汚部屋を掃除する手順や役立つアイテムを紹介! 不用品の処分方法も

はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア

「汚部屋の掃除はどこから始めればいいのか」「どうすればきれいにできるのか?」など、汚部屋の掃除には頭を悩ませるものです。たくさんの不用品でゴチャゴチャになっている部屋だからこそ、きちんと計画を立てて掃除をすることが必要となります。スムーズに汚部屋を掃除するためにも、ここでポイントを押さえておきましょう。

本記事では、汚部屋を掃除する方法や役立つアイテムなどについて解説します。

  1. 汚部屋をそのまま放置する問題点
  2. 汚部屋の掃除に役立つアイテムは?
  3. 汚部屋を掃除する手順は?
  4. 汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法
  5. 汚部屋の掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、汚部屋をきれいにするポイントや維持するためのコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.汚部屋をそのまま放置する問題点

まずは、汚部屋をそのまま放置する問題点をチェックしておきましょう。

1-1.健康面に悪影響を及ぼす

汚部屋はたくさんのものであふれている状態であり、不用品だけでなくホコリや汚れがあちこちについているでしょう。そこからダニといった害虫も発生しては、カビもどんどん増殖していきます。その結果、健康面に悪影響を及ぼすことになるのです。不健康になるだけでなく、悪臭といった面から精神的なストレスを感じることもあります。つまり、汚部屋をきれいに掃除することは、健康な生活を送るだけでなく精神的負担から解放されるのもメリットの1つです。

1-2.無駄な時間が増える

お部屋をそのまま放置していると、無駄な時間が増えることになります。部屋が散らかっている状態では、どこに何があるのか把握できなくなってしまうからです。外出しようとしても着る洋服や財布が見つからなかったり、大事なものをなくしたりする恐れもあるでしょう。必要なものを探すたびに時間がかかりますし、その時間を無駄にしてしまいます。けれども、汚部屋からきれいな部屋へと変えることができれば、探す手間が省き、時間を有効活用できるのです。

1-3.近隣トラブルに発展することも……

汚部屋を放置していると近隣トラブルに発展する恐れもあるので注意しておかなければなりません。汚れやホコリがたまり、悪臭の原因となるカビや害虫が大量発生すると、周囲にも悪影響を及ぼす恐れがあります。近隣トラブルになると状況がややこしくなるので、早めにお部屋をきれいにすることが大切です。

2.汚部屋の掃除に役立つアイテムは?

ここでは、汚部屋の掃除に役立つアイテムをいくつか紹介します。

2-1.必要ないものをまとめるゴミ袋やダンボール

汚部屋の掃除に必要なものといえば、要らないものをまとめておくゴミ袋やダンボールです。掃除をする前に、まずは要らないものと要るものを区別していくことになります。ゴミの分別は掃除の基本なので、作業を始める前に市町村区のゴミ袋を多く用意しておきましょう。ゴミ袋に直接入れることもできれば、ダンボールに要らないものを入れていく方法もあります。とにかく持っているものをどんどん減らすことが大切なので、ゴミ袋とダンボールは多めに用意しておきましょう。

2-2.汚れをきれいにする道具も必要

掃除機やモップ・雑巾など、汚れをきれいにする道具も必要です。汚部屋をきれいにするときは、片付けながら掃除機をかけたり雑巾できれいにしたりするなど、きれいにしていきます。しばらく使っていなかったものはホコリがたまっているため、その中で作業をするとホコリを吸いこんでしまい、アレルギー症状が出る可能性もあるでしょう。また、ホコリを吸わないようにモップや雑巾で掃除をすることも大切です。さらに、汚れをきれいにするための潜在類も準備しておくといいでしょう。

2-3.便利グッズを活用するのもGOOD

100均ショップには、たくさんの掃除グッズが発売されています。掃除機やモップだけでなく、便利な掃除グッズを活用するのもベストな方法といえるでしょう。たとえば、コロコロと汚れやホコリを除去できる粘着クリーナー・メラミンスポンジ・ハンディタイプのホコリ取りなどです。便利グッズをうまく活用すれば、掃除もかなり楽になるでしょう。手軽な価格で使えるものもたくさんあるので、作業を始める前にぜひチェックしてみてください。

3.汚部屋を掃除する手順は?

