残置物を処分したい! 処分前に確認すべきことや注意点をチェックしよう!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

賃貸物件などで発生する残置物は勝手に処分してもいいのか……残置物の処分方法で悩んでいる方は多いはずです。残置物はあくまで所有していた人のものになるため、勝手に処分してはいけないことになっています。では、どのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、残置物の処分で確認すべきことや注意点などを解説します。

  1. 残置物とは?
  2. 残置物が発生する原因は?
  3. 残置物を処分する際の注意点
  4. 残置物を処分する前に確認すべきこと
  5. 残置物を正しく処分する方法
  6. 残置物の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、残置物を処分する方法やポイントなども分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.残置物とは?

まずは、残置物とは何なのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.前の居住者が置きっぱなしにして出ていったもの

簡単に説明すると、前の居住者がそのまま置きっぱなしにして出ていったものが残置物です。一般的に、入居時の状態に戻す原状回復工事が必要になるため、持ち物は全部撤去するケースが多いでしょう。けれども、居住者の中には、新居に必要ないものをそのまま放置して出ていってしまうケースがあります。明らかにゴミと思えるものならいいのですが、設備の1つかどうか判断できないものもあるので注意が必要です。

1-2.さまざまな残置物がある

残置物にはさまざまなものがあることをご存じでしょうか。主に、賃貸物件での残置物が多く、そこでは照明器具・エアコン・ガスコンロ・冷蔵庫などが挙げられます。店舗・事務所の残置物としては、オフィス機器・棚・デスクやイス・消火設備など多種多様です。条件をクリアしていれば、残置物を設備の1つとして利用することもできます。

2.残置物が発生する原因は?

ここでは、残置物が発生する原因を解説します。

2-1.現代社会の問題になっている孤独死

残置物が発生する原因はさまざまですが、最近問題視されているのが孤独死問題です。孤独死は現代社会の大きな問題点となっており、突然居住者が孤独死することで残置物が生まれてしまいます。身内や保証人がいれば残置物を処分してもらえますが、孤独死の多くは身内がいません。そのため、家電や家具といった居住者の所有物が残置物になってしまいます。

2-2.処分に費用がかかるから

所有物をそのまま残して退去する方の中には、処分費用がかかるからと旧居に放置するケースがあります。特に、冷蔵庫や洗濯機・ベッド・ソファーなどの大型家具と大型家電は、処分費用が高額になるだけでなく手間と時間もかかりがちです。「面倒くさいから」「新居に必要ないから」とワガママな理由でそのままにする方もいます。

3.残置物を処分する際の注意点

ここでは、残置物を処分する際の注意点をいくつか紹介しましょう。

3-1.勝手に処分しない

残置物は勝手に処分してはいけません。明らかにゴミだと判断できるものでも、勝手に処分すると窃盗または器物損傷罪などの罪に問われる可能性があります。残置物は居住者や相続人の所有物ですので、後で取りに戻ってくる可能性もあるでしょう。なのに、勝手に処分すると相手方から損害賠償を請求されるケースもあるので注意しなければなりません。自分の判断で勝手に残置物を処分しないようにしましょう。

3-2.所有者の合意を得ることが大事

では、残置物はどうすればいいのでしょうか。残置物を処分するためには、まず所有者の合意を得ることが大切なポイントとなります。合意を得ずに処分するのはNGですので、十分に注意してください。前の居住者と連絡が取れる段階であれば、スムーズに合意を得ることができるでしょう。けれども、連絡が取れなかったり、素直に応じてくれなかったりするケースもあります。その場合は、法的手段へと移ることになるでしょう。訴訟を起こして強制執行する際は、書面に残すことが大切なポイントです。口約束だけで済ませないようにしてください。

3-3.処分費用を誰が負担するのか明確にする

残置物を処分する際は費用がかかるため、誰がその処分費用を負担するのか明確にしておかなければなりません。あらかじめ、誰が費用を負担して残置物を処分するのか取り決めておくといいでしょう。「聞いていなかった」というトラブルを未然に防ぐためにも、合意の書面に費用負担の旨を記載しておくことが大切です。

4.残置物を処分する前に確認すべきこと

ここでは、残置物を処分する前に確認すべきことを解説します。

4-1.所有者を明確にする

新居に残置物があった場合、誰のものなのか所有者を明らかにしなければなりません。前述したように、残置物は勝手に処分できないため、前の居住者が持っていたものなのか、それとも設備の1つとして残しているものなのか管理会社・大家に確認しましょう。設備の1つとして設置している場合、内見や契約時に管理会社または大家から説明があるはずです。契約書などに記載されていないものが見つかった際は、前の居住者が残したものである可能性があります。どちらにせよ、身に覚えのないものは誰のものなのかをしっかりと確認することが大切です。

4-2.前の居住者・保証人に連絡する

大家やオーナーが残置物を見つけた場合、前の居住者・保証人に連絡して確認しましょう。たとえ、その建物の所有者だとしても、残置物は前の居住者が所有権を持っています。後でトラブルになるのを防ぐためにも、しっかりと前の居住者に確認を取ることが大切です。なお、孤独死の場合は保証人に連絡してください。残置物を処分しても大丈夫だといわれるケースがほとんどです。

