外の方法も覚えておきましょう。津島市在住の方は必見です。 


1.津島市で粗大ゴミを出す方法

津島市で粗大ゴミを出す場合、自治体回収の利用が最も身近な方法でしょう。ただし、家電など、気軽に出すことができないものもあるため、注意が必要です。

1-1.津島市のゴミ分別方法

津島市では、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミと大まかに分別しており、ほかにもプラスチック製容器包装・ビン・缶・ペットボトル・古紙・有害ゴミの分別がなされています。

1-2.粗大ゴミとは?

粗大ゴミとして分別するかは、自治体の規定に沿う形になります。津島市では、およそ3m以下であり、重さが50kg以下のものを粗大ゴミとして回収可能です。たとえば、ガスコンロ・布団・プランター・給湯器・ソファー・ベッドなどが挙げられます。詳しくは、津島市のホームページを参照してください。

1-3.粗大ゴミの出し方

津島市で粗大ゴミを出す場合、まず収集可能な品目かどうかを確認しましょう。

1-3-1.戸別収集の場合

戸別収集を依頼するためには、粗大ゴミ受付センターに事前の申請が必要です。申請は、電話(電話:0567-31-3284、平日9時〜正午または13時〜17時)にて行います。オペレーターに、住所・氏名・電話番号・品目・大きさ・個数を伝えてください。受付後、収集日・廃棄場所・受付番号・手数料と納付方法が伝えられます。玄関先や集合住宅の入り口付近など、オペレーターの指示に従い、粗大ゴミを廃棄してください。

1-3-2.施設への持ち込み

施設に持ち込みをする場合は、事前に電話連絡をしておきましょう。津島市の粗大ゴミを回収できる施設は、八穂クリーンセンター(電話:0567-68-6500、平日9時〜15時)です。

1-3-3.大量にゴミがある場合

津島市では、1世帯あたり5点まで廃棄可能となっています。大量にゴミがある場合、不用品回収業者に依頼するなど、自治体以外の方法がおすすめです。

1-3-4.料金などの決まりごと

津島市の粗大ゴミ処分にかかる費用は、大きさまたは品目で区分されており、500円・1,000円・1,500円となっています。申請時に費用を確認し、粗大ゴミ処理券を購入してください。
八穂クリーンセンターに持ち込む場合、10kgあたり200円の手数料が必要です。持ち込んで処理してもらう際に支払いましょう。

1-4.回収できないものについて

自治体では回収できないものがあります。どのように処分すべきかを考えていきましょう。

1-4-1.家電リサイクル法指定品目など

家電リサイクル法の指定品目である、テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・洗濯機・洗濯乾燥機は、津島市の粗大ゴミでは出すことができません。家庭用パソコンも同様です。

1-4-2.どうしたらいいか?

家電リサイクル法指定品目の場合、購入した店舗や家電リサイクル受付センターに依頼し、リサイクル回収をしてもらってください。家庭用パソコンは、メーカーによるリサイクル回収が義務とされています。メーカーに引き取り依頼を出しましょう。

1-5.津島市で粗大ゴミを出す際の注意点

申請をせず、粗大ゴミを出すことはできません。不法投棄とみなされ、罰せられる可能性が高いでしょう。必ず、品目などを申請し、指定された日に出してください。家電リサイクル法指定品目などの回収できない品目を、不燃ゴミなどに混入して出すことも認められていません。正しい方法で処分しましょう。

2.津島市で自治体以外のゴミ出し方法について

自治体で処分する場合は申請が必要で、回収できる日が決められてしまうなど、時間や手間がかかるのがデメリットです。自治体回収以外の処分方法をご紹介します。

2-1.リサイクル

リサイクルショップに売るのも、粗大ゴミを処分する1つの手段です。資源の有効活用になり、ゴミを減らす取り組みにつながります。しかし、売れる品は限定されており、状態がいいものが好まれるため、傷や汚れがあるものは値段がつかない可能性もあるでしょう。

2-2.不用品回収業者への依頼

不用品回収業者は、さまざまなものの回収を実施しています。訪問回収は自宅にいながら粗大ゴミの処理ができ、大変便利な手段です。大量にゴミがある場合でも、分別や運び出しの必要はありません。自分では運び出せない大きなものでも、業者がすべて行ってくれるのがメリットです。しかし、回収費用がかかるため、費用面でゆとりを持っておかなければならないのがデメリットでしょう。

