引っ越しの不用品を処分したい! お得に廃棄する方法とポイント

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

引っ越しは、クローゼットの奥に眠っていた不用品を処分するチャンスです。新居で使わない冷蔵庫・洗濯機など大型家電から、テーブル・デスク・チェアなどの大型家具・衣類・本・DVDとたくさんの不用品が出てくるでしょう。その際に困るのが、廃棄方法です。中には、まだ使用できる状態のものや未使用品もあり、廃棄がもったいなく感じることもあります。そんなときには、リサイクルショップ等で買い取ってもらえる可能性もあるのです。そこで、本記事では、引っ越しで出た不用品の処分方法とポイントを解説します。

  1. 引っ越し時の廃棄に関する困りごと
  2. 引っ越し時の不用品を自治体に依頼するには?
  3. 引っ越し時の要らない家電はリサイクルへ
  4. 引っ越し時の不用品は引っ越し業者に回収してもらえるのか?
  5. 引っ越し時の不用品を売る方法は?
  6. 引っ越し時の不用品廃棄を回収業者に依頼する方法
  7. 引っ越しの不用品廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、引っ越し時に出る不用品の処分方法とポイントが分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。


1.引っ越し時の廃棄に関する困りごと

引っ越し時の廃棄でよくある悩みごと、困りごとをチェックしておきましょう。

1-1.引っ越しのときに出やすい廃棄物は?

大型家電・家具、衣類、本・DVDなど、引っ越しのときに出やすい廃棄物にはさまざまな種類があります。引っ越しで部屋の大きさが変わったり、家族が増減したりすると、テーブル・ソファー・ベッドなど大型家具の買い替えや処分を行う必要が出てくるでしょう。大型家具や家電は運搬が困難で、自治体で処分できるかも悩みの種となります。

1-2.引っ越し時の特徴は?

引っ越しの不用品でよくある困りごとは、処分方法だけではありません。引っ越し当日までにすべて片付けておかなければならない、というタイムリミットがあります。できれば、当日までに処分しておきたいですが、仕事と平行しながらの引っ越し作業はとても大変でスケジュール通りにいきません。また、量が多い・新居に入らないなど、さまざまな問題が出てきます。

1-3.引っ越し時の処分の問題点は?

タイムリミットがある引っ越しの場合、時間がない点が大きな問題といえるでしょう。引っ越し日の変更はできないので、当日までに新居へ持ち運ぶものをダンボールに入れ、不用品を処分しなければなりません。また、大型家具・家電の処分方法が限られていることもあり、面倒に感じ先延ばしにするのも問題の1つです。

2.引っ越し時の不用品を自治体に依頼するには?

自治体で不用品を処分する際の方法とメリット・デメリットを解説します。

2-1.ゴミの分類とルールを確認しよう!

最も身近な処分方法といえるのが自治体回収です。自治体で処分する際は、各自治体のゴミの分類とルールが異なるため、必ずホームページまたは掲示板等で確認してください。たとえば、粗大ゴミの場合は、事前の申し込みが必要なところがあります。基本的に、粗大ゴミシールをコンビニなどで購入し、貼り付けた後に指定場所へ持ち運ぶ流れです。ワゴン車やトラックの手配ができれば、直接回収センターに持ち運ぶこともできます。

2-2.低費用で処分できるか?

ゴミの大きさや種類で異なりますが、無料~1,000円程度で処分できるでしょう。自治体処分の大きなメリットは、低費用で済むことです。しかし、回収日・回収場所が決まっているため、すぐに処分できない・回収場所まで運ばなければならないというデメリットがあります。

2-3.大型家具・家電の場合は要注意

大型家具を運搬する場合、最低でも2~3人の手が必要となります。節約のために無理をすると、転んで大ケガを負うおそれがあるので注意してください。また、冷蔵庫・洗濯機など特定の家電は自治体で処分できません。処分できないものをゴミ置き場に放置すると、後でトラブルになるおそれがあるため、きちんと確認することが大切です。

3.引っ越し時の要らない家電はリサイクルへ

自治体で処分できない家電は、どのように廃棄すれば良いのでしょうか。

3-1.家電リサイクル法の対象品目はリサイクルしよう

廃棄物の減量と資源の有効利用を推進するための法律が「家電リサイクル法」です。家電リサイクル法の対象品目となる冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビの4品目は、メーカー回収によるリサイクルが義務づけられています。そのため、自治体で回収してもらえないので注意しましょう。

3-2.回収方法を確認しよう!

