不用品片付け業者と行政の違いとは?大量に出たゴミや家電の処分方法

ゴミの悩み

親族の突然の死。悲しみとともにやってくる現実は、遺品整理について。故人が生前に身辺整理を行っていない場合、大量の荷物が残っているケースがあります。
遺品整理はとても大変な作業で、重たい荷物を処分するだけでも重労働です。また、思い出が詰まったものもあり、捨てていいのかどうか悩むこともあるでしょう。
生活用品であふれた部屋から出た不用品の処分。どのように考えていらっしゃいますか? 
不用品の処分方法は、不用品片付け業者へ依頼する方法・行政を利用する方法と2つの選択肢で迷うはずです。2つの違いを知り、それぞれのメリット・デメリットを覚えておきましょう。

  1. 不用品片付け業者と行政の違い
  2. それぞれのメリット・デメリット
  3. 不用品片付け業者に依頼するときの注意点
  4. まとめ

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

これでスッキリ! 部屋にあふれた物を減らす方法と7つの習慣

「きれいに片付けているのにいつも散らかっている気がする・・」
こんな悩みを抱えていたら、あなたの部屋は、部屋の広さに対して物が多すぎるのかもしれません。このままでは、生活スペースがどんどん狭くなるばかりか、プチゴミ屋敷化してしまう可能性も。部屋に物が溢(あふ)れていると、掃除に時間がかかりますし、集中力も欠けてしまいます。
「物を減らしたいのに、どうしていいかわからない・・」そんな方におススメ!スッキリ部屋を手に入れるための、物を減らす方法と7つの習慣をご紹介します。


0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る