羽島市にはどんな遺品整理業者があるの? 業者選びの注意点などを紹介!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

羽島市にはどんな遺品整理業者があるのか、どういうところに注意して遺品整理業者を選べばいいのか分からずに悩んでいる方は多いでしょう。最近は、遺品整理を専門業者に依頼するケースが増えてきていますが、その分、悪質な業者とのトラブルも相次いでいるので注意しなければなりません。

そこで、本記事では、羽島市にある遺品整理業者や業者選びの注意点などを解説します。

  1. 遺品整理とは?
  2. 羽島市にはどんな遺品整理業者があるのか?
  3. 羽島市で遺品整理を依頼する際の注意点
  4. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理とは何なのか、知っておきたい基本情報も分かります。羽島市で遺品整理を検討している方はぜひ参考にしてください。

1.遺品整理とは?

まずは、遺品整理とは何なのか、始める時期や注意点など基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.故人が使っていたものを片付けること

遺品整理について簡単に説明すると、故人が使っていたものを片付けることです。身内が亡くなった場合、その人が使っていた身のまわりにあるものを遺族が整理し、片付けなければなりません。故人が使っていたものすべてが遺品になるため、日用品から印鑑・預金通帳・アクセサリー類・手帳などさまざまなものがあります。遺品の量が多いほど遺品整理に手間と時間はかかりますが、故人との思い出を振り返りながら気持ちを整理する大切な作業です。

1-2.四十九日などの法要に始める

基本的に、遺品整理は身内や親族で行うことになるため、相続者全員が集まりやすい四十九日などの法要に実施したほうがいいでしょう。四十九日といった法要は、親族や身内が一堂に集まりますし、葬式から日数が経過しているので気持ちも整理できているタイミングです。相続人全員で話し合いながら遺品の形見分けを行ってください。
ただし、故人が賃貸住宅で1人暮らしをしていた場合は、契約期間内に遺品整理を終わらせる必要があります。遺品整理が遅れるとその分の賃貸料を支払わなければならないので注意が必要です。なお、一般的に、亡くなった月の月末または翌月末までが契約期間になるケースが多いでしょう。

1-3.遺言書とエンディングノートを確認する

遺品整理を始める前に、必ず遺言書とエンディングノートを確認してください。特に、遺言書は法的効力があるため、記載されている内容どおりに形見分けや遺品整理を行う必要があります。エンディングノートに法的効力はありませんが、故人の意思が記載されている可能性があるのでチェックしておいたほうがいいでしょう。また、相続財産の有無と相続人もしっかりと把握しておかなければなりません。相続人が不明なまま、勝手に遺品整理を行えば、あとで親族トラブルに発展する恐れがあるので注意してください。

1-4.相続放棄をする方は要注意!

相続放棄を検討している方は、遺品に手をつけてはいけません。遺品整理を行えば、相続意思があるとみなされるからです。そのことを知らずに、遺品整理を始めたり遺品を扱ったりしてしまうと、相続放棄ができなくなってしまいます。そもそも、相続放棄とは相続人が被相続人の義務や権利を一切受け継ぎませんという意思表示です。プラスの財産よりも借金といったマイナスの財産が多い場合に、相続放棄を検討するケースが多いでしょう。相続放棄をするか、相続するかをしっかりと決めてから、遺品整理を行ってください。

1-5.自分たちで片付けられる遺品の量か

遺品の量がどのくらいあるのか、自分たちで片付けられる遺品の量かも、遺品整理を始める前にチェックしておきたいポイントとなります。相続人で協力しながら遺品を片付けられれば問題ありませんが、1人で片付ける場合、たくさんの遺品を整理するのはとても大変な作業です。さらに、遠方で暮らしていると遺品整理をするために通わなければなりません。自分たちで遺品整理をするのが困難な場合は、遺品整理業者に依頼するのも選択肢の1つでしょう。

2.羽島市にはどんな遺品整理業者があるのか?