ここでは汚部屋を掃除する手順を紹介します。

3-1.まずは床に落ちているものを拾う

汚部屋はどこから掃除すればいいのか悩んでしまいがちですが、まずは足の踏み場を作ることが大切です。最初に、部屋全体を見渡してから明らかにゴミだと思えるもの・必要ないものを拾っていきましょう。たとえば、コンビニの袋やペットボトル・空き缶・チラシ・レシート類がゴミに当てはまります。床に落ちているものをある程度拾えばスッキリしますし、片付けたという達成感を味わうこともできるでしょう。また、床だけでなく、机に乱雑に置いてある書類や郵便物などもこのタイミングで捨ててください。

3-2.要るもの・要らないものに区別する

ある程度、床や机に置いてあるものを片付けたら、次は、要るものと要らないものを分ける作業に入ってください。汚部屋の掃除で1番重要なポイントといえるでしょう。汚部屋は不要なものがたくさんあるので、なるべく捨てることが大切です。そして、ここの区別では捨てるものの判断力を持つことも大事なポイントになるでしょう。「もしかしたら必要になるときがくるかも」「捨てるのがもったいない」と悩んでいては、一向に掃除が終わりません。迷ったものは捨てるという気合いで区別してください。

3-3.床・家具の汚れやホコリをきれいにする

掃除の基本は上から下に向かってやることなので、まずは家具など高いところのホコリから取り除いていきましょう。床を掃除してから棚のホコリを掃除してしまうと、棚のホコリが床に落ちてしまうことになります。せっかく掃除した箇所を再度掃除するハメになってしまうので二度手間です。そのようなことがないためにも、上から下へ・奥から手前へ・軽い汚れからひどい汚れを掃除するという手順を心がけてください。さらに、ここで掃除の便利グッズを活用すれば、より短い時間で汚部屋をきれいにできるでしょう。

3-4.ゴミや不用品を処分する

要らないものに分類したものを、最後には処分することになります。ゴミや不用品をそのままにしていては、再び汚部屋にありかねません。汚部屋の再発を防ぐためにも、要らないものはすぐに処分することが大切です。自分で分類できるゴミの量であれば、自治体の処分ルールに従って、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミに分類します。けれども、不用品の量が多いと、自分で分類するのが大変で時間がかかるでしょう。そのようなときは、不用品回収業者にまとめて依頼することをおすすめします。そのほうがスピーディーに片付けられるはずです。

4.汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法

ここでは、汚部屋の掃除で出た不用品を処分する方法について解説します。

4-1.自治体回収で処分する

一般的な処分方法としては、自治体回収として捨てる方法があります。ただし、お住まいの地域のルールに従って、ゴミの分類を行う必要があるでしょう。ゴミの量が多くなるほど分類に時間がかかりますし、労力を費やすことになります。前述したように、不用品の量が多い場合は、自治体回収を利用するのではなく、不用品回収業者に依頼したほうがいいでしょう。自治体で処分する場合は費用を抑えられるメリットがありますが、時間や手間がかかったり、粗大ゴミの場合はすぐに処分できなかったりする点がデメリットです。

4-2.不用品回収業者に依頼する

不用品を処分する方法として、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。不用品回収業者の大きなメリットは、不用品をまとめて処分できることでしょう。自治体で処分するように時間と手間がかからず、一気に捨てられるのは大きなメリットといえます。ただし、自治体で処分するよりも処分費用がかかってしまうのがデメリットです。不用品の量が多くなるほど費用も高くなりがちなので、いくらぐらいお金がかかるのか見積書を細部まで確認しましょう。

