コーヒーメーカーの処分をお考えの人へ! 一番楽でお得な処分方法は?

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

古いコーヒーメーカーの処分方法でお困りではありませんか? 寿命や買い替えなどで古いコーヒーメーカーを処分したくても、自治体にゴミとして出せるのか、何ゴミにあたるのか、ほかにも処分方法はないか、何かと悩んでしまいますよね。それに、なるべく簡単で費用がかからない方法を知りたいことでしょう。

そこで今回は、コーヒーメーカーの処分方法について詳しく解説します。

  1. コーヒーメーカーのゴミの分類は?
  2. コーヒーメーカーの処分を自治体に依頼する方法
  3. コーヒーメーカーの処分を不用品回収業者に依頼する方法
  4. コーヒーメーカーを買取に出す方法
  5. コーヒーメーカーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、コーヒーメーカーを処分するときのポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.コーヒーメーカーのゴミの分類は?

最初に、コーヒーメーカーのゴミの分類について見ていきましょう。

1-1.小型のコーヒーメーカーは不燃ゴミや可燃ゴミで処分できる

コーヒーメーカーでも、一般家庭用で小型のものは多くの自治体で不燃ゴミとして回収してもらえます。ただし、中には可燃ゴミ扱いとなる自治体もあるので、注意してください。不燃ゴミや可燃ゴミで出すときは、自治体ごとの回収ルールが異なるので、必ず事前に確認してから出しましょう。

1-2.粗大ゴミ扱いになることもある

コーヒーメーカーでも1辺の長さが自治体の規定以上になると、粗大ゴミ扱いになることがあります。なお、粗大ゴミ扱いになるコーヒーメーカーを不燃ゴミや可燃ゴミとして出すのはやめましょう。回収してもらえずそのまま集荷場所に放置されるので、近隣の迷惑になります。

1-3.自治体によっては小型家電として処分できる

自治体によっては、コーヒーメーカーを小型家電リサイクル法の対象品目に指定していることがあります。小型家電リサイクル法とは、コーヒーメーカーなどの小型家電に含まれている資源を再利用することなどを目的とした法律です。ただし、小型家電リサイクル法の対象品目は、自治体ごとに異なるため、必ずしもコーヒーメーカーが当てはまるとは限りません。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

1-4.業務用のコーヒーメーカーは専門業者に依頼する

飲食店などで業務用に使用したコーヒーメーカーは、産業廃棄物扱いとなるため自治体回収に出すことができません。処分するときは、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの専門業者に依頼しましょう。なお、当ゼロプラスでも業務用のコーヒーメーカーの処分をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2.コーヒーメーカーの処分を自治体に依頼する方法

コーヒーメーカーの処分を自治体に依頼する方法を、ゴミの分類ごとに見てきましょう。

2-1.不燃ゴミや可燃ゴミとして出す場合

コーヒーメーカーを不燃ゴミや可燃ゴミとして処分する場合、自治体ごとに決められた曜日・時間・集荷場所に出してください。不燃ゴミや可燃ゴミの回収費用は、無料です。なお、自治体によっては指定のゴミ袋に入れたり分解してからそれぞれゴミに出したりする必要があります。

2-2.粗大ゴミとして出す場合

コーヒーメーカーを粗大ゴミとして出す場合、多くの自治体で事前予約が必要です。具体的な流れは、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷場所・日時・受付番号・回収費用などの指示を受ける
  2. コンビニなどで必要な金額分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 受付番号など必要事項を記入しコーヒーメーカーに貼り付ける
  4. 指定日時にコーヒーメーカーを出す
  5. 自治体の集荷車両がコーヒーメーカーを回収して完了

なお、自治体によっては、自宅前で回収してもらえる場合があります。また、高齢などで集荷場所まで運ぶのが困難な場合も、自宅前での集荷が可能になることがあるのでチェックしておきましょう。

2-3.小型家電として出す場合

コーヒーメーカーを小型家電として処分する場合は、役所や商業施設に設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。事前予約は必要なく、いつでも無料で処分できます。なお、小型家電専用ボックスの設置数が少ないため、設置場所が遠方の場合などは、別の用事があるときのついでに持っていくといいでしょう。

3.コーヒーメーカーの処分を不用品回収業者に依頼する方法

コーヒーメーカーの処分は、自治体以外にも不用品回収業者に依頼する方法があります。

3-1.不用品回収業者に処分を依頼できる

不要になったコーヒーメーカーは、不用品回収業者に処分を依頼することができます。不用品回収業者では、回収後のコーヒーメーカーを中古品として再販もしくは再資源化して有効活用しているのです。ただし、コーヒーメーカー1個だけの依頼だと回収費用が高く付くことがあるので、そのほかの不用品や買取してもらいたいものを同時に依頼するといいでしょう。

