遺品整理で出た衣類の処分方法は? お得に処分するコツを紹介

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

遺品整理ではさまざまな不用品が出てきますが、その中でも特に量が多いのは衣類です。どのように処分すればいいのか・処分費用を抑える方法はないのかと、多くの方が衣類の処分で悩んでいることでしょう。衣類の中には高く売れるのもあるので処分するのはもったいないことです。

そこで、本記事では、遺品整理で出た衣類を処分するポイントを解説します。

  1. 遺品整理で出た衣類を分類する方法
  2. 遺品整理で出た衣類はどうすべきか?
  3. 遺品整理で出た衣類を処分する際の注意点
  4. 遺品整理業者を選ぶポイント
  5. 遺品整理で出た衣類に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出た衣類の分類や処分時の注意点などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.遺品整理で出た衣類を分類する方法

最初に、遺品整理で出た衣類を分類する方法について解説します。

1-1.衣類を整理するコツは分類作業

遺品整理でたくさんの衣類を処分することになりますが、整理のコツは分類作業にあります。分類せずに最初から衣類を処分してしまうと、思い出の衣類や価値があるものを捨ててしまいかねません。1度処分してしまった衣類は戻ってこないので、先に分類してから処分することをおすすめします。また、1枚1枚の衣類を「残しておいたほうがいいのかな?」「誰かが着るかもしれない」と時間がかかってしまうため、分類することで作業をスピーディーに終わらせることができるのです。

1-2.「残すもの」と「捨てるもの」に分類する

基本的に、衣類の分類作業では残すものと捨てるものの2種類に分けることがポイントです。残すものとしては、個人が気に入っていた衣類・状態の良い衣類・特に思い出深い衣類を目安にしてください。そして、傷んでいる衣類や下着類は捨てるものに分類しましょう。衣類の中でも、着物やブランド服といった高価な衣類は渡してほしい人が遺言書等に記載されているかもしれません。分類する前に、遺言書がないかどうかも確認しておきましょう。

1-3.迷ったものは「保留」へ

衣類の中には捨てるべきか残すべきか、どうしても迷ってしまうものがあるでしょう。どちらにすべきか迷い続けるのは時間の無駄になってしまうので、いったん保留にするのもポイントです。たとえば、傷みのない衣類をそのまま捨てるのは躊躇(ちゅうちょ)してしまいますよね。傷みのない衣類を捨てるか残すか迷ったら保留にしておき、後で時間ができたときに処分方法を決めましょう。そうすることで、時間が有効利用できます。

2.遺品整理で出た衣類はどうすべきか?

では、遺品整理で出た衣類はどのように処分すればいいのでしょうか。

2-1.まずは形見分けをする

衣類の中にも思い出深いものや価値があるものは、遺族で形見分けを行うことになります。できれば、葬儀の後に親族や家族が集まる四十九日に形見分けを行うのがベストです。故人との思い出話に花を咲かせながら、引き取りたい衣類を相続者同士で仕分けていきましょう。遺言書がある場合は、その内容に沿って形見分けを行います。また、血縁関係者だけでなく、衣類は大量にあるので故人と親しかった友人や同年代の方に譲るのも方法の1つです。

2-2.買取専門店やリサイクルショップを利用する

衣類の中には、中古でも価値がつくものがあります。ブランド服は高く売れる可能性があるので、買取専門店やリサイクルショップに持ち運び、査定をしてもらいましょう。買い取ってもらうことができれば処分費用の節約につながります。また、もったいなくて捨てることができなかった衣類も再利用してもらえるので、楽な気持ちで手放せるでしょう。複数の業者に査定を依頼すれば、最も高値がついた店舗を選び買い取ってもらうことができます。

2-3.遺品整理業者に回収してもらう

遺品整理の片付けサービスを行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。遺品整理では衣類だけでなく、家電や家具などたくさんの不用品が出てくるでしょう。それぞれ1つずつ仕分けたり処分したりするのは大変な作業なので、整理から不用品回収まで遺品整理業者に依頼する方法がおすすめです。プロが手際よく対処してくれるため、時間と手間をかけずに遺品整理を終わらせることができます。時間がない方やまとめて不用品を処分したい方におすすめの方法です。

3.遺品整理で出た衣類を処分する際の注意点

ここでは、遺品整理で出た衣類を処分する際の注意点をいくつか解説します。

3-1.1つ1つ丁寧に判断する

衣類を整理し処分する際は、1つ1つを丁寧にしっかりと判断することが大切です。大切な人が亡くなってしまうと、気持ちの整理ができるまで時間がかかるでしょう。気持ちの整理がつかないまま衣類を整理したり、感情的になってすべて処分したりしてしまうことも稀(まれ)にあります。後悔しても処分してしまったものが返ってくることはありません。だからこそ、1つ1つを丁寧かつ慎重に判断することが大切です。

3-2.価値がある衣類は親族と話し合う

着物やブランド服といった価値がある衣類は、家族や親族とトラブルになりやすい傾向があります。価値がある衣類は欲しがる人が多いため、誰が譲り受けるのか言い争いになることもあるでしょう。また、親族に伝えず、勝手に遺品整理をしてしまうとトラブルに発展する恐れがあります。遺品整理では親族間でのトラブルが最も多いので、遺品整理をする日はきちんと伝えてから行わなければなりません。意見交換をしながら衣類の形見分けを行いましょう。

3-3.写真に撮っておく

遺品整理で出る衣類は量が多いので、家族の洋服まで混ざらないよう最初に写真を撮っておくことをおすすめします。特に、遺品整理業者に片付けを依頼する場合、間違って大切な衣類を捨てられてしまうというトラブルが起きているので注意が必要です。念には念を、事前に写真を撮っておきトラブルを防ぎましょう。また、遠方の親族や知り合いと形見分けをする際に、写真のデータが役立ちます。どうしても手元に残すことができない衣類でも写真として残しておけば気持ちが楽になるでしょう。

3-4.悪質な業者に要注意!