4-3.リサイクルショップなど買取に出す

不用品の中には、買い取ってもらえるものもあります。できるだけ、処分費用を抑えたい方は、買取専門店やリサイクルショップに査定を出すといいでしょう。自分にとってゴミと思えるものや価値がないと思えるものでも、もしかしたら買い取ってもらえるかもしれません。特に、大型家具や大型家電類は高く売れる傾向があります。発売されたばかりの新商品ほど高価買取が期待できるので、捨てるのではなく買い取ってもらえるか査定を一度依頼すべきです。不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもありますよ。

4-4.不用品の処分やゴミ屋敷の片付けを行っている「ゼロプラス

どの業者に依頼すべきか分からない方は、不用品の処分と買取・ゴミ屋敷の片付けなどさまざまなサービスを行っているゼロプラスにご依頼ください。ゼロプラスでは、不用品の処分と買取が同時に利用できるため、たとえ買取不可になったものでもそのまま処分が可能です。わざわざほかの業者を探したり、依頼したりする手間と時間が省けるでしょう。無料相談や無料見積もりも行っているため、ぜひ一度ご相談ください。

5.汚部屋の掃除に関してよくある質問

汚部屋の掃除に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.きれいになった部屋を維持し続けるコツは?
A.ものの置き場所を作ることです。片付けてもすぐに散らかる部屋ほど、ものによって置き場所をきちんと決めていない傾向があります。たとえば、リモコンはテーブル、郵便物はミニボックス、洋服はすぐにハンガーにかけるなど、できることはたくさんあるでしょう。置き場所を決めるときは、そのものをよく使う場所にするときれいな状態を維持しやすくなります。また、新しいものを購入した際は、古いものを捨てると収納スペースにも常に余裕が生まれるでしょう。

Q.汚部屋を掃除する前に心がけておきたいことは?
A.すべてを完璧にしようとしないことです。掃除をするからには完璧にきれいにするという気持ちは大切ですが、完璧を求めすぎてしまうとモチベーションが維持できません。また、いくら時間があっても足りず、中途半端な状態になってしまうでしょう。完璧にしようとしないのはもちろん、やるべき場所の優先順位をつけることも大切なポイントです。

Q.汚部屋の片付けを依頼する際、いくらぐらいかかるのか?
A.不用品の量や部屋の状態によって費用が大きく異なるでしょう。あくまで目安ではありますが、参考としてゼロプラスの料金設定を下記にピックアップしました。

  • 軽トラックパック(家電5~6品程度):29,800円
  • 平車パック(1K~1DK程度):79,800円
  • 2tホロ車パック(1LDK~2K程度):109,800円
  • 2t箱車パック(2K~2LDK程度):129,800円
  • 4t箱車パック(3LDK~5LDK程度):229,800円

Q.処分費用を抑えるコツは?
A.不用品をまとめて処分したり、買取に出したりすることです。不用品の量が増えるほど処分費用が高くなってしまうので、不用品を極力売ることが1番有効な方法といえます。ブランドものや価値があるものは査定が厳しめな買取専門店に依頼するといいでしょう。買取専門店で売れなかったものはリサイクルショップに依頼すると、買い取ってもらえるかもしれません。また、衣類の寄付を受け付けている施設や団体もあります。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.主なポイントは以下のとおりです。

  • 不用品の回収実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえて、複数の業者を比較してください。比較することで、業者ごとの特徴や善し悪(あ)しが分かりやすくなるでしょう。

まとめ

汚部屋を掃除する際は、まず大きなものから手につけることがポイントです。さらに、目に見てゴミだと判別するものから除去することで、片付けに対するモチベーションも維持できるでしょう。どうしても自分で片付けられないときは、片付けや不用品回収サービスを行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。不用品の処分だけでなく買取を行っているところもあるので、ぜひチェックしてください。