タイヤの処分や廃棄でお悩みの方へ! 方法とコツを詳しく解説!

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

買い替えや寿命などで、不要になったタイヤの処分でお悩みではないでしょうか。タイヤは大きさや重さもあるので、できるだけ楽な処分方法を選びたいところです。しかし、処分したくても自治体にゴミとして出していいのか・ほかの方法で行うべきなのかよく分からないことでしょう。そこで、今回は、タイヤの処分や廃棄について詳しく解説します。

  1. タイヤを処分する前に確認すること
  2. タイヤの処分方法
  3. タイヤを買取に出す方法
  4. タイヤの処分や廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、タイヤの処分や廃棄が詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.タイヤを処分する前に確認すること

最初に、タイヤを処分する前に確認することを詳しく解説します。

1-1.タイヤの種類や状態をチェックしよう

タイヤの種類には、以下のようなものがあります。

  • スパイクタイヤ:すべり止めの目的で表面に鋲(びょう)が打ってある自動車用のタイヤ
  • スタッドレスタイヤ:積雪路や凍結路など冬場の走行に向くもので、スパイクタイヤよりもグリップ力に優れる
  • サマータイヤ:自動車の走行に最低限の性能・安全性を確保しているタイヤで、ノーマルタイヤとも呼ばれる
  • ​そのほかのタイヤ:競争用自転車用・レーシングカート用など

同時に、ホイールの有無も確認しておきましょう。処分する場合は問題ありませんが、買取になると2本・4本ともにホイールがある・なしとなっていることが条件となることがあります。

1-2.タイヤは何ゴミになる?

タイヤは、「適正処理困難物」の指定を受けています。そのため、基本的には自治体にゴミとして処分してもらうことはできません。ただし、岩手県一関市など一部の自治体では粗大ゴミとして有料処分していることがあるので該当するか調べてみるといいでしょう。該当する場合は、自治体ごとのルールに従って処分してください。

2.タイヤの処分方法

タイヤの処分方法で主なものを詳しく解説します。

2-1.販売店などの引き取りを利用する

不要になったタイヤは、以下のような場所で引き取ってもらうことができます。ただし、多くの場合、自分で持ち込む必要があるので注意してください。

  • タイヤ販売店
  • カーディーラー
  • ガソリンスタンド
  • カー用品店

いずれの場合も、基本的には1本数百円程度で引き取ってもらえます。買い替えに伴う場合、サービスで無料処分となることもあるので確認しておきましょう。ホイールつきのタイヤについても問題ありません。

<メリット>

  • 処分費用が安い
  • 買い替えの場合は無料処分となることもある

<デメリット>

  • 自分で店舗に持ち込む必要がある
  • 買い替えのときだけ処分できるところもある

2-2.回収業者に処分を依頼する

タイヤは回収業者に処分を依頼すると便利です。無料回収業者と不用品回収業者それぞれを詳しく解説します。

2-2-1.無料回収業者

タイヤの処分は、無料回収業者に依頼することもできます。ただし、業者によっては、持ち込みの場合に限るなど、条件に合うケースだけ無料処分とするところもあるので事前に確認しておきましょう。

<メリット>

  • 回収費用が無料

<デメリット>

  • メーカーなどの条件指定がある場合がある

2-2-2.不用品回収業者

不要になったタイヤは、不用品回収業者に依頼して処分してもらうことも可能です。まずは、業者に連絡し見積もりをもらいましょう。費用などの提示条件に問題がなければ、正式に依頼してください。なお、出張回収の場合、1回数千円程度の費用がかかります。

<メリット>

  • 自分で運ぶ手間や労力がかからない
  • 日時・場所指定で回収依頼ができる
  • 条件によっては買取になることもある
  • ​ほかの不用品も同時に回収依頼できる

<デメリット>

  • 回収費用がかかる

2-3.回収業者選びのポイント

タイヤの処分で回収業者を選ぶときは、以下のポイントに注意してください。

  • タイヤを含む不用品回収で豊富な実績がある
  • タイヤの買取も行っている
  • 日時・場所指定で回収依頼ができる
  • 回収費用がリーズナブル
  • スタッフの感じがよくて親切
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得している

なお、当ゼロプラスでもタイヤの処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3.タイヤを買取に出す方法

タイヤを買取に出す方法で主なものを詳しく解説します。

3-1.買取してもらえるタイヤとは?

