残置物の処分や撤去でお悩み? スッキリ片付く&お得な方法を解説!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

賃貸物件の運営をしていると、退去時に「残置物」の処分や撤去をすることがあります。物量や内容によっては、所有者にとって大きな負担となるため、悩んでいる人もいることでしょう。新たに賃貸に出すときにも、残置物は困りものです。そこで、今回は、残置物の処分や撤去について、詳しく解説します。

  1. 残置物の基礎知識
  2. 残置物の処分について
  3. 残置物の処分方法について
  4. 残置物の処分を業者に依頼する方法
  5. 残置物の処分や撤去にかんするよくある質問

この記事を読むことで、残置物の処分や撤去に必要な知識が身に付き、お得な方法を選んでスッキリ処分できます。ぜひ読んでみてください。

1.残置物の基礎知識

最初に、残置物について詳しく解説します。具体的にどんなものがあるかだけでなく、残置物と設備の違いも理解しておきましょう。

1-1.残置物とは

残置物とは、賃貸物件において居住者が退去するときに置いていったものを言います。残置物は私物ですが、物件のオーナーや次の借り主が処分をしているのが現状です。本来なら、退去時に私物はすべて持ち去るもしくは処分することが基本であっても、守らない契約者も多くいます。残置物の処分にかかる手間や費用は、物件の所有者にとって大きな負担です。

1-2.残置物にはどんなものがあるか

残置物の種類について、一般住宅とそのほかの場合に分けて解説します。

1-2-1.一般住宅の場合

一般住宅の場合は、ありとあらゆる残置物があります。家具・家電製品・食器類・コレクション品(フィギュアなど)・衣類・書籍類など、中には生活していたときの状態そのままで退去してしまう人もいるのです。また、明らかにゴミと判断できるものも多く、放置することで悪臭や害虫の発生が心配な例もあります。

1-2-2.そのほかの場合

そのほかの場合は、以下のような残置物が多く見られます。

  • 事務所:オフィス家具・書類・OA機器(コピー機・パソコンなど)
  • 店舗:調理用具・調理設備・テーブル・イス・レジ・陳列台・マネキンなど
  • 工場:工具・製造機械

1-3.残置物と設備の違いについて

残置物と設備の違いは、以下のとおりです。

  • 残置物:前の住人が勝手に置いていったもの
  • 設備:もともと物件に付随していたもの

たとえば、残置物の家電製品をそのまま使っていた場合は、故障しても自己負担で修理・処分するのが一般的です。しかし、設備として付随していた場合は、貸し主負担となる点にも違いがあります。

2.残置物の処分について

残置物の処分について、詳しく解説します。

2-1.残置物の処分は誰が行うべきか

残地物の処分は、本来なら前の住人が行うべきです。しかし、実際には退去した後に処分の催促をしても実行してくれないことが多くなります。現状では、貸し主がキレイに処分をしてから賃貸に出すか、借り主が残置物を承知して契約をすることがほとんどです。残置物があることで、割安に貸し出している物件も多くあります。

2-2.残置物の所有権は?

残置物の所有権は、前の住人にあります。従って、法律に基づいた場合は、貸し主や次の住人が勝手に使用したり処分したりすることはできません。明らかにゴミと分からないものんかんしては、貸し主が前の住人と連絡を取り、残置物の処分についてきちんと交渉する必要があります。しかし、連絡が取れなかったり処分を保留したままだったりなど、さまざまな問題が発生するのも事実です。いずれにしても、勝手に処分することが法律で認められていないことが問題を大きくしていると言えます。

2-3.残置物にかんする最近の傾向や問題点

残置物の処分は、貸し主にとっても頭を抱える問題です。そのため、最近では契約に、退去時に残置物を放置しないことを明記する傾向があります。また、退去後に残されたものにかんしては、貸し主が処分しても文句を言わないことも明記しておき、トラブルの発生を防いでいるのです。

