だるまの正しい処分方法を紹介!縁起物なので供養が必要って本当?

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

「だるまはどうやって処分すればよいのか?」「処分する前に供養すべきか?」とお悩みではありませんか? だるまは古くから縁起物として扱われているものです。年の初めや新年度などに新しいだるまに買い替える人も多いでしょう。しかし、問題は処分方法です。だるまはゴミとして捨ててよいのか・どのように供養するのかなど、知っておくと安心だと思います。

この記事では、だるまの正しい処分方法や業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. だるまはどう処分するべきか?
  2. だるまの正しい処分方法を3つ紹介
  3. 不安な場合は業者に依頼するのもおすすめ
  4. だるまの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、だるまを自分で処分する方法や、業者に依頼する際の注意点なども分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.だるまはどう処分するべきか?

まずは、だるまが縁起物といわれる由来やゴミとして出せるのか・ご利益の期間などについてまとめました。

1-1.家内安全・無病息災・必勝祈願の縁起物

だるまは古くから、家内安全・無病息災・必勝祈願の縁起物とされています。もともとは中国に禅宗を開いた達磨(だるま)大使が座禅をした姿をモデルにしたものであり、魔よけの意味も込めて赤色になったのです。目は真っ白の状態で販売されており、年の初めや、かなえたい願いごとがあるときに左目を書き入れます。そして、願いが成就したときに右目を書き入れるのが一般的です。

1-2.ゴミとして捨てることも可能

だるまをゴミとして捨てることも可能です。燃えるゴミに分類される自治体がほとんどですが、大きさに決まりがある場合もあるため、事前に確認しましょう。

1-3.ご利益は1年

だるまのご利益は1年といわれています。そのため、願掛けから1年経過したのを区切りに処分するのが一般的です。願いがかなった場合は一回り大きいだるま、かなわなかった場合は同じサイズのだるまを購入します。新年を迎えた節目に願掛けをし、次の年を迎えるときに処分するケースが多いでしょう。

2.だるまの正しい処分方法を3つ紹介

だるまを処分する方法についてご紹介しましょう。

2-1.お寺や神社で供養してもらう

だるまはお寺や神社でお焚(た)き上げ供養をし、処分してもらうことが可能です。供養を行っているかどうかはお寺や神社にもよるため、事前に確認しておきましょう。常時受け付けているところもあれば、供養の日時が決まっている場合もあります。また、宅配でも供養を受け付けているところもあるため、自分で持ち込むのが難しい場合は利用するとよいでしょう。料金は、「だるまの高さ×50円」というように設定されているところもあります。事前に確認してください。

2-2.自分で供養して家庭ゴミとして捨てる

前述したように、だるまは家庭ゴミとして出すことも可能です。ただし、縁起物なので、ただのゴミとして捨てるのではなく、清め塩をしてから処分することをおすすめします。燃えるゴミとして回収している自治体がほとんどですが、大きさによっては粗大ゴミ扱いになるため、注意しましょう。粗大ゴミの場合は事前の申し込みや処理券の購入が必要になります。処分料金はだるま1つにつき300円前後が相場です。

2-3.どんど焼きやだるま市を利用して処分する

1月15日の「小正月」に神社で行われるどんど焼きを利用する方法もあります。ただし、「焼くと目がつぶれる」という理由でだるまの持ち込みが禁止されている神社もあるため、事前に確認してください。また、お寺の境内などで行われる「だるま市」で供養を受け付けているところもあります。

2-4.供養の料金は場所によって異なる

だるまを供養してもらうための料金は、神社やお寺によって異なります。供養料が決まっているわけではなく、自分の気持ちとして納める場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

3.不安な場合は業者に依頼するのもおすすめ

だるまの処分を業者に依頼する方法もおすすめです。

3-1.供養も行っている不用品回収業者もある

不用品回収業者に依頼してだるまを回収してもらうことも可能です。業者によってサービス内容は異なりますが、供養を依頼できるところもあります。「ゼロプラス」では不用品の回収や買取・遺品整理・遺品の供養などさまざまなサービスを展開しているため、ぜひチェックしてみてください。

3-2.遺品として処分する場合におすすめ

業者に依頼するのがおすすめなのは、遺品としてだるまを処分する場合でしょう。故人が願いを込めて大切にしていただるまであれば、きちんと供養してから処分したいはずです。また、ほかにも供養を依頼したい遺品もあると思います。「遺品の量が多くて自分で整理するのが難しい」「供養も含めて遺品整理を依頼したい」という場合は、利用してみるとよいでしょう。

3-3.悪徳業者も存在するため、業者選びが重要

残念ながら、不用品回収業者の中には悪徳業者も存在します。そのため、業者選びは慎重に行う必要があるでしょう。信頼できる業者を選ぶために、以下のポイントを参考に業者選びをしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 遺品整理として依頼する場合、遺品整理士が在籍しているか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか

4.だるまの処分に関するよくある質問

「だるまの正しい処分方法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.だるまを供養せず捨てるとどうなりますか?
A.だるまは縁起物なので個人の気持ちの問題です。供養して処分することで次の縁起につながるといわれているため、供養することをおすすめします。

Q.だるまを粗大ゴミとして捨てる場合、料金はどのくらいでしょうか?
A.自治体によって異なりますが、だるま1つにつき300円程度の自治体がほとんどです。

Q.お焚(た)き上げにはどのような意味がありますか?
A.感謝の気持ちを込めて天に返すための儀式と考えるとよいでしょう。むやみに捨てにくいものや、魂が宿っていると考えられるものを処分する際に行われます。

Q.  不用品回収業者に依頼してからどのくらいで回収に来てもらえるのですか?
A.申し込みから2~3日以内に回収してもらえる場合が多いでしょう。タイミングが合えば即日対応してもらえる業者もあるため、相談してみてください。

Q.不用品回収業者を利用した場合に多いトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?
A.「見積書と違う高額な料金を請求された」「不用品を不法投棄された」などのトラブル例が数多く報告されています。特に、許可を持たずに営業している業者や、事務所の所在地を明らかにしない業者などは利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

だるまの処分方法について詳しくご紹介しました。だるまは古くから縁起物として扱われており、処分する際は供養するのが望ましいといわれています。次の良縁を呼ぶためにも、時期がきたらしっかりと供養し、処分しましょう。ぜひこの記事を参考にして、だるまを正しく処分してください。