遺品整理業者とのトラブルで多い例は? トラブル予防策も一挙公開!

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「遺品整理業者を利用したいがトラブルが起きないか心配」「どうすればトラブルを避けることができるのか?」という悩み、よく分かります。近年は少子高齢化が進み、遺品整理を業者に依頼するケースが増えているのが現状です。しかし、遺品整理業者のことを調べていると「トラブル」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。

この記事では、遺品整理業者とのトラブル例やトラブルを避けるための対策・良質な業者を見極めるポイントなどをまとめてご紹介します。

  1. 遺品整理業者によるトラブル例を紹介
  2. 遺品整理業者とのトラブル対策は?
  3. 遺品整理業者を見極めるポイント 
  4. 遺品整理業者によるトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理業者によるトラブルが増えている原因や業者選びのポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.遺品整理業者によるトラブル例を紹介

まずは、遺品整理業者を利用した際のよくあるトラブル例やトラブルが多い原因についてご紹介します。

1-1.業者数の急増がトラブルを増やす原因に

遺品整理業者によるトラブルが増えているのは、業者自体の数がここ数年で急増していることに原因があります。今や少子高齢化が進み、一人暮らしの高齢者が増えているのが現状です。「子どもが一人しかいない」「遠方に住んでいる」などの理由で、家族が遺品整理をすることが難しいケースも珍しくありません。そのため、遺品整理を業者に依頼する人が増え続けているのです。需要の高まりから遺品整理業者の数も増え、同時に悪徳業者も増加する結果になりました。

1-2.最も多いのが費用面のトラブル

最も多いのが、費用面でのトラブルです。遺品整理を業者に依頼した場合の費用相場があまり把握されていないのをいいことに、法外な金額を請求してくる業者も存在します。「思わぬ追加料金が発生した」「処分が困難なものがあった」などと適当な理由をつけ、見積もりの4倍以上の金額を請求された例もあるのです。

1-3.遺品を雑に扱われた

遺品を雑に扱われ、トラブルになったケースもあります。家族にとって遺品は、故人が残した大切なものです。目の前で雑に扱われ、悔しい思いをした人も少なくありません。また、残しておきたい遺品だったにもかかわらず、家族に確認することなく勝手に処分されてしまったケースも多いのです。

1-4.回収した遺品を不法投棄された

回収した遺品を不法投棄された例も報告されています。遺品の処分費用やリサイクル費用を抑えるための手口であり、一般廃棄物収集運搬業の許可を持たない違法業者に多いのが特徴です。不法投棄された遺品の中から故人の身元が判明し、警察から家族のもとに連絡がきたケースも珍しくありません。

1-5.貴金属や金品を無断で回収された

遺品の中に高価な貴金属や金品を見つけ、無断で回収されてしまった例もあります。回収した貴金属などは売却し、業者の利益にしているのです。家族が故人の持ちものを把握していなかった場合に起こりやすいトラブルといえるでしょう。

2.遺品整理業者とのトラブル対策は?

遺品整理業者とのトラブルを避けるための対策をご紹介しましょう。

2-1.見積書の詳細をしっかりチェックする

まず、事前に見積書の内容を細かくチェックしておきましょう。何の作業にいくらかかるのかをしっかりと把握しておけば、不当な請求を防ぐことができます。見積書に詳細が記載されていない場合は、記載するよう業者に依頼してください。また、追加料金が発生することはないかを確認し、その旨を契約書に記載してもらうと安心です。

2-2.一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか確認する

遺品の回収には一般廃棄物収集運搬業、買取には古物商の許可が必要です。業者がきちんと許可を得て営業しているか、必ず事前に確認しましょう。業者のホームページを見れば確認できる場合がほとんどですが、記載されていないようであれば直接依頼して書面で提出してもらうべきです。

2-3.複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較する

事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。そうすることで、大まかな相場を把握できるはずです。料金が高すぎる業者も低すぎる業者も危険ということを覚えておきましょう。

2-4.遺品を把握しておく

無断で遺品を回収されてしまうことがないよう、依頼者が遺品の内容を把握しておくことも大切です。高価な遺品は、事前に買取業者などに鑑定してもらっておくのもよいでしょう。高価な遺品を安く買取する悪徳業者への対策になります。

3.遺品整理業者を見極めるポイント

信頼できる遺品整理業者を見極めるポイントや悪徳業者の特徴などをまとめました。

3-1.良質な業者を見極めるポイントは?

安心して遺品整理を任せられるよう、良質な業者を見極めるポイントをご紹介しましょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 見積書に詳細が記載されているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 訪問見積もりをしてくれるか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 丁寧な対応か

不用品の回収や買取・遺品整理を行っているゼロプラスでは、遺品の供養からゴミ屋敷の片づけまで対応しています。状態のよい不用品を買取し再販することで他社より安い料金プランを用意しているため、ぜひチェックしてみてください。

3-2.必要な情報を公開していない業者には要注意

ホームページがない業者や、あっても必要な情報を公開していない業者には要注意です。良質な業者であれば、事務所の住所や固定電話の番号・過去の事例・スタッフの紹介などがきちんと記載されています。特に、トラックで地域を回りながら宣伝している業者はホームページがない場合が多いため、注意しましょう。また、住所や電話番号を知られないために見積書や領収書の発行を拒む業者もいます。

3-3.料金が安すぎる業者はウラがある可能性も

安さだけで業者選びをするのもおすすめできません。実際に、見積もりでは安い金額を提示しておきながら、何かと理由をつけて高額な追加料金を請求してくる業者も多いからです。ほかの業者と比較してあまりにも安い場合は注意しましょう。

4.遺品整理業者によるトラブルに関するよくある質問

「遺品整理業者によるトラブルについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.弁護士や行政書士に相談することも可能ですが、費用がかかります。その前に、国民生活センター消費者庁などに相談してみるとよいでしょう。適切なアドバイスをもらえるため、解決の糸口が見つかる可能性があります。

Q.遺品整理を業者に依頼した場合、作業に立ち会ったほうがよいでしょうか?
A.遺品の窃盗などを防止するためにも、できるだけ立ち会うことをおすすめします。

Q.遺品整理士は国家資格でしょうか?
A.遺品整理士認定協会が設定する民間資格です。遺品整理に必要な技術や心構えを取得していることを証明する資格といえるでしょう。ゼロプラスにも遺品整理士の資格を持つスタッフが在籍しているため、ぜひチェックしてみてください。

Q.悪徳な遺品整理業者はどのくらい存在するのですか?
A.全体の5~6%が悪徳業者といわれています。

Q.遺品整理を業者に依頼した場合の費用相場はどのくらいですか?
A.遺品の量や分別作業の程度にもよりますが、ワンルームで3万~10万円が相場といわれています。

まとめ

遺品整理業者によるトラブル例やトラブル防止策・業者の見極め方などを詳しくご紹介しました。遺品整理業者の中には悪質な業者も存在しており、誰でもトラブルに巻き込まれる可能性はあります。どうすればトラブルを防止できるのか、良質な業者を選ぶことができるのかなど、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。