ここでは、羽島市にある遺品整理業者をいくつか紹介します。

2-1.遺品整理プログレス

遺品の仕分け・処分品の処理・遺品の供養・貴重品の探索・養生作業など、遺品整理に必要なサービスを幅広く展開している遺品整理業者です。遺品整理に必要なサービスは、すべて基本料金に含まれています。また、遺品整理士が在籍しているので、遺品に関するアドバイスをもらいながら遺品整理を進めることも可能です。

2-2.藤羽サービス

遺品整理は心の整理と捉え、遺族の思いに寄り添いながら遺品整理を行う専門業者です。遺品整理として遺品を片付けるだけでなく、不用品の買取・荷物の一時預かりサービス・部屋の掃除なども行っています。要望や予算に応じて柔軟な対応をし、どのような相談にも真摯に向き合ってくれるでしょう。また、遺品整理のほかにも、専門の知識と技術を用いた特殊清掃サービスも行っています。

2-3.グッドサービス

遺品整理士が多数在籍しており、遺品整理士認定協会から優良事業所として認定されている遺品整理業者です。遺品整理だけでなく、貴重品の捜索サービスや不用品回収・特殊清掃まで行っています。すべてのサービスを一括で対応してもらえるので、急いで遺品整理をしなければならない場合でもすぐに終わらせられるでしょう。外注をしている業者よりも、問い合わせから作業完了まで対応してくれる業者のほうが遺品整理もスムーズに行えます。

2-4.ECO助っ人

年間20,000件の実績があるECO助っ人では、定額パックプランが用意されています。少量の遺品を回収してもらえるSSプラン(10,000円~)から大量の遺品でもまとめて回収してもらえるLパック(50,000円~)と多種多様です。遺品の量に合わせてパック料金を選ぶことができます。

2-5.岐阜片付け110番

立ち合い不要で遺品整理が依頼できる業者です。遺品整理のほか、遺品の高価買取も行っているので買い取ってもらえるものが多ければ多いほど、遺品整理にかかる費用が節約できるでしょう。365日年中無休で最短即日の対応も可能です。賠償責任保険も加入しているので、万が一、大切な遺品が壊れたり傷ついたりしたとしても責任を持って対応してくれます。また、しつこい営業や契約を迫るようなことは一切行っていません。

2-6.やる気グループ

羽島市を中心に、遺品整理の片付けを行っている専門業者です。故人・遺族に寄り添ったきめ細かなサービスだけでなく、エコを配慮したリサイクルやリユースを徹底しています。そのため、遺品整理にかかる費用を最小限に抑えられるでしょう。スタッフには遺品整理士のほか、遺品査定士・事故現場特殊清掃士などプロフェッショナルがサポートしてくれるので、どのような状況でも迅速に対応してくれます。

3.羽島市で遺品整理を依頼する際の注意点

ここでは、羽島市で遺品整理を依頼する際の注意点を解説します。

3-1.遺品整理のサービス内容は必ず確認する

遺品整理を依頼する際は、サービス内容を必ず確認してください。遺品整理業者によって、どこからどこまで遺品整理サービスに含まれているのかが異なるからです。たとえば、A社は遺品の片付けから不用品回収まで行いますが、B社では遺品整理だけというところがあります。すべての遺品整理業者が同じサービスを提供しているわけではないため、依頼前にしっかりと確認することが大切です。できれば、サービス内容が充実している遺品整理業者に依頼しましょう。

3-2.料金設定と見積書も要チェック!

遺品整理を依頼する際、いくらぐらいかかるのか気になっている方が多いはずです。遺品整理にかかる費用は、遺品の量や部屋の広さなどによって大きく異なります。そのため、料金設定と見積書もきちんと細部まで確認しておかなければなりません。遺品整理業者の中には、料金設定が不明確になっているところがあるので注意してください。目安としては、以下の費用が相場となります。

  • 1R・1K:3万~8万円
  • 1DK:5万~12万円
  • 1LDK:7万~20万円
  • 2DK:9万~25万円
  • 2LDK:12万~30万円
  • 3DK:15万~40万円
  • 3LDK:17万~50万円
  • 4LDK:22万~60万円

3-3.悪質な遺品整理業者に要注意!

