意外に楽? 仏像・仏壇など困った仏具の処分・遺品整理のポイント!

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

故人の遺品を整理するにあたって、仏像・仏壇などの仏具の処分に頭を悩ませる方も少なくないでしょう。家具や家電など、遺品の整理だけでも大変なのに、仏具はなんとなく処分するのに抵抗があり、持てあましているという方も多いはずです。そこで今回は、仏像・仏具の処分方法についてご紹介します。

  1. 仏像を処分したい
  2. 仏像の処分はどうしたらいいか?
  3. 仏像の処分~仏具店販売店による方法
  4. 仏像の処分~不要品回収業者に頼む場合
  5. まとめ

仏像・仏具を処分したい、処分方法や供養の手続きなどを知りたい方にはぴったりの記事です。ぜひ、最後まで読んでみてください。


1.仏像を処分したい

仏像を処分したい場合の問題や、仏像の基礎知識についてご紹介します。

1-1.仏像を処分したいときとは?

親や先代から仏像の管理を引き継いだけれど、自分はそこまで信心深くない・仏壇の面倒を見られないなどといった場合は、仏像を処分したいと思うこともあるでしょう。場所を取るうえに、なんとなく丁寧に扱わなければならないような気がする仏像は、いらない人にとっては邪魔になってしまうこともあるはずです。

1-2.仏像の種類について

仏像は、如来(にょらい)、菩薩(ぼさつ)、明王(みょうおう)、天部(てんぶ)のいずれかが像や絵としてまつられています。仏像自体は、金属製・石・木製のものがあるのです。また、ご本尊の左右には、脇侍(わきじ)と呼ばれる絵や像が置かれています。

1-3.注意点

仏像を処分する際は、家族や親族の合意が必要となります。勝手に処分してしまうとトラブルの元になりますので、必ず事前に相談してください。また、あとに紹介する魂抜き・閉眼供養の際に立ち会いたいという方がいるかどうかも確認してましょう。

2.仏像の処分はどうしたらいいか?

仏像の処分や供養についてご紹介します。

2-1.ゴミとして出していいか?

供養の済んだ仏壇は粗大ゴミとして捨てることが可能です。また、木製の仏具はお寺などでおたきあげをしてもらいましょう。金属製など燃えない素材の仏像は、燃えないゴミとして捨てることになります。自治体のゴミ区分を確認しましょう。

2-2.供養について

仏像をまつる際には、魂入れ・お性根入れ(おしょうねいれ)・開眼供養(かいがんくよう)といって、故人や先祖の魂を宿らせるのが一般的です。故人や先祖の魂が入ったまま仏像を捨てないためにも、処分前に次項のような儀式が必要となります。

2-3.魂抜き・お性根抜き(おしょうねぬき)・閉眼供養(へいがんくよう)について

魂入れ・お性根入れ(おしょうねいれ)・開眼供養(かいがんくよう)に対するものが、魂抜き・お性根抜き(おしょうねぬき)・閉眼供養(へいがんくよう)です。お坊さんに読経してもらうことで、仏像に宿っている魂を抜くことができます。

2-4.注意点

お寺では、基本的に檀家以外の人は魂抜きをしてもらえません。檀家とは、お寺の登録制度のようなものです。つまり、お寺は一見さんお断りというところが多いといえます。お寺に依頼できない場合は、次項以降を参考にしてみてください。

3.仏像の処分~仏具店販売店による方法

仏像の処分を仏具販売店で供養する方法をご紹介します。

3-1.仏具販売店で供養する

仏具販売店では、仏像の供養を行っているところも多いのです。お寺に依頼するよりもハードルが低いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

3-2.料金

一般的には、仏像・位牌(いはい)一つにつき、数千円で供養してくれることが多いでしょう。種類・サイズ・素材によって料金が異なることがあるので、事前に確認してみてください。

3-3.メリット・デメリット

仏具販売店で仏像の供養をしてもらうのは、お寺よりも気軽に頼めるというメリットがあります。ただし、購入した店舗でないと処分できない場合や、仏壇などの処分は別料金のこともあるでしょう。条件や料金は店舗によって異なりますので、事前に相談するのがおすすめです。

4.仏像の処分~不要品回収業者に頼む場合

仏像の処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。ただし、注意点もあるので、よく読んでみてください。

4-1.業者選びのポイント

仏像・仏具は、業者によって取り扱えないところがあります。最初から仏壇類を断っている業者ならまだ親切ですが、引き取っておいて雑に処分されてはたまりません。仏具の供養業務を行っているかをしっかり確認しましょう。遺品整理の資格を持った業者の利用がおすすめです。

4-2.メリット・デメリット

回収業者に仏像の処分を依頼することで、供養・回収を一度にまとめて行えるというメリットがあります。家にいながらにして仏像・仏具類を処分できるので、最も楽な方法といえるでしょう。仏壇をはじめ、重い仏具もあるため、体力がない方や忙しくてお寺・仏具店に行けないという方にもおすすめです。ただし、業者選びはしっかり行ってください。悪質な業者を利用してしまうと、想像より高額になってしまった・供養してもらえなかったなどのトラブルになる可能性もあります。

4-3.料金

仏像の回収費用は5,000~10,000円が相場のようです。仏具・仏壇や、個人の遺品など、ほかにも不用品がある場合は、まとめて依頼したほうがお得になるでしょう。無料見積もりを行っている業者に依頼して、だいたいどのくらいかかるのかをチェックしてみてください。

4-4.注意点

供養すると言っておきながら、適当に処分してしまうような悪質な業者もあります。気になる点があれば、業者が提携しているお寺の名前や宗派を確認しておくと安心です。

4-5.よくある質問

Q.なるべく安く仏像を処分したい
A.仏像は、供養にかかる費用・処分にかかる費用などをまとめることで、総合的な費用を安く抑えることができます。また、仏壇などほかの仏具もまとめて処分したほうがお得になるでしょう。

Q.仏像以外にも、遺品整理も依頼したいのですが?
A.ZEROPLUSでは、遺品整理資格を持ったスタッフが丁寧に対応いたします。お寺による供養もうけたまわっているので、捨てるには忍びないようなものの処分もお任せください。

Q.家族が仏像・仏壇の処分に反対しているのですが?
A.反対している人の部屋に仏壇を置く、サイズダウンを提案する、など、妥協案を探してみましょう。

Q.お土産でもらったおもちゃっぽい仏像はどう処分したらいいですか?
A.ゴミとして捨ててしまってよいでしょう。ゴミ袋にそのまま入れるのではなく、目を布で隠したり、きれいな紙に包んで捨てるのがおすすめです。

Q.宗派の異なるお寺に供養をお願いしてもいいの?
A.業者に依頼する場合は、宗派をチェックしておいてもよいでしょう。なお、宗派が違っても、供養することはできます。ただし、親族にご高齢の方がいる場合などは、あとでトラブルになる可能性もあるので、きちんと相談しておきましょう。

5.まとめ

仏像・仏具の処分についてご紹介しました。一般的な家具などと違って、魂が入っている仏具類は、処分するのに抵抗があることも多いでしょう。しかし、仏像・仏具は供養することによって、気持ちよく処分することができます。また、故人の思いが詰まった遺品類もあわせて供養してもらえば、遺品整理がより簡単に行えるはずです。