つらい遺品整理の片付け作業は業者に頼る手も! 料金や注意点のまとめ

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

遺品整理をつらいと感じない方はいないでしょう。身内に不幸があった際、手続きやお葬式などがやっと終わったと思えば待っているのが遺品整理です。死のショックから立ち直れていない方や、遺品の量が多い場合など、遺品整理のつらさにはさまざまな要因があります。

今回は、遺品整理のつらさを乗り越えるポイントや、業者に依頼するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. 遺品整理がつらい理由を知る
  2. 遺品整理がつらいときはどうするか?
  3. つらい遺品整理をプロに頼む方法
  4. 遺品整理についてよくある質問

最近では「遺品整理を自分でやらない」という選択肢もあります。遺品整理がつらい方、業者の費用が気になる方などのヒントになる情報もありますので、ぜひ最後までお読みください。


1.遺品整理がつらい理由を知る

遺品整理がなぜつらいか、その原因・理由を知ることで、つらさを乗り越えられる可能性が上がります。

1-1.遺品整理を始めるのは精神的なショックがある時期

親しい肉親が亡くなった際は、精神に大きな負担がかかります。各種手続きやお葬式を終えて、忙しさから少し落ち着いてきたころは、身内が亡くなったという事実をだんだん現実のものとして感じる時期でしょう。落ち込んでいるときに遺品整理をすることで、気持ちに整理がつけられるという方がいる一方、無理に整理作業をすることで精神的な回復が遅れてしまう場合もあるのです。

1-2.故人との思い出のものが多い

遺品整理では、個人の思いが詰まったものや、遺族自身も思い入れがあるものを処分しなければならないこともあります。すべて取っておければよいのですがそうもいかないのが現実です。ものを手放す際につらいと感じない方はいないでしょう。

1-3.何を残し、何を処分するのか判断がつらい

故人との関係がそこまで深くなく、思い入れのハードルがない方でも、保管するものと処分するものを分けるのは大変な作業です。自分のものなら自由に分類できますが、故人のものとなると思い出・相続・親族の要求・売ればお金になるものなど、考えることが多く、分けるのも一苦労でしょう。

1-4.ものの量が多い

前項にも付随しますが、遺品整理は故人の家一軒(一部屋)をまるごと片付ける作業になるので、ものが多い・片付ける範囲が広い・重量物の運搬などで、物理的に苦労することも多いでしょう。

2.遺品整理がつらいときはどうするか?

遺品整理のつらさを乗り越えるにはさまざまな方法があります。

2-1. 遺品整理のタイミングを考える

つらいことが多い遺品整理ですが、いつまでも後回しにはできません。四十九日法要や一周忌を目途に、ある程度の時期を決めたほうがよいでしょう。後回しにするほど遺品整理について考える時間が増えてかえってつらくなってしまうかもしれません。

2-2.故人の供養であると考える

故人は、遺族につらい思いをしてほしいとは思っていないでしょう。そのため、故人に思いを寄せ、遺品を整理する作業は、故人の供養になるともいえます。しっかりと故人のものに向き合うことで、死の悲しみからも早く立ち直れるでしょう。

2-3.生前整理のすすめ

最近では生前整理を行う人が増えてきています。自分が遺品整理で大変な思いをした方ほど、自分の家族には同じ思いをさせたくないと考えるものです。そこで、生前整理として、自ら持ち物を整理したり、譲渡先・売るかどうかなどを決めておきます。エンディングノートに物品や金銭・財産の取り扱いについて記入することも、生前整理作業の一つです。遺言状ほどの効力はありませんが、遺族にとっては大変助かる記録となるでしょう。

2-4.遺品整理は自分でやらなくてもいい

最近では遺品整理を自分で行わず業者に依頼する方が増えてきています。昔であれば考えられないことかもしれませんが、時代の流れで、遺品整理業者の利用が普通のこととなっているのです。仕分け・運搬などを依頼できるため、遺族は形見分けや保管するものの整理方法などをしっかり考える時間が取れます。自分ですべての遺品整理を行うよりも、故人と向き合える時間が増えるといえるでしょう。

3.つらい遺品整理をプロに頼む方法

遺品整理業者の利用について、もう少し詳しく見ていきましょう。

3-1.遺品整理業者を利用したほうがいいケース

3-1-1.遺品整理をする気力がまったくわかない

精神的ショックが大きすぎてどうしようもないときは、遺品整理業者に頼んだほうがよいでしょう。作業自体は業者にやってもらい、精神的な負担を少しでも減らすことをおすすめします。

