遺品の中で売れるものとは? 買取先や遺品整理業者について徹底解説

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

遺品の中には、売れるものがあります。貴金属や美術品などは高値で売れる場合があるため、処分せずに買取を利用しましょう。どのような遺品が買取対象となるのか、買取先などを覚えておくと安心です。本記事では、売れる遺品についてご紹介します。

  1. 売れる遺品とは?
  2. 遺品の買取先
  3. 遺品整理を依頼する方法も便利
  4. 遺品の処分や買取でよくある質問

この記事を読むことで、買取対象となる遺品についてよく分かります。遺品の買取先と併せ、遺品整理業者の活用方法も覚えておきましょう。


1.売れる遺品とは?

遺品は膨大な量になることが多いのに加え、処分費用も高くなるのが悩みでしょう。遺品を売ることができれば、収益を得ることができるのがメリットです。買取対象となる遺品の種類などをご紹介します。

1-1.貴金属

貴金属は、高値で売れやすいものです。特に、金やプラチナは高額買取となるでしょう。有名ブランドものなら、中古需要が高まります。わずかな傷がある場合でも意外な値段がつく場合があるため、買取査定を受けてみてください。

1-2.着物

着物や帯などは古着と異なり、価値が認められる品です。有名作家が手がけたものなどは、芸術品として高額査定になることもあります。着物は保存方法も難しいため、受け継ぐ人がいない場合は、買取に出したほうがいいでしょう。

1-3.洋酒

洋酒は、年代や種類によりプレミア価格がつくものもあります。たとえば、「ルイ13世」なら30万円前後で買取となる場合があるのです。洋酒の買取価格は、保存状態や箱の有無などにより変動はあります。しかし、捨てる前に査定を受け、価値を判断してもらったほうがいいでしょう。

1-4.金歯

1-1でご紹介したとおり、金は不動の価値があります。金歯も溶かしてしまえば純金と同様の扱いになるのです。金は故人の資産となるため、売却して換金しましょう。

1-5.仏壇・仏具

仏具の中には、金が使われているものもあります。貴金属と同じように価値を認めてもらえるでしょう。また、仏壇は、年代や由来により付加価値がつくものがあり、芸術品に分類される場合は高額買取になるケースもあります。とはいえ、仏壇の価値は一般の人だと判断しにくいものなので、専門業者に査定してもらう方法がおすすめです。

1-6.日本刀

故人のコレクションに日本刀がある場合、買取査定を受けてみましょう。日本刀には歴史的価値があります。刀身の彫刻や切れ味によっては、高額買取になる可能性が高いでしょう。ただし、サビ・刃こぼれなどがあるものは、マイナス査定になる場合があります。

1-7.コレクターズアイテム

コレクターズアイテムには、切手・掛け軸・レコード・古銭などがあります。中には現在入手困難なものもあるため、不要と思っても専門業者に査定してもらったほうが安心です。プレミア価格がつき、高額買取になる場合があります。

1-8.勲章・トロフィー

勲章は希少価値があり、美術品としてコレクションする方がいます。そのため、勲章の階級に関係なく、買取対象となるでしょう。金や銀が素材のトロフィーは、高額買取になる場合があります。ただし、名前や企業名が刻印されているトロフィーは、リサイクルができないため、買取不可となる場合がほとんどです。

2.遺品の買取先

遺品はどこで買取をしてもらえるのでしょうか? 買取先や高額買取のポイントをご紹介します。

2-1.リサイクルショップは運搬手段がないと難しい

リサイクルショップに買取を依頼する場合は、売りたいものを店舗へ持ち込む必要があります。重量がある・数が多い・運搬手段がない場合は、利用しにくい方法なのがデメリットです。気軽に立ち寄れる利点はあっても、遺品は膨大な荷物を処分しなければならないため、持ち込みが手間に感じることがあるでしょう。また、リサイクルショップは、家具や生活雑貨などを主に扱っているので、希少価値がある品の見極めが難しい場合があります。高額買取を希望する場合は、専門業者などを利用したほうがいいでしょう。

2-2.専門業者は高額買取できる可能性がある

遺品の中には希少価値があり、プレミア価格になるものもあります。それぞれの分野に特化した専門業者に依頼し、査定してもらう方法がおすすめです。価値を見極め、適正価格で買取してもらえます。専門業者を探すのに時間がかかる場合や、出張対応してもらえない場合があるのがデメリットです。専門業者をいくつかピックアップしておき、複数の業者を比較して買取先を決めるようにしてください。

