いなべ市で遺品整理を依頼する際の注意点やコツを徹底解説!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

遺品整理は遺品の量が多ければ多いほど時間と手間がかかってしまいます。早く整理したいけれどうまくいかない、どうすれば手間と時間をかけずに遺品整理ができるのか……などなど、遺品整理で悩んでいる方は多いでしょう。遺品整理業者に依頼する方法もありますが、その地域でどのような遺品整理業者があるのかしっかりと調べることが大切です。

そこで、本記事では、いなべ市で遺品整理をする際の注意点やコツを解説します。

  1. 遺品整理とは何なのか?
  2. いなべ市にはどんな遺品整理業者があるのか?
  3. いなべ市で遺品整理を依頼する際の注意点
  4. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、いなべ市で遺品整理をする方法とポイントなども分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.遺品整理とは何なのか?

最初に、遺品整理とは何なのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.故人が残したものを整理すること

遺品整理について簡単に説明すると、故人が残したものを整理することです。遺品処理・遺品処分・家財整理とも呼ばれています。故人が生前に使っていたものの中には、日用品だけでなく、価値のある宝石や美術品・家具・家電製品・ギフト製品・食器など多種多様です。そのほか、クレジットカードや預金通帳・アルバム・日記・土地などの権利書・保険証券などもあります。これらのものはすべて遺品になるため、遺族がしっかりと整理して片付けなければなりません。

1-2.故人との思い出を整理する

遺品整理には、故人との思い出を整理するという意味も含まれています。故人が愛用していたものの中には、思い出深い品物もたくさんあるはずです。「こういうことがあったね」と親族同士で遺品整理をしながら、故人を偲ぶのも遺品整理を行う意味となります。たとえ、まだ整理がつかない状況であったとしても、遺品整理をしながら故人に対する気持ちを整えることができるでしょう。

1-3.遺品整理でやるべきことをピックアップ

遺品整理でやるべきことはたくさんあります。やるべきことを把握せずに遺品整理を始めると混乱してしまうため、事前にチェックしておきましょう。なお、遺品整理でやるべきことは主に以下のとおりです。

  • 遺品の仕分け・片付け
  • 不用品の処分
  • 家の掃除または解体
  • 車の処分・譲渡手続き
  • 不動産の売買
  • 家や土地の名義変更
  • 相続税の申告
  • 役所への届け出
  • 預貯金・株券・名義変更や払い戻し

1-4.遺品整理を行う4つのタイミング

どのようなタイミングで遺品整理を行えばいいのか、悩む方は多いでしょう。特別急ぐ理由がなければ、以下の4つのタイミングで遺品整理を行ったほうがいいといわれています。

1-4-1.四十九日

遺品整理を始める時期として最適なのは、四十九日を迎えるタイミングです。四十九日は遺族や親族・故人が親しくしていた友人などが集まりやすく、スムーズに遺品整理が行えます。形見分けを行うことができるので、同時に遺品整理を進めるケースがほとんどです。

1-4-2.諸手続きを済ませた後

亡くなってから行わなければならない手続きがたくさんあるので、それらの手続きを済ませた後で遺品整理を行うケースもあります。死亡届や保険金の手続きなどをスムーズに終わらせることができれば、ある程度余裕を持って遺品整理が行えるでしょう。

1-4-3.葬儀後

故人が賃貸物件で生活していた場合、葬儀後といった早めのタイミングで遺品整理を始めたほうがいいでしょう。遺品整理を終わらせないと、賃貸物件の契約期間で問題が発生し、賃貸料を支払う必要があるからです。また、遺族が遠方に住んでいた場合、集まる機会がないからと葬儀直後に遺品整理を行うケースもあります。

1-4-4.相続税が発生する前

相続税が発生する前に、遺品整理を始める場合もあります。故人の財産が相続税の非課税額を超えた場合は、税務署へ相続税の申告書を提出しなければなりません。申告と納税は、亡くなってから10か月以内に済ませなければならないと決まっているため、期限内に遺品整理を終わらせておく必要があります。

