タブレットの寿命を延ばすコツを紹介! 寿命のサインや処分方法も!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

「タブレットの寿命が近いとどんな症状が出るのか?」「寿命を延ばすにはどうしたらよいのか知りたい」とお考えではありませんか? 最近はパソコンの代わりにタブレットを使用している家庭も多いでしょう。大変便利ではありますが、電子機器なので当然、いずれ寿命を迎えます。いざタブレットの寿命がきたときに慌てることがないよう、寿命が近いサインや正しい処分方法などについて知っておくと安心です。

  1. タブレットの寿命は何年なのか?
  2. タブレットの寿命が近づくと現れる症状4つ
  3. タブレットの寿命を延ばすコツを紹介
  4. 寿命を迎えたタブレットの処分方法
  5. タブレットの寿命に関するよくある質問

この記事を読むことで、タブレットの寿命を縮める原因になるものや、処分する際に知っておきたい注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.タブレットの寿命は何年なのか?

まずは、タブレットの寿命について詳しく解説しましょう。

1-1.平均寿命は3年前後

タブレットの平均寿命は3年前後といわれています。もちろん、使い方や使用頻度によって寿命も変わってきますが、目安として覚えておくとよいでしょう。パソコンの平均寿命が5年前後、スマホの平均寿命が2年前後といわれているため、パソコンより早く寿命を迎え、スマホよりは長持ちする場合が多いということです。

1-2.寿命を決めるものは?

タブレットの寿命を決めるものは、バッテリーとosです。特に、バッテリーが寿命を迎えてタブレットが使えなくなるケースが多くなっています。バッテリーの寿命は大体2~3年であり、充電するたびに劣化していくのです。また、osのバージョンアップによってサポートから外され、使用できないアプリなどが出てきたときに、寿命を感じる人も多いでしょう。

1-3.寿命が過ぎても使い続けるとどうなるのか?

寿命が過ぎたタブレットをそのまま使っているとどうなるのでしょうか。もちろん、電源が入るうちはタブレットを使い続けようとする人もいると思います。しかし、osのアップデートができなくなったタブレットはウイルス感染しやすくなり、セキュリティー面での不安が出てくるのです。また、バッテリーの劣化やストレージ容量不足などの問題も多くなり、タブレットが使いにくくなってしまうのは明らかでしょう。

2.タブレットの寿命が近づくと現れる症状3つ

タブレットの寿命が近づいてくるとどのような症状が現れるのでしょうか。

2-1.バッテリーの減りが早くなる

バッテリーの劣化が進むと、「充電してもすぐなくなる」「充電されるスピードが遅い」などの問題が出てきます。「動画を見ていたら急激に充電が減った」というようなことも起こるようになるでしょう。

2-2.使用中、本体が熱くなる

タブレットを使っているとき、本体が異常に熱くなるのも寿命が近いサインでしょう。バッテリーがオーバーヒートして熱がこもるため、バッテリーの寿命が近いときに起こりやすい症状の一つです。

2-3.画面表示に問題が起こる

液晶画面の表示にもさまざまな不具合が起こりやすくなります。普段より画面が暗くなったり線が入ったりしているときは要注意です。また、画面がチカチカして見えにくくなることもあるでしょう。液晶画面が劣化してきているサインと考えてください。

3.タブレットの寿命を延ばすコツを紹介

タブレットの寿命を延ばすには、いくつかコツがあります。

3-1.充電の頻度を減らす

まずは、充電の頻度を減らすよう心がけましょう。タブレットの寿命にはバッテリーが大きく関係してくることから、充電の仕方に注意することで寿命を延ばすことが可能な場合もあります。バッテリーは充電できる回数があらかじめ決まっており、その回数を超えるとバッテリーに余分な負荷がかかってしまうのです。少し減っただけで充電したり、100%になっているにもかかわらず充電しっぱなしの状態にしたりするのはよくありません。タブレットを使うたびに充電するのではなく、50~80%くらいを維持しながら使用するのが理想です。

3-2.使用する環境に注意する

タブレットの使用環境にも注意が必要です。精密機器は高温多湿の環境に弱いため、使用する場所や保管場所の環境を整えることが重要になります。特に、極端な温度差がある場所に置かないように注意しましょう。

3-3.本体を丁寧に扱う

タブレット本体を丁寧に扱うことも必要不可欠なポイントになります。パソコンやスマホ同様、衝撃に弱いため、落としたりぶつけたりしないように注意してください。タブレットは外出先に持ち運ぶことも多いため、衝撃を吸収するケースに入れるなど対策を忘れないようにしましょう。

4.寿命を迎えたタブレットの処分方法

寿命を迎えて使えなくなったタブレットの処分方法をご紹介しましょう。

4-1.自治体回収を利用する

自治体が回収するゴミとして出す場合は、何ゴミになるのか事前の確認が必要です。ゴミの分類方法は自治体によって異なりますが、不燃ゴミか小型家電の扱いになる自治体が多くなっています。小型家電として回収している自治体では、公共施設や家電量販店などに回収ボックスを設置している場合が多いため、場所を確認しておくとよいでしょう。

4-2.不用品回収業者に依頼する

タブレットのほかに処分したい不用品が多数ある場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。出張回収を利用すれば都合のよい日時に自宅まで回収に来てもらえるため、手間や時間をかけることなく処分できます。ゼロプラスでは状態のよい不用品の買取も行っているため、チェックしてみるとよいでしょう。

4-3.引き取り・下取りに出す

販売店やメーカーによっては、不要になったタブレットの引き取り・下取りをしてくれるところもあります。新しいタブレットの購入が条件になる場合も多いため、事前に確認してください。

5.タブレットの寿命に関するよくある質問

「タブレットの寿命について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.タブレットを10年以上使い続けることはできないのでしょうか?
A.経年とともにさまざまな不具合が出てくるため、何の問題もなく10年以上使い続けることは困難です。ただし、扱い方に十分気をつけていれば、5年前後は長持ちさせられる可能性があります。

Q.買取に出すことができるのは、どんなタブレットでしょうか?
A.状態がきれいで年式が新しい・動作に不具合がない・付属品がそろっているなどが買取対象になる条件です。

Q.寿命以外でタブレットの動作が遅くなることはありますか?
A.はい。アプリの入れ過ぎが原因の場合もあるため、整理してみるとよいでしょう。アプリを減らしても動作が改善されない場合は、寿命と考えるべきです。

Q.液晶ディスプレイを長持ちさせる使い方を教えてください。
A.明るくしすぎないこと・オンとオフを頻繁に繰り返さないことが大切です。

Q.寿命がきたタブレットの処分を依頼したいのですが、不用品回収業者選びのポイントは何でしょうか?
A.豊富な実績があり、料金体系が明確な業者を選ぶべきです。無料見積もりを受け付けているか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかも必ずチェックしてください。

まとめ

タブレットの寿命を延ばす方法や、寿命がきたタブレットの処分方法などを詳しくご紹介しました。タブレットは通常、3年前後で寿命を迎えます。しかし、普段から注意して使用すれば寿命を延ばすことも可能です。ぜひこの記事を参考に、タブレットを長持ちさせてください。