ベッドは自治体のゴミ回収で出せる? 処分方法と注意点などを解説

0
はてなブックマークに追加
0
Twitterでシェア
0
Facebookでシェア
0
Google+でシェア
LINEで送る

ベッドを処分する場合、自治体回収で捨てることができるのか・どのような方法で処分すればいいのかなど、頭を抱える人は多いでしょう。間違った方法で処分してしまうと不法投棄などトラブルに発展する恐れがあります。また、新品状態に近いベッドなら買い取ってもらうことも可能です。

本記事では、ベッドを処分する方法や買取対象になるケースなどを解説します。

  1. ベッドは自治体のゴミ回収で出せる?
  2. ベッドの処分方法は?
  3. マットレスの処分方法もチェック!
  4. ベッドは買取に出せるのか?
  5. ベッドの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ベッドをお得に処分する方法などが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。


1.ベッドは自治体のゴミ回収で出せる?

まずは、ベッドは自治体のゴミ回収で出すことができるのか基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.ほとんどの自治体では粗大ゴミ扱い

ベッドは自治体回収での処分が可能です。ほとんどの自治体では、粗大ゴミ扱いになるでしょう。一辺が30cm以上となる不用品は粗大ゴミとなり、ベッドは大型家具に分類されます。粗大ゴミで処分する場合、自治体ごとでルールが異なるため、事前の確認が必要です。具体的な処分方法に関しては、【2.ベッドの処分方法は?】で説明するのでぜひチェックしてください。

1-2.解体すれば燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分できる

大型家具のベッドでも自分で解体すれば、燃えるゴミと燃えないゴミに分けて処分できます。木材でできている部分は燃えるゴミ、金属部分は燃えないゴミに分けてください。粗大ゴミは回収日と回収指定場所が決まっているため、すぐに処分できないのがデメリットです。けれども、分解して処分すれば、指定袋に入れてゴミ捨て場に持って行くだけなのですぐに処分できるでしょう。ただし、大型家具を自分で解体するには手間と時間がかかります。場合によっては、大ケガをする恐れもあるため、安易に分解しないほうがいいでしょう。

2.ベッドの処分方法は?

具体的なベッドの処分方法を解説します。

2-1.粗大ゴミの場合は指定日までに回収場所へ持って行く

粗大ゴミとして自治体回収で処分する場合、回収日までに回収指定場所へ持ち運ばなければなりません。自治体によっては、事前の申し込みが必要になることもあるため、ホームページ等で事前に確認してください。また、コンビニまたはスーパーなどで粗大ゴミ処理券を購入する必要があります。自治体で処分するメリットは約200~500円と低費用で処分できる点ですが、自分で搬出・運搬しなければなりません。シングルベッドでも1人で運ぶのは困難です。

2-2.購入店に回収を依頼する

購入した家具店に、古いベッドを引き取ってもらう方法があります。ただし、引き取りの条件として、新しいベッドを購入する方限定と決められている可能性もあるので注意してください。買い替えを検討している方は、購入店に引き取ってもらえるか尋ねましょう。また、引き取りに費用がかかるケースもあります。引き取りにかかる費用は店舗によって異なりますが、1点あたり3,000~5,000円が目安です。ベッドサイズが大きいものほど1万円になる可能性もあるため、事前の確認が必要でしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

ベッドの処分を不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者に依頼する大きなメリットは、出張回収が依頼できることです。自宅に業者がやってきてくれるため、自分で搬出・運搬する必要がありません。また、ベッド以外にも処分したい不用品があれば、まとめて処分が依頼できるでしょう。わざわざゴミを分類したり、運び出したりする必要がないので、高齢者の方でも安心して依頼できます。ただし、不用品回収業者に依頼する場合、費用が高くなる可能性があるため、見積書を細部まで確認することが大切です。

2-4.引っ越し業者に依頼する

引っ越し当日にベッドを処分したい場合は、引っ越し業者に依頼するのも方法の1つです。引っ越し業者の中には、不用品の回収サービスを行っているところがあります。不用品回収業者に依頼するよりも割高になりがちですが、急を要するときは便利なサービスといえるでしょう。

3.マットレスの処分方法もチェック!

ベッドと一緒にマットレスの処分方法もチェックしておきましょう。

3-1.自治体回収で処分する

マットレスは自治体回収での処分が可能です。ほとんどの自治体では、粗大ゴミ扱いとして処分できるでしょう。マットレスを処分する場合、指定回収場所に持ち込む必要があります。マットレスも重量があるため、1人で持ち運ぶのは困難でしょう。数人で運ぶことができ、かつ小さな車があれば、積み込んで地域の処理センターまで運ぶことができます。地域の処理センターに直接持ち運べば、費用を最小限に抑えることも可能です。

3-2.リサイクルショップや買取業者に依頼する

マットレスは買い取ってもらえないイメージが強いと思いますが、新品に近い状態であれば買取対象になる可能性があります。ほとんど使っていないまたは未使用品なら買取対象になるでしょう。マットレスは寝具扱いとなるため、知らない人が寝ていたもので寝るということに対して強い抵抗感があります。そのため、使用感があるマットレスは買取対象にはなりません。未使用品のマットレスなら買取で処分することを選択肢に入れるといいでしょう。

3-3.買い替えでマットレスも引き取ってもらう

新しいマットレスを購入する場合、購入する家具店に引き取ってもらう方法があります。引き取りにかかる費用はおよそ3,000が目安となりますが、中には無料で引き取り可能な店舗もあるでしょう。通常は引き取り費用がかかるけれども、無料引き取りキャンペーンを期間限定で行っているところもあります。マットレスを買い替える場合は、引き取ってもらえるか・引き取りにいくらかかるのか確認しましょう。

3-4.不用品回収業者にまとめて依頼する

ベッドと同じく、マットレスもまとめて不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。マットレスが古く、買取も見込めない場合は、ほかの不用品と合わせて回収業者に依頼すると手間も時間もかかりません。自治体回収で処分するよりも費用はかかりますが、部屋の運び出しをお願いしたい方は、不用品回収業者に依頼しましょう。ただし、業者選びが大切なポイントとなります。複数の業者を比較し安心して依頼できる業者を選んでくださいね。

4.ベッドは買取に出せるのか?