2-4.残置物の相談先や窓口について

残置物の相談先や窓口については、以下を参考にしてください。

  • 法律関連の相談:弁護士などの法律家
  • 処分や廃棄にかんする相談:不用品回収業者の相談窓口など

前の借り主と連絡が付かず、処分に困るときなどは、弁護士に相談すると法律のプロとしてのアドバイスをもらうことができます。相手とトラブルになっている場合にも、心強い相談先と言えるでしょう。すでに、処分をすることが決まっていて、処分方法や費用などの相談は、不用品回収業者の相談窓口を利用すると便利です。

3.残置物の処分方法について

残置物の処分方法を解説します。自分で行う場合の流れや方法・メリット・問題点を学びましょう。

3-1.残置物の処分を自分で行う場合

残置物の量が多くないときは、自分で処分することができます。たとえば、ゴミとして出せるものは、自治体回収を利用して出してしまいましょう。ただし、途中で手に負えないと感じたり処分に困るものが出てきたりしたときは、業者に相談してください。

3-2.残置物の処分の流れや方法

残置物の処分は、以下のような流れで行います。事前準備のため、マスク・手袋・ゴミ袋・段ボール箱・ぞうきん・掃除機・など、各種掃除道具を用意しておきましょう。なお、ほこりっぽくなりやすいので換気をよくしてから行ってください。

  1. ざっと見渡して残置物の総量を把握する
  2. 片付けに取りかかる順番を決める
  3. 残置物をゴミに出すものと不用品として処分するものに仕分けする
  4. 仕分けたらそれぞれで適切な処分をする
  5. ​最後に掃除をして完了

3-3.残置物の処分を自分で行うメリット

以下のような場合は、残置物の処分を自分でやるほうがメリットがあります。手間や時間はかかりますが少しずつ進めていけば問題ありません。自分で処分する場合は、気が向いたときや時間があいたときを利用して進めることができるのもメリットです。

  • 残置物の物量が少ないとき
  • 処分費用を節約したいとき

3-4.残置物の処分を自分で行うことの問題点

残置物の処分を自分で行う場合、ゴミや不用品を処分する必要があります。少量であっても面倒なため、作業を途中で投げ出してしまう人もいるでしょう。また、テレビや洗濯機・冷蔵庫・エアコンといった家電リサイクル法の指定品目は、法律によってゴミに出すことができません。パソコンも、同様にパソコンリサイクル法によってゴミとしての処分が禁止されています。残置物の内容によっては、処分する手間と費用が想定外にかかることがあるのが問題です。

4.残置物の処分を業者に依頼する方法

残置物の処分は、業者に依頼する方法もあります。業者選びのポイントをはじめ、処分方法や流れ・メリットなど詳しく解説しましょう。

4-1.残置物の処分を業者に依頼したほうがいい場合とは

以下のような場合は、残置物の処分を業者に依頼しましょう。

  • 残置物の物量が多い
  • 何から手を付けていいかわからない
  • 忙しくて片付ける時間がない
  • 片付けを手伝ってくれる人がいない
  • できるだけ早くキレイに片付けたい

4-2.業者選びのポイントを押さえよう

残置物の処分は、信頼できる業者を選んで依頼してください。たとえば、以下のポイントを満たしていると安心です。

  • 残置物の処分で豊富な実績がある
  • 作業が丁寧で仕上がりの良さに定評がある
  • 作業見積もりを無料で行っている
  • 料金システムが明確でリーズナブル
  • リサイクル価値が高いものは買い取りもしている
  • 指定の日時・場所で作業してもらえる
  • 担当者の態度が親切で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

4-3.業者が残置物を処分するときの方法や流れ

業者に残置物の処分を依頼した場合は、以下のような流れで進みます。

  1. 依頼者が業者に連絡して作業見積もりを依頼する
  2. 業者は残置物の物量や依頼内容などを考慮して見積もりを作成する
  3. 依頼者が見積もりの内容をチェックし納得できれば正式に契約をする
  4. 作業当日に業者がやってきて残置物の仕分け・回収を行う
  5. 現場をキレイに清掃し、依頼者の確認・了承をもって完了

