工場機械を処分する方法は? 最も簡単&安く済ませるコツを伝授!

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「不要になった工場機械を処分したいので、よい方法はないか」「工場機械をなるべく高く売るコツを知りたい」とお考えではないでしょうか? 工場の移転や買い替えなどで不要になった工場機械を処分したくても、どこにどんな方法で依頼できるのかよく分かりませんよね。それに、まだ十分に使えるものは、買取してもらえるに越したことはないでしょう。

そこで今回は、工場機械の処分について詳しく解説します。

  1. 工場機械を処分する前に確認すべきポイント
  2. 工場機械を処分する方法
  3. 買取に出せる工場機械の条件
  4. 工場機械を買取に出す方法
  5. 工場機械の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場機械を処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場機械を処分する前に確認すべきポイント

最初に、工場機械を処分する前に確認すべきポイントを見ていきましょう。

1-1.工場機械の状態はどうか

まずは、工場機械の状態を細かくチェックしておきましょう。工場機械の状態によって、適する処分方法が異なります。たとえば、不具合や故障があるものは処分、まだ十分に使えるものは買取に出すといった感じです。買取に出すことを希望するときは、購入日や付属品の有無なども確認してください。

1-2.いつまでに処分すべきか

工場機械をいつまでに処分すべきかも重要なポイントです。まずは、いつまでに処分したいのか正確な日付を確認してください。日程に余裕があるのなら、さまざまな処分方法から選ぶことができます。しかし、工場移転などですぐにでも処分したいとなれば、迅速さを優先することになるでしょう。スムーズに処分するためにも、処分期限を早めにチェックして手配することが大切です。

1-3.産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼する

工場機械は、産業廃棄物扱いになります。そのため、処分する際は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼することが原則です。未取得の業者だけでなく、未取得の業者に処分を依頼した事業者についても、廃棄物処理法違反の罰則を受けることがあるので注意しましょう。なお、当ゼロプラスも産業廃棄物収集運搬許可を取得済みなので、安心してご依頼いただけます。

2.工場機械を処分する方法

工場機械を処分する方法を具体的にご紹介します。

2-1.販売業者に下取り・引き取りしてもらう

工場機械を買い替える場合は、不要になった工場機械を下取り・引き取りに出せるか、新規購入を検討している販売業者に相談してみるとよいでしょう。下取りや引き取りに出せるのなら手間がかからず、日時・場所指定により回収してもらえるので楽です。また、場合によっては、回収費用がサービスになることもあるでしょう。ただし、新規購入が条件となることも多く、下取りや引き取りだけでは依頼できないこともあるので注意してください。

2-2.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼して工場機械を処分してもらうこともできます。具体的には、以下のポイントを満たした業者に依頼しましょう。

  • 工場機械の処分実績が豊富にある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 買取も積極的に行っている
  • スタッフの対応がよく顧客からの評判もよい
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得済み

なお、当ゼロプラスでも、不要になった工場機械の処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3.買取に出せる工場機械の条件

不要になった工場機械でも、条件によっては買取してもらえることがあります。

3-1.不具合や故障がなく正常に使用できる

工場機械は、不具合や故障がなく正常に使用できることが買取条件の基本です。業者では、工場機械を買取後、簡単な調整およびクリーニングをして再販します。したがって、不具合や故障があるものでは売り物になりません。実際に、中古市場では不具合や故障があるものはほぼ引き合いがなく、売れ残ってしまいます。なお、業者が整備工場を持っている場合などは軽い不具合程度なら買取可能なケースもありますが、査定時に大幅減額されることでしょう。

3-2.外観に目立つ汚れや傷・破損がない

外観に目立つ汚れや傷・破損がないことも、工場機械の買取条件になります。特に、サビがひどく出ているものや、ひどく汚れているものは、買取不可になりやすいので注意しましょう。中古市場で人気が高いのは、圧倒的にキレイな状態の工場機械です。まずは、買取に出す前に外観をできるだけキレイにクリーニングしておきましょう。キレイにクリーニングしてあると業者の印象がよくなることから、高額査定が期待できます。

3-3.購入時の付属品がそろっている

購入時の付属品がそろっている工場機械は、高く売れます。たとえば、以下のようなものです。

  • 予備のボルト・ネジ・ワッシャー類
  • 調整用の工具
  • クリーニング用のブラシ・クロス
  • 専用ケース
  • 使用説明書
  • 保証書

3-4.年式が新しい

年式が新しいことも、高く買取してもらえる条件の一つです。まだ十分に使える工場機械でも年式が古いものは、経年などの理由により部品が劣化している可能性が高くなります。そのため、年式が古いと買取価格が付かないこともあるでしょう。一方、年式が新しい機種であれば中古市場でも引き合いが多ことから、高額査定が出やすいのです。

