遺品の供養を行うタイミングや方法は? 遺品整理業者選びのポイントも

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

「遺品を処分したいけれど、供養したほうがいいのでは?」「どの遺品を供養すればいいのか分からない」など、遺品の供養で悩んでいる方は多いでしょう。絶対に供養が必要というわけではありませんが、気持ちよく処分するためにも供養はとても大切なことです。

そこで、本記事では、供養が必要な遺品や供養を行うタイミングと方法などについて解説します。

  1. 供養が必要な遺品にはどんなものがある?
  2. 遺品供養を行うタイミングは?
  3. 遺品を供養する方法は?
  4. 遺品整理と供養を同時に依頼する方法
  5. 遺品の供養に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品と供養を同時に依頼する方法などが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.供養が必要な遺品にはどんなものがある?

最初に、供養が必要な遺品にはどのようなものがあるのかチェックしておきましょう。

1-1.位牌(いはい)や仏壇

一般的に、遺品で供養が必要になるものは、位牌や仏壇など故人の魂が入る場所や祀(まつ)るものだといわれています。人形・お札・お守り・神棚なども供養が必要なものといえるでしょう。そもそも、遺品供養は絶対にしなければならないわけではありません。しかし、古くからものや自然には魂が宿るという日本の信仰から、供養は日本の風習となっています。故人の魂が宿っているものはそのまま処分すると何かよくないことが起きるのでは……と思うでしょう。気持ちよく処分するためにも、きちんと供養をしたほうが安心できます。

1-2.故人が大切にしていたものも当てはまる

供養が必要だといわれているものは、位牌や仏壇だけではありません。故人が大切にしているものにも魂が宿ってるといわれています。そのため、故人が大切にしていたものもきちんと供養をしてから処分したほうがいいでしょう。たとえば、本・メガネ・コレクションアイテム・寝具・衣類・日記・手紙などがあります。遺品供養=位牌や仏壇というイメージがあるかもしれませんが、テレビや家具などの供養を行っているお寺もあるのでチェックしてみてください。

2.遺品供養を行うタイミングは?

それでは、遺品供養はどのようなタイミングで行えばいいのでしょうか。

2-1.遺品整理と同じタイミングで行う

特に、遺品供養はいつまでに行うべきだと決められていません。だいたい、遺品整理と同じタイミングで供養も行っています。遺品整理は遺品の中から必要なものと不要なものを仕分ける作業となりますが、要らないものの中から供養するものをさらに分類することになるでしょう。中には、要らないものをすべて供養するという方もいます。遺品整理は相続者全員が集まるタイミングで行うことが多いので、だいたい四十九日の法要が最適なタイミングといえるでしょう。

2-2.葬儀の直後から始めるケースも

遺品整理や遺品供養を葬儀の直後から始めるケースもあります。たとえば、故人が住んでいた家が賃貸物件で、早くに明け渡さなければならないケースです。遺品整理が遅くなればなるほど明け渡し時期も遅くなるので、その分の家賃を支払わなければなりません。遺品の処分費用でお金がかかってしまうため、なるべく家賃は抑えておきたいものです。賃貸物件で家賃代を浮かすためにも、葬儀の直後から遺品整理や遺品供養を検討するといいでしょう。

2-3.気持ちの整理がついてから

遺品供養のタイミングは具体的に決まっていないので、自分の自由なタイミングで行うのもアリです。たとえば、大切な人が亡くなると、そのこと自体が受け入れられずに気持ちの整理がつかなくなるときもあるでしょう。そんなときに無理をして遺品整理や遺品供養をしてしまうと、後で「あれは捨てなければよかった」と後悔してしまう恐れがあります。また、途中でやる気をなくしてしまい、中途半端な状態になってしまう可能性もあるでしょう。遺品整理や遺品供養は早めがいいといわれていますが、自分の気持ちの整理がついてから始めるのも選択肢の1つです。

3.遺品を供養する方法は?

ここでは、遺品を供養する方法について解説します。

3-1.神社やお寺で行われているお焚き上げ

供養は神社やお寺で行われるのが一般的です。すべての神社やお寺がお焚き上げを行っているわけではないため、事前に確認が必要になります。昔から馴染(なじ)みにしているお寺があれば、遺品供養を行っているか尋ねてみましょう。馴染みのお寺がなければ、近くの神社またはお寺に問い合わせて見ることをおすすめします。お寺や神社によっては、合同供養・個別供養・現地訪問供養などさまざまな内容があり、それぞれによって料金相場も大きく異なるので注意してください。あくまで目安となりますが、供養に関する費用は以下のとおりです。

  • 合同費用:0~10,000円
  • 個別供養:20,000~70,000円
  • 現地訪問供養:20,000~70,000円
  • お焚き上げ:3,000~30,000円

なお、神社やお寺の中には、郵送で受け付けているところもあります。今は新型コロナウイルス感染症の影響で受付のみ扱っているというところもあるので、その点も事前に確認しておきましょう。

3-2.葬祭場や仏具屋など

街の葬祭場や各地に点在している仏具屋の中には、供養サービスを行っているところがあります。直接持ち込みがOKとなっているところもありますが、ほとんどは郵送での受け付けになるでしょう。郵送の場合は、送料が負担になるケースがほとんどなのでその点に関しても事前の確認が必要です。また、供養と併せて、仏壇の引き取りや処分を引き受けてくれる仏具屋もあります。遺品供養と併せて処分してもらいたいなら、引き取ってくれるかどうかも尋ねるといいでしょう。