4-4.業者に残置物の処分を依頼するメリット

業者に依頼した場合は、以下のようなメリットがあります。

  • 大量の残置物があってもスムーズに処分できる
  • 残置物の処分にかかる手間や労力を節約できる
  • 処分に時間をかけずに済む
  • 自分たちで行うよりも確実でキレイに仕上がる
  • 残置物の撤去まで依頼できて楽

4-5.業者に残置物の処分を依頼するデメリット

業者に残置物の処分を依頼した場合、処分費用がかかるのが最大のデメリットとなります。物量によっては、数万円以上になるでしょう。費用負担は、貸し主もしくは次の住人のいずれかです。賃貸契約時にどちらが負担するのかきちんとしておかないとトラブルになるので気を付けてください。

4-6.業者に残置物の処分を依頼するときの注意点

業者に依頼するときには、現状を正確に伝えて依頼することが大切です。信頼できる業者は、状況に応じて最もお得なプランを提案してくれます。不必要なサービスを上乗せして、請求額を多くしようとする業者には注意しましょう。利用者の評判などもしっかりチェックして、気持ちよく作業してくれるところに依頼してください。作業が雑だったり料金システムが不明だったりなど、何かと不安が残る業者と契約するとトラブルの元になるので気を付けましょう。

5.残置物の処分や撤去にかんするよくある質問

最後に、残置物の処分や撤去にかんするよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、役立ててください。

5-1.ゴミ屋敷のような状態でも依頼できますか?

ゴミ屋敷のように、手が付けられないほどの物量であっても片付け可能ですので安心してください。まずは、業者に連絡して現場視察に来てもらいましょう。業者は現場の状況を確認し、作業見積もりを出してくれます。物量が多い場合は、時間も手間もかかるものです。しかし、自分たちで行うよりも確実にキレイになり、住みやすい部屋に生まれ変わります。プロならでは仕上がりの良さで、終了後はびっくりするほどスッキリすることでしょう。

5-2.残置物の処分中は在宅しているべきですか?

仕事などで忙しい場合は、業者に相談してください。業者によっては、立ち会いをしなくても作業を行ってくれる場合があります。ただし、いつでも連絡できるように緊急連絡先を伝えておきましょう。業者が判断しかねる問題が出たときに、確認してくることがあります。なお、不在時の片付けを依頼するためにも、信頼できる業者を選びましょう。

5-3.できるだけ作業費用を安くするためのコツは?

自分でできることは行い、必要な部分だけを業者に依頼するとコストダウンができます。また、料金が安い業者に依頼することも大切です。残置物の処分料金も、業者によって大きく異なります。ホームページで確認したり見積もりをもらったりして、できるだけ安いところを選びましょう。ただし、安くてもサービスの質が悪ければ満足度が下がるので注意してください。

5-4.業者が残置物を回収してから一部を取り戻すことはできますか?

通常は、業者が回収した後に取り戻すことは困難です。業者では、すでに処分や廃棄をしている可能性があります。しかし、場合によって可能なケースもあるため、まずは業者に確認してみましょう。なお、取り戻すことができた場合にかかる送料や手数料などは、依頼者の負担になります。

5-5.残置物の処分作業を夜間に行うことはできますか?

業者によっては、夜間でも残置物の処分を依頼することができます。ただし、通常料金ではなくオプションとして取り扱っているところも多いので事前に確認しておきましょう。夜間に作業をする場合は、片付けや運び出しによる騒音などで近所迷惑にならないように気を付けてください。

まとめ

今回は、残置物の処分や廃棄について詳しく解説しました。残置物があると、次の処分の手間や費用がかかるなど、貸し主には頭が痛い問題です。残置物は、できるだけ速やかにスッキリ処分してしまいましょう。少量の場合は、自分で処分することもできます。しかし、業者に処分依頼することも考えてください。費用はかかりますが手間や時間を節約でき、スッキリとキレイに片付けてくれます。面倒なゴミや不用品の処分も任せることができて効率もいいので、ぜひ利用しましょう。