墓じまいとはどんなもの? 依頼方法や流れ・費用を詳しく教えます!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

「子どもがいないので墓じまいを考えているが、具体的に何をすればいいのだろう」とお考えでしょうか? 最近は、墓じまいを検討する人が急増しています。少子高齢化・核家族化により、お墓が管理できなくなることが主な理由です。また、お墓に対する考え方の変化も影響を与えています。しかし、実際に墓じまいをしたくても、どこに依頼できるのか、どんな手続きが必要なのか、よく分からないですよね。それに、費用がいくらかかるのかも気になることでしょう。

そこで今回は、墓じまいとはどんなものか詳しく解説します。

  1. 墓じまいとは?
  2. 墓じまいを検討する理由
  3. 墓じまいの流れ
  4. 墓じまいの費用について
  5. 新しい弔い方法について
  6. 墓じまいに関するよくある質問

この記事を読むことで、墓じまいの流れや依頼方法などがよく分かります。墓じまいを考えている人は、記事を読んでみてください。


1.墓じまいとは?

最初に、墓じまいとはどんなものかについて見ていきましょう。

1-1.お墓から遺骨を引き上げること

墓じまいとは、お墓から先祖の遺骨を引き上げることです。お墓の中には、先祖代々の遺骨が納められています。お墓には、先祖が眠る場所や先祖の供養を行うための象徴としての意味合いがあり、亡くなった後はお墓に埋葬するのが一般的です。しかし、時代は移り変わり、お墓を持ち続ける必要がなかったり何らかの理由で持ち続けることができなかったりする人が増えたため、墓じまいが注目がされています。

1-2.お墓への考え方が変化している

墓じまいが急増している背景には、お墓への考え方が変化していることがあります。以前は、自分の家のお墓は代々子孫が必ず受け継いで守っていくべきもの、という考えがありました。しかし、最近では無理をして維持しなくてもよいと考える人が増えているのです。お墓があるかぎり寺院に管理費用を支払い続ける必要があることも、墓じまいを後押しする理由になっています。

2.墓じまいを検討する理由

墓じまいを検討する主な理由を詳しく見ていきましょう。

2-1.お墓を継ぐ子どもがいない

お墓を継ぐ子どもがいないことが、墓じまいを検討する主な理由になります。自分の代で墓じまいをするのは避けたいものの、誰も世話をせずに放置して無縁仏になるのはもっと困るのです。そのため、自分たちが元気なうちに墓じまいをしたい人が増えています。少子高齢化が進んだ今、避けられない問題でしょう。

2-2.子どもに面倒をかけたくない

子どもに面倒をかけたくないというのも、墓じまいを検討する理由の一つです。お墓があることで、お墓の手入れをする手間がかかるほか、寺院に毎年管理料を支払うケースが多く、金銭的な負担をかけることなります。子どもに面倒をかけるぐらいなら、自分たちの代で墓じまいをしたほうがよいと考えるのです。

2-3.高齢でお墓参りができない

高齢でお墓参りができないのも、墓じまいを希望する理由です。特に、山の上などにあるお墓では、足腰が持ちません。お墓参りをしたくてもできないのなら、墓じまいをしようと考えるのも自然なことです。

2-4.お墓が遠方にある

お墓が遠方にあるため、なかなかお墓参りすることができずに墓じまいを希望するケースもあります。たとえば、地方から都会に出てきて就職し、そのまま家庭を持った場合などは、遠方にある実家のお墓参りをするのは大変です。そのため、いったん墓じまいをして、自分たちが住んでいる近くにお墓を移す人も多くいます。

3.墓じまいの流れ

墓じまいの流れを主な手順ごとに詳しく解説します。

3-1.墓地の管理者への届け出

墓じまいをするときは、最初に墓地の管理者に連絡してください。墓地の管理者とも相談して、閉眼供養などの日程を決めましょう。墓じまい後、新たな墓地に遺骨を埋葬する場合は、墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらう必要があるので、併せて相談しておいてください。なお、墓じまいの理由を聞かれることがあるので回答を考えておくことをおすすめします。

3-2.墓じまいに必要な書類の準備

墓じまいをするためには、改葬許可申請書が必要になります。改葬許可申請書は、役所で入手可能です。なお、自治体によっては、改葬許可申請書の交付を受ける際、墓地の管理者が発行する埋葬証明書や新しい納骨場所の受入証明書を提出する必要がある場合があります。役所に確認して、必要な場合は事前に用意しておきましょう。

3-3.墓地を移転する場合は新しい墓石などの手配をする

墓じまい後、新しい墓地に移転する場合は、墓石をなどを早めに手配してください。また、移転先の墓地の管理者に連絡し、納骨スケジュールをなどを決めましょう。なお、納骨日までに新しいお墓の準備が整っていることが前提なので、場合によっては1か月以上先になることもあります。

3-4.閉眼供養をして遺骨を取り出す

墓じまいに必要な書類がそろったら、寺院でお経をあげて閉眼供養をしてもらいましょう。その後、お墓から遺骨を取り出します。取り出した遺骨は、泥などをキレイに取り除いておき、新しいお墓や納骨場所に納骨したり散骨したりして供養する日まで自宅で保管してください。