1-5.遺品整理を始める前に遺品の量をチェックする

遺品整理を始める前に、まずは故人がどのくらいの量の遺品があるのか把握することが大切です。親族と力を合わせて片付けられる遺品の量なら問題ありませんが、手に負えない量の遺品がある場合はかなりの時間と労力がかかってしまいます。無理をして遺品整理を始めると、余計に散らかってしまったり、大切な遺品が紛失したりする恐れがあるので注意が必要です。自分たちで遺品整理ができない状況なら、遺品整理業者に依頼したほうがいいでしょう。

2.いなべ市にはどんな遺品整理業者があるのか?

ここでは、いなべ市にある遺品整理業者をいくつか紹介します。

2-1.遺品整理サービスエコあんどエコ

業界15年の経験と年間300件の豊富な実績を持っています。遺品整理はもちろんのこと、不用品回収や買取も行っているため、不要な遺品をお得に手放すことができるでしょう。買い取ってもらえる遺品の量が多ければ多いほど、遺品の処分費用が節約できます。そのほか、ハウスクリーニングなども行っており、サービス内容が充実しているのも特徴です。

2-2.オールサポートPRO

年間実績1,000件を超える作業実績がある遺品整理優良認定業者です。遺品をただのものとして扱うのではなく、故人が残した大切なもの・遺族の気持ちも汲み取って作業を行っています。何よりも依頼者の気持ちに少しでも寄り添い、第一に考えながら作業を進めていく点が大きな特徴です。また、幅広いジャンルの買取査定を受け付けているほか、特殊清掃や空き家片付けなどにも対応しています。

2-3.遺品整理・不用品整理のキーパーズ

2002年に日本初の遺品整理専門会社として設立し、全国各地から約20,000件の遺品整理を行った実績を持っています。遺族の気持ちに配慮した遺品整理を行っており、希望があれば女性担当者での対応が可能です。そのほか、貴重品捜索・不用品買取・空き家片付け・デジタル遺品整理など幅広いサービスを展開しています。

2-4.遺品整理エコーズ

遺品整理のほか、生前整理・ゴミ屋敷の片付けと清掃・空き家の整理と片付け・不用品回収サービスを行っています。ひとつひとつの遺品を丁寧に扱うのはもちろんのこと、捨てるよりもできるだけ生かすことを考えて買取や引き取りも行っている点が大きな特徴です。遺品を適正な方法で処分するだけでなく、形見分け品をしっかりと指定場所へ運んでいます。

2-5.Discovery monoの清掃整理お任せ隊

遺品整理の専門家がヒアリングをしっかりと行った上で、遺族の要望に合った方法で作業を行います。ゆっくりと時間をかけながら仕分けを行うので、大事な遺品を失くす心配もありません。特に、金品類や権利書類などは見逃さないように、貴重品と不用品を丁寧に分けていきます。さらに、不用品の回収だけでなく買取も可能です。

3.いなべ市で遺品整理を依頼する際の注意点

ここでは、いなべ市で遺品整理を依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

3-1.複数の業者を比較する

遺品整理業者に依頼する際は、複数の業者を比較することが大切です。「早く遺品整理を終わらせたいから」といい加減に遺品整理業者を選んでしまうと、悪徳業者とのトラブルに発展する恐れがあります。実際に、「見積書には記載されていなかった金額を請求された」「遺品を雑に扱われて嫌な気持ちになった」などのトラブルが起きているので要注意です。最初から1社だけに絞らず、複数の業者を比較して安心できる遺品整理業者に依頼してください。

3-2.サービス内容と見積書を確認する

遺品整理業者に依頼する際は、サービス内容と見積書をしっかりと確認することが大切です。遺品整理業者によって、遺品の仕分けだけというところもあれば、不用品回収までが含まれているところなどサービス内容が異なります。どこからどこまで遺品整理に含まれているのか、依頼前にサービス内容をしっかりと確認しておかなければなりません。そして、見積書の内容も細部までチェックしてください。どの作業にいくらかかるのか、明確に記載されているか確認しましょう。

