【お悩み解決】介護の臭い対策ならお任せ! 効果的な消臭方法とは?

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

介護は、多くの悩みを伴うものです。しかも、ひとりで悩みを抱えてしまうことが多いことも問題となっています。中でも、臭いの問題は、介護をする人にとって深刻なものです。気持ちよく介護を続けるためにも、嫌な臭いをスッキリ解消したいことでしょう。そこで、今回は、介護の臭い対策について、原因別の効果的な消臭方法や予防法など詳しく解説します。

  1. 介護の悩みについて
  2. 介護の臭いと対策法について
  3. 介護の臭い対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、介護の臭い対策に関する知識が身につき、効果的な消臭を行うことができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.介護の悩みについて

介護の悩みには、さまざまなものがあります。現状を踏まえ、よくある悩みや問題点を学びましょう。

1-1.介護の現状など

現代は、医療技術の発展に伴い、超高齢化社会が進むばかりです。寿命は延びたものの、要介護者の数も比例して伸びていることが特徴といえます。一方で、少子化は相変わらずの状況であり、介護に関わる人が不足しているのも事実です。高齢の夫を妻が介護するなど、「老老介護」と呼ばれる事態も深刻化しています。介護サービス業界も、つらい・給料が安い・休みにくいなどの理由で常に人手不足であり、サービスの質の低下が心配です。

1-2.介護でよくある悩みや問題点

介護でよくある悩みや問題点を解説します。

1-2-1.体力が持たない

介護は、体力勝負です。小柄な相手であっても、介助することは大変な労力を伴います。また、何でも自分が頼られているというプレッシャーから精神的な疲労の原因にもなるでしょう。24時間気を抜くことができないことで、体力的に持たないと悩む人が多いのも納得です。

1-2-2.お金がかかる

介護は、とてもお金がかかります。介護を受けるためには、介護用品やグッズの購入・介護サービスへの支払い・病院の通院費用など、毎月数万円以上の出費になることが珍しくありません。介護保険などの利用だけではカバーしきれないこともあり、深刻な問題となっています。また、介護を行う人が離職せざるを得ないなど、経済的な問題で頭を抱えている人が多いのです。

1-2-3.臭いに耐えることができない

介護は、臭いとの戦いです。特に、自分で排せつができない人を介護する場合の臭いに耐えることができない人は多くいます。臭いが発生するのは仕方がないと頭では分かっていても、耐えることができないのです。介護を前向きに行うためにも、臭い対策は必要不可欠といえます。

1-2-4.そのほかの悩みや問題点

介護を行っている場合、キーパーソンとなる人がひとりで重荷を抱え込んでいることが多く、ストレスがたまりやすいものです。実際に手を貸さない人から介護の方法に意見を出されたり、自分の時間が持てなかったりすることで、追い詰められてしまいます。たまには気分転換をしたくても、結局は介護のことが頭から離れずに24時間悩み続ける人も多いのです。介護の悩みは、実際に介護してみないと理解しにくいものといえるでしょう。

2.介護の臭いと対策法について

介護の臭いと対策法について、詳しく解説します。今すぐ実行して、悩みを解消しましょう。

2-1.介護の臭いや原因について

介護の臭いは、人体から発するものが多くなります。たとえば、要介護者の体臭や口臭・排せつ物の臭いなどです。毎日きちんと世話をしていても、臭いは出てしまいます。特に、部屋の換気が悪いと臭いがこもりやすいため、強く感じることもあるでしょう。いずれにしても、臭いの原因を正しく知り、対応することが大切です。

2-2.介護の臭いを消すための対策法を解説

介護の臭いを消すための対策法を、主な原因別に解説します。

2-2-1.排せつ物の臭い

ポータブルトイレなど、排せつ関連の介護用品はどうしても臭いがしみついてしまいます。こまめに掃除をし、専用の消臭剤を使って臭いを消しましょう。また、大人用おむつを使っている場合、排せつ介助の際に空気中に臭いが広がることがあります。おむつを交換した後は、換気をしましょう。冬場などで室温管理のために窓を開けることができない場合は、空気清浄機などをうまく活用してください。使用済みのおむつや、排せつ物がついてしまった衣服・寝具はすぐに洗濯しましょう。介護用の洗剤を使うと臭いが取れやすくなります。

2-2-2.口臭や体臭

要介護者は、歯みがきや入浴を自分ひとりで行うことが難しくなります。そのため、不十分なケアを受けていると口臭や体臭が出やすくなるのです。対策としては、こまめにケアをすることが一番でしょう。自宅で入浴が難しい場合は、デイサービスなどで入浴介助を受ける方法もあります。口内のケアは、口から食事を摂(と)ることを続けるためにも適切な方法で行いましょう。訪問歯科医や介護施設での定期検診などを利用し、正しいケアを覚えて実行してください。

2-2-3.そのほかの臭い

そのほかの臭いに関しては、まず、原因を探ることから始めましょう。食べものが腐った臭いがする場合は、食べかすがベッド裏など目に見えない位置にこぼれたままになっていることがあります。食べかすに集まってきた害虫が嫌な臭いを出すこともあるでしょう。根本的な解決法としては、部屋にものをたくさん置かず、いつでもキレイに掃除することです。自分ひとりで難しい場合は、ヘルパーに依頼するなども考えてください。

2-3.消臭グッズを活用しよう

介護の臭い対策には、消臭グッズが役に立ちます。市販品でも、介護用のものがいくつか出ているので試してみるといいでしょう。消臭剤は気になるところにスプレーしたり塗布したりするだけで、簡単に効果を期待できます。特に、排せつ物の臭いが気になるときなど、積極的に活用しましょう。消臭グッズがあるだけで、気分的に楽になるものです。使い勝手や効果を知るためにも、いろいろと比較してみてください。

2-4.介護の臭いの予防法を解説

介護の臭いを予防するためには、以下の点に気をつけるといいでしょう。

  • 部屋の換気をこまめに行う
  • 布ものを中心に介護用品の洗濯やクリーニングをこまめに行う
  • 消臭グッズをうまく使う
  • 空気清浄機を利用する
  • 介護を行うときはマスクをする

特に、排せつ介護に関わるものは、臭いがしみつきやすいものです。普段のお手入れでも臭いが取れないと感じたときは、新品に交換することも考えましょう。

2-5.介護の臭いと対策法に関する注意点

ひとつの方法だけでは、臭い対策が不十分なことが多いものです。複数の方法を併用して行うことをおすすめします。ただし、消臭剤などを使うときは、要介護者にかからないように注意してください。消臭のためを第一に考えすぎてはいけません。また、消臭していることが不快に取られないように注意しましょう。不穏な状態を引き起こす原因になることがあります。

3.介護の臭い対策に関するよくある質問

最後に、介護の臭い対策に関するよくある質問に回答します。それぞれとても役に立つ内容ですから、ぜひ参考にしてください。

Q.介護の臭いがあるのか自分では分からないのですが?
A.同じ環境で長く暮らしていると、生活臭があっても当たり前になるので分かりにくくなることがあります。訪問者に指摘を受け、初めて臭いがあることを知る人もいるのです。自分では気にならなくても、ほかの人が気になるのなら臭いの問題を解決するべきでしょう。ケアマネージャーなど、介護のプロに相談し率直な意見を聞いてから、必要な対策をしてください。

Q.介護の臭いは時間と共に慣れると言われましたが?
A.確かに、どんな臭いでも多少は慣れるものです。しかし、いつまでたっても慣れることができずにストレスに感じている人も多くいます。臭いが気になるのなら我慢せず、きちんと消臭しましょう。臭いが原因で介護の負担が増せばつらくなるだけです。要介護者に対しても厳しく対応してしまう可能性もあるので注意しましょう。

Q.介護の臭いが原因でノイローゼになりそうなのですが?
A.まずは、消臭対策など必要なことを行ってみてください。また、臭いの問題を含め、介護の悩みを相談する人を作りましょう。家族や近親者より、介護のプロに相談すると心が楽になることがあります。また、もしも、心が折れそうなときは心療内科を受診することも検討してみてください。

Q.排せつ物の臭いを減らす食事などは効果があるのでしょうか?
A.肉類やご飯・パスタなどの炭水化物・にんにくなどの臭いの強い香辛料を含む料理などは、排せつ物の臭いがきつくなることがあります。魚・野菜や果物・乳酸菌食品や大豆製品などとバランスよく食べることが大切です。排せつ物の臭いを減らす目的で食事の栄養バランスを崩すことはやめましょう。

Q.介護の臭いが強すぎると臭覚に影響があるのでは?
A.常に強い臭いをかいでいると臭覚がマヒする可能性はあります。ただし、特定の臭いに対してだけのことであり、ほかの臭いまで鈍感になることはありません。臭覚異常が心配なときは、耳鼻科に相談し検査を受けると安心できます。

まとめ

今回は、介護の臭い対策について詳しく解説しました。介護をしている人にとって、臭いの問題は深刻な悩みです。しかし、適切な対策をすれば必ず解消できます。臭いが問題で、つらく当たってしまったり気分が落ち込んでしまったりすることは避けるべきです。気持ちよく介護を続けるためにも、介護の臭い対策はしっかり行ってください。なお、介護の消臭問題でお悩みの方は、プロの力を借りることも考えましょう。部屋にしみついて取れない臭いでも、プロに任せることで楽に解決できますよ。