汚部屋を掃除する手順は? 役立つアイテムや掃除のコツも紹介!

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

汚部屋をきれいに掃除しても思うように片付けられなかったり、すぐに汚くなったりして悩んでいる方は多いでしょう。なかなかきれいにならないのは、汚部屋を掃除する方法や手順に問題がある可能性があります。では、どのようにすれば汚部屋をきれいな状態にすることができるのでしょうか。

そこで、本記事では、汚部屋の問題点や掃除する手順などについて解説します。

  1. 汚部屋の問題点
  2. 汚部屋の掃除に役立つアイテム
  3. 汚部屋を掃除する手順
  4. 汚部屋の掃除を業者に依頼する方法
  5. 汚部屋の掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、汚部屋をきれいにするコツや業者に依頼する方法なども分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.汚部屋の問題点

まずは、汚部屋の問題点をチェックしておきましょう。

1-1.健康や精神に悪い影響を及ぼす

汚部屋の1番の問題点といえるのが、健康や精神に悪い影響を及ぼす恐れがあるということです。部屋が不用品で埋まっていたり、ホコリや汚れがたまっていたりしていると、ダニやカビが発生しやすくなります。常に空気が淀(よど)み、喘息やアレルギーの原因になる可能性が高まるので、健康に何らかの悪影響が出てしまうでしょう。ゴキブリやハエといった害虫も繁殖しやすくなっては、衛生状態がどんどん悪くなってしまいます。悪臭が漂い始め、自分の健康だけでなく近隣住民とのトラブルにも発展してしまいがちです。
さらに、健康被害だけでなく精神面においても悪い影響を与えることになります。ネガティブになったり、不快感を覚えたりするなど精神的にも悪いので早めに掃除しましょう。

1-2.無駄な時間が増える

無駄な時間が増えてしまうのも、汚部屋の問題点です。汚部屋ではどこに何が置いてあるのか分からず、常にものが散らかっています。たとえば、外出用の服に着替えたくてもどこに何があるのか分からないので、あちこち探し回らなければなりません。奥のほうに放置していた場合、探し出すまで時間がかかってしまい、さらに部屋が汚くなります。探す手間と時間がかかってしまうということは、その分の貴重な時間と気力・体力を消耗してしまっているというわけです。時間を無駄にしないためにも、汚部屋をきれいに掃除しましょう。

2.汚部屋の掃除に役立つアイテム

ここでは、汚部屋の掃除に役立つアイテムをいくつか紹介します。

2-1.ゴミ袋とダンボール箱

汚部屋を掃除する際に必ず用意してほしいアイテムが、ゴミ袋とダンボール箱です。汚部屋には要らないものがたくさん放置されていると思うので、それらを片付けるためのアイテムが必要となります。要らないものを素早く処分することが汚部屋掃除のポイントでもあるため、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミといったゴミの分類に分けられるよう袋を用意しておくといいでしょう。また、ダンボール箱もいくつか用意しておくとスムーズに片付けられるようになります。

2-2.中性洗剤と重曹

ホコリと汚れが大量に積もっている汚部屋をきれいにするためには洗剤が必要です。そこでおすすめしたいのが、中性洗剤・重曹となります。中性洗剤はあらゆる素材や汚れに対応できる洗剤ですので、部屋中の汚れを落とすには最適なアイテムといえるでしょう。どんな洗剤を使ったらいいのか分からないという方は、とにかく中性洗剤を選んでおけば問題ありません。フローリングはもちろん、壁紙・玄関タイルの掃除にも使うことができます。また、重曹は水と割って重曹水にすることでさまざまな箇所の汚れに対応可能です。自然由来の成分でできているため、刺激が強い洗剤を使いたくない方におすすめします。

2-3.伸び縮みができるワイパー

伸び縮みができるタイプのワイパーも汚部屋の掃除に役立つアイテムです。伸び縮みができるタイプは高いところの汚れにも手が届くので便利なアイテムといえるでしょう。たとえば、カーテンレールに積もっているホコリや、エアコンの上にたまっている汚れなども簡単に除去できます。もちろん高いところだけでなく、低い場所も屈(かが)まずに届くので腰への負担もかかりません。さらに、伸び縮みができるタイプだからこそ、収納時は掃除用品を入れるケースに折りたたんで収納することもできます。