2-3.そのほかの方法

自分でリセールする方法も、リサイクルの1つです。リサイクルショップで売ることができなかったものでも、自分の希望価格で再販することができます。ただし、画像撮影や商品情報の公開など、工夫しなければ購入者を募ることはできません。また、必ず売れるという保証がないため、やむなく処分に至るケースも珍しくないのです。

2-4.自治体回収以外で粗大ゴミを処分するときの注意点

リサイクルするときは、なるべく掃除をしておき、きれいな状態で査定を受けるようにしましょう。わずかですが、査定額を上げることができます。付属品も添えておくといいでしょう。回収業者では、買い取りに対応している場合もあります。処分だけを考えず、買い取りも可能かどうかを確認して依頼する方法がおすすめです。

3.津島市の不用品回収業者の紹介

津島市で不用品回収を行う業者の紹介です。

3-1.ピース名古屋

買い取りにも対応している不用品回収業者です。ハウスクリーニングも手がけています。
住所:愛知県名古屋市南区宝生町3-37
電話番号:0120-753-919

3-2.生活支援かたづけ隊

遺品整理屋ゴミ屋敷の片付けなども手がけています。
住所:愛知県一宮市木曽川町門間字金塚11番地
電話:0586-84-2208

3-3.さっと片付けエコエコ

出張費用がかからない業者です。買い取りにも対応しています。
住所:愛知県名古屋市名東区猪子石1-403
電話番号:0800-123-0276

4.ゼロプラスの紹介・魅力

不用品回収の実績豊かなゼロプラスのご紹介です。

4-1.紹介

ゼロプラスは、ゴミ屋敷の片付け・遺品整理・特殊清掃など、幅広い業務を行う業者です。不用品回収に自信があり、他社より高い場合は値引きも行っています。迅速に処理することができ、粗大ゴミの処分をお申し込み当日に完了することも可能です。

4-2.魅力

ゼロプラスの魅力は、分かりやすい料金プランです。大量のゴミを回収する場合でも高額にならず、費用負担が少ないのがメリットでしょう。買い取りにも対応しており、回収費用を抑える取り組みを積極的に行っています。

5.津島市の粗大ゴミや不用品回収でよくある質問

自治体の粗大ゴミは手間がかかり、細かい決まりがあるなど、何かと面倒に感じます。質問集をご一読ください。

Q.家電リサイクル法指定品目や家庭用パソコン以外で、津島市での引き取りが難しいものはあるのか?
A.はい、あります。自動車部品・タイヤ・エンジン類・薬品や農薬・農機具・プロパンガスボンベ・消化器・廃油などは、販売店または業者による引き取りを依頼してください。

Q.事業系ゴミの処分はどうすべきか?
A.津島市では、事業系ゴミの引き取りができません。従って、一般廃棄物処理業者か産業廃棄物収集運搬業者に依頼をしてください。

Q.粗大ゴミ処理券はどこで購入できるのか?
A.津島市内のスーパーやコンビニで販売しています。取扱店舗は、津島市のホームページを参照してください。

Q.どのような場合に業者に依頼すべきか?
A.大量にゴミがある・運搬が難しい・すぐに処理したいといった場合に、業者の活用が便利です。分解や運搬など手間がかからず、スピーディーに粗大ゴミの処分が実現できます。

Q.津島市の粗大ゴミ回収は、週に何回あるのか?
A.週1回です。ただし、申し込み順に回収となるため、廃棄可能な日まで時間がかかります。

6.まとめ

いかがでしたか? 津島市による粗大ゴミ回収は、戸別回収と持ち込み回収があります。戸別回収の場合は、事前に粗大ゴミ受付センターに申請が必要です。持ち込みの場合、八穂クリーンセンターに持参しましょう。自治体の粗大ゴミ回収は費用が安く済む反面、週1回の回収に限定され、捨てるまでに時間がかかります。急いで処理したい・運搬ができない・数が多いなどの場合は、業者を活用したほうがいいでしょう。また、リサイクルや買い取りなども視野に入れ、処分を検討する方法もおすすめです。