以下の条件に当てはまるタイヤは買取してもらえる可能性が高くなります。

  • 未使用(長期保存したものはゴムの劣化により買取不可のこともある)
  • 有名メーカー・ブランド(ダンロップ・ブリジストン・横浜タイヤなど)
  • 2本もしくは4本セット

タイヤをできるだけ高く買取してもらうためにも、自分で表面のホコリや汚れをキレイにしておきましょう。タイヤの買取相場は、状態のいいもので1本数千円程度です。

3-2.タイヤを業者に買取してもらう方法

タイヤを業者やに買取してもらう方法として、リサイクルショップと不用品回収業者について詳しく解説します。

3-2-1.リサイクルショップ

リサイクルショップでは、古いタイヤの買取をほとんど行っていません。中古市場では中古品の需要はあるものの、リサイクルショップで購入する人は少ないからです。また、タイヤは保管するだけでも自然に劣化するため、ストックするリスクが高いこともあります。ただし、未使用品・人気ブランドのものなどの条件に限り買取しているところもあるので、確認してみるといいでしょう。

3-2-2.不用品回収業者

不用品回収業者の中には、再販目的でタイヤの買取を行っているところもあります。買取している場合、タイヤの詳細を伝えて査定してもらいましょう。多くの業者で査定だけなら無料で行っています。査定結果に納得した場合は、希望回収日時・場所を伝えて正式に依頼してください。不用品回収業者が回収後、正式な査定を受けてから買取金額が指定の口座に振り込まれます。

<メリット>

  • 買取不可の場合でも処分してもらえる(有料)
  • ほかのものも同時に買取・処分依頼できる

<デメリット>

産業廃棄物収集運搬許可を取得した業者に限られる

3-3.タイヤを自分で売る方法

タイヤを自分で売る方法には、ネットオークションやフリマサイトなどがあります。

3-3-1.ネットオークション

タイヤはネットオークションで売ることも可能です。ネットオークションでは、タイヤなどのカー用品が多く取り引きされています。まずは、専用サイトに会員登録し、出品手続きを取りましょう。タイヤのメーカー・状態をひと目で判断できるよう、画像を数枚添付すると落札確率が上がります。なお、タイヤの送料を安くするためには、近隣まで持ちに来てくれることを条件にする・ヤマト運輸のヤマト便などを利用するなど工夫してみてください。

<メリット>

  • カー用品が活発にやり取りされている
  • 条件によっては思わぬ高額落札もある
  • 欲しがっている人と直接やり取りできる

<デメリット>

  • 必ずしも落札されるとは限らない
  • 個人間トラブルが多い(未入金・商品クレーム)

3-3-2.フリマサイト

フリマサイトでタイヤを売ることも考えてみましょう。専用サイトに会員登録後、タイヤの画像や詳細・売りたい価格などの情報を入力し、出品してください。取り引きが成立したら相手と連絡先の交換・支払いの確認・タイヤの発送などを行いましょう。

<メリット>

  • スマホからでも簡単に利用できる
  • 欲しがっている人と直接やり取りできる

<デメリット>

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 値切られることが多い
  • 個人間トラブルが多い(未入金・商品クレーム)

4.タイヤの処分や廃棄に関するよくある質問

最後に、タイヤの処分や廃棄に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.タイヤを屋外に置いておくときの注意点は?
A.屋外にタイヤを放置すると、内部に動植物が入り込んでいることがあるので注意しましょう。特に、タイヤの内部には水がたまりやすく、夏場はボウフラがわきやすくなります。また、買取予定の場合、ゴムが劣化して買取不可にあることもあるので気をつけてください。

Q.予想よりも買取金額が低くて納得できないのですが?
A.まずは、業者に査定理由を確認してください。傷や汚れなど、マイナス査定になるポイントを見逃していることがあります。理由を聞いても納得できないときは、取り引きを中止し、ほかの業者に改めて査定を依頼することも可能です。

Q.業者で回収したタイヤはどうなる?
A.未使用品や使用感が少ないものなどは、中古タイヤとして再販されます。そのほかのものは、再生ゴムの原料になるなど資源リサイクルされるので安心してください。まずは、再販・リサイクルをきちんと行っている業者に依頼することが大切です。

Q.タイヤを処分せずに活用する方法はある?
A.子どもの遊び道具に活用することが可能です。庭にタイヤを縦にして半分埋めると、小さな子どもが馬とびをして遊ぶことができます。そのほかにも、タイヤの内部に土を入れ、プランター代わりに使うなどの方法も考えてみてください。

Q.タイヤの処分費用を安くするアイデアは?
A.たとえば、買取してもらえる可能性が高い不用品を同時に処分するといいでしょう。カーオーディオやチャイルドシートなどの自動車関連用品のほか、家電・家具など中古品として使えそうなものを買取できる可能性があります。買取可能なものがあれば、タイヤの処分費用と相殺できて安くなるのでおすすめです。

まとめ

今回は、タイヤの処分や廃棄について詳しく解説しました。タイヤは、多くの自治体でゴミとして回収してもらうことができません。タイヤは「適正処理困難物」の指定を受けているため、産業廃棄物として処分する必要があるからです。自治体で処分できないときは、販売店の引き取り・業者への処分依頼・買取のいずれかの方法を考えてください。不要になったタイヤでも、未使用品などの条件をクリアすれば買取可能です。信頼できる業者を選べば、安心して処分してもらえますよ。