遺品整理の円滑な進め方!残っては困る遺品とは?

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

近年、遺品整理をだれが行うかということから“遺産トラブル”に発展してしまうことがあります。以前の日本であれば、遺品整理は遺族が行うのは当たり前のことでした。しかし、近年では核家族化などから「遺品整理をだれが行うのか?」ということが社会問題化しています。遺品整理は遺族が困ることがあるということを理解して、生前整理を進めることは大切な準備といえるでしょう。生前整理を計画している方のために、残って困る遺品について詳しくご紹介します。

  1. 遺品整理は負担が大きい?
  2. 処分に困る物は何?
  3. 処分に困るも物は事前に整理しよう!
  4. まとめ

1.遺品整理は負担が大きい?

1-1.遺品整理は遺族が行う?

「遺品整理をだれが行うのか?」ということが家族や親族の間でよく問題になります。遺品整理は遺産相続の対象となる人が行うというのが基本です。しかし、家族や親族の間のかかわりが薄くなっている現在では、遺品整理をすることは非常に負担の多いことといえるでしょう。残された家族の負担を軽減するためにも“生前整理”は非常に大切な準備なのです。生前整理は、遺家族や親族に遺品整理の負担を軽減する目的に加えて、老後の生活を快適にするための大切な整理という側面があります。残した家族が遺品整理で困らないためにも、生前整理をしっかりと行うようにしましょう。

1-2.生前整理をしよう!

遺族の行う遺品整理の負担を軽減するためには、“生前整理”を行うことが大切です。生前整理の進め方についてご紹介しましょう。

負担の大きい物は早めに処分する

大型の不用品は遺品整理において、負担になります。廃棄することが負担になる大型の物は、早めに処分することが大切です。不用なタンスや粗大ゴミを上手に捨てることができない場合には、出張回収・買い取りサービスを利用して廃棄することを検討してみましょう。

1-3.生前整理はどんな業者に依頼できる?

生前整理を始めようと考えていても、自分だけでは整理・処分が難しい物も多くあります。このような場合には、業者に依頼するというのが一般的なのですが、「どのような業者に依頼すれば分からない」という方も多いことでしょう。そこで、生前整理を依頼できる業者についてご紹介しましょう。

遺品整理サービス

遺品整理サービスをおこなっている業者の多くは生前整理の作業にも依頼可能です。非常にデリケートは整理業務である“遺品整理”をおこなっているので、生前整理に関しても十分な知識や技術を持っています。生前整理を依頼する際には、遺品整理サービスのある業者かを確かめましょう。

部屋の片付けサービス

部屋の片付けサービスは部屋のゴミや不用品などを回収するサービスです。生前整理ではゴミや不用品を多く廃棄する場合もあるので、不用品の回収サービスの有無は非常に大切になります。悪質な整理代業者では、価値のある物だけを回収するなどの被害もあるので注意が必要です。生前整理を依頼する業者を選ぶ際には、“不用品の回収”を依頼できるのかを確かめるようにしましょう。

不用品買い取りサービス

生前整理では、価値のある物を処分するということもあります。価値のある不用品を処分する場合には、不用品買い取りサービスの受けることのできる業者を選びましょう。

2.処分に困る物は何?

2-1.遺品で困る物とは?

生前整理を円滑に進めるためにも、遺品として残って困る物について詳しく知ることが大切です。処分に困る遺品とはどのような物かを具体的にご紹介しましょう。

書籍

単品では軽い書籍ですが、数が多くなると重くなってしまいます。趣味用品の中でも、書籍は人よって好みが大きく異なり遺品の中でも処分に困る物の代表です。故人の残した書籍は“古本屋で売却”や“図書館・資料館への寄付”が一般的な処分方法になります。多数の書籍は重く、処分の負担が大きいのが特徴です。さらに中古書籍の価値というのは非常に低く、処分料金の方が高くなってしまうということも少なくありません。生前整理では書籍の処分は早めに行うようにしましょう。

衣類

多すぎる衣類は処分に困る遺品の一つです。ファッションが多様化する現在では服の好みも非常に細分化しており、形見分けとして衣類をもらっても困るというのが実情といえるでしょう。衣類は“古着屋に売却”や“ゴミとして処分する”のが一般的な処分方法です。衣類は軽いのですが、量が多いと処分に困るという特徴があります。本当に必要な衣類だけを残し、不要な物は処分するようにしましょう。

2-2.価値のある物は分かるようにしよう

遺族が遺品整理で困ることは“価値のある物”と“価値のない物の判断”です。生前に自分の持っている物すべてを価値について家族に話すのは非常に難しいといえるでしょう。価値のある物は、家族にも簡単に分かるように配慮することも生前整理では大切です。

3.処分に困るも物は事前に整理しよう!

3-1.目録を作ろう!

生前整理でどうしても処分できない物や、家族の手元に残してほしい物などがある場合には、遺品目録を作成するのも一つの方法です。遺品目録を作る際に記載する便利な情報についてご紹介しましょう。

品物の名称・特徴・形状

遺品目録には“名称”“特徴”“形状”は必ず記載するようにしましょう。文章だけでは上手に伝えることのできない物の場合には、写真や図などを利用して分かりやすくすることが大切です。

品物の由来

遺品として残したい物の由来は、品物の重要性を知るために重要な情報です。“譲り受けた状況”“自分が知っている情報”など品物の由来に関してはできる限り詳しく記載するようにしましょう。

譲りたい人物

遺品として譲りたい人物があれば記載するようにしましょう。遺品を譲り受けるのは“遺産相続”にあたるため、遺書を作成して記載する必要があります。

3-2.不用品を処分しよう

不用品が多いことは、遺族が遺品処分に困る原因にもなります。生前整理で不用品を処分のは大切な作業です。自分だけでは処分できないような物がある場合には“出張回収”を利用してみましょう。不用品回収業者の“粗大ゴミの処分”や“家具・家電の買い取り”を利用することで処分の負担を軽減できます。不要な物を処分することは、生前整理の基本になるので、回収買い取りサービスを利用することも検討してみましょう!

まとめ

遺品整理は遺族にとって非常に負担の大きな作業です。残した家族に迷惑をかけないためにも生前整理は重要に作業になります。遺品整理と生前整理を円滑に進める方法についてまとめてみましょう。

遺品整理のポイント

  • 遺品整理は遺族の大きな負担になることを知る
  • 生前整理で遺品の量を減らす
  • 廃棄に手間のかかる物は早めに処分する

遺族に遺品整理の負担がかからないようにするためには、可能な範囲で“生前整理”をすることが大切な心がけです。

残って困る遺品の例

  • 書籍:重量が重く処分に負担がかかる
  • 衣類:処分する量が多く廃棄が難しい

処分に困る遺品には上記以外にも“粗大ゴミ”“家具”などがあります。処分の難しい物を生前整理する場合には、“出張回収サービス”に依頼して処分することも検討してみましょう。