閉店時在庫処分する方法を解説! 売却できる在庫の特徴は?

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

店舗などを閉店する際、在庫の処分方法に困ることは珍しくありません。「できるだけ高く在庫を処分したい」と考えている人も多いことでしょう。

そこで今回は、閉店時の在庫処分方法や、在庫を買取してくれる業者の選び方を紹介します。

  1. 閉店時の在庫処分方法
  2. 在庫の買取を依頼する方法
  3. 不要になった在庫品は早めに処分する
  4. 在庫処分に関するよくある質問

この記事を読めば、売却しやすい在庫品や種類や買取業者の選び方も分かるでしょう。閉店と同時に在庫処分を考えている人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.閉店時の在庫処分方法

最初に、閉店を決めた際の在庫処分方法を紹介します。どんな方法が一般的なのでしょうか?

1-1.閉店セールを行う

閉店セールを行うことで、在庫処分を行うことができます。思いきった値引きをすることで、在庫を一気に処分できる可能性もあるでしょう。ただし、在庫によってはセールを行ってもなかなか処分が難しいものもあります。また、販売する商品のイメージを貶めないように注意も必要です。

1-2.業者に買取してもらう方法

専門業者に在庫を買取してもらえば、在庫を一気に処分することができます。また、閉店セールと異なり、契約が成立すれば必ず在庫を買取してもらうこともメリットです。その一方で、希望の金額で買取してもらえない可能性もあるほか、在庫によってはなかなか引き取りしてもらえる業者が見つかりにくいこともあるでしょう。

1-3.廃棄する

閉店セールでもさばけず、買取業者にも引き取りを断られた在庫は、廃棄するしかありません。しかし、廃棄するには費用もかかります。最終手段と考えましょう。

2.在庫の買取を依頼する方法

では、在庫の買取を業者に依頼するにはどうしたらいいのでしょうか? この項では、業者の探し方や注意点などを紹介します。

2-1.在庫を買取してくれる業者の種類

在庫を買取してくれる業者は大きく分けて2つあります。1つは、特定の品だけを買取する業者です。もう1つは、いろいろな在庫を買取してくれる業者になります。どちらの業者を選ぶかは、在庫の種類や量によって決めましょう。いろいろな商品の在庫がちょこちょこ残っている場合は、いろいろな商品を買取してくれる業者がおすすめです。

2-2.高値買取が期待できる商品

高値買取が期待できる商品の特徴は、以下のとおりです。

  • 販売されてから間もない商品
  • キレイな商品
  • ある程度量がある商品

販売されてから間もない商品であるほど、需要が高い可能性があります。また、キレイな商品も同様です。その一方で人気の商品であっても外箱だけでも劣化している場合は、査定額が下がってしまうこともあるでしょう。さらに量も重要です。10個単位の商品より、100個単位、1,000個単位のほうが査定額が上がることもあるでしょう。

2-3.専門性の高い商品は専用の買取業者を探す

需要が限られている商品は、その商品を買取する専門の業者を探しましょう。特に、使う人が限られている製品の場合は、専門業者でないと買取不可ということもあります。

2-4.複数の業者に見積もりを依頼する

業者によって査定額が変わることもあります。ですから、複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。在庫処分をする場合、「できるだけ早く業者を探したい」と考えている人もいるでしょう。しかし、焦ってはいけません。

2-5.業者とはきちんと契約を結ぶ

店舗を閉店するときは、ないかと忙しいものです。在庫を買取してくれる業者が見つかり、契約を結んだら必ず契約書を作りましょう。口約束だけだと、直前で契約を反故(ほご)にされたり在庫を持ち逃げされたりする可能性があります。また、業者はきちんと事務所を構えているところを選びましょう。連絡手段が携帯電話だけという業者は、すぐに連絡がつかなくなる恐れもあります。

3.不要になった在庫品は早めに処分する

前述したように、在庫は新しいものほど中古でも一定の需要があります。ですから、在庫がさばけそうにないと思ったら、できるだけ早く処分しましょう。そうすれば、損は最低限で済みます。また、閉店を決めたらできるだけ早く在庫を確認し、売却するものを決めましょう。後回しにするほど、余裕がなくなっていきます。

4.在庫処分に関するよくある質問

この項では、在庫処分に関する質問を紹介します。

Q.在庫は何個単位から売却することができるでしょうか?
A.業者によります。10個単位から買取してくれるケースもあるでしょう。

Qどんな業者でも引き取れない在庫はありますか?
A.腐敗する可能性があるものや消費期限が短いものは引き取れないものも多いでしょう。

Q.複数の業者に在庫を売却することは可能ですか?
A.はい。在庫の数が多ければ可能でしょう。

Q.在庫が売却できない状況になることはありますか?
A.会社が倒産した場合です。倒産すると在庫は資産となり管財人でなければ自由に動かせません。

Q.在庫の査定から売却までどのくらいの時間がかかりますか?
A.早ければ1週間程度です。

まとめ

今回は、閉店後に残る在庫処分の方法を紹介しました。在庫処分と聞くと古いものでも売却できるようなイメージがありますが、新しくないと売却できないこともあります。自分で処分が難しいと判断したら、できるだけ早く売却しましょう。