不用品を売る、捨てるどちらがいいの? 簡単で手軽に売る方法とコツ

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

不用品の中には売れるものがあることをご存知でしょうか? 自分にとっては不要なものでも、第3者にとっては宝物のように感じることがあります。不用品をたくさん捨てようと思っている方は、費用を気にしているはずです。できるだけ費用を節約するためには、不用品を売るという選択をおすすめします。では、どうすれば簡単で手軽に売ることができるのでしょうか。

本記事では、不用品を売るポイントを解説します。

  1. 不用品は捨てるよりも売るのがお得!
  2. 売れる不用品の特徴を知ろう!
  3. 不用品を売る方法
  4. 不用品を売るときのコツとポイント
  5. 不用品の処分・買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、処分にお金をかけず不用品を売る方法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.不用品は捨てるよりも売るのがお得!

なぜ不用品は捨てるよりも売るほうがお得なのか、まずはその理由を解説します。

1-1.売ることで処分費用が節約できる

何よりも不用品を売ることで処分費用が節約できるという点が大きなメリットと言えるでしょう。不用品を処分するにも、お金がかかってしまいます。たとえば、自治体回収で粗大ゴミを処分する場合、ほかの方法よりは安いものの数百円の必要が必要です。粗大ゴミがたくさんあればあるほど、どんどんお金がかかってしまいます。けれども、売れるなら処分費用をかけずに手放すことができ、逆にお金がもらえるのでほかの不用品の処分に費用をまわすことができるのです。まさに、一石二鳥な方法と言えるでしょう。

1-2.なかなか捨てられないものも再利用できる

思い出深いもの・大切な人がプレゼントしてくれたものなどは、自分で要らないと分かっていてもなかなか捨てられずに残してしまうでしょう。それは「捨てよう」と思っているから捨てられないだけで、「再利用してもらえる」と分かれば気持ちが楽になります。なかなか捨てられないものだけでなく、「使えるのにもったいない」と感じている不用品も、欲しがっている人の元で再利用してもらえると分かれば、楽に手放せるでしょう。それも売るメリットになるのです。

1-3.売れるものは売るのが1番

日本は海外よりもリユースに対する意識が低い傾向があります。「人が使っていたものは使えない」「古くて汚れているから使いにくい」と思われがちですが、最近ではゴミの量を減らし、資源を有効活用するための取り組みとして、リサイクルやリユースに企業や自治体が力を入れ始めました。一般家庭においてもリサイクルが意識され始めているのです。そのため、中古品を選ぶ方も増えており、不用品を積極的に買い取っている業者もたくさんあります。中古市場がにぎわい始めているからこそ、売れるものは売ってしまったほうが良いのです。

2.売れる不用品の特徴を知ろう!

それでは、どのような不用品が買取の対象になるのでしょうか。ここでは、売れる不用品の特徴について見ていきたいと思います。

2-1.売れるものは再利用できる状態

不用品といってもさまざまな種類があるため、それぞれの特徴によって査定基準が変わりますが、売れるものは再利用できる状態であることが基本です。業者は買い取ったものを再販したり、部品に分解して売ったりします。まずは、正常に使えるか、故障や不具合が起きていないかどうかをチェックするというわけです。問題なく使える状態であれば、ほとんどのリサイクルショップや買取業者で売れるでしょう。ただし、家電の場合は消耗品扱いとなるため、購入後3~5年経過しているものは買取不可になるケースがあります。

2-2.ひどい汚れがついている・壊れているものは売れない

正常に使えたとしてもひどい汚れがついているものは、買い取ってもらえない可能性があります。汚れがひどいと見た目が悪く、古い印象を与えるので買い手がなかなか見つからないからです。また、壊れているものも買い取ってもらえません。不用品の中で売れるものと売れないものに区別する際は、状態だけでなく不具合の有無や汚れ具合などにも注意してください。

2-3.マニアが欲しがるレアものやアンティーク系

意外と不用品の中で売れるものが、マニアが欲しがるようなレアものやアンティーク系です。たとえば、趣味で切手を集めたり、レトロなおもちゃやぬいぐるみを持っていたりする方もいると思います。昔に販売され、今では簡単に手に入らないものはアンティークとして注目されており、欲しがるマニアの方も多いのです。市場に流通していないものほど価値が上がり、予想以上の値で売れる可能性があります。「ブランド品でなければ売れない」というイメージがあるかもしれませんが、ブランド品以外にも売れるものはたくさんあるのです。

2-4.捨てるか売るか自分で決める前に査定に出す

「何が売れるのか分からない」という方は、総合的に何でも扱っているリサイクルショップや買取業者などに査定を依頼することをおすすめします。自分で売るか捨てるか判断するのは、不用品の状態をチェックした上でのことです。誰からみても売れないな、壊れているなと思うものは処分にまわし、どちらか判断できない場合は査定を依頼してください。1度査定を依頼してみれば、何が売れて売れないのか分かるようになるでしょう。

3.不用品を売る方法

リサイクルショップ・宅配買取・不用品回収業者・インターネットオークションなど、不用品を売る方法はたくさんあります。それぞれの具体的な方法と特徴を把握しましょう。

3-1.何でも買い取ってもらえる「リサイクルショップ」

リサイクルショップに足を運んだことがある方は分かるように、たくさんのさまざまな種類であふれています。衣類・家電・家具・雑貨・本・CDなど、さまざまなジャンルを扱っているので、基本的にどのようなジャンルの不用品でも買い取ってもらえるでしょう。ただし、リサイクルショップは買取専門店よりも査定があまい傾向があります。多少の傷や汚れがあっても買取可能ですが、相場よりも査定額が安くなってしまうのがデメリットです。