4-3.最終的に建物の所有者が判断する

保証人にも連絡がつかない場合、最終的には建物の所有者が判断することになります。一般的に、原状回復義務は居住者にあるため、賃貸人の了承を得ずに発生した残置物は所有権を持っている前の居住者が処分しなければなりません。そして、賃貸人が処分・撤去を行ってかかった費用も前の居住者に請求できます。
また、前の居住者から賃貸人が譲り受けた場合は、設備の1つになるので賃貸人が所有者です。たとえ、譲り受けたと認識していなくとも、前の居住者が残したものをそのままにして次の居住者へ物件を貸した場合は、その残置物の所有者は賃貸人となります。

5.残置物を正しく処分する方法

ここでは、残置物を正しく処分する方法について詳しく説明します。

5-1.自治体回収のゴミとして出す

残置物は自治体回収のゴミとして出すことができます。残置物の種類や大きさなどによって、燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミなどに仕分けてください。ただし、洗濯機(衣類乾燥機)・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・テレビの4品目は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収で捨てることはできません。メーカーへ回収依頼をしたり、買い換えで購入店に引き取ってもらったりするなどの方法があります。また、残置物の量が多い場合は近所迷惑になる恐れがあるので、ほかの方法で処分したほうがいいでしょう。

5-2.直接ゴミ処理施設に持ち込む

残置物を直接ゴミ処理施設に持ち込む方法もあります。自治体によって持ち込むゴミ処理施設が決まっているため、事前にホームページ等で確認しておきましょう。直接ゴミ処理場に持ち込む際は、運搬に気をつけなければなりません。残置物が大量にあれば運搬するためのトラックなどが必要になります。大型家電や大型家具は運搬が困難ですので無理は禁物です。

5-3.不用品回収業者を利用する

自分で運ぶことができない・大量の残置物をまとめて処分したいと思っている方は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者はさまざまなジャンルを扱っているため、どのような残置物でも回収してくれます。出張回収を利用すれば、自分で持ち運ぶ必要もありません。手間と時間をかけずに残置物が処分できる方法といえるでしょう。ただし、不用品が多くなればなるほど費用が高くなるので、見積書の確認が必要です。

5-4.買取サービスを利用する

まだ正常に使える状態であれば、買取サービスを利用するのも選択肢の1つです。一般的に、不具合が起きていない・正常に稼働する状態のものは、買い取ってもらえるでしょう。買取専門業者やリサイクルショップはもちろんのこと、買取サービスを行っている回収業者もあります。買い取ってもらうことができれば、残置物の処分費用も抑えられるでしょう。残置物を処分する前に状態をチェックし、問題なく使えるものは査定を依頼してみてください。

5-5.不用品回収ならゼロプラスへ

どの回収業者へ依頼すればいいのか悩んでいる方は、ぜひゼロプラスへご依頼ください。ゼロプラスでは、不用品の回収と買取が可能です。たとえ、買取不可になったとしても、そのまま回収できます。手間と時間をかけず、スピーディーに残置物を手放すことができるでしょう。また、遺品整理やゴミ屋敷片付けなど、サービス内容も充実しています。無料相談や無料見積も受け付けていますので、残置物でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

6.残置物の処分に関してよくある質問

残置物の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.残置物と不用品の違いは?
A.大きな違いは、所有権の有無です。前の居住者に所有権があるものは残置物、前の居住者が所有権を手放しているものは不用品となります。つまり、前の居住者が所有権を手放していないものは勝手に処分してはいけません。そして、残置物か不用品かどうかは、所有者に確認しなければ分からないことといえるでしょう。前の居住者に確認を取った上で、所有権が誰にあるのか明確にしなければなりません。

Q.どんな残置物が高く売れるのか?
A.状態などによって異なりますが、発売されたばかりの家電や有名メーカーの家具などは高く売れる傾向があります。比較的、新しいものはゴミとして処分するよりも、買取業者に査定を依頼したほうがいいでしょう。できるだけ、高く売るためにもキレイに掃除してから査定を依頼してください。

Q.残置物の処分費用はいくらぐらいか?
A.残置物の量などによって異なりますが、1点あたり約3,000~5,000円が目安です。また、部屋の広さによっても残置物の処分費用が異なります。目安としては、1㎡あたり約5,000~15,000円でしょう。一戸建ての場合は約150,000円~と高額になります。

Q.残置物の処分費用を抑えるコツは?
A.売れそうなものは買取に出すことです。前述したように、買い取ってもらえるものが多くなるほど処分費用を抑えることができます。自分にとってはゴミと思えるものでも買い取ってもらえる可能性があるので、正常に稼働するものは査定を依頼しましょう。また、前の居住者から譲り受け、そのまま設備の1つとして使うことも可能です。設備の1つとして使えば、処分費用はかかりません。

Q.不用品回収業者の選び方は?
A.残置物をスムーズに処分するためにも、不用品回収業者選びがとても重要になります。不用品回収業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しているので注意しなければなりません。悪徳業者に引っかからないためにも、業者選びの際は以下のポイントをチェックしましょう。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 不用品の回収だけでなく、買取サービスも行っているか
  • サービス内容が充実しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 無料相談や無料見積を受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較してください。複数の業者を比較することで、悪徳業者が見極めやすくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 残置物は前の居住者が残していったものですので、他人の所有物となります。そのため、勝手に処分することはできません。後で居住者が取りに戻ってくる可能性もあるので、所有者に確認してから処分する必要があります。また、残置物の量が多くなるほど処分にも手間と時間がかかりがちです。スピーディーに処分したいと思っている方は、不用品回収を行っている業者に依頼するといいでしょう。ゼロプラスでは不用品回収と買取のほか、ゴミ屋敷の片付けサービスなども受け付けています。残置物でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。