着物の処分は買取がおすすめ! 買取方法や高額査定のポイントを紹介

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

着物は、処分方法で迷うことがあります。着物は高価なものであるため、処分時は買取を視野に入れてみましょう。買取対象となるものの特徴や高額査定のポイントなどをご紹介します。

  1. 着物を処分する方法
  2. 買取対象となる着物とは?
  3. 着物を高く売るポイントは?
  4. 着物を買取に出す方法
  5. 着物の処分でよくある質問

近年は、リサイクル着物なども人気が高まっており、中古重要が見込めます。着物の処分で損をしないためにも、買取について知っておきましょう。

1.着物を処分する方法

まず、着物の処分方法を見ていきましょう。

1-1.自治体回収に出す

ゴミとして処分する場合、自治体回収を利用できます。可燃ゴミや資源ゴミなどに分類する自治体がほとんどです。まず、自治体の分別ルールを確認してください。ただし、価値がある着物は、自治体回収に出さず、専門業者などに買取してもらうことを検討しましょう。

1-2.買取に出す

中古でも着物は需要があるため、着物買取専門店などによる買取を利用して処分しましょう。買取先の業者により、買取価格に差があります。複数の業者を比較し、納得できる価格をつけてくれるところを選びましょう。また、買取に出すときは、気軽に利用しやすい業者であることも重要です。

1-3.譲渡する

知人に着物が好きな人がいるなら、譲渡する方法も考えてみましょう。着物は、柄や色味など好みが分かれるものです。あくまでも、喜んでくれる方だけに譲るようにしてください。七五三の着物などは、親戚で譲り合うケースもあります。

2.買取対象となる着物とは?

買取対象となる着物の特徴を見ていきましょう。

2-1.正絹

正絹は、光沢が美しく、手触りもいいことから、買取対象となりやすい素材です。保管が難しく、湿気でシミやカビが発生してしまうため、保管方法で悩んでいる方は買取に出したほうがいいでしょう。

2-2.伝統工芸品

伝統工芸品としての価値がある着物は、付加価値があります。正絹以外の素材でも、買取対象となるでしょう。伝統工芸品と分かるものを添えて、買取に出してください。

2-3.作家が手がけたもの

作家が手がけたものは、証紙がついている場合があります。作家の知名度により、高額査定になることもあるでしょう。有名作家の1点ものであれば、希少価値があり、コレクターの間で人気が高くなります。

2-4.サイズが一般的もしくは丈が長めのもの

着物は、サイズが一般的なものか、丈が長めのものが好まれます。丈が長いものは、仕立て直しができることから、需要が高いのが特徴です。丈の短い着物だと、買取価格が下がるか、買取不可となる可能性が高いでしょう。

3.着物を高く売るポイントは?

着物を高額査定につなげるポイントをご紹介します。

3-1.保管方法に気をつける

着物は、カビやシミなどが発生しやすいため、保管方法に気をつけましょう。なるべく良好な状態を維持できるよう、通気を維持し、こまめに点検をするよう心がけてください。

3-2.付属品を添える

証紙など価値を証明するものなどの付属品を添えると、査定額が上がる可能性が高いでしょう。長襦袢(じゅばん)などとセットになっているものも、査定では好印象となります。

3-3.専門店を利用する

着物の価値を見極めてもらうためには、専門店を利用する方法がベストです。着物に関する知識や買取実績が豊富であるため、高額買取につながる可能性が高いでしょう。

4.着物を買取に出す方法

着物を買取に出す方法をご紹介します。

4-1.着物買取専門店

着物買取専門店では、価値を見極めて適正価格をつけてもらえるため、良いものであれば高値になることが多いでしょう。また、着物だけでなく、小物類なども同時に買取してもらえるのも魅力です。持ち込み買取以外に、出張買取や宅配買取などを行っている業者もあります。

4-2.質屋

質屋は、ブランド品などの買取や質入れを行うところです。着物も査定してもらえます。質屋の場合、一定期間内なら買い戻しも可能です。持ち込みでの査定となります。

4-3.リサイクルショップ

リサイクルショップは、近隣にあって利用しやすいのが魅力です。しかし、主に生活雑貨などを取り扱っているため、着物の買取ができる場合でも、さほど高値にならないのがデメリットでしょう。

4-4.自分でリセールする

ネットオークションやフリマアプリを使えば、自分で着物をリセールすることができます。誰でも気軽に希望価格で出品できるのがメリットです。ただし、着物の色味や柄・年代・状態などを細かく記載し、分かりやすい画像を添えて出品する必要があります。また、落札者とのやりとりや発送手配なども自分で行わなければならないため、手間と時間がかかるのがデメリットです。

5.着物の処分でよくある質問

着物の処分に関する質問を集めました。

Q.手放すのは惜しいと感じる場合はどうすべきか?
A.思い入れがあって手放しにくい場合は、着物をリメイクする方法も考えてみましょう。ポーチ・アクセサリー・洋服などにリメイクできます。自分でリメイクできない場合は、プロに依頼してみましょう。

Q.デザインが古いものは買取ができない?
A.買取可能かどうかは、着物の状態によります。買取してもらえる場合でも、デザインが古いものは、買取価格が下がる可能性が高いでしょう。不要になったら、なるべく早く買取に出すことが大切です。

Q.自分でリセールする場合、どのような点に注意して出品すればいい?
A.価格設定に注意しましょう。着物買取専門業者で査定を受け、相場を知ることが大切です。また、送料や出品手数料がかかることを想定し、損をしないように注意してください。

Q.自治体の分別ルールはどのように確認すればいい?
A.自治体のホームページを閲覧しましょう。大阪市なら、大阪市のゴミ分別区分一覧表が提示されています。インターネットで、「地域名 ゴミ 分別」などのキーワードで検索してみましょう。調べても分かりにくい場合は、電話で問い合わせる方法もおすすめです。

Q.買取業者の査定は無料で受けられるのか?
A.多くの業者では、査定を無料で行っています。利用前に、査定にかかる費用やキャンセルした場合に費用負担が発生するのかを確認しておきましょう。買取は、複数の業者を比較することが大切です。無料で利用できるところを選びましょう。

まとめ

着物は、古くても良いものであれば買取需要があることも考えられるため、処分せずに買取に出す方法を考えてみましょう。近年はリサイクル着物の需要も高まっており、状態が良好なものなら、買取してもらえる可能性があります。買取に出す場合は、適正価格をつけてもらえる、着物買取専門店の利用がおすすめです。複数の業者による査定を比較し、良心的な業者を選びましょう。