家電を廃棄したい人必見! 廃棄方法や注意点、売却できる製品を紹介!

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「家電を捨てたいが、何ゴミに当たるか分からずに悩んでいる」という人はいませんか? 家電は種類によってゴミ区分が違います。また、自治体ではゴミとして回収できない家電があるので注意が必要です。

そこで今回は、家電の正しい廃棄方法を紹介しましょう。

  1. 家電をゴミとして廃棄する方法
  2. 家電リサイクル法対象家電の処分方法
  3. 自治体以外を利用して家電を廃棄する方法
  4. 家電の廃棄に関するよくある質問

この記事を読めば、家電を売却に出す方法や売却できる家電の特徴も分かります。家電の廃棄方法に悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.家電をゴミとして廃棄する方法

この項では、家電を自治体にゴミとして回収してもらう方法や注意点を紹介します。

1-1.家電は大きさでゴミ区分が決まる

多くの自治体で、家電は大きさによって不燃ゴミか粗大ゴミに分類されます。一例をあげると、東京都の中央区では一辺の長さが30cmを超えたものは、粗大ゴミです。また、指定されたゴミ袋に入らない大きさのものはすべて粗大ゴミという分類の仕方をしている自治体もあります。自治体によってはwebサイトで、家電のゴミ区分を詳しく記載しているところもあるので、必ず確認してから廃棄しましょう。

1-2.粗大ゴミの回収は有料の自治体もある

粗大ゴミの回収は有料という自治体も増えてきました。料金の支払い方や費用は自治体によって異なるので、必ず事前に確認しましょう。また、時間に余裕を持ってゴミに出すことも大切です。

1-3.自分で処分場に持ち込むことも可能

自治体によっては、自分でゴミ処分場に家電を持ち込むこともできます。受け入れてくれる時間帯や処分費用、予約の要・不要は自治体によって異なるので、必ず事前に確認しましょう。すぐに家電を廃棄したいという場合は利用すると便利です。

2.家電リサイクル法対象家電の処分方法

この項では、自治体で回収ができない家電リサイクル法対象家電の廃棄方法を紹介します。

2-1.家電リサイクル法対象家電の種類

家電リサイクル法対象家電に該当しているのは、テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機の4品目です。なお、乾燥機と冷凍庫も含まれます。これら4品目はどの自治体でもゴミとして回収することはできません。

2-2.家電リサイクル法対象家電の廃棄方法

家電リサイクル法対象家電を廃棄する場合は、リサイクル料を払って家電量販店に回収してもらうか、自分で自治体が定めた回収場所に持ち込みます。リサイクル料は家電の種類やメーカーによって異なるので、家電リサイクル券センターのサイトで確認しましょう。なお、家電量販店に回収してもらう場合は、別途運搬料が発生することもあります。リサイクル料は家電量販店に直接払い込むか、郵便局でリサイクル券を購入しましょう。

3.自治体以外を利用して家電を廃棄する方法

この項では、自治体を利用せずに家電を廃棄する方法や注意点を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.家電量販店に回収してもらう

新しい家電を買い替えると、古い家電を回収してくれる家電量販店もあります。家電リサイクル法対象家電の場合は、新しい家電の配達と引き換えに古い家電を回収してもらうと運搬料が無料になるケースもあるでしょう。すべての家電量販店が実施しているわけではないので、事前に確認して店頭に持ち込んでください。なお、家電量販店によっては有料で不要になった家電の回収をしているところもあります。

3-2.小型家電リサイクル法に沿ってリサイクルする

小型家電リサイクル法を実施している自治体では、対象家電を専用ボックスで回収しています。また、家電量販店の中にも小型家電リサイクル法に沿って対象家電を回収しているところもあるので利用してもいいでしょう。対象家電は自治体や家電量販店によって異なるので、必ず確認しましょう。

3-3.不用品回収業者を利用する

不用品回収回収業者を利用しても不要になった家電を廃棄することができます。複数の家電を一度に処分したい場合や、家電以外にも不用品がたくさんあって一度に処分したい場合に利用すると便利です。回収料は業者によって異なるので、まずは見積もりを作成してもらいましょう。

4.不要になった家電を売却する方法

この項では、まだ十分に使えるけれど不要になった家電を売却する方法を紹介します。

4-1.製造から5年以内の家電は中古でも需要がある

製造後、5年以内の家電は中古でも一定の需要があります。元値が高く高機能な家電ほど高値買取が期待できるでしょう。また、家電によっては製造後7年までは売却できるものもあります。ただし、目立つ傷や汚れがついていたり、付属品が欠けていたりする家電は買取不可になることもあるので注意しましょう。

4-2.家電を売却できる場所

家電を売却できる場所といえば、リサイクルショップが代表的です。いろいろなものを取り扱っている一般的なリサイクルショップでも家電は売却できます。また、家電専門のリサイクルショップもあるので利用してみましょう。webサイトで買取額を公表していたり、買取強化をしていたりする家電を記載しているショップも多いので、どこに売却すればお得か比べてみてください。なお、大型家電は店員が家まで査定に来てくれる出張査定を実施しているショップを利用すると便利です。

4-3.不用品回収業者を利用する方法

不用品回収業者の中には、回収と同時に買取を行っているところもあります。「買取不可でも回収してほしい」という家電がある場合、利用すると便利です。

4-4.ネットオークションやフリマアプリを利用する

ネットオークションやフリマアプリを利用しても家電の買い手を見つけることができます。ただし、家電の種類によっては、送料が高額になるので、あらかじめ確認して記載しておきましょう。また、輸送中に家電が壊れないようにこん包の仕方を工夫する手間がかかります。時間に余裕があるときに利用するのがおすすめです。

5.家電の廃棄に関するよくある質問

この項では、家電の廃棄に関する質問を紹介します。

Q.ポータブルテレビなども、家電リサイクル法対象家電になるのでしょうか?
A.はい。大きさは関係ありません。

Q.家電専門のリサイクルショップのほうが高値がつきやすいでしょうか?
A.そうともかぎりません。買取強化中の家電ならば、一般的なリサイクルショップでも高値買取してもらえる可能性があります。

Q.家電を売却するのにおすすめの時期はあるでしょうか?
A.1~2月は、新生活のために家電を買う人が増える3月を控えているので、買取強化をするショップが増えます。ですから、生活家電を売るにはおすすめの時期です。また、こたつなどの季節家電はシーズン前に売却するといいでしょう。

Q.家電リサイクル法対象家電は不用品回収業者に回収してもらうことはできますか?
A.はい。回収料のほかにリサイクル料を払う必要がありますが、可能です。

Q.小型家電リサイクル法はすべての自治体で実施されていますか?
A.いいえ。実施していない自治体もあるので、自治体のwebサイトなどで確認してください。

まとめ

今回は、家電の廃棄方法を紹介しました。家電の廃棄には手間がかかることも多く、時間に余裕を持って行うことが大切です。また、家電は使わずに保管しておくだけで劣化していきます。不要になったらすぐに売却しましょう。そうすれば、高値買取が期待できるものもあります。