3-1-2.整理する遺品の量が多い

一軒家など広い家に住んでいた場合は、比例してものの量も多くなります。あまりに大量の遺品を自分たちだけで整理するのは大変です。中には1年以上かかったという方もいます。むやみに遺品整理期間を引き延ばさないためにも、業者に依頼して数日で終わらせるほうがよいでしょう。

3-1-3.運搬・処分などができない

大型家具や家電など、自分で処分するのは大変です。粗大ゴミの申請をしたりリサイクルや買取に出したりと、処分方法に悩んだり、運搬が大変なことが多いでしょう。遺品整理業者に依頼することで、回収するものは引き取ってもらい、売れるものは買い取ってもらえます。あちこち運搬したり査定を依頼したりしなくてもいいので、大変便利でしょう。

3-1-4.遠方・多忙のため遺品整理の時間が取れない

故人の家が遠距離にある場合など、何度も通えない場合や、忙しくて遺品整理の時間が取れない方も、業者に依頼するのがおすすめです。交通費や移動のための時間の節約にもなるでしょう。時間をお金で買うことができるのも、遺品整理業者を利用するメリットの一つです。

3-2.遺品整理業者の利用方法

遺品整理業者を利用する流れは、主に以下のとおりです。

  1. 見積もり依頼
  2. 訪問・見積もり
  3. 作業日時の決定
  4. 遺品整理作業
  5. 料金精算

事前に部屋を見てもらい、それから料金などが決まることになります。

3-3.遺品整理の料金は部屋の広さで決まる

遺品整理業者の利用料金は、部屋の広さに比例して金額が上がっていきます。

  • 1R・1K:5万~8万円
  • 1DK・2K:9万~12万円
  • 1LDK・2DK・3K:13万~16万円
  • 2LDK・3DK・4K:17万~20万円
  • 4LDK以上:25万円~

ただし、部屋が広くても荷物がそこまで多くない場合は安くなることもあります。また、買取できる家具家電が多い場合も、料金が相殺されてやや安くなるでしょう。

3-4.遺品整理士資格をチェック

遺品整理業者を選ぶ際は、必ず遺品整理士の資格を受けているかをチェックしましょう。一般的な不用品回収業者では、遺品の供養までは行っておらず、不用品を片付けるだけ、ということにもなりかねません。遺品整理業務を専門で行っている業者なら、大切な遺品を丁寧に整理してくれるでしょう。

4.遺品整理についてよくある質問

遺品整理についてよくある質問にお答えします。

Q.形見分けの方法は?
A.基本的には親族のみに渡しします。腕時計や写真・衣類など、故人を偲(しの)ぶことができるものを遺品分けとして渡するのが一般的でしょう。友人知人に譲る際は、あとでトラブルにならないように誰に何を渡すかリストにしておくのがおすすめです。形見分けするものは、ラッピングはせず半紙などに軽く包んで渡すのがマナーとなっています。

Q.遺品整理でありがちなトラブルとは?
A.遺品整理業者選びを誤ると、大切な遺品をぞんざいに扱われてしまうなどの問題が起こるでしょう。また、遺品整理の方針について親族と打ち合わせをしておくことをおすすめします。勝手に整理を進めるとあとでもめごとになる可能性もあるためです。

Q.遺品整理業者の選び方のポイントは?
A.遺品整理業者を選ぶ際は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 遺品整理士の資格を取得しているか
  • 遺品整理業務を行っているか(不用品回収だけではNG)
  • 買取も行っているか
  • 料金・見積もりがわかりやすいか
  • 相談・見積時などの対応が丁寧か

ゼロプラスでは、遺品整理・供養・生前整理などを専門に行っています。専用業者遺品整理資格を持ったスタッフも在籍しているので、安心してご利用いただけるでしょう。

Q.写真など思い出のものが捨てられません
A.すべてを保管することは難しいので、写真は厳選して保管しましょう。手放すものはスキャンしてデータ化すればいつでも見ることができます。最近ではスキャナーのレンタルサービスもあるので利用を検討してみてください。

まとめ

遺品整理について、つらい理由や対策、整理業者の利用のポイントなどをご紹介しました。遺品整理業者を利用するメリットは多くありますが、精神面で負荷がかからない・時間や労力を節約できるところが大きいでしょう。遺品整理を業者に依頼する方も増えています。つらい場合はぜひプロの力に頼ってみてください。