2-4.マスクやゴム手袋も忘れずに

汚部屋を掃除する際はホコリや汚れなどが空気中に舞い上がる可能性があるため、マスクやゴム手袋も忘れずに用意しておきましょう。ひどい状態なら、目を守るためのゴーグルも身につけたほうがいいです。しっかりと体を保護した状態で片付けや掃除を始めたほうが、素早く汚部屋をきれいにできます。

3.汚部屋を掃除する手順

ここでは、汚部屋を掃除する手順を解説します。

3-1.まずは不要なものを片付けよう!

汚部屋の掃除は、まず不要なものを片付けるところから始めましょう。汚部屋は不要なものが多すぎることで生まれるものです。「もったいないから」「いつか使うかもしれないから」という考えは捨てましょう。今必要がないものや使っていないもの・これから先も使う予定がないものはすべて処分するのが汚部屋をきれいにするコツです。基本的に、使う予定がないものはどんどん処分していきましょう。たとえ、頂きものであったとしても自分が必要ないものは処分します。ある程度、要らないものを片付けていけばスッキリした空間になり、掃除しやすくなるでしょう。

3-2.不用品を処分する

要らないものと必要なものに仕分けた後、要らないものを処分します。なるべく早めに不用品を処分しなければ、掃除の邪魔になってしまったり再びものが散らかったりしてしまうからです。また、不用品のすべてをゴミとして処分する必要はありません。中には、査定に出すと高く売れるものもあります。絶対に売れるわけではありませんが、買い取ってもらえるものは査定に出したほうが処分費用も安く抑えられるものです。汚部屋で出る不用品の量はとても多いので、なるべく費用を抑えるためにも正常に使えるものや壊れていないものは査定に出してみることをおすすめします。

3-3.掃除は上・奥から始める

仕分けと不用品の処分が終わったら、いよいよ汚部屋の掃除へと突入します。汚部屋にはたくさんのホコリや汚れがたまっていると思うので躊躇(ちゅうちょ)してしまいがちですが、汚れは放置するほど頑固になるので早めに除去してください。なお、掃除のポイントは上から・奥から始めることです。ホコリは上から下に落ちてくるので下から先に掃除をしてしまうと、上を掃除した際に再びホコリで汚れてしまいます。二度手間にならないためにも、先に高いところから掃除しましょう。そして、さらに手間を省くためには、部屋の奥から手前に向かって掃除を進めるのがポイントです。奥にあるゴミから部屋の外に向かって掃き出していきましょう。

4.汚部屋の掃除を業者に依頼する方法

ここでは、汚部屋の掃除を業者に依頼する方法やポイントを解説します。

4-1.自分で掃除できない状態は専門業者に依頼する

自分で片付けや掃除ができる状態であれば問題ありませんが、汚部屋の状態によっては専門業者に依頼したほうがいいケースがあります。たとえば、足の踏み場がないほどゴミが大量に散乱していたり、すでに害虫が大量発生していたりするケースなどです。害虫や悪臭が発生し近隣住民の迷惑になっていると、なるべく早めに汚部屋を掃除しなければなりません。スピーディーさも求められるため、自分で行うよりも専門業者に依頼したほうが安心でしょう。また、自分ではモチベーションが続かなかったり、無理だと思っていたりする方も専門業者に依頼することをおすすめします。

4-2.汚部屋やゴミ屋敷掃除の実績がある業者を選ぶ

汚部屋の片付けや不用品処分といったサービスを展開している業者はたくさん存在しているので、どこを選べばいいのか分からずに悩んでいる方は多いでしょう。そのようなときは、汚部屋やゴミ屋敷掃除の実績がある業者を選んでください。実績がある業者であればあるほど、どのような状態でも的確かつ迅速に対応してくれます。実績を確認する方法としては、ホームページをチェックしてみるといいでしょう。「お客様の声」や「施工実績」「よくある質問」など細かいことが記載されている業者なら安心して依頼できます。