遺品整理業者の中には、不正を働く悪質な業者が存在しているので注意が必要です。悪徳業者は、見積書の内容が大ざっぱになっていたり、スタッフの対応が雑だったりする傾向があります。少しでも違和感を覚えた際は、すぐに依頼せず、ほかの遺品整理業者をチェックしたほうがいいでしょう。複数の遺品整理業者を比較することで、自分が求めているサービスが利用できますし、悪徳業者も見極められるようになります。なお、遺品整理業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • サービス内容が充実しているか
  • 遺品整理の実績があるか
  • 料金設定や見積もりが明確になっているか
  • 口コミや評判がいいか

3-4.遺品整理ならゼロプラスへ

どの遺品整理業者に依頼しようか悩んでいる方は、ぜひゼロプラスにご依頼ください。愛知県を中心に遺品整理サービスを行っているゼロプラスでは、遺品の供養や特殊清掃・不用品の回収と買取も受け付けています。遺品でも買取対象になるものは買取ができるので、処分費用の節約が可能です。追加料金は一切なく、365日年中無休で即日見積もりも可能なため、お急ぎの方でも安心してご依頼いただけます。

4.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.自分で遺品整理はできるのか?
A.遺品の量が多くなければ、自分で遺品整理を進めることができるでしょう。けれども、故人に対する思いが強ければ強いほど、遺品を見るたびに心がかき乱されてしまう恐れがあります。気持ちの整理ができずに遺品整理を進めると、余計に部屋の中がごちゃごちゃしてしまうので注意が必要です。まずは、自分で片付けられるかどうか、遺品の量を確認したほうがいいでしょう。

Q.遺品整理士とは?
A.遺品を取り扱う専門家です。一般財団法人遺品整理士認定協会が認定する資格であり、遺品に関する専門的な知識を持っています。必要なものと不要なものの仕分けや不用品の適切な処理など、専門的な視点からアドバイスがもらえるので、初めて遺品整理を進める方にとっては遺品整理士の存在がありがたく感じられるでしょう。スムーズに遺品整理を進めるためにも、遺品整理士が在籍している業者に依頼することをおすすめします。

Q.見積書をチェックする際のポイントは?
A.どのようなサービスにいくらぐらいかかるのか、細部まで確認することが大切なポイントです。見積書には具体的な内容が記載されているため、1つずつ自分の目で確かめてください。疑問点や不安要素があれば、すぐにその場でスタッフに尋ねましょう。見積書の内容が明確になっていない遺品整理業者には要注意です。

Q.どんな遺品が買取対象になるのか?
A.貴金属やブランドもの・家具家電などが主な買取対象となります。基本的に、まだ使える状態であれば、買い取ってもらえるでしょう。特に、中古市場で需要のあるものは高価買取が期待できます。

Q.遺品整理業者との間でよくあるトラブルは?
A.「見積書には記載されていなかった追加費用を請求された」「遺品を雑に扱われて嫌な思いをした」といったトラブルがよく起きています。このようなトラブルを未然に防ぐためには、依頼前に見積書や追加費用が発生するケースを確認したり、遺品整理士が作業をしてくれるのかチェックしたりすることが大切です。

まとめ

羽島市で遺品整理を依頼する際は、複数の遺品整理業者をチェックし比較することが大切です。それぞれの業者によってサービスの内容が異なるため、自分が求めているサービスが含まれているかをきちんと確認してください。なお、ゼロプラスでは遺品整理のほか、遺品の供養や不用品の処分と買取サービスを行っています。無料相談も受け付けていますので、遺品整理でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。