3-3.無料相談と無料見積を利用する

遺品整理を依頼する前に、無料相談と無料見積を利用するのも注意しておきたいポイントです。ほとんどの優良業者では、無料相談と無料見積を受け付けています。複数の業者に無料見積を依頼すれば、だいたいの費用が分かるのでおすすめです。また、無料相談でスタッフの対応にも注目してください。スタッフの対応が丁寧でスピーディーな遺品整理業社なら、安心して依頼できるでしょう。逆に、スタッフの対応が悪い遺品整理業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

3-4.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理業者選びで押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 遺品整理の実績があるか
  • 不用品回収や買取を行っているか
  • サービス内容が充実しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 遺品整理士が在籍しているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較してみましょう。

3-5.遺品整理ならゼロプラスへ

どの遺品整理業者に依頼すればいいのか分からない……と悩んでいる方は、ぜひゼロプラスにご依頼ください。不用品回収実績が3,000件以上あるゼロプラスでは遺品整理はもちろんのこと、不用品回収・買取サービスを行っています。また、仏壇や位牌(いはい)など供養が必要な遺品の場合、遺品の供養サービスも受け付けているので遺品整理と併せて可能です。まるごと任せられるゼロプラスだからこそ、スピーディーに遺品整理を終わらせることができるでしょう。

4.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理を始める前にすべきことは?
A.遺言書やエンディングノートの有無を確認することです。遺言書・エンディングノートには、故人の願望や形見分け・相続などに関する内容が記載されている可能性があります。特に、遺言書は法的効力を持っているので、その内容に従って遺品整理や形見分けを進めなければなりません。また、遺品整理を始める前に、相続人は誰なのかを特定しておいたほうがいいでしょう。

Q.遺品整理業者に依頼するメリットは?
A.何より、時間が節約できる点です。遺品整理は予想以上に相当な時間を要する作業なので、作業の時間を十分に確保していてもなかなかうまく進まないことがよくあります。仕事をしている方にとっては遺品整理の時間を確保することすら困難でしょう。また、遺品整理業者に依頼すれば、体力の消耗を抑えることもできます。

Q.特殊清掃が発生するケースは?
A.孤独死で遺体の発見が遅れたケースは、特殊清掃が必要になります。遺体の発見が遅くなればなるほど、遺体の腐敗によって室内が大きなダメージを受けてしまうからです。個人では簡単に除去できない体液や汚れがついていたり、悪臭が充満したりしている可能性があるので、特殊清掃を行っている遺品整理業者に依頼したほうがいいでしょう。

Q.遺品整理にかかる費用はいくらぐらいか?
A.遺品の量や部屋の広さなどによって異なりますが、大まかな費用は以下のとおりです。

  • 1R・1K:3万~8万円
  • 1DK:5万~12万円
  • 1LDK:7万~20万円
  • 2DK:9万~25万円
  • 2LDK:12万~30万円
  • 3DK:15万~40万円
  • 3LDK:17万~50万円
  • 4LDK:22万~60万円

Q.遺品整理士とは?
A.遺品を取り扱う専門家を遺品整理士といいます。遺品整理に関する正しい知識を持っているので、遺品を適切な方法で片付けてくれるでしょう。遺品整理業者を選ぶ際は、なるべく遺品整理士が在籍しているところを選んでください。

まとめ

遺品整理は、故人の持ち物を整理することだけでなく、故人を偲ぶという意味も含まれています。大事な遺品だからこそ、いなべ市で遺品整理を依頼する際は業者選びに注意が必要です。遺品整理業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しているので慎重に選びましょう。なお、ゼロプラスでは遺品整理はもちろんのこと、不用品の回収と買取・遺品の供養も受け付けています。無料相談や無料見積も可能ですので、いなべ市で遺品整理にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。