家電リサイクル法の対象品目は、「電気店の引き取り」または「メーカーによる回収」の方法があります。買い替えの際は、購入時に古い家電を引き取ってもらえるか確認すると良いでしょう。買い替えの予定がない方は、メーカーのホームページまたはお客様サポートデンターで問い合わせ、回収を依頼します。具体的な方法に関しては、「一般社団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター」のホームページを要チェックです。

3-3.回収費用はいくらか?

リサイクルにかかる費用はメーカーで異なりますが、およその目安は以下のとおりです。

  • エアコン:972円
  • テレビ:15型以下 1,836円/16型以上 2,916円
  • 冷蔵庫:170L以下 3,672円/171L以上 4,644円
  • 洗濯機:2,484円

上記のリサイクル料金に加え、運搬料・搬出料それぞれかかる可能性があります。リサイクル料金やそのほか料金の具体的な金額に関しては、メーカーに問い合わせて確認してください。

3-4.メーカーがない場合は?

倒産などでメーカーがない場合は、代わりに「家電リサイクル券センター」が回収します。「回収してくれるメーカーがないから」と、不法投棄したりゴミ捨て場に放置したりしないようにしてください。ほとんどの自治体では相談を受けつけているので、回収を行っている小売業者を紹介してくれるでしょう。

4.引っ越し時の不用品は引っ越し業者に回収してもらえるのか?

引っ越し当日に思いがけない不用品が出てきた場合は、引っ越し業者のサービスを利用するのも方法の1つです。一体、どのようなサービスなのでしょうか。

4-1.引っ越し業者のサービスは?

引っ越し業者の中には、不用品回収や買取サービスを行っているところがあります。新居に持ち運ぶことができず、どうしても処分しなければならない場合は、引っ越し業者サービスを利用するのも方法の1つです。すべての業者が対応しているわけではないため、事前に確認したほうが良いでしょう。

4-2.引っ越し業者のサービスは割高?

具体的な費用は不用品の大きさと量によって異なりますが、割高になる可能性があります。特に、大量の不用品の場合は、それだけお金がかかるでしょう。ただし、少量であれば、無料で引き取ってくれるところもあります。引っ越し業者に依頼するとすぐに処分できますが、不用品の量によっては料金が高くなる点がデメリットです。

4-3.買取してもらえるものには限りがある

不用品処分サービスだけでなく、買取サービスを行っている業者があります。買取可能な不用品があれば処分費用を抑えることができますが、買取してもらえるものには限りがあるので注意してください。たとえば、某大手の引っ越し業者の場合、冷蔵庫・洗濯機など家電類は製造より6年以内という条件があります。

5.引っ越し時の不用品を売る方法は?

納得いく金額で売りたい方は、引っ越し当日までに売却を済ませておきましょう。ここでは、不用品の売却方法について解説します。

5-1.リサイクルショップ・オークションを利用する

自分で売る場合、リサイクルショップ・オークションを利用するのが主な方法です。近場にリサイクルショップがあれば、直接持ち運ぶことができます。また、出張買取を行っているところもあるので、確認してください。自分で出品額が決められるネットオークションの利用も選択肢の1つでしょう。

5-2.メリット・デメリットは?