3-3.遺品整理業者

遺品整理を自分の代わりにしてくれる遺品整理業者の中には、遺品供養サービスを行っているところもあります。昨今、遺品整理をプロの業者に依頼する方が増えているので、遺品供養と併せて依頼するのも選択肢の1つでしょう。特に、故人と遠方で生活していた場合、遺品整理のために休みを使って家に行ったり、交通費がかかったりしてしまいます。できるだけ、処分費用や手間をかけたくないという方は、遺品整理業者に遺品供養もまとめて依頼するといいでしょう。

3-4.不用品回収業者に依頼する方法も

不用品回収を行っている業者の中には、遺品整理や遺品供養サービスを受け付けているところもあります。不用品回収業者は遺品整理業者とは違い、不用品の処分に長(た)けている業者です。適切な費用で不用品を処分してくれるのはもちろんのこと、買取サービスを利用できるところがほとんどでしょう。遺品の中にも買取が可能なものがあるため、買い取ってもらえるものが多くなるほど処分費用が節約できます。遺品整理は自分たちで作業できるけれど不用品は処分してもらいたいと思っている方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

4.遺品整理と供養を同時に依頼する方法

ここでは、遺品整理と供養を同時に依頼する方法を解説します。

4-1.遺品整理業者または不用品回収業者に依頼する

遺品整理と供養を同時に行いたい方は、遺品整理業者または不用品回収業者へ依頼することをおすすめします。前述したように、遺品供養だけでなく遺品整理を請け負っている業者は多種多様です。不用品回収を中心に行っている業者の中にも、遺品整理を受け付けているところがあります。遺品整理と供養が同時に利用できれば、時間と手間をかけることなくスピーディーに片付けることができるでしょう。お寺や神社は供養しか受け付けていませんが、遺品整理業者または不用品回収業者ならまとめて依頼できます。

4-2.サービス内容や見積書の内訳を確認する

遺品整理と供養のサービスを同時に利用する場合は、その内容と見積書の内訳をしっかりと確認することが大切です。後で「こんなことになるなんて聞いてなかった」というトラブルを防ぐために事前の確認は入念にしておきましょう。特に、サービス内容と料金設定はきちんと確認しておかなければなりません。業者によってどこからどこまで作業を行ってくれるのか、サービス内容の範囲が異なりますし、料金にも違いがあります。疑問点や不安要素があれば、事前に問い合わせて確認してから正式に依頼しましょう。

4-3.悪徳業者に要注意!

近年は、遺品整理や供養を業者に依頼するケースが多く、悪徳業者とのトラブル件数も増えてきています。たとえば、「後で高額な追加費用を請求された」「遺品を雑に扱われた」「大切なものを捨ててしまっていた」などといったトラブルです。大切な遺品を捨てられると二度と戻ってこないので十分に注意しなければなりません。悪徳業者に引っかからないためにも、きちんと優良業者と悪徳業者を見極めるポイントをチェックしておきましょう。

4-4.業者選びのポイントをチェック!

どの業者に依頼すればいいのか分からない……と悩んでいる方は、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品回収や遺品整理の実績があるか
  • サービス内容や料金設定がホームページ等に記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

不用品回収買取や遺品整理サービスなどを行っているゼロプラスは、2,500件以上の回収実績を持っています。遺品整理士も在籍しているので、遺品整理という専門分野からアドバイスも可能です。遺品供養や遺品整理で悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

5.遺品の供養に関してよくある質問

遺品の供養に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.お焚き上げとは?
A.故人の冥福を祈ることです。前述したように、故人が使っていたものはさまざまな思いが込められているので、気持ちや魂が宿っているといわれています。ものに入っている気持ちや魂を天へ導くという意味も込めて、お焚き上げを行うのです。故人が安らかになるように祈る儀式として、お焚き上げはとても大切なことといえるでしょう。

Q.供養した後はどのように処分すればいいのか?
A.仏壇や位牌など供養したものは、そのままお寺や神社で処分してくれる可能性があります。そのほか、仏壇店に引き取ってもらう・不用品回収業者に依頼する・リサイクル業者に買い取ってもらうなど方法はさまざまです。自治体回収を利用する際は、ゴミの分類を確認しておく必要があります。自分の状況や遺品の量に合った方法で処分してくださいね。

Q.遺品整理と供養を併せて依頼する際の費用は?
A.遺品の量や不用品の種類・業者などによって異なります。あくまで目安となりますが、だいたいの費用は以下のとおりです。

  • 1DK:約5万~12万円
  • 1LDK:約7万~20万円
  • 2DK:約9万~25万円
  • 2LDK:約12万~30万円

具体的な費用に関しては、業者に無料見積もりを依頼してください。複数の業者から出た見積もりを比較すれば、最も安い費用の業者に依頼できるでしょう。ただし、安すぎる業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

Q.費用を抑えるポイントは?
A.遺品の中でも買い取ってもらえるものがあるので、買取OKなものは査定に出すことです。買い取ってもらえるものが多くなればなるほど、処分費用もその分浮かすことができます。特に、テレビ・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機といった生活家電やブランドものは高価買取が期待できるでしょう。

Q.遺品整理士とは?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格です。故人が使っていた部屋を片付ける仕事が主になりますが、遺品の扱いに慣れているプロフェッショナルといえるでしょう。遺品はゴミではなく、故人の生きた証(あか)しであるという心構えを持っているため、故人が使っていたものを丁寧に扱い、適切な方法で処分します。遺品整理士が在籍している業者なら、安心して遺品供養も依頼できるでしょう。

まとめ

遺品供養は絶対に必要なことではありませんが、故人の冥福を祈るためにも大切な儀式です。特に、故人が大切に使っていたものには、故人の思いも込められているので供養をきちんとして処分する必要があります。お寺や神社でお焚き上げをする方法が一般的ですが、遺品整理や遺品供養を行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。すべてを請け負ってくれるので、スピーディーかつ適切な方法で遺品が整理できるでしょう。