3-5.高機能・高性能機種

工場機械でも、高機能・高性能機種は高く買取してもらいやすくなります。工場機械でも高機能・高性能機種は、新品ではとても高価です。したがって、中古品でも状態のよいものなら欲しいというケースが多く見られます。新品では高価で手が出せなくても、中古品なら十分に予算内で収まりやすいことも人気の理由です。

3-6.有名メーカー品

有名メーカーの工場機械は、中古人気が安定しているため高額査定が出やすくなります。たとえば、以下のようなメーカーのものです。

  • ファナック
  • マキタ
  • 安川電機
  • 森精機製作所
  • 村田機械
  • NOK
  • 不二越

4.工場機械を買取に出す方法

工場機械を買取に出す主な方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.中古工場機械買取専門業者に売る

不要になった工場機械は、中古工場機械買取専門業者に買取してもらうことができます。まずは、業者に連絡して査定を受けてみましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのまま買取を依頼してください。中古工場機械買取専門業者では、豊富な実績と専門知識により、細部までしっかり査定してもらえます。条件のよい工場機械なら、思わぬ高額買取もあるでしょう。都合のよい日時と場所で回収してもらえるのも大きなメリットです。ただし、豊富な専門知識があることで、細かなマイナスポイントも見逃してもらえない可能性もあります。また、買取専門なので、買取不可になった場合は引き取り処分も依頼できません。

4-2.不用品回収業者に売る

不用品回収業者でも、工場機械の買取を行っている場合があります。買取を希望するときは、業者に問い合わせて査定を受けましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。不用品回収業者でも、都合のよい日時・場所を指定して回収してもらえるので便利です。また、万が一買取不可になった場合でも、業者が産業廃棄物収集運搬許可を取得済みであれば、そのまま引き取り処分を依頼することもできます。ただし、引き取り処分になった場合は、回収費用が別途必要になるので注意してください。

4-3.ネットオークションやフリマサイトでは売りづらい

ネットオークションやフリマサイトに出品して、工場機械を売ることもできます。しかし、ネットオークションやフリマサイトは主に個人が参加しているため、取り引きが成立しづらいのが現状です。業者が出品しているケースもありますが、タイミングや工場機械の状態によっては、なかなか落札されません。また、こん包や発送が大変なことや、クレームなど対応が面倒なこともデメリットです。不要になった工場機械は、なるべく早く手放すほうがよいのなら、ネットオークションやフリマサイトへの出品はおすすめできません。

5.工場機械の処分に関するよくある質問

最後に、工場機械の処分に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.工場機械の処分は何年ごとに行うべきか?
A.特に決まりはありませんが、目安として10~15年程度で検討することをおすすめします。10~15年程度使用すると、一見して問題がないように見えても、経年などの理由によって内部劣化が進んでいる可能性があるからです。

Q.大量の工場機械を処分するときのポイントは?
A.物量によっては搬出作業に時間がかかるので、長期休業中に処分することも検討してください。また、業者側も多くの車両や人員の手配が必要になるため、なるべく早めに依頼することが大切です。

Q.廃棄物処理法違反になるとどんな罰則がある?
A.5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金刑が科せられます。また、同時に社会的な信用を大きく失うこともデメリットです。場合によっては、業務提携や融資の打ち切りを打診されることもあるでしょう。いずれにしても、経営に大きな影を落とすことは間違いありません。

Q.今日依頼して明日回収してもらうことは可能?
A.工場機械の物量や業者のスケジュールによります。まずは、業者に相談してみてください。

Q.工場機械の査定金額が納得できないのですが?
A.業者から査定理由の説明を受けましょう。査定時に思わぬマイナスポイントが発見されて減額査定になっていることがあります。また、中古市場で急激に需要が減った可能性もあるでしょう。業者の説明に納得できない、業者がきちんと説明してくれないといった場合は、取り引きを中止してほかの業者に依頼することも検討してください。

まとめ

今回は、工場機械の処分について詳しく解説しました。不要になった工場機械は産業廃棄物扱いになるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼する必要があります。万が一、未取得の業者に依頼すると、依頼した事業者についても廃棄物処理法違反に問われることもあるので注意してください。なお、状態のよい工場機械でまだ十分に使用できるものは、買取してもらえる可能性もあります。たとえば、不用品回収業者で工場機械の買取と処分の両方を取り扱っているところに依頼すると便利です。都合のよい日時や場所を指定して回収してもらえ、万が一買取不可になっても引き取り処分を依頼できます。この記事を参考にして信頼できる不用品回収業者を選び、よく相談してみるとよいでしょう。