お金をかけずに処分できるのが買取の大きなメリットです。買取額の分だけ得られるお金を、引っ越し費用に充てることもできます。ただし、すべての不用品が買取対象になるわけではありません。目立つキズや汚れがある・再利用できないもの・古いものなどは、買取対象外になる可能性があります。買取してもらえないものは、ほかの方法で処分しなければならないので手間と時間がかかるでしょう。

5-3.ネットオークションのトラブルに要注意

登録すれば自由に出品できるネットオークションは一見利用価値が高いように見えますが、最近では、落札者との間でトラブルが相次いでいます。「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられた」というトラブルが増えているので、絶対に安心とはいえません。また、落札しても自分で商品を梱包(こんぽう)し送らなければならないため、何かと手間がかかります。その点をきちんと理解してから利用しましょう。

6.引っ越し時の不用品廃棄を回収業者に依頼する方法

不用品の量が多い場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。一体どんなメリット・デメリットがあるのか、詳しくチェックしておきましょう。

6-1.回収方法・サービス内容は?

不用品回収業者の多くは、出張回収を行っています。直接自宅にやってきて回収してくれるため、手間と時間がかかりません。中には、不用品回収だけでなく買取を行っているところがあります。処分費用が気になる方は、買取サービスを利用すると良いでしょう。買取してもらえるものは売却し、買取不可になったものは回収してもらえば一石二鳥です。大量の不用品でも一気に廃棄できるため、ゴミの分類を行う必要もありませんよ。

6-2.費用はいくらか?

気になる回収業者の費用は、不用品の量・種類などで異なるので、無料見積もりサービスを利用してください。あくまで目安ですが、1点につき2,000~4,000円が平均費用です。不用品回収・買取を行っているゼロプラスの場合、回収した不用品を再販し、徹底したリサイクルで廃棄コストを削減しています。そのため、低費用での回収が可能です。無料見積もりを受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

6-3.悪徳業者に気をつけよう!

不用品回収業者の中には、不当な料金で回収を行う悪徳業者が存在しています。悪徳業者は対応が悪く、いい加減な見積もりをする傾向があるので注意してください。優良業者と悪徳業者を見極めるため、複数の業者に見積もりを依頼すると良いですよ。

7.引っ越しの不用品廃棄に関してよくある質問

引っ越しの不用品廃棄に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.メーカーの無料引き取りは可能か?
A.新居用に購入した商品の搬入時に、古い家具の引き取りサービスを提供している販売店やメーカーがあります。メーカーによっては新商品を購入する代わりにという条件で無料引き取りを実施しているところもありますが、手数料が数千円程度かかる可能性もあるので要注意です。さまざまな条件があるため、事前に確認したほうが良いでしょう。

Q.高額買取のポイントは?
A.購入時についてきた取扱説明書や交換部品など、付属品を一緒に査定へ出してください。付属品の有無は、査定額に大きな影響を与えることが多いからです。また、ホコリや汚れを事前に取りのぞきキレイにするのもポイントの1つでしょう。キレイな状態ほど高く売れる可能性があります。

Q.自治体やリサイクルショップ以外にも処分方法はあるのか?
A.1人暮らしを始める友人や知人、家具・家電を欲しがっている人にあげるのも方法の1つです。あらかじめ、周囲に必要としている人がいないかどうか尋ねまわると良いでしょう。引っ越し当日に慌てて探さないために、時間に余裕を持って引っ越し作業を進めることが大切です。

Q.注意しておきたい回収業者は?
A.産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得していない回収業者です。また、街中をトラックでまわっている回収業者にも注意してください。無料回収を謡(うた)い、トラックに積み込んだ後に回収費用を請求するおそれがあります。

Q.不用品業者の選び方は?
A.スタッフの対応・回収実績・産業廃棄物収集運搬許可など、いくつか注目ポイントがあります。特に、許可証がきちんとホームページ等に記載されているか、回収実績があるかチェックしてください。また、口コミや評判を確認するのもポイントの1つです。

まとめ

いかがでしたか? 引っ越しは、「新居に持ち運ぶもの」と「要らないもの」を区別し、不用品を廃棄する絶好の機会です。不用品の処分で悩みがちですが、主に自治体で処分したり、不用品回収業者へ依頼したりとさまざまな方法があります。再び使用できる状態なら、リサイクルショップやネットオークションで売ることもできるでしょう。処分方法を知り、そのときの状況や不用品の量に合わせてベストな方法を選ぶのがポイントです。