2-3.不用品回収業者は処分と買取ができるのがメリット

不用品回収業者は、売りたいものをまとめて買取してくれる業者です。骨董(こっとう)価値があるものや貴金属類も、リサイクルショップより高額買取になりやすいでしょう。不用品回収業者は対応が素早く、出張対応可能なのがメリットです。ただし、出張費用がかかる場合があるため、無料見積もりなどを実施している業者に依頼し、複数の業者を比較検討できるようにしておきましょう。

2-4.見栄えをよくして高額買取を目指そう

高額買取を目指すなら、事前に汚れやホコリなどを取り除き、見栄えをよくしておくことが大切です。しかし、美術品などはメンテナンス方法を間違えると、価値が急落してしまう恐れがあります。軽くホコリを払う程度にしておきましょう。時間はかかっても、なるべく専門業者で査定を受け、高値を出してくれる業者を見つけることが高額買取のポイントです。

3.遺品整理を依頼する方法も便利

遺品整理は時間と労力を費やす作業であるため、遺品整理業者を活用する方法も視野に入れておきましょう。

3-1.遺品整理と買取を同時に行うと便利

遺品整理業者は、荷物の仕分け・貴重品の捜索・不用品の処分に長(た)けています。短期間で作業を終えることができ、遺族の肉体的・精神的負担を大きく軽減できる手段でしょう。不用品の処分と買取に行ってくれるため、買取金額を遺品整理費用から差し引いてもらえ、お得に遺品整理を行うことができます。

3-2.遺品を供養して処分してくれる

不要な遺品でもゴミとして扱わず、故人への敬意を払い、きちんと供養してから処分するのが遺品整理業者です。あらかじめ、探してもらいたいもの・残してほしいものなどを伝えておきましょう。遺品整理の専門家であることを示す、遺品整理士という資格があります。遺品整理士は、一般社団法人 遺品整理士認定協会による認定資格です。なるべく遺品整理士がいる業者に依頼しましょう。ゼロプラスなら、遺品整理士が丁寧に遺品整理の作業を行います。安心してご依頼ください。

3-3.丁寧で迅速な対応をしてくれる業者を選ぶこと

少子高齢化社会になり、遺品整理を行う人手が不足しています。そのため、遺品整理業者の需要は拡大傾向です。しかし、中には遺品の盗難やいい加減な片付けをする悪徳業者もいるため、クチコミや評価などをきちんと確認してから利用しましょう。問い合わせや見積もりの申し込みに対し、迅速で丁寧な対応をしてくれる業者は、作業やサービス面でも安心感を抱くことができます。

4.遺品の処分や買取でよくある質問

遺品の処分や買取に関する質問を用意しました。遺品整理を行う前の参考にしてください。

Q.遺品整理業者は清掃もしてくれるのか?
A.遺品整理業者では、遺品の処分や買取をした後、室内のハウスクリーニングも行います。賃貸ですぐに明け渡しが必要な場合でも、迅速に作業してくれるのがメリットです。ただし、特殊清掃が必要な場合は、通常の遺品整理とは別料金になります。通常の遺品整理より、数日多めに時間を見ておくようにしましょう。

Q.遺品を買取に出した後、得た収益はどのように処理すればいいのか?
A.遺品で売れるものがあった場合、収益は相続遺産となります。相続人全員で話し合い、遺産分割するようにしてください。

Q.貴金属の種類がはっきり分からない場合はどうすべきか?
A.種類がはっきり分からない場合でも、査定を受けるようにしましょう。金にはK24・K18など、プラチナにはPt900・Pt950などの刻印があります。刻印がないものでも、銀など価値が認められる素材が使われている可能性があるのです。簡単に処分しないように注意してください。

Q.遺品に時計がある場合、処分せずに買取に出したほうがいいのか?
A.時計も貴金属と同様で、査定を受けたほうがいい製品です。中には、ロレックスやオメガなど高級ブランドの時計が含まれている場合があります。年式が古くても、骨董価値が認められる場合があるため、処分せずに買取を利用してください。

Q.仏壇を買取に出す前は、魂抜きをしたほうがいいのか?
A.仏壇は、菩提(ぼだい)寺などに依頼し、魂抜きをしたほうが安心です。魂抜きを終えたら、気兼ねなく不用品として処分や買取を利用できます。菩提寺が分からない場合は、仏具店や業者に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 遺品の中には、売れるものがあります。特に、貴金属や美術品などは高額買取になる可能性が高いでしょう。意外なものに値段がつく場合があるため、簡単に捨てず、買取査定を受けてみてください。高額買取を目指すなら、専門業者に買取を依頼するのが理想です。とはいえ、遺品整理は遺族にとって負担が大きい作業なので、遺品整理業者を活用する方法も考えてみましょう。遺品整理は、遺品整理士の資格者がいるゼロプラスにご相談ください。