遺品整理で気をつけておきたいのは、悪質な不用品回収業者や遺品整理業者です。遺品整理をプロの業者に依頼するケースが増えると同時に、悪徳業者とのトラブルも増加しています。たとえば、「遺品を雑に扱われた」「高額な追加費用を請求された」などのトラブルです。大切な遺品だからこそ、丁寧に扱ってくれる優良業者を選ぶ目を身につけておかなければなりません。

4.遺品整理業者を選ぶポイント

それでは、遺品整理業者を選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

4-1.遺品整理士が在籍しているか

悪徳業者を見極めるポイントとして、遺品整理士が在籍しているか否かがあります。できれば、遺品整理士が在籍している遺品正義業者や不用品回収業者を選びましょう。遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する民間資格です。遺品はゴミではなく、故人の生きた証(あか)しであるという心構えを持っており、遺品整理に関する知識を身につけています。だからこそ、安心して遺品整理が依頼できるというわけです。衣類の処分だけでなく、自宅の処分方法や遺産協議のやり方など遺品に関連する相談にのってくれることもあります。

4-2.サービス内容が充実しているか

業者へ依頼する前に、サービス内容が充実しているか・どこまで作業を行ってくれるのかチェックすることが大切です。優良業者の多くはサービスが充実しており、作業内容も具体的にホームページ等で記載されています。遺品整理といっても作業範囲は業者によって異なるため、事前に確認しておかなければなりません。どこからどこまで作業を行ってくれるか・不用品の回収まで引き受けてくれるのかなど、疑問点はすべて解消してから依頼しましょう。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応も悪徳業者と優良業者を見極める重要なポイントとなります。悪徳業者は、適当な説明をしたり、すぐに契約を交わそうとしたり、いい加減な対応をするところがほとんどです。けれども、優良業者は依頼者の立場になってきちんと要望を汲(く)み取ってくれます。遺品に対する考え方や扱い方も理解しているため、とても丁寧な対応をしてくれるの安心して依頼できるでしょう。特に、電話での対応は分かりやすいのでスタッフの対応にも注目してください。

4-4.見積書の内容が具体的か

業者選びの際は、見積書の内容もしっかりとチェックしましょう。どんな作業にいくらかかるのか・不用品の処分費用がいくらなのかなど、細部まで確認することが大切です。しっかりと確認しておかなければ、後で金銭トラブルに発展する恐れがあります。実際に、「追加費用としていただきます」と高額な金額を請求されたというトラブルが起きているのです。念のため、追加費用が発生するケースなども事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

5.遺品整理で出た衣類に関してよくある質問

遺品整理で出た衣類に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理で出た衣類は寄付できるのか?
A.寄付できます。遺品であってもまだ着ることができる状態であれば、施設や団体に寄付という形で手放せるでしょう。古着deワクチンやフクサポなど、古着の寄付を受けつけている団体はたくさんあるので、インターネットで調べてみてください。ただし、寄付する際の送料が自己負担になることがあるため、ホームページ等で受けつけの流れや手数料等をチェックすることが大切です。

Q.どんな衣類が高く売れるのか?
A.高く売れるのは、着物やブランド服など元値が高めの衣類です。ノーブランドよりもブランド服のほうが高価買取が期待できるでしょう。ただし、ブランド服といってもタグがついていないものはノーブランド扱いになる可能性があります。ノーブランドになると査定額が一気に下がってしまうので、事前にタグがしっかりついているか確認してください。また、たとえブランド服であったとしても穴が空いていたり、ひどい汚れがついたりしているものも買取不可になるか査定額が下がってしまいます。

Q.衣類をネットオークションやフリマアプリでも売ることはできるのか?
A.インターネットで売るのも衣類を処分する方法の1つです。リサイクルショップが買取専門店で売れなかった衣類でも、ネットオークションやフリマアプリでは売却できるかもしれません。全国から買い手を見つけることができる点は大きなメリットですが、落札されたら自分でこん包し送らなければならないというデメリットがあります。

Q.遺品整理業者に依頼するメリットは?
A.不用品を処分したり買い取ってもらったりするだけでなく、処分が難しいものも回収してもらえることです。たとえば、遺品の中でも位牌(いはい)などは神社やお寺でお焚(た)き上げを行い、供養してもらう必要があります。遺品整理業者の中には、遺品の供養を受けつけているところもあるので安心です。自分たちで供養する手間と時間が省けるのは大きなメリットといえるでしょう。

Q.無料見積もりは依頼したほうがいいのか?
A.業者へ依頼する前に、無料見積もりは必ずしてください。無料見積もりによって、遺品整理にいくらかかるのか・不用品処分でいくら必要なのか具体的な費用が分かります。ほとんどの業者では、無料見積もりで納得できなければそこでキャンセルしても構いません。そのため、複数の業者に無料見積もりを依頼し比較することができるでしょう。遺品整理と不用品回収を行っているゼロプラスでも無料見積もりを受けつけているのでぜひご依頼ください。

まとめ

遺品整理の場合、必要ない衣類がたくさん出てくるでしょう。大量の衣類を処分するのはとても時間と手間がかかるものですが、不用品回収業者に依頼すれば一気に回収してもらうことができます。不用品回収業者の中には、高価買取を行っているところもあるので、買取と回収が同時に利用できるでしょう。特に、ブランドものや着物などは価値が高く、高価買取が期待できます。処分費用がいくらかかるのか確認し、できるだけ回収実績がある業者を選んでください。そして、遺品整理で出た不用品を上手に処分しましょう。