3-2.自宅にいながら売ることができる「宅配買取」

近くにリサイクルショップや買取業者がなくて困っている方は、宅配買取がおすすめです。宅配買取はダンボールを自分で用意し、店舗に不用品を送るだけで査定が依頼できます。手軽に売ることができるため、店舗に行く時間がない方でも安心です。ただし、不用品が大量にある場合はこん包に時間と手間がかかります。そんなときはまとめて依頼できる出張買取がおすすめです。買取方法を自由に選べる業者を選ぶと良いかもしれません。

3-3.買取と処分が同時に利用できる「不用品回収業者」

不用品回収業者に査定を依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者の多くは回収処分するだけだと思われがちですが、中には買取サービスを行っているところもあります。買取と処分が同時に利用できるため、買取不可になってもスピーディーな処分が可能です。わざわざほかの方法で処分する手間と時間が省けるでしょう。不用品の買取と回収を行っているゼロプラスでは、高価買取と最安値での処分を行っています。無料相談や査定も受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

3-4.利用者が増えている「インターネットオークション・フリマサイト」

近年、急激に利用者が増加し注目されているのが、インターネットオークションやフリマサイトなど、インターネットを経由して売る方法です。登録すれば誰でも出品でき、手続きが簡単に済ませられるのが大きなメリットでしょう。また、全国から買い手を探すことができるため、レアものや限定ものが想像以上の高値で売れることがあります。ただし、取引相手の顔が見えないやり取りということもあり、トラブルが増えているのも現状です。

4.不用品を売るときのコツとポイント

できるだけ不用品を高く売るコツやポイントを解説します。

4-1.まとめて売る

不用品をまとめて売ることで、買取額がアップする可能性があります。1点ずつ高く売れるところを選んで売却することも選択肢の1つではありますが、大量の不用品の場合、時間と手間がかかるでしょう。スピーディーかつ納得できる値段で売りたいのなら、まとめて査定に出すことをおすすめします。また、強化買取中と表示されている業者を選ぶのもポイントの1つでしょう。通常の買取額よりも値が上がりやすい傾向があります。

4-2.キレイにしてから売る

不用品をキレイな状態にしてから査定を依頼するのも大切なポイントの1つです。見た目が汚いものは印象が悪くなり、たとえ価値が高いものでも安く買い取られてしまう可能性があります。自分で落とせる汚れなら、やわらかいタオルで汚れを拭き、キレイにしましょう。ただし、無理に洗剤を使って落とす必要はありません。繊細なものは洗剤で色落ちしたり、傷がついたりする恐れがあります。逆に、買取額が下がる原因となってしまうので無理は禁物です。

4-3.付属品をそろえる

付属品の有無で査定額に大きな差が生まれることがあります。なるべく購入時の状態に近づけたほうが、不用品を高く売ることができるでしょう。査定を依頼する前に、付属品をそろえてください。特に、価値があるブランド品や作家が作ったものなどは、保証書など、その作家が製作したものという証拠が必要です。

4-4.複数の業者を比較する

複数の業者を比較することで、高く買い取ってくれる業者に依頼できます。業者の中には、安く買い取ろうとする悪質な業者が存在しているため、引っかからないためのポイントでもあるのです。複数の業者に査定を依頼すれば、何が高く売れるのか、中古市場で価値があるものは何なのかなど、買取のノウハウも学べるでしょう。

5.不用品の処分・買取に関してよくある質問

不用品の処分・買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.不用品を捨てるメリットは?
A.要らないものを捨てることで部屋がスッキリするだけでなく、心も解放されます。常に安定していない人ほどものに執着しやすく、「もったいないから」「いつか使うかもしれないから」という理由で処分できずにいるでしょう。何かと理由をつけて処分できないものは、これから先も使わないケースがほとんどです。特に、1年以上使用していないものは使う機会がないので、この機会に処分しましょう。

Q.お金をかけずに処分する方法は?
A.買い取ってもらえなかったけれどお金をかけたくない、という方は寄付するという方法があります。子ども服やおもちゃ、本などの不用品を寄付という形で回収している団体や施設があるので、そこに送りましょう。不用品の処分にお金はかかりませんが、送料がかかる恐れがあるため、その点には注意してくださいね。

Q.ブランド品を売るときの注意点は?
A.ブランドに強い業者に売るようにしてください。よく、ブランド品をリサイクルショップに売る方がいますが、リサイクルショップの店員はブランド品の査定ができません。また、ブランド品は最も人をみて査定されるものと言われています。売りに来た人がお金を持っていそうにないと感じられれば、その時点で査定が低くなってしまうのです。ブランド品は売る人の姿も影響を与えるため、身だしなみには注意したほうがいいでしょう。

Q.インターネットオークションでよくあるトラブルは?
A.「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられ値引きせざるを得なかった」などのトラブルが相次いでいます。落札者と直接顔を見てやり取りするわけではないため、中には不正を働く人もいるのです。取引相手を見極めるのも、インターネットならではの特徴でしょう。

Q.買取不可の不用品を処分するコツは?
A.買取不可になった場合、処分という形で捨てることになりますが、大量の不用品はお金がかかりますよね。そんなときは、お得な積み放題パックを利用するといいでしょう。軽トラックパックで29,800円〜と、1点ずつ処分するよりも安く捨てることができます。

まとめ

自分にとって不用品・ゴミと思えるものの中には、リサイクルショップや買取専門店などで売れるものもあります。基本的に、目立つ傷や汚れがついていない・正常に使えるものは買い取ってもらえるでしょう。しかし、家電などは発売から3〜5年以上経過していると、買取が難しくなります。不用品の種類によって買取の可否が異なるため、まずは状態や発売年月をチェックしてください。そして、売れる者は売ってしまったほうが、費用節約につながります。