3-2.信頼できる不用品回収業者の選び方

コーヒーメーカーの処分を不用品回収業者に依頼するときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 不用品回収の実績が豊富にある
  • 回収後は積極的に再資源化を進めている
  • 見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブルかつ分かりやすいシステム
  • 希望の日時・場所で回収してもらえる
  • スタッフの受け応えが丁寧で、顧客からの評判もいい
  • 古物商許可など必要な認可を取得済み

なお、当ゼロプラスでも不要になったコーヒーメーカーの回収をしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-3.飛び込み訪問や電話勧誘が主な業者に注意する

悪質業者には十分に注意してください、不用品回収業者の中には、飛び込み訪問や電話勧誘を主な手段として営業しているケースがあります。しかし、わざわざ営業をしてくる時点で怪しいと考えてください。悪質業者と契約してしまうと、法外な回収費用を要求される、依頼していないものまで回収されてしまうなど、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。信頼できる不用品回収業者は、顧客の信頼により次々と仕事が舞い込むため、強引な営業を行う必要がありません。コーヒーメーカーの処分を安心して依頼するためにも、3-2の条件を満たす業者を選びましょう。

4.コーヒーメーカーを買取に出す方法

コーヒーメーカーを買取に出す方法や注意点を詳しく解説します。

4-1.ほぼ未使用で不具合がないものなどが対象

コーヒーメーカーで買取対象となるものの条件は、以下を参考にしてください。

  • 人気メーカー・有名ブランド品(デロンギ・デコルト・クイジナート・シロカなど)
  • 人気機種
  • 不具合や故障がない
  • ほぼ未使用で使用感が少ない
  • 購入時の箱や付属品がそろっている

4-2.査定を依頼して業者の質を見極める

買取業者の質を見極めるには、査定を依頼してみるのが一番です。具体的には、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 対応の早さ
  • スタッフの受け応えが親切か
  • 査定内容に不明な点がないか
  • 買取相場と比較して極端に低過ぎないか

なお、査定だけなら複数の業者に依頼しても構いません。最終的に、最も信頼できると判断した業者に依頼してください。

4-3.コーヒーメーカーを高値買取してもらうコツ

コーヒーメーカーを高価買取してもらうには、以下を参考にしてください。

  • 未使用品は開封しない
  • 開封品は購入時の外箱・付属品・説明書などをそろえておく
  • 汚れがあるものはキレイにクリーニングする
  • コーヒーメーカーの買取を強化している業者に依頼する

なお、コーヒーメーカーもどんどん新製品が発売されます。たとえ未使用品であっても、新製品が発売されると年式が古くなって査定金額が下がるので、不要になった時点で買取に出すといいでしょう。

5.コーヒーメーカーの処分に関するよくある質問

最後に、コーヒーメーカーの処分に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.コーヒーメーカーの寿命は何年?
A.約5年です。ただし、使用環境や使用頻度によっては、5年を待たずに寿命を迎えることがあります。寿命を迎えたコーヒーメーカーは、使用時に異音・異臭がしたり、突然電源が切れたりするなどの不具合が多発するので、早めに買い替えましょう。

Q.不用品回収業者に処分を依頼した場合の費用目安は?
A.日時・場所指定をしてコーヒーメーカーの回収を依頼した場合、1回に付き数千円程度が費用目安です。

Q.平日は仕事で不在なので夜間に回収を依頼することはできる?
A.業者によっては可能です。業者に連絡して希望日時に回収可能か確認してみてください。なお、夜間に回収する場合は、オプション費用が追加で必要になることがあります。

Q.1回使っただけなのに買取不可と言われたのですが?
A.業者によっては査定基準が厳しく、1回でも使用したものは買取不可になることがあります。コーヒーメーカーの中古需要が、ほぼ未使用品に限られるからです。ただし、他の業者では買取可能となる場合があるので、調べてみるといいでしょう。

Q.業者の査定金額に納得ができないのですが?
A.査定理由を業者に説明してもらいましょう。説明を受けてもなお納得できないときは、取り引きを中止して、ほかの業者に査定を依頼することも可能です。

まとめ

今回は、コーヒーメーカーの処分について詳しく解説しました。不要になったコーヒーメーカーは、自治体回収にゴミとして出すほかにもさまざまな処分方法があります。それぞれの方法でメリット・デメリットがあるのでよく理解し、最もメリットが大きな方法を選ぶといいでしょう。状態によっては、買取してもらえることもあるので調べてみることをおすすめします。なお、コーヒーメーカーの処分は、不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。まずは、信頼できる不用品回収業者を選び、よく相談してみるといいでしょう。