状態によってはベッドを買取に出すことができます。主な買取方法や買取のポイントを解説しましょう。

4-1.状態がいいベッドほど買い取ってもらえる

ベッドの買取基準として、状態の良し悪(あ)しがあります。正常に使えるかどうかが大切なポイントとなるため、ベッドが壊れていないか・不具合が生じていないかチェックされることになるでしょう。壊れていて使えないベッドは、もちろん買取不可となります。たとえ、発売時期が新しいベッドでも脚がガタガタしていたり、激しい汚れや傷がついたりしている場合は買い取ってもらえない可能性が高めです。査定を依頼する前に、買い取ってもらえるかベッドの状態をチェックしてください。状態と併せて、メーカーや型番も確認しておくといいでしょう。

4-2.リサイクルショップや買取業者に依頼する

主な買取方法としては、リサイクルショップや買取業者に依頼する方法があります。ベッドなどの大型家具を中心に買取を行っている業者ほど、適切な価格で買い取ってもらえるでしょう。人気モデルやメーカーのベッドは、リサイクルショップよりも買取業者に依頼することをおすすめします。買取業者で買い取ってもらえなかった場合にリサイクルショップを利用するといいでしょう。複数の業者に無料査定を依頼すれば、最も高値がつく業者に依頼できます。

4-3.フリマアプリやネットオークションを利用する

自分で売る方法として、フリマアプリやネットオークションを利用する方法があります。フリマアプリとネットオークションの大きなメリットは、全国から買い手が見つけられる点です。ベッドを欲しがっている人が見つかりやすいメリットがありますが、古いベッドは買い手がなかなかつきません。人気モデルや比較的新しいベッドが落札しやすいタイプといえるでしょう。また、落札されたとしても自分でこん包し相手に送らなければなりません。ベッドは大型家具なので手間と時間だけでなく、送料も高くついてしまいます。

4-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。買取と回収サービスを行っている業者に依頼すれば、買取不可になっても回収してもらえるのが大きなメリットです。手間と時間をかけることなくスピーディーな処分ができるでしょう。ゼロプラスでは、高価買取と格安回収を行っています。無料相談や無料見積もりも受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

5.ベッドの処分に関してよくある質問

ベッドの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.不用品回収業者に依頼する際の費用は?
A.ベッドの大きさや不用品の量などによって異なりますが、1点あたり3,000~5,000円が目安といえるでしょう。また、不用品回収費用だけでなく、出張・運搬費用が数千円かかる可能性があります。予想以上に高額な費用になる可能性もあるため、事前に見積書をしっかりと確認してください。見積書が明確に記載されている業者なら安心して依頼できますが、大ざっぱになっている業者は悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。

Q.高価買取のポイントは?
A.事前に掃除してきれいにすることです。新品状態に近いベッドほど高く売れる可能性があります。ついているホコリがあればきれいに取り除き、汚れも拭き取ってください。また、購入時についてきた付属品があれば、できるだけすべてそろえましょう。また、マットレスとセットにして売るのも高価買取の大きなポイントです。購入時にセットとして購入したものは、購入時の状態にして売ることで高価買取が期待できるでしょう。

Q.どのくらいの買取額になるのか?
A.ベッドのメーカーや状態・型番などによって異なりますが、当時の販売額の約5~10%が買取額になるといわれています。新しいモデルが登場するほど旧モデルが安くなるため、できるだけ早く買取に出してください。発売時期が近いベッドほど買取額が高くなります。大まかな買取額を知りたいときは、無料査定を依頼したり、買取業者のホームページで実績を確認したりするといいでしょう。

Q.マットレスを細かくして処分できるのか?
A.細かく分解すれば、通常の家庭ゴミとして処分できます。マットレスは金属のバネ・布・クッション材などで作られているため、燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分可能です。道具を用意すれば自分でも解体できますが、マットレスの種類によっては分解が難しいケースもあります。たとえば、ポケットコイルマットレスはたくさんのコイルが独立して布に包まれた状態なので、コイルを取り出すまで時間と手間がかかるでしょう。

Q.無料回収業者は依頼しないほうがいいのか?
A.安易に依頼しないほうが賢明です。最近では、「高額な処分費用を請求された」「不法投棄されていた」などのトラブルが相次いでいます。無料と偽り、後で処分費用を請求するケースが増えているのです。無料回収業者を利用するよりも、適切な費用を支払って正しく処分してくれる業者に依頼したほうが安心できます。それでも無料回収業者を利用したいなら、なぜ無料で回収できるのか理由がハッキリしている業者を選んでください。

まとめ

ベッドは自治体回収として処分できますが、大型家具なので粗大ゴミ扱いとなります。粗大ゴミに指定されているものは、事前に申し込みが必要になったり、回収指定場所まで運搬したりしなければなりません。1人では運べないサイズがほとんどなので、無理をせずに運搬が困難な場合は回収業者に依頼することをおすすめします。回収業者の中には買取サービスを行っているところもあるため、状態がよければ買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。