介護施設への引っ越し方法を解説! 一般的な引っ越しとの違いは何?

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「家族が介護施設に引っ越しすることになったが、持っていける荷物が限られているので困っている」という人はいませんか? 介護施設への引っ越しは、普通の引っ越しよりも荷物を厳選する必要があります。また、引っ越しの準備をしながら各種手続きもしなければなりません。今回は、介護施設への引っ越しをスムーズに行う方法や注意点などを紹介します。

  1. 介護施設への引っ越しと通常の引っ越しとの違い
  2. 介護施設への引っ越し方法
  3. 介護施設への引っ越しに伴う手続き
  4. 引っ越し作業や持ち物の処分を依頼できる業者の選び方
  5. 介護施設への引っ越しに関するよくある質問

この記事を読めば、引っ越し作業を依頼できる業者についてもよく分かるでしょう。家族が介護施設へ引っ越しするので、参考になる情報を集めている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.介護施設への引っ越しと通常の引っ越しとの違い

一般的な引っ越しは、不用品は処分しますが基本的に家具や家電をすべて持って行きます。一方、介護施設への引っ越しは、持って行けるものが限られているのが特徴です。施設によっては家具や家電は持ち込みできないこともあるでしょう。また、個人で利用できるスペースが20㎡くらいなので、持ち込める私物も限られています。そのため、今まで使っている家具や家電を処分するのか、別のところに保管しておくか決めなければなりません。

2.介護施設への引っ越し方法

この項では、介護施設への引っ越しの流れや注意点などを紹介します。

2-1.介護施設へ持って行く荷物を決める

前述したように、介護施設によって持って行ける荷物が異なります。入居説明をよく聞いて持って行く荷物を決めましょう。高齢者が愛用している品など、環境が大幅に変わるストレスを和らげてくれるものを選んで持ち込むのがおすすめです。

2-2.引っ越し方法を決める

介護施設に持って行く荷物が少なければ、家族で協力して荷物を運んでもいいでしょう。ただし、家具などを運び入れる際、施設の壁や床が傷つかないように対処を求められることもあります。車に積めるサイズでも、重くて持ち運びが難しい家具を持って行く場合は、引っ越し業者に依頼するのがおすすめです。単身者向けの引っ越しパックならば、10万円以下で利用できるところもあります。

2-3.残った荷物の処分方法を決める

施設に持ち込めなかった荷物は、保管しておくか処分しなければなりません。自宅が持ち家の場合、家に保管しておくこともできます。一方、賃貸住宅の場合はトランクルームを利用してもいいでしょう。しかし、すべての持ち物を保管しておくと管理も大変で費用もかかります。ある程度整理しておくことが大切です。

2-4.引っ越し

引っ越しの際、入居者は不安を抱えています。不安を和らげるよう、家族だけでなく親しい人にもつき添ってあると入居者が安心できるでしょう。また、引っ越し業者を利用する場合は、お互いの施設への到着時間をよく確認しておいてください。

3.介護施設への引っ越しに伴う手続き

介護施設へ引っ越しをする際、介護保険に関する手続きや、転居届・入居届の提出が必要です。同じ市内に引っ越す場合は転居届を出すだけで手続きは完了します。後日、新しい住所を記載した介護保険被保険者証が届くので、忘れずに受け取りましょう。一方、市外へ転居する場合は介護保険被保険者証を一度返納する必要があります。その代わり介護保険受給資格証をもらい、転居先の自治体で新しく介護保険被保険者証の発行手続きを行いましょう。同じ県内でも、自治体が変わればこの手続きが必要です。

4.引っ越し作業や持ち物の処分を依頼できる業者の選び方

この項では、引っ越し作業や持ち物の処分を業者に依頼するメリットや注意点を紹介します。

4-1.引っ越しは介護施設への引っ越し作業に慣れた業者に依頼する

引っ越し業者はたくさんありますが、介護施設への引っ越し作業の実績があるところを選びましょう。また、前述したように引っ越し荷物が少なければ、単身パックがお得です。

4-2.不用品回収業者を依頼するメリット

介護施設へ持ち込めない荷物を処分する場合、不用品回収業者を利用すると便利です。大型家具や家電も一度に処分できるので、時間がない場合も不用品を一度に処分できます。また、ゼロプラスのように生前整理を請け負っている会社ならば、生前整理の相談にも乗ってくれるでしょう。なお、依頼したい場合はまず見積もりを作ってもらいましょう。理由をつけて見積もりを作成しようとしない業者や、加算前提の見積書を出してくる業者は依頼しないほうがいいですね。

5.介護施設への引っ越しに関するよくある質問

この項では、介護施設への引っ越しに関する質問を紹介します。

Q.介護施設に引っ越す際、処分したほうがおすすめなものはあるでしょうか?
A.もう誰も使わない家具や家電は早めに処分すると売却できる可能性があります。また、古い洋服も処分しましょう。

Q.介護施設に持ち込めないものはありますか?
A.ペットなどの生き物や臭いの強いもの、ほかの入居者の迷惑になるものなどは持ち込めないところが多いでしょう。

Q.引っ越し業者に不用品の処分は依頼できますか?
A.依頼できる業者もありますが、処分できる品と量が限られているところも多いので、不用品回収業者がおすすめです。

Q.介護施設に持ち込む家具はどんなものがいいでしょうか?
A.小型で入居者が使い慣れたものがおすすめです。

Q.介護施設に入居する場合、準備期間はどのくらいかかりますか?
A.入居が決まってから引っ越しの日まであまり時間がないケースもあるでしょう。ですから、時間がない場合は必要なものだけ荷造りして引っ越しを完了し、その後、不用品の片付けを行ってください。

まとめ

今回は、介護施設へ引っ越しする場合の方法や不用品の処分方法について解説しました。介護施設の引っ越しは、一般的な引っ越しとは異なるため、戸惑うこともあるでしょう。できることは手分けするほか、優先順位の高いものから片付けていくことが大切です。まずは、介護施設へ持ち込むものをピックアップし、明らかな不用品を処分するところから始めるとスムーズにいきやすいでしょう。