4-3.サービス内容と見積書を確認する

汚部屋の掃除を業者に依頼する場合、サービス内容と見積書は必ず確認してください。なぜなら、業者によってサービス内容が異なるからです。たとえば、A社では汚部屋の片付けだけで不用品の回収を行っていない、B社では不用品の回収も行っているなどの違いがあります。素早くきれいにしたいのであれば、汚部屋の片付けだけでなく不用品の回収も行っている業者に依頼したほうがスピーディーですよね。そして、サービス内容が違えば見積書の内容にも変化があるので十分に注意しなければなりません。見積書にはどのようなサービスにいくらかかるのか記載されているため、詳細をチェックしてから正式に依頼しましょう。

4-4.悪徳業者に要注意!

汚部屋の掃除を行っている業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。たとえば、きちんと隅々まで掃除をしなかったり、大切なものまで処分されてしまったりするなどです。どのようなものを残すのか・捨てるのか、しっかりと業者側に伝えておかなければ取り返しのつかないことになってしまいます。後でトラブルになる恐れもあるため、事前にしっかりとチェックしておきたいポイントです。悪徳業者に引っかからないようにするためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

5.汚部屋の掃除に関してよくある質問

汚部屋の掃除に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.汚部屋とはどんな状態のことを指すのか?
A.人それぞれ汚部屋の定義は異なると思いますが、基本的に数か月もゴミを放置していたり、ものやゴミで床が見えなかったりする状態のことを汚部屋といいます。虫が湧いている・ネズミといった害虫が発生している状態も汚部屋です。また、汚部屋で生活している人は汚部屋の自覚がない特徴があります。周りからは乱雑に見えていても、本人は「ただ、ものを置いている」という認識しかありません。

Q.汚部屋を未然に防ぐコツは?
A.せっかくきれいにした汚部屋が再び汚い状態になってしまうと意味がありませんよね。汚部屋を未然に防ぐために、自分自身でできることはたくさんあります。1番意識してほしいのは、ものを増やさないことです。衝動買いをしたり、セールや割引に惑わされたりしないようにしましょう。どうしても欲しいものがあって買ってしまった際には、古いものを1つ捨てるルールを作ってください。そのほか、使ったものは定位置に戻す・1週間に1回は掃除する日を決めるなど工夫はさまざまです。

Q.収納する際のポイントは?
A.汚部屋から卒業するためには、収納にも工夫を凝らすことが大切です。収納アイテムを増やしてしまう方が多いのですが、かえってごちゃごちゃしてしまうのでおすすめしません。収納アイテムは最小限にして、色や形を統一しましょう。使用頻度によってものの定位置を決めたり、フックを活用して床にものを置かないようにしたりすることも大切なポイントです。

Q.業者に依頼すると費用はいくらぐらいになるのか?
A.あくまで目安となりますが、だいたいの費用は以下のとおりです。

  • 軽トラックパック(家電5~6品程度):29,800円
  • 平車パック(1K~1DK程度):79,800円
  • 2tホロ車パック(1LDK~2K程度):109,800円
  • 2t箱車パック(2K~2LDK程度):129,800円
  • 4t箱車パック(3LDK~5LDK程度):229,800円

Q.業者選びのポイントは?
A.どの業者に依頼したらいいのか分からない方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • サービス内容が充実しているか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • 汚部屋掃除の実績があるか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

ゴミ屋敷の片付けや不用品回収を行っているゼロプラスでは、無料相談を受け付けています。汚部屋の片付け・掃除でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

汚部屋を掃除する手順は、仕分け→不用品の処分→掃除が基本となります。まずは、要らないものと必要なものを仕分けていき、不用品を処分するのがポイントです。ある程度、ものを片付けてからのほうが掃除しやすくなります。自分で片付けるのは無理という場合は、専門業者に依頼してください。汚部屋やゴミ屋敷の片付けを行っている業者の中には、不用品の回収や買取サービスも展開しているところがあります。自分で掃除するよりもスピーディーに汚部屋から卒業できるでしょう。