3-5.お墓の解体工事

遺骨を取り出したお墓を、更地に戻す工事をします。墓石などの撤去後、地面をならして完了です。なお、寺院にて業者を手配してもらうケースもあるので確認してみてください。なお、お墓の解体工事には立ち会う必要がないので、業者の都合がいい日に行われることも多く見られます。

4.墓じまいの費用について

墓じまいに必要な費用について詳しく見ていきましょう。

4-1.墓じまいは合計数十~百万円程度かかるのが一般的

墓じまいの費用目安は、以下のとおりです。

  • お墓の撤去費用:1㎡当たり10万円程度
  • 寺院へのお布施:数万円程度~
  • 離檀(りだん)料:5~30万円程度

また、新しいお墓に移転する場合は、以下のような費用も別途必要です。

  • 新しいお墓の購入費用:数十万円程度~
  • 移転先の寺院へのお布施:数万円程度~

このほかにも、必要書類の発行費用などで数千円ほどかかることがあります。

4-2.追加費用がかかるケースは?

墓じまいで追加費用がかかる可能性があるのは、以下のようなケースです。

  • 墓地が山奥や狭い場所にあり重機が入らない
  • 墓石や墓地の形状が一般的ではない

また、墓じまいの各種手続きを行政書士や専門業者などに依頼した場合も数万円程度の追加費用が必要です。

5.新しい弔い方法について

墓じまいの後の弔い方法で主なものを詳しくご紹介します。

5-1.散骨

墓じまい後の遺骨は、散骨して弔うことができます。散骨とは、粉末状にした遺骨を海や山などにまいて自然に帰す方法です。なお、散骨するためには専門業者に粉骨してもらう必要があります。また、どこでもまいてよいわけではありません。散骨するためには、自治体の許可が必要になることがほとんどです。また、自治体によっては散骨自体を禁止しているところもあるので、注意してください。

5-2.樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を植えて故人を供養する方法です。樹木葬は、代々管理する必要がなく永代供養扱いになります。また、一般的には墓標となる樹木を1本植えて、周囲に複数の遺骨を納骨していくパターンになるでしょう。最近では、樹木葬を希望する人が増えたことから、大きな寺院や霊園を中心に、樹木葬スペースを設けているところも多く見られます。

5-3.手元供養

手元供養とは、寺院の墓地などに納骨せず、自宅などで遺骨を保管しながら故人をしのぶ方法です。また、墓地に納骨しつつ、分骨して手元に保管するパターンもあります。故人の遺骨と共に過ごすため、家族が亡くなった喪失感を癒やすことが可能です。また、遺骨の一部をペンダント型の入れものに入れたり、人工ダイヤモンドに加工したりして身に着ける方法もあります。

5-4.バルーン葬

バルーン葬とは散骨の一種で、遺骨を気球に乗せて成層圏まで上昇させた後、宇宙空間に散布する方法です。散骨された遺骨は、宇宙に散らばって地球の周囲を回ることになります。バルーン葬を行うには、専門業者に依頼することが必要です。専門業者にバルーンの打ち上げまですべて任せる方法と、打ち上げに遺族が立ち会う方法から選択できます。

6.墓じまいに関するよくある質問

最後に、墓じまいに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.墓じまいを行うタイミングはいつがよい?
A.特に決まりはありませんが、法要が終わったタイミングや、お盆・お彼岸が過ぎた時期に行う例が多く見られます。もちろん、個人的に都合がいいタイミングで行っても構いません。

Q.墓じまいをしないまま子孫が途絶えたらどうなる?
A.お墓を守る人がいなくなれば、最終的には無縁仏になります。無縁仏になると、行政が遺骨をお墓から取り出して無縁仏を祀(まつ)る施設に移送し、合祀(ごうし)することになるでしょう。その際、遺骨の一部を残して産業廃棄物扱いで処分されたり粉砕されたりすることがあります。

Q.墓じまいと同時に行っておくとよいことは?
A.高齢なら、生前整理を進めることをおすすめします。生前整理は、心身がしっかりしているうちに身の回りのものを片付けたり葬儀の内容や遺産相続などについてまとめたりすることです。なお、生前整理では大量の不用品が発生します。当ゼロプラスでも、生前整理の不用品の片付けや処分をお受けしていますので、ぜひご利用ください。

Q.墓じまいをするとバチが当たると言われたのですが?
A.迷信です。墓じまいをしてもバチは当たりません。それに、墓じまいの前にはきちんと閉眼供養をするので安心です。

Q.親せきから墓じまいを反対されているのですが?
A.親せきの先祖も同じお墓に入っている場合、考え方の違いから反対されることもあるでしょう。まずは、話し合いをして納得してもらえるように努力してみてください。しかし、最終的には、普段から墓地を管理している人の意見が尊重されるべきです。

まとめ

今回は、墓じまいとはどんなものか詳しく解説しました。最近では、お墓を守る人がいない、高齢でお墓参りが難しいなどの理由で、墓じまいを考える人が増えています。墓じまいをするには、墓地を管理している寺院などに連絡して、閉眼供養や遺骨の取り出し、墓石の撤去や更地に戻す工事が必要です。なお、墓じまいの後は、樹木葬や散骨などで遺骨を弔うことができます。遺骨を最終的にどうするのか、墓じまいを行